10792655 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

横浜泥酔

PR

Free Space

Recent Posts

Archives

Category

Comments

愚昧親爺@ Re:野毛 大衆酒場ビートル・チェーン展開する居酒屋が野毛にオープン!(10/11) New! 肉豆腐がそそるお姿で 行って見たいと思っ…
通りすがり@ 懐かしい! いつも楽しく拝見させて頂いてます。 チケ…

Headline News

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

山形県

2017年08月08日
XML
カテゴリ:山形県


6月の後半の事だったか?
とても気になる酒場がありまして、2泊3日の弾丸ツアーに出かけた次第!



1泊目は山形県の酒田市、2泊目は新潟市内という日程。
山形駅近くには何回か泊ったことはあるけど、初日に降り立った酒田市内での宿泊は初めて!



目的の酒場近くに宿を取ったのだけど、街並みは昭和そのもの!
さっそく、明るい内から開店時間を目指して、目的のお店へ!!



遅い時間だと混んで入れないという情報だったので、開店30分前に到着!
こちらが念願だった酒屋兼酒場である「久村酒屋(くむらさかや)」
笑( ´∀` )。。笑ってしまうほど渋いでは無いか!!



こちらは隣が酒屋であり、その歴史は慶應3年創業と言う。
地元にも明治、大正が創業の酒屋はあるが、慶應っていつなの?
と調べてみると、なんと江戸時代後期!!



すごい歴史のある酒屋ですわ。
その隣に呑める酒場スペースがあり、今回はそちらへ伺ってみた次第!
ちなみにBSの酒場放浪記でも紹介されたようです。



金曜日であり、駅からも離れているという事で並んでいる客は居なかった!
開店と同時に店内へ!!

入るとすぐにコの字のカウンター。



奥には小上がり席が6卓ほど。
カウンターの後ろにはちゃんとした厨房があり、酒屋と言うよりも居酒屋の方がメインと言う印象!



早いためか、まだ誰もいないカウンター席に着席!
おおっ、カウンターがガラスになっており、その中にお惣菜が陳列されている!!

こんなカウンターを見るのは初めて。
食べたい物が手に取るように見えて、これは便利。。



一軒目の一杯目から日本酒はまずいと思い、最初は「生ビール(450円)」から開始!
ビールの価格は、普通の居酒屋と同じぐらいの価格だった。。。



ビールと言えば「手作り餃子(430円)」でぎょざいますね!
価格から考えると、一般的な居酒屋という感じ!!
ちょっとイメージが違ったか('◇')ゞ



油系を食べた後はオッサンなので、「モロキュー!」
ちなみに日本酒は、山形のかなり珍しいものが置いてあったりしますが、そんなに安いというイメージでも無いかも!!



という事で、メニューには銘柄が書かれていない300円ほどの日本酒を冷で注文!
いやらしく銘柄は何ですか?と聞いてみると、デフォで初孫だという!!
この価格で初孫が呑めるのは嬉しかったし聞いてよかった!



日本酒と言えば、人間をダメにする酒肴。
手作りの「イカの塩辛」を注文!!

イカの丸焼きとか名物コロッケなどがあったが、この後にラーメンを食べる予定なので控えめにしておいた次第。そして日本酒の初孫をお代わり・・・



さて、店内も満席で賑やかになったところで〆ることに!
頼んだのは名物の「沖キスのつみれ汁」!!

沖きすって何?と思い調べてみると、深度70~430mにいる深海魚らしく、砂場にいるキスとは形が似ているだけで全くの別の種類だという。

脂ののったすり身は、コクのあるアゴ出汁に似ている。
それに茗荷やネギなどが入っていて、これは冬に食べると温まるだろうね!!
さすがにこの時期は熱かったけど、それでも激ウマでしたのでこのお店に来る際には是非頂いてみてください!!

あっ、最後に言い忘れましたが、20時ごろにお店を出るとラーメン屋はほとんどが閉まってました。
教訓:地方に行った時には早めの行動を心がけよう!!






