超スピリチュアル体験記 | 実話体験談

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(20)

スピリチュアル

(29)

私の親友

(4)

ニュース

(113)

不思議体験

(39)

独り言

(51)

有名人 芸能人を勝手に霊視のコナー

(159)

野球日本代表

(9)

漁火体験記(ゴルさん高2の夏)

(12)

相談

(41)

ハン流爆弾

(5)

タイガーウッズの霊視浄化

(5)

ダイアナ妃死亡の真相を霊視

(2)

化け猫

(7)

F1の浄化

(7)

2012年 アセッション 人類滅亡説

(4)

マイケルジャクソンを霊視

(4)

自己浄化の無限の可能性

(11)

本能寺の変の真実を霊視

(3)

ゴルさんの田舎

(1)

酒井法子を霊視浄化

(17)

本当にあった怖い話

(15)

911アメリカ同時多発テロの真相を霊視

(7)

坂本龍馬さんの暗殺の真相を霊視

(7)

沢尻エリカさんを勝手に霊視

(6)

田中角栄さんを霊視

(2)

統合失調症(精神分裂病)について

(8)

うつ病について

(5)

明知光秀は天海大僧正?を霊視

(10)

ゴルさんの兄貴

(2)

多重人格について

(2)

パニック障害について

(1)

不明な熱の浄化

(4)

私の妻はB型

(13)

自己浄化の極意

(21)

亡くなった先輩の心霊写真

(6)

松井秀樹さんを霊視浄化

(3)

ゴルさんの究極の修行(キツネ憑き)

(33)

世界の七不思議?

(2)

内藤大助VS亀田興毅を霊視

(1)

座敷わらし

(3)

市橋達也容疑者を霊視

(5)

福山雅治さんの霊視

(3)

生霊の真実

(7)

貴乃花親方問題を霊視

(4)

スピリチュアルダイエット

(5)

天気の浄化

(2)

スピリチュアルの真相を霊視

(12)

幽体離脱

(1)

W杯サッカーを霊視

(12)

パクヨンハさんの霊視

(3)

ほしいものリスト

お気に入りブログ

AYAのセラピールーム AYA さん
ハッピー&ラッキー… ハッピー☆ラッキーさん

全5件 (5件中 1-5件目)

1

全て | カテゴリ未分類 | スピリチュアル | 私の親友 | ニュース | 不思議体験 | 独り言 | 有名人 芸能人を勝手に霊視のコナー | 野球日本代表 | 漁火体験記(ゴルさん高2の夏) | 相談 | ハン流爆弾 | タイガーウッズの霊視浄化 | ダイアナ妃死亡の真相を霊視 | 化け猫 | F1の浄化 | 2012年 アセッション 人類滅亡説 | マイケルジャクソンを霊視 | 自己浄化の無限の可能性 | 本能寺の変の真実を霊視 | ゴルさんの田舎 | 酒井法子を霊視浄化 | 本当にあった怖い話 | 911アメリカ同時多発テロの真相を霊視 | 坂本龍馬さんの暗殺の真相を霊視 | 沢尻エリカさんを勝手に霊視 | 田中角栄さんを霊視 | 統合失調症(精神分裂病)について | うつ病について | 明知光秀は天海大僧正?を霊視 | ゴルさんの兄貴 | 多重人格について | パニック障害について | 不明な熱の浄化 | 私の妻はB型 | 自己浄化の極意 | 亡くなった先輩の心霊写真 | 松井秀樹さんを霊視浄化 | ゴルさんの究極の修行(キツネ憑き) | 世界の七不思議? | 内藤大助VS亀田興毅を霊視 | 座敷わらし | 市橋達也容疑者を霊視 | 福山雅治さんの霊視 | 生霊の真実 | 貴乃花親方問題を霊視 | スピリチュアルダイエット | 天気の浄化 | スピリチュアルの真相を霊視 | 幽体離脱 | W杯サッカーを霊視 | パクヨンハさんの霊視

うつ病について

2009.12.03
XML
カテゴリ:うつ病について

うつ病がこの10年足らずで2,4倍も急増しているニュース記事がありましたので
うつ病の医療現場から見たイメージを自分の経験的なイメージに基ずいて
書きたいと思います。


(ニュース記事です。)

