10635713 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

横浜泥酔

PR

Free Space

Recent Posts

Archives

Category

Comments

mouda0915@ Re[1]:野毛 てづか・移転したてづかさんに初来訪!(08/16) 小径のヌシ(^-^)さんへ 先客の女性二人が…

Headline News

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

岩手県

2018年10月30日
XML
カテゴリ:岩手県


今年のGWと夏休みに東北を2周してきました。北海道まで行くお金がなかったのです。
これは夏休みの東北。

初日は盛岡で宿泊。と言えば有名な角打ちできる酒屋が2軒。
最初に伺ったのが「​細重酒店​」



以前の記事では江戸時代後期創業と書きましたが、よくよく聞いてみると明治初期の創業とのこと。
まぁ、古いことには変わらんけど、、、



生ビールとベビースターで開始。
常連の方から、獲れたてプチトマトの差し入れ。

こちらは今の女将さんの代で終了と聞いたことがある。
もの凄い歴史ある酒屋が閉店していくのはほんとに残念。



今回で2度目だが、店を閉める前にもう一度行きたいと思うほど、渋くて古い酒屋。
さて、次へ。。



2軒目は今回の本命のお店である居酒屋「​茶の間 櫻山店​」
界隈の居酒屋の中では一番古いという情報。

さっそく店内へ。



流石に明治時代の創業では無いと思うが、かなり年季の入った店内。
お盆休みだったせいか、先客は無し。



店主と思われる調理担当の大将と、中華のお姉さん二人で切り盛りしていた。
やはり、こんな安いお店は人件費を考えると、大陸系を雇うしかないのかも。。



価格は覚えていないが、フードの価格はほとんどが300~400円台。
生ビールと酎ハイを呑んで1500円以下だったんじゃないかな?

ちなみにトイレは汲み取り式なので、落ちないように!



さて、最後の〆。
やはり盛岡と言えば、こちらの角打ちにも言っておかないと!

ここも創業は明治初期の酒屋「​平興商店​」
目の前にある、菊の司酒造とは親戚と言っていた。



奥の部屋では簡単なライブ?らしきものを開催中なので、手前の席で晩酌。
酒屋でライブ?と思ったが、それだけ地元民に愛されているのだろう。



今回は車での旅なので、軽めに呑んでお開き。
女将さんにこのお店の生い立ちを、とても細かく調べて書いたノートを見せて頂き感動。

さてトイレを借りて帰りましょう!



店外にある横の駐車場から丸見えのトイレ。
名酒場には名トイレが常設されているので、ここは必ず行くべし!






Last updated  2018年10月30日 21時52分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年08月13日
カテゴリ:岩手県


お盆休みに入りました。
今回は金銭的な問題から北海道を周るのは中止し、東北一周に予定変更!

夜通し走り続けて、朝方に宿泊地の盛岡へ到着。
盛岡と言えば、冷麺、わんこそば、じゃじゃ麺の三大グルメが有るわけですが、朝から営業している盛岡じゃじゃ麺の有名店「​白龍​」にお邪魔してみました。



朝9時の開店後、10分ほど遅れて入店。
まぁ、金曜日の朝なんて空いているだろうと思いきや、店内はほぼ満席。

お盆休み中は長蛇の列ができるのでしょうね、、、



麺の茹で上がりに15分ほど掛かるため、それも行列ができる一因かもしれません。
頼んだのは、じゃじゃ麺(中)

うどんのような平打ち麺に具には、胡瓜、ネギ、すり生姜と特性味噌。
赤い不明な物体も生姜だったはず!



良くかき混ぜて、最初はそのまま頂きます。
正直、ピロピロ麺の水気により、そのままだとぼやけた薄い味。

続いてラー油、ニンニク、酢を適度に投入。
酢を多めに入れましたが、自分の好きなものを入れていけばよいかと。

すごい美味しいってものではないけど、珍しいというかこんなものかという感じ。



さて、じゃじゃ麺は最後にちいたんたん(+50円)と言う方法で〆のスープが頼めるのです。
目の前にある生卵を食べ終わったお皿に入れて、店員さんに渡すと。。。



こんなような玉子スープになって戻ってきます。
これまたお好みで、塩や味噌を入れて自分好みの味にする。

盛岡まで行けないって人は、横浜の三ツ境にもじゃじゃ麺のお店があるので、そちらで試してみるのも良いかと!