Last updated  2017年08月08日 22時57分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年07月23日
カテゴリ:山形県

rblog-20170723103251-00.jpg

rblog-20170723103251-01.jpg

rblog-20170723103251-02.jpg

rblog-20170723103251-03.jpg

rblog-20170723103251-04.jpg

rblog-20170723103251-05.jpg

rblog-20170723103251-06.jpg

rblog-20170723103251-07.jpg

rblog-20170723103251-08.jpg

rblog-20170723103251-10.jpg

取り敢えず、こんな感じでした。
只今、横浜に向かってますm(__)m






Last updated  2017年07月23日 10時33分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年07月22日
カテゴリ:山形県

rblog-20170722062821-00.jpg

rblog-20170722062821-01.jpg

rblog-20170722062821-02.jpg

rblog-20170722062821-03.jpg

江戸時代から続いている老舗酒場を堪能した後は、締めのラーメンと行きたいところでしたが、地方の21時は、お店がやってない❗️

コンビニさえ見つからない中、なんとかセブンイレブンを発見し、この日は終了となりましたm(__)m

明日は新潟方面に向かいましょうかね‼️






Last updated  2017年07月22日 06時28分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年07月21日
カテゴリ:山形県

rblog-20170721210018-00.jpg

rblog-20170721210018-01.jpg

rblog-20170721210018-02.jpg

rblog-20170721210018-03.jpg

久し振りの弾丸ツアー!
今日は慶応3年創業のこちらの居酒屋で晩酌m(__)m!!

山形は横浜と変わらない程の熱帯夜ですよー\(^o^)/






Last updated  2017年07月21日 21時00分26秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年05月23日
カテゴリ:山形県
DSC01056.JPG
GW中に行った東北旅行。喜多方で朝食の朝ラーを頂き、宿泊地の山形へ向かいます。途中で休憩しながらお昼時間に合わせて米沢駅近くを通るルート!それにはちゃんと計算された目的があるんですよ! 
だって、米沢といったらアレしかないでしょ!米沢牛ですよ!!という事で、以前にお手頃価格で食べれるということは確認済みの郷土料理店 まるぶん」へ。
 
IMG_9225.JPG
こちらは、CPが良くて美味しい米沢牛が食べられるお店だけど、ローカルな米沢駅で並ぶことなんてなんて無い!でもね、地元の人で結構な客の入りだったのにはビックリ!で、テーブル席は満卓のため、お座敷席に通されました。
 
DSC01047.JPG
メニューには、米沢牛を使ったハンバーグ定食やステーキ御膳などがあるのですが、前回食べて激旨だった「牛鍋定食(2060円」 を注文。
 
牛鍋にご飯、味噌汁、漬物、小鉢、フルーツがついてきてこの価格は良心的だと思う。
 
DSC01049.JPG
小鉢には、こごみのお浸し。恐らく、こごみをさっと茹でて醤油かめんつゆに漬けただけなんだけど、 軽いぬめりにサクサクとした独特の歯ごたえ!口の中が山の中やー!!

DSC01048.JPG
メインの鍋の中にはサシが適度に入った米沢牛産のお肉ちゃんが5、6枚入っている!その下に、シラタキ、ネギ、豆腐などが隠れているの。
 
DSC01050.JPG
さっそく火をつけて調理開始! 煮すぎると肉が固くなってしまうので慎重に火を通していきますよー。
 
DSC01051.JPG
肉に火が通ったところで、ご飯になめこの味噌汁、そしてフルーツが登場!! 
 
DSC01052.JPG
玉子の黄身に通した米沢牛は柔らかいの一言!都会で食べたらいい金額を取られるので、旅行ついでに山形まで来て食べたほうが安上がり !
 
DSC01054.JPG
極上の牛肉みたいに口の中で溶けて無くなるとは言わないまでも、とても柔らかい牛肉! 日本酒呑みなので基本は魚だけど、安い肉をたくさん食べるよりかは、上質なお肉を数か月に一度食べれれば良いと思うタイプ!
 
DSC01055.JPG
最後は肉汁溢れた汁をご飯の上に掛けて至福の時間を過ごす!ステーキとかだと、最後の方が脂っこくなり肉はもういいやって事に良くなるけど、油を使わないすき焼きは、野菜も一緒に摂取できるし、幾らでも食べれちゃうね!あ~、もう一度米沢牛を食べたい~! 