抑うつなどの症状が続くうつ病の患者数(躁(そう)うつ病を含む)が、初めて100万人を
超えたことが3日、厚生労働省が3年ごとに実施している患者調査でわかった。

長引く不況などが背景とみられる一方、新しい抗うつ薬の登場が患者増につながっていると
指摘する声もある。

患者調査によると、うつ病が大半を占める「気分障害」の患者数は、1996年に
43万3000人、99年は44万1000人とほぼ横ばいだったが、2002年調査から
71万1000人と急増し、今回の08年調査では、104万1000人に達した。

10年足らずで2・4倍に急増していることについて、杏林大保健学部の田島治教授
(精神科医)は、「うつ病の啓発が進み、軽症者の受診増も一因」と指摘する。

うつ病患者の増加は、新しいタイプの抗うつ薬が国内でも相次いで発売された時期と重なる。

パナソニック健康保険組合予防医療部の冨高辰一郎部長(精神科医)は、「軽症のうつは
自然に治るものも多い。しかし日本ではうつを早く発見し、薬を飲めば治るという流れが
続いており、本来必要がない人までが、薬物治療を受けている面があるのではないか」
と話す。


→近年のうつ病の急速な増加傾向については不景気と言われている今の時代背景や、
 ネット社会の影響等もかなりはあると思われますが、このニュース記事で掲載されています
 分析が凄く重用であると思います。

 私は医療従事者側から考えるうつ病の急速な原因は

 1、心療内科の急激な増加(外来で簡単に診察が出来る)

 2、新しい抗うつ薬の開発の急激な進歩や新治療薬の種類の急激な増加

 3、メディアを中心とする国民意識でのうつ病の認識


 特に問題なのが、診療内科が全国的に増加し、一般の方でも気軽に昔の時代は
 なかなか相談できなかった、心理面の病気についての相談ができるようになった
 事です。

 これはとてもいいことなのですが、とても便利になった反面、大きなリスクとなる
 事がある事を知っておかなければいけないという事であると思います。

 それは精神科専門医の治療レベルが一定ではないと言う事です。

 心理の世界は専門的で、とても確率された世界と思っている方がいるのでは
 ないかと思われますが、内科や外科などのデーターに基ずく治療とは違って
 精神科の治療においては、各医師の治療経験的なまたは精神分析の奥深さで
 治療の予後が全く違って来るものなのです。

 私の経験ではありますが今まで20数年間この世界に従事して、精神科医の治療に
 おいて一番感じた事が、この医師なら自分が病気になっても相談できる、そして
 治療を委ねられると思った医師が50人中2,3人しかいないのが実際です。

 特に近年は少子化となり大家族ではなく小家族化が進んでいる時代です。

 人間の心理は人との触れ合いの数に比例して発展するものです。

 少子化による人との繋がりの少なさや、医師になるための勉強の世界は
 患者さんを診察する上で一番必要となって来る、人の心の部分を自分の心の
 痛みとして捉える事が出来ない医師が増加してしまっているのが現状のようです。

 心理の世界は歴代の哲学者や近代治療のマニュアル本を基本にしたり、先輩や
 上司などの医師の教育による専門治療となっているのが実際のようです。

 しかし、そのどれをとっても人間が生まれ持った心理の奥深さに匹敵するものは
 ないと私は思います。

 医師という頭がいいとされる方々の学問と言う参考書を中心にする治療は
 患者さんをその参考書内に収めてしまう傾向が強いようです。

 子供のころから兄弟や両親、そして友人や周りの環境からの人間対人間の心理の
 懐の深さは、実際の経験者でなければ解らない所ですよね。

 医師は病気をそれぞれ個々の特質に合わせて、精神疾患特有の治療指針に基ずいて
 病を改善治療するものであり、自分の参考書内に当てはめて病気を作るものではないと
 私は勝手にそう思います。