Last updated  2018年08月14日 08時40分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年11月02日
カテゴリ:岩手県


今年の夏休みに行った東北一周弾丸呑み!
呑むついでに角打ちできる酒屋の調査も兼ねてます^^;



最初の宿泊地は盛岡駅郊外。この界隈に有名な酒屋が2軒あるのです。

1軒目は以前紹介した創業江戸時代の酒屋「​細重酒店​」
そして、もう一軒が菊の司酒造の向かいにある「​平興商店​」

これより北の本州では、角打ちできる酒屋は確認出来ませんでした。
(北海道は未調査)

まぁ、そんなくだらないことをしながら旅をしている訳ですm(_ _)m
さっそく潜入!



創業が何年かは知りませんが、年季の入ったかなり渋い店内。
桐の小物入れが無造作に置かれていることで、かなりの歴史がある酒屋だということがわかる。

店番は御店主のお母さん。
先客は無し。。。



酒のアテは、缶詰、ソーセージ、乾き物と言ったところ。
足元には「素敵なお酒をご用意しています。店内をご覧になって下さい」との立て看板。

わくわくするようなお店ですね!



一升瓶置き場には菊の司の日本酒がズラリ!
あっ、吉田パイセンのサインも発見!!

内場は中央の簡易テーブル。
東北地方では酒屋での角打ちのことを「もっきり」と言うらしい。
これは北海道でも同じように呼んでいますね!



横には大きな冷蔵庫が置かれていて、キンキンに冷えたお酒を楽しめるようになっております。
もちろん岩手のお酒が揃っていて、きき酒は御猪口一杯100円というのが嬉しいね。



お店の入り口から見えるのは、菊の司酒造の蔵元。
色々と話しを聞いてみると、どうやら親戚とのこと。

確かに酒蔵の目の前で違うお酒を売っていたら、営業妨害になるわな。。。



これから梯子酒が始まるため、岩手でしか作られていないというビールで軽めに晩酌!
アテは、コンビーフと南部せんべい。



座って呑んでいると、コンビーフの匂いを嗅ぎつけてか?黒ヒョウがやってきた!



獲物を狙う鋭い眼光!や、やばい、やられる!!
それにしてもヒョウにしては小柄な印象。。

と思ったら、ただの黒ネコでしたヽ(´エ`)ノ



かわいいなぁ。。看板猫のニャンコ君。
酒のアテのコンビーフを全部食べていったけど、可愛いから許しちゃう!

という事で、東北行脚は続くのであったm(_ _)m






Last updated  2017年11月02日 00時01分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年09月06日
カテゴリ:岩手県
8月の夏休みに行った東北一周旅行。
初日に泊ったのが盛岡!

盛岡は食事で途中下車は何度もあるけど、宿泊するのは初めて。
盛岡駅からそれほど離れていないエリアに酒屋が2軒あるという、それは攻めないと思い徘徊開始!




おおよそ300年前?(後で調べると約230年前ですね)の江戸時代の寛政年間創業の酒屋「​細重酒店​」
重厚な見た目の建物もすごいけど、300年前に創業というのもすごいな!

ということで、さっそく潜入開始!!



古~い引き戸を開けて入ると、すぐそこには酒棚に商品が置かれている陳列スペース。
奥にいる4代目だったか?女将さんに店内で呑めるか聞いてみる。

すると、奥へどうぞどうぞ!との事。
観光客にも優しいお店なのだなと、ほっと一安心m(__)m



奥に行くと古い一枚板のカウンターがあり、木椅子が置いてある。
壁棚には缶詰類、他にも無造作に乾き物類が置かれている。





しかしすごい!
棚を見ると、ヒョウタンの酒入れや陶器製の酒瓶が、数多く置いてある。
やはり江戸時代創業は只者ではない('◇')



常連さんは年配の人が多く、仕事用?机の上や石油ストーブをテーブルにして呑っている。
ここでハプニング。酔っぱらったお父さんが帰り際にひっくり返る(-_-;)

一応、怪我もなく良かった。
なお、ブログに載せますよと承諾を取ってます。意味わかっているかは不明ですが。。



まずは缶チューハイとベビースターラーメンで打ち始め!
若い人は皆無ですが、みんなフレンドリーで良かった。

ちょい、質問攻めがウザいと感じてしまいましたが・・・



年季の入ったカウンターに書かれている落書きは、何十年前、いや何百年前のものかもしれない。。



チーかまを追加注文。
アテはコップ酒(210円)に移行。



東北から上のエリアでは、角打ちのことも「もっきり」と言う事を聞く。
そういえば、札幌にモッキリセンターっていう居酒屋があったっけ!