 しかし、私の経験してきた医療現場での実際は、医師によって病気が作られたと
 考えられる方が多々おられるのが心痛い所です。

 人間は知能を持った動物ですので、動物特有の加齢によるもの、その環境によるもの
 季節の変わり目など、いろいろと気分の変調があるものと思います。

 昔のようにメディアも治療薬も発展していなかった時代なら、ちょっとしたうつなら
 少し寝ればとか、少し休めばそのうちに良くなる程度の対応も、

 「これが世間で騒がれているうつ?」とか

 「この薬は副作用も少なくていい薬ですぐに良くなるから。」とか

 絶対に現実的にある、人間ならではのスランプや自然な治癒力を、間違った方向に
 置き換え処理をしてしまっているのではないかと思います。

 今回のうつ病の増加傾向のニュース記事にはそんなイメージをちゃんと認識された
 素晴らしいイメージが入っているようです。

 薬剤会社が会社経営のために、新薬を作る上で儲けも考えている事も事実のようです。

 メディアや医師などに新薬を使ってもらってなんぼの世界も現実にはあるようです。

 私の尊敬する医師の言葉に、医療者が利益を中心に考えたら治療効果は
 反比例するという言葉があります。

 綺麗ごとなのかも知れませんが、医療中心ではなくて人間の心を中心に考えられる
 ような、何もなかった昭和時代の病院がそのイメージなのではないかと思います。


 やはりこんな何でも作れてしまう情報化社会において、自分の身は自分で守る事が
 悲しい事ですが重要なのですかね?

 信頼のおける医師との出会いと、そのお医者さんとの治療を通じたしっかりした
 治療薬(うつ病新薬も含めて)の認識が理想的なのかなと思います。

 

 最後にうつ病は確かに社会現象として増えつつあることは確かです。

 しかし、メディアや薬剤会社そして近年の医師のレベル低下やその治療により
 10年足らずで2.4倍という異常な増加に繋がっているようです。

 そんな意味でも近代うつ病については、国民みんなが見直さなければいけない疾患なのでは
 ないかと私は思います。

 近年のうつ病の新薬と呼ばれる治療薬については、昔のうつ病治療薬と違って効果も
 副作用もかなり改善されていると言われています。

 しかし実際は服用してから効果が出るまでは1週間以上かかるのがほとんどですし、
 副作用も眠気やだるさなど、普通の軽い抑うつ状態の方が飲んだ場合、違和感が
 多大にあることがほとんどのようです。

 ストレス社会から来る抑うつ状態に関しては、遺伝的な原因が考えられるうつ病という
 疾患とは違って、原因が社会的なストレスな事がほとんどで、抗不安薬と呼ばれる初めて
 飲む方でも副作用がほとんどない不安を和らげる薬でも効果が期待できますので

 やはり自分がまずは納得して治療に専念できる医師との出会いが重要な事と
 私は思います。(なななか大変ですが)







ブログランキング参加中(応援して下さる方はクリックしてくださいね)

ここをクリックしてくださいね
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ここもついでにポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ








最終更新日  2009.12.04 10:45:33
コメント(10) | コメントを書く
2009.05.14
テーマ:心の病(7160)
カテゴリ:うつ病について
 
 私が今までに自分の目で見て来ました尊敬できるお医者さんの治療はですが
 うつの患者さんの個別性の把握がきちんと出来ていて、万能薬のみに頼らず
 それぞれの患者さんの個別的な、症状別的な治療が的確に出来るお医者さんです。

 例えば、うつの症状として、不安やイライラなど様々な症状が現れる場合が
 あります。

 この場合、SSRIがうつの万能薬だからと、その薬の量だけで、その不安やイライラ
 などに対応するお医者さんが多くいます。(効果がないと増量するのです。)

 でも、不安やイライラなどは、うつの2次的な症状である事が多いのです。

 SSRIだけでは、すべての患者さんの症状をすぐに改善はできませんし、改善するのに
 時間がかかってしまったりしてしまいます。

 この場合、私の経験の中でのいいお医者さんの治療は、抗不安薬と呼ばれる薬や、
 睡眠導入剤を併用して、治療したりするのです。

 うつに抗不安薬や、睡眠導入剤?と不思議に思う方もおられると思いますが、

 うつは精神が疲労した状態で起こりますので、体の緊張や不安を取り除き
 質の良い睡眠をサポートすることで、体の体力、気持ちの体力補助に繋がり
 それぞれのうつ以外の薬を抗不安薬と併用することで、より、うつの回復を
 早める手助けとなる理由があるからなのです。

 
 今回の厚生省の対応に関してですが、こんな医療の現場の実際を把握して
 いる上での改討なのでしょうか?