許可を得て写真を撮っていると、部屋の電気を付けるわよ!と言うので拝見させて頂くと、そこは昭和をはるかに通り超えた明治、大正?

流石に江戸時代から建っている建屋ではないよね?聞かなかったけど。



すげ~!
この酒屋に伺うためだけでも、盛岡まで行く価値があると思いますm(__)m



もう一軒ある酒屋にも伺いましたが、盛岡の酒屋はすごい!
酒屋が存続している内に、マニアの方は早めに行って頂きたい!!



家にいるようなアットホームな歴史のある酒屋でした。
ほんとに感動した!!






Last updated  2017年09月07日 07時27分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年08月20日
カテゴリ:岩手県

DSC02345.JPG

毎年恒例の北海道旅行!夜まで東北道をぶっ続けで走ってたら、腹減った!!

ということで盛岡I.Cで途中下車。盛岡といえばジャジャ麺、わんこ蕎麦、冷麺が有名ですよね!

わんこ蕎麦は、蕎麦の食べ放題ってイメージだし、ジャジャ麺は以前盛岡に来た時に食べたし、、、

ということで冷麺を食べるために焼肉・冷麺 ぴょんぴょん舎 稲荷町本店

DSC02347.JPG

このお店、ずっとジャジャ麺屋さんだと思っていたら焼肉と冷麺のお店だったのね。(ほんとはジャジャ麺が食べたかったの・・)

通りで家族連れが多いと思ったわ(ジャジャ麺は同系列のHOT JAJAというお店で出しているようです)

IMG_3634.JPG

冷麺焼肉セット(1650円)を注文。

DSC02350.JPG

内容はもやしのナムルと、、、

DSC02351.JPG

肉が3種類、、、

DSC02356.JPG

そして、盛岡で食べたかった冷麺の登場!

DSC02364.JPG

肉を焼き焼き!

DSC02359.JPG

肉の種類は、和牛カルビとUSカルビの組み合わせだと思いますが、すごい柔らかくてジューシーとかでは無く、普通に美味しいレベル。

安楽亭のちょっといいお肉を食べているといった感じですね。

DSC02371.JPG

盛岡冷麺と朝鮮に古くから伝わる冷麺との違いは、平壌冷麺はそば粉とでんぷんで作られているが、盛岡冷麺はそば粉の代わりにキメの細かい高級馬鈴薯澱粉粉と小麦粉を使用しているとのこと。

食べてみると、ゴムのようなすごい弾力の麺!

ただ、コンニャクのようにツルツルしているので喉越しがとても良くて美味い!!

鶏ガラと牛肉・牛骨をベースでスープを取っているらしく、とてもサッパリしています。

IMG_3637.JPG

お腹が空いていたので追加で、和牛カルビ(十勝池田牛)と豚ホルモンを注文。

和牛の方は値段相応で、柔らかくも硬くも無く、やっぱり普通でした。

ホルモンもちょっと噛み切れないけど、こんな物じゃないでしょうかね。

ただし、冷麺は横浜で食べるものとは一味違うので、これは食べる価値があると思いましたよ(盛岡まで行かなくても、東京や川崎に支店があるようです)

 

 

 



ぴょんぴょん舎 稲荷町本店冷麺 / 青山駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5








Last updated  2012年08月22日 08時08分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年10月08日
カテゴリ:岩手県
平泉を後にして、、、



一関ICから、車で10分ぐらいの所にある名勝 厳美渓へ。

おおっ、すごい!
岩石で出来た渓谷の間を川が流れている!!





この厳美渓は、栗駒山を源に流れる磐井川が巨岩を侵食し、おう穴・滝・
深淵と表情を変え2kmにわたり渓谷美を見せる渓谷とのこと。

個人的には中尊寺より、こちらの方が見応えがあるじゃん!




あそこに人が集まっているけど、何をやっているのだろう?






これが厳美渓名物となっている”郭公だんご”

ワイヤーロープでつないだ籠に代金を入れて、備え付けの板を木槌で叩くと、、、




対岸の崖の上にあるお店が籠を引き上げて、だんごと茶を
提供してくれるというもの。

販売している団子はあん・ごま・みたらしで三本セットで
売られているらしい、、、

てっきり、機械でで籠を引っ張っているのかと思いきや、お店のおじさんが
一生懸命、籠を引っ張っているのですね(笑)

甘い物があまり得意ではないので、今回は頼みませんでした。




厳美渓を見学後、R342をひたすら秋田方面へ。

東北の道路は、北海道みたいに道幅は広く無く、雄大さも無いけど、
長閑な雰囲気で好き!