 SSRIなどの新しい抗うつ薬に関しては、とてもいい薬である事は確かです。

 ただし、私が上記で説明しましたように、SSRIなどの使用注意を改討すること
 よりも、その使用方法、治療方法が一番問題なのです。

 この部分を治さない事には、どんなに注意を呼び掛けても、その危険性の改善は
 出来ないのではないかと、厚生省が抗うつ薬について改討を決めたニュース記事を見て
 私はそう思います。

私の分析します精神科医師の治療スタイルについてですが

  1、薬主体の治療(薬の効果に頼り過ぎて、患者さんの個別性は考えず利益中心タイプ)

  2、患者さん主体(患者さんのその時々の症状に合わせて、薬やアドバイスが的確に
           出来る。利益は追求しないタイプ。)

  3、1と2の中間(利益と患者さんにあった薬をイメージして、両得を追及するタイプ)

 上記大きく3パターンのスタイルに分かれるものと思います。

 ここで、私が一番知ってほしいイメージなのですが、3の薬と患者さん主体が見た目は
 理想的な治療スタイルに見えていると感じられますが、私の尊敬する医師の言葉に
 医療に利益を追求したら、医療はダメになってしまう。という言葉があります。

 この言葉の部分が一番重要な部分で、利益を考えることで、パキシルなどの
 問題があると言われている薬が、その使用方法を何も問題視されずに現在の
 厚生省の改討の発表まで、そのまま来てしまったものと思います。

 薬価はどんなにいい薬であっても年数が経つと下がってしまいます。

 ですから、利益を考えるのであったなら、古い良い薬よりも、
 新しくその薬効は良く解らないが、薬剤会社や噂や信憑性の有り無しにかかわらず
 症例発表などで良いとされている薬を使用した方がいいのです。

 こんな医療者側の実状があるので、患者さんと薬の主体の両立は
 難しいのが現状であると思います。
 
 ですから、こんな医療者側の実情も踏まえて自分の中で治療に関する情報として
 取り入れることで、自分に合った、病院選びに繋がるのではないかと
 思います。

 そして、どんな医師を理想とするかですが、これは、人それぞれなので、どんな形であれ
 自分の性格や相性など、自分にあったお医者さんを探すのがベストなのでは
 ないかと思います。

 いい薬や、いいお医者さんと言うような評判がよくても、人も万人なので
 結局自分に合わなければ、どんなに優れた薬でも、どんなに腕がいいお医者さんでも
 治療結果についてはあまり期待が持てないものなのです。
 

 最後に、将来、いつの時代にか、もっと優れた薬が開発されたとしても、
 人間も進化して行くので、結局最後に力を発揮出来るのは、人間の力だと思います。

 薬など、万能的な薬を作る事も大切であるとは思いますが、
 何もなかった昔の時代のように、人間の力、人間の技術向上も視野に入れた
 医療の向上が未来に求められる、人類の課題ではないかと私は思います。
 
 

 

 ブログランキング参加中(たくさんの方々に見てもらいたいです)

ここをクリックしてくださいね
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 スピリチュアル・精神世界

人気ブログランキングへ







最終更新日  2009.05.15 23:24:49
コメント(7) | コメントを書く
テーマ:心の病(7160)
カテゴリ:うつ病について

うつについて3部で作りました。読みやすいように
1と2を合わせてブログ掲載しようと思います。
その3に続きますので、一緒に読んでくれましたら幸いです。


抗うつ薬を服用して、暴力や攻撃性が増すことに関しての
使用上の注意を改討することを厚生省が決めました。

その記事に関する事と、抗うつ薬について書きたいと思います。


ニュース記事です

抗うつ薬を服用した患者に、他人に突然、暴力をふるうなど攻撃性が増す症状が表
否定できない症例がある」として、使用上の注意を改訂することを決めた。

対象となるのは5製品で、うち4製品はSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)
と呼ばれる。

厚労省などは、SSRIなどの薬を服用し、他人を傷つける行為が実際にあった35件と
傷害などにつながる可能性があった4件について調査。パキシル(SSRI)など3製品を
服用した4件について、「他人を傷つける行為との因果関係を否定できない」と評価した
うえで、ほかの2製品も含めた改訂を決めた。