こちらの人は北海道民みたいに、せっかちでないため、
みんなゆっくり走っていますね。




道路横を流れる川は青々していてきれいだけど、ちょっと不気味、、

ちなみに青く見える理由は、チンダル現象というものだそうです。


栗駒山を超えるための峠道は標高が高く、狭くて急勾配の険しい道!

熊は出なかったけど、代わりに何匹ものヘビが道を這っていました。




なんだ、これ?

仙人水という湧き水です。

水温は6℃で雑味が無くまろやかな味、冷たくてウマイ!




フムフム、仙人水はビールや地酒等に使用されている!

ちなみに飲んだり持ち帰るのは無料ですが、施設保護および整備のために
寄付は受け付けているとのこと。





栗駒山の山頂付近へ到着。

なんじゃこりゃ!?


つづく・・・






Last updated  2012年08月05日 11時10分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年10月07日
カテゴリ:岩手県






中尊寺の八幡堂を後にして、弁慶堂へ

う~む、古くて歴史のある建物だと言うことはわかったのだが
なんか、ピンと来るものが無い!




この門をくぐると、中尊寺の本堂があるわけね。




中尊寺本堂

歴史のある建物だっていうことはわかってますが、世界遺産に
登録されたとのことで、もっとすごい建物かと思ってた。

ちょっと拍子抜け!




金色堂

中尊寺見学のメインとなる金色堂は、拝観料が800円も取られるの・・

申し訳ないが、あまり興味がわかないしパスします。




平安時代の嘉祥3年(850)に開山した、貴重な歴史的建造物群だと
いうことはわかったが、見ていてサッパリ興味が湧かん!




中尊寺ハス?

昭和25年(1950)の奥州藤原氏の御遺体学術調査の際に、泰衡公の首級が納められた首桶から発見されたハスの種子が800年の時を越えて、平成10年7月29日に開花。花弁が薄く清楚な花容は古代ハスの特徴をよく示しています。開花の時期は7月中旬から8月中旬となっています

おおっ、800年の眠りから覚めて開花したハスなんだ!
今回の中尊寺の中で一番興味が湧いたのが、これ!!




中尊寺の駐車場へ

世界遺産ということで、すごいものがあるという思い込みで
来たのですが、自分にはあまり興味が湧きませんでした。

でも、歴史に詳しい人からみれば、とても貴重な建造物なのでしょうね!

つづく・・・






Last updated  2012年08月05日 11時10分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年10月06日
カテゴリ:岩手県




陸前高田市を後にして、平泉方面へ

岩手県の田園風景は北海道ほど雄大では無いけど、畑や田、そして小川までが
こじんまりしていて、地味な日本の農村と言った感じで好きかも、、、




平泉を見学する前に、せっかくここまで来たのだから隣町の
前沢地区にある、前沢牛が食べれる焼肉屋「肉料理おがた 」に行きました。




メニュー

金が無いので、前沢牛焼肉味くらべ膳には手が出ないし、ハンバーグや
生姜焼き定食になると肉本来の味がわからなくなってしまう、、、

結局、ちょっとだけ見栄を張って小形牧場牛霜降り焼肉定食(2000円)
に決定!




定食の内容は、肉が6切れ、サラダ、漬物、野菜が少々、ご飯と味噌汁。
ちなみにご飯は、お代わり自由!



肉を焼いて、食べてます!

感想
・肉は、柔らかいけどちょっとだけスジが気になる。
・美味いけど、口の中で溶けると言うほどでは無い。
・とりあえず、ご飯はお代わりをした。

店を出て、世界遺産に登録された平泉の中尊寺




ぬ~、平日だと言うのに駐車場は、ほぼ満車。
さすが世界遺産に認定されただけのことはある、、、

でも、2輪だからすぐ止められたもんね~




最初に駐車場横の月見坂を登っていくと現れる八幡堂。
ふ~ん・・・

つづく、、、






Last updated  2012年08月05日 11時11分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年10月05日
カテゴリ:岩手県
4連休が取れたため、前から行きたいと思っていた
東北方面へ旅行に出掛けることにしました。




平日のETC深夜割引を使うため、深夜0:00に家を出発。

なるべく東北でお金を使おうと思い、首都高の羽田入り口まで下道(金無いので)

荷物の固定を確認して、いざ出陣!