そううつ病のうつ症状やアルコール依存症などがある場合、その多くは薬を処方された
ことで、症状が進んで攻撃性が増し、傷害に結びついた可能性があることが分かった。

新しい使用上の注意では、症状の悪化があった場合には、薬を増やさず、徐々に減らして
中止するなどの慎重な処置を行うよう求める。

SSRIは、従来の抗うつ薬よりも副作用が少ないとされ、うつ病治療に広く使われている。
国内でも100万人以上が使用していると推定されている。


→抗うつ剤について、まず説明して見たいと思います。主な治療薬として

 三環系抗うつ薬(従来から使われていて、良い効果が期待できるが副作用が多い)
         トリプタノール、アナフラニール、アモキサンなど。

 四環系抗うつ薬(三環系より副作用が少なく、効果も弱いが薬が効き始めるまでが速い)
         ルジオミール、テトラミド、テシプールなど

 SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
    脳内の神経伝達物質の濃度を高めるために使用
         ルボックス、デプロメール、パキシルなど

 SNRI(選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)
    SSRIよりも効果が強く、効き目が早い上に副作用が少ない
         トレドミン

 うつの治療では、これらの治療薬が重要な役割を占めています。

 そして、抗うつ薬の特徴として、うつに対しては大きな効果を発揮しますが
 聞き始めるまで2週時間程度の時間がかかってしまいます。

 また、どんな薬もそうですが、効果があるぶん、副作用もあります。

 抗うつ薬の主な副作用は、口の渇き、便秘、目のかすみ、排尿障害、低血圧、
 めまい、動悸。また食欲低下や眠くなる事もあります。

 この記事に出てくる暴力をふるうなどの攻撃性が増す症状が否定出来ない
 というものです。

 特に、そううつ病のうつ症状やアルコール依存症などがある場合としています。

 あくまでも私の経験と、私の尊敬する先生からの情報をもとにですが、
 何を今さらというイメージです。

  
  
SSRIなどの治療薬は、どんな腕のお医者さんでも簡単にうつ病が
 改善できるという名目で、全国的に急激に広まった薬です。

 この薬は確かに良い薬である事は確かだと思います。

 ただ、その使用の仕方の注意点が、最初は少量から使用し、
 副作用の反応などを見ながら、徐々に増やすというものです。

 全てのお医者さんの認識とは言えませんが、この使用方法の一番注意すべき点は
 お医者さんのさじ加減が一番重要であると言う事です。

 特に、SSRIに関しては、副作用も従来の抗うつ薬よりは少なく
 効果が大なので、決まった症例に対して、的確な分量が決まっていると
 言われる方も多いと思います。

 しかし、実際はこんな近代的な抗うつ薬に関してもお医者さんそれぞれの経験と、
 その腕(さじ加減)で治療効果が変わって来るのが現状なのです。

 
 厚生省の対応は凄く遅すぎるイメージです。何故、こんなに国民の生活に
 支障をきたすような治療薬に関して、対応がこんなに遅いのかですが

 1、その薬の効果や、副作用の的確な判断を出来る医師が厚生省調査内において
   薬の分析担当になっていない。

 2、全国の病院での調査システムが出来ていない。また、各調査対象病院等があっても
   的確に判断できる医師がいない

 3、新しい治療薬は、病院の保険点数が高いため、一度認可してしまうと
   大きな問題がなければ、中止するのに問題が生じてしまうなどです。

 特に、大きな問題として、私の経験からですが、精神科勤務の私が尊敬出来る
 お医者さんがとても少ないのが、医療現場の実際であるからです。

 私の尊敬出来るお医者さんとは、抗うつ薬の作用や副作用の予測や対応が
 それぞれの患者さんの症状や、訴えに対して的確に出来るお医者さんです。

 よく、パキシルはとてもいい薬であるからと、薬価も高い理由で
 簡単に処方してしまうお医者さんが多くいます。

 そんなお医者さんに多く見られるケースですが、あきらかにパキシルの作用よりも、
 副作用などの陰性症状が出ているにも関わらず、患者さんの症状や訴えを無視して、
 あくまでもっパキシルのみの治療にこだわって、パキシルの継続や増量を繰り返し
 患者さんの症状を悪化させてしまっている症例をよく耳にします。

 そして、パキシルの継続増量治療によって、酷い状態になってしまっている患者さんを
 実際に治療することが多々あることを、私の尊敬する医師より聞く事があります。




ブログランキング参加中(たくさんの方々に見てもらいたいです)

ここをクリックしてくださいね
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 スピリチュアル・精神世界

人気ブログランキングへ



 


 






最終更新日  2009.05.15 23:25:22
コメント(2) | コメントを書く
2009.04.10
カテゴリ:うつ病について


内因性のうつ病の場合は、脳内物質が足りないので、うつ病の薬の長期投与である程度
症状は改善するものと思います。

でも、うつ状態というのは、現実的に現因があるから起きる、普通の方でも
なりうる症状なのです。

普通の方がもしうつ状態なのにうつ病と診断されて、うつ病の薬を飲み続けたとしたら
眠気が強かったり、作用が副作用的な身体の反応となり、もし、長期間その薬を
飲み続けたら、違う病気を作ってしまうのではないか?と恐ろしくなってしまいます。

(第4世代の抗うつ剤は副作用がほとんどないと言われていますが、
 私の尊敬する医師の話では、人それぞれの症状や状況などによって作用が副作用に
  なってしまう事があるようです。)


普通の方が飲んでもほとんど大丈夫な治療薬が、ちゃんと原因があるうつ状態の治療薬です。

うつ病の患者さんの治療薬と、うつ状態の治療薬では雲泥の差が実はあったのです。
(今はどちらの症状にも効くと言われている第4世代の薬がありますが、万能薬は
 絶対にないのが現状なのです。今現在も医師の技量とさじ加減が重要なのです。)


全部のお医者さんではありませんが、このように勘違いされて、坑うつ薬を処方して
患者さんが悪くなるだけで、まったく治療になっていないお医者さんも実は
居るのです。

そして、その患者さんの病気の心理を分析できず、その患者さんにとって
何が最善なのか判断出来ていないお医者さんが多々居ることも現実です。

これは、少子化社会で兄弟が少なかったり、勉強一筋で人間関係が一番大事な
青春期に形成出来なかったお医者さんが増えているからだと私は思います。

友達の少ない、勉強の頭はいいけど、人の心の痛みが教科書上でしか
解らない、お医者さんは確実に多くなっています。(私は精神科しか知りませんが)

こんな時代ですから、自分の病気は自分で分析して、納得がいかなかったら
セカンドオピニオンで、自分がお医者さんを選ぶ時代だと私は思います。

私が尊敬できる医師は、うつ病なのか?うつ状態なのか?の判断がきちんとでき
その患者さんに合った治療薬で治療できる医師なのです。

患者さんに合った治療薬で治療できるお医者さん、
こんなのお医者さんなら知識があるから当たり前と思われる方が沢山おられる物と
思いますが、私は今までの20年以上の経験で、そんな精神科医に数名しか
合った事がないのが現状なのです。

前にパニック障害について書かせてもらった時に、びっくり仰天病という名なら
パニックを起こした患者さんが、自分の病気を認識しにくく、患者さんが恐怖感を
いだきにくくなると書いた事があります。

うつ病に関しても、原因があり、一般の方でもなりうるうつ状態なら
それほど恐怖は抱かないのではないかと思います。

ここが、精神治療では一番大事なところなのです。

心の病気は検査にも出ず、眼に見えないものです。治療者が無意味な恐怖感を
患者さんに与える事が、一番難治の病気を作りだしてしまうものなのです。

うつ病は原因不明の難治の病気です。でも、原因があるうつ状態は心の筋肉を
作って、原因を認識できるようにカウンセリングをする事で、それが患者さんの
経験となって、結果が出せれば、改善できる病気なのです。

恐怖感と安心・・・・

患者さんのあなたは、そして、治療をする側のあなたならどちらを選びますか?
と聞かれた時に、あなたは何と答えるでしょうか?