どこだったかは忘れましたが、朝7:00に仙台近くのサービスエリアで朝食!




かき揚げ蕎麦

サービスエリアなので、味はそれなりですが蕎麦は関東より美味しい!

寝ずに走り続けていますが、朝方の冷え込みで眠気は無し。
(震えながら走っています)




岩手県の一関ICに到着。

今回の目的は、世界遺産に登録された平泉の見学。
そして東北でお金を使うこと。

その前に近くのある場所に向かいます。
(といっても60kmの距離がありますが・・・)

前には多摩ナンバーの警察車両・・・

復興関係の車両が通る旅に、おじぎをしているおばあさんが
印象に残りました。






長閑な田園風景が続きます。




山中の道(R343)を永遠と走り続けます。

40kmぐらい、ず~っと一本道!




道路脇には、きれいな小川!

山間部に住んでいる方は、いまでも普通に生活をしていました。

長閑な風景が続く中、山を抜けて広い場所に出たと思ったら・・・









数百台のぐちゃぐちゃになった車の残骸・・・

ガレキにぶつかりながら流されたため、原型を留めないほど
変形してしまったのでしょう。

ものすごい津波のパワー・・・




陸前高田駅を目指したのですが、駅や線路らしきものは見当たらず・・





震災から半年以上たっているのに、いまだに水が引いていない・・・




風が吹くたびに粉塵が舞い上がりって目が痛いです。





海岸線近くに建っているホテルは原形を留めていますが1,2F部分はぐちゃぐちゃ!

手前にある鉄骨のガレキは、飴のように曲がっています。




中央部に写っている鉄骨は、橋のアーチ状の部分。

橋から根こそぎ、もぎ取られて曲がっている。




津波は、県立高田病院の4Fまで到達したとのこと。




奥の車でわかると思いますが、結構な高さがあるガソリンスタンドの
看板まで水が来ています。

手前の給油機はめちゃくちゃ、、、




電信柱は折れ、木造家屋は一切、見当たらない・・・




今回、陸前高田市を訪れてわかったことは、地形が鎌倉に似ているということ。

周りが山に囲われ海岸線から山まで2km程しかなく、30分もあれば山側に
辿り着きます。

ほとんどの住民が津波の怖さを知らなかったため、被害にあって
しまったのでしょう。

亡くなられ た方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに
被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。






Last updated  2012年08月05日 11時10分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年04月29日
カテゴリ:岩手県

やっと、会社が休みになりました。

さっそく、徹夜で東北道を通り目的地へ。
道はそれほど混んでいませんでしたね。



7時間ぐらい掛かり、盛岡へ到着!

盛岡駅東口前は人っ子一人いません。
祝日の朝だからでしょうか?



目的の店は西口の方にあります。
こちらは多少、人が多くて賑やかです。

冷麺で有名なぴょんぴょん舎が経営している
盛岡じゃじゃ麺「HOT JaJa」

開店直後のAM10:00に入店します。



盛岡じゃじゃ麺(並)を注文。

じゃじゃ麺とはうどんに肉味噌と千切りのきゅうりが
のっており、ラー油、おろしニンニク、生姜、唐辛子などを
自分の好みで混ぜて食べる盛岡独自のグルメ!



さすが本場だけあって調味量は全て用意されていますね。



さっそく、まぜまぜしますがアップ写真は
やめておきましょう・・・

店のお勧め辛さで頼んだのですがパンチが少し足りないので
ラー油、肉味噌を継ぎ足します。

相変わらず、複雑な味で説明しにくいですが
とってもb級なお味と言っておきます。
(決してまずくは無いのですが、好き嫌いがわかれるかも)

横浜の三ツ境にある「まるじゃ」が味を忠実に再現されていますので
わざわざ、盛岡まで食べに来る必要は無いと思いますよ。



最後に麺を一口分残しておいてチータンを投入!
(詳細は“まるじゃ”の記事を参照に!)

この後、店を出て青森へ向かいますね、、、


盛岡じゃじゃ麺「HOT JaJa」
岩手県盛岡市盛岡駅前通9-3 ジャーランビル

 


 



盛岡じゃじゃ麺 HOT JaJa (そば・うどん・麺類(その他) / 盛岡駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0








Last updated  2012年08月22日 20時19分30秒
コメント(0) | コメントを書く

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.