それが現代うつ病の答えではないかと思います。



ここをクリックしてね
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 スピリチュアル・精神世界

人気ブログランキングへ











最終更新日  2009.10.09 01:16:25
コメント(16) | コメントを書く
カテゴリ:うつ病について

近年、社会病と言われている、うつ病について書きたいと思います。

あくまでも私の考えですが、うつ病には2種類あると考えています。

一つは、原因は不明と言われていますが、内因性の病気のうつ病です。
内因性というのは脳の器質異常や遺伝と言われていますが、脳内物質のドーパミンが
スムーズに出ないか足りない状態にある場合に起きると言われている長期に渡り
うつ病薬を飲み続けなければならない病気です。

もう1つが、私がこのブログで書きたかった、うつ症状、うつ状態です。

近年、テレビなどの情報で、うつ病が多くなって来ていると言われるよな情報は
この、うつ症状やうつ状態がほとんどなのです。

うつ病についてテレビなどで取り上げられる前は、それほどうつ病と診断される
患者さんが少なくて、神経症や、統合失調症のような病名がほとんどでした。

そして、うつ病という病気が診断されてもほとんどの診断名が
躁うつ病という診断名でした。

それが、うつ病が取り上げられるようになってから、自分はうつではないのか?
など、不安に思う方が増えるようになって、それに輪をかけて、医師がうつ病と
病名を簡単につけてしまうため、パニック障害と同じように、うつ病が
増えてしまったと思います。

私が患者さんとカウンセリングする中で、昔だったら絶対に神経症のうつ状態と
診断される患者さんもうつ病と診断されているのが現状です。

これは社会現象と言ってもいいと思いますが、情報化社会の現代社会では、
情報がいつでも誰にでも手に入る時代であり、お金さえある程度あれば
食に困らずなんでも出来てしまう時代です。

昔に比べれば、裕福な時代と言えるかも知れませんが、なんでも自分のやりたいことが
叶ってしまうため、出来る事が当たり前で、生きるための意欲や努力が、昔の何もない
時代に比べ、かなり欠けて来ているものと思います。

このため、昔に比べ、なんでも叶ってしまうため、日常的な小さなストレスも
今の時代では大きなストレスに感じてしまうものと思います。

例えば、あくまでも症状の軽い例ですが、朝起きるのが辛くなり、
会社にだんだん行けなくなり、最初は遅刻、そして会社を休むことなって、
会社と聞いただけで、気持ちが落ち込んでしまい病院に行ったら、
うつ病と診断されてしまったりするのです。

でもこんな患者さんとカウンセリングしてみると、会社に休むと電話を入れて、
会社に承諾してもらうと、気持ちも体調も楽になるというのです。

これは、会社に行くのがめんどくさくて、最初は朝起きれないと言い訳していたのに
それが遅刻になって、結果仕事を休む事になってしまい、本当は会社に行かなければ
という葛藤から、だんだんうつ状態になって行ってしまったものと思います。

そして、自分が病気であるからしょうがないというイメージを、意識的にか無意識的に
認識してしまったために起こってしまった、ちゃんと原因があるうつ状態なのです。

うつ病に対して知識のあるお医者さんなら、ちゃんと理由があるうつ状態のため、
神経症のうつ状態というような診断をして、神経症の治療薬で治療しカウンセリング
中心の治療をするものと思います。

でもメディア時代、右ならえのお医者さんは、うつ病の薬をそのまま出すだけで
終わってしまったりするのです。

うつ病でもないのに副作用の強い抗うつ薬を飲み続けることは、
体にどんな影響があるのでしょうか?

お医者さん任せの精神治療は、治療される側もしっかり自分の病気とその治療法を
認識する必要があるものと私は思います。(うつ病、その2に続きます。)




ここをクリックしてね
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 スピリチュアル・精神世界

人気ブログランキングへ








最終更新日  2009.04.10 00:35:10
コメント(6) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1

PR

コメント新着

アホですか?あなた(笑)@ Re:坂本龍馬の暗殺の真相を霊視(最終話) 奇跡への階段(10/01) 何が霊視だよ。龍馬の言葉は九州弁か?(笑…
ゆみこ@ まおさんとアユ太さん 私はゴルさんに霊視・浄化して頂いたお蔭…
丁度今@ Re:伊勢エビ詐欺?(通勤途中の怪) 奇跡への階段  後編(03/07) 遭遇したので検索してみたところたどり着…

ランキング市場

購入履歴

楽天カード


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.