Last updated  2016年05月23日 23時19分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年04月29日
カテゴリ:山形県

今宵は山形駅近くで宿泊!
1軒目は駅近くの立ち飲み屋「招き猫」から開始
rblog-20160429202020-00.jpg

rblog-20160429202020-01.jpg

2軒目は、安く呑みたい人にオススメの店「味の店 スズラン」

rblog-20160429202020-02.jpg

rblog-20160429202020-03.jpg

最後にシメと行きたかったのでが、山形は息が白くなるほど寒く、シメのお店を探す余裕も無し!
GWにこんなに寒い東北は久し振り!明日の青森呑みは、大丈夫かなあ。。。サミーサミー!







Last updated  2016年04月29日 20時25分22秒
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:山形県
以前、昼に来て当たりだった、米沢駅前の「まるぶん」へ。

前回とても美味しかった牛鍋定食を再度、実食!やはりこのお店は牛鍋が一番のオススメだと思いますよ!

rblog-20160429112903-00.jpg

rblog-20160429112903-01.jpg

rblog-20160429112903-02.jpg






Last updated  2016年04月29日 15時53分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年10月22日
カテゴリ:山形県



米沢牛の牛鍋を食べた後、目的地に向かう前に
ちょっと寄り道!

上杉謙信を祀る観光名所 上杉神社へ。





神社のすぐ横には、上杉博物館 伝国の杜という施設があり、イベント毎に
上杉家の歴史の展示物が飾ってある博物館です。織田信長がもっとも恐れていた
上杉謙信に対し友好関係を築いておこうとして贈った、具足や京の鮮やかさを
描いた国宝上杉本洛中洛外図屏風等が飾られています。

伝国の杜/開閉:9:00~17:00 料金:一般400円、学生100~200円

時間が無いので今回は、パス!




上杉鷹山の銅像

上杉鷹山は、宝暦元年(1751年)7月20日、日向国(ひゅうがのくに~宮崎県)高鍋藩主「秋月種美(たねみつ)」の次男として、江戸で生まれました(幼名「直松」)。母の「春姫」は、四代目米沢藩主「上杉綱憲(つなのり)」の孫娘でした。 宝暦10年(1760年)に八代目米沢藩主「上杉重定(しげさだ)」の養子となり、元服(成年の儀式)の際に名を「治憲(はるのり)」とします。翌年の明和4年(1767年)に、家督を継いで弱冠17歳で九代目米沢藩主となった治憲(鷹山)は、傾いた米沢藩を救うため、まず「大検約令」発し、役人の贅沢や無駄を正すことから、藩政改革への第一歩を踏み出します。 その後、農政を改革し、教育を進め、産業を発展させていくのですが、最も大きな産業開発は「織物業」で、置賜特産の青芋(あおそ)を原料とした縮織(ちぢみおり) に始まり、これらを基として養蚕(ようさん)・絹織物へと発展していきます。 鷹山という名前にしたのは、52歳からで、文化3年(1806年)には、56歳となった鷹山が「養蚕手引」を発行・配布します。文政5年(1822年)に72歳で死去しますが、生涯を米沢藩の人々のために尽した功績は、初代 上杉謙信と並んで後世に語り継がれています。

J.F.ケネディに日本で最も尊敬する政治家はだれですか?
と聞いたところ、上杉鷹山と答えたとのこと。

それだけ、すごい人のなのですね、、、

「なせばなる なさねばならぬ何事も ならぬは人の なさぬなりけり」
by 上杉鷹山




本堂へ。

山寺を見ちゃった後だと、なんか迫力に欠けるね~、、、
という問題では、無いのですがね・・




正しい参拝の作法だそうです。

まったく知りませんでした・・・




もっと、ゆっくりと見学したかったのですが、これから
山越えをしなくてはならないので先を急ぎます。





山形県と福島県の県境にある峠頂上付近へ。

眼下に見えるのは、桧原湖(檜原湖)

美しい景色ですが、山を登るにつれて気温が低くなってきたので
(10℃ぐらい)さっさと福島県内に入ります!





桧原湖(檜原湖)を近くで見学。

こじんまりとした湖で、展望台からだと湖全体が見渡せます。

バスボートを牽引している車をかなり見かけました。
ブラックバスを釣るためにボートを運んで来るなんて、すごい熱意です。
(お金も掛かるし・・)





続いて猪苗代湖。

こちらは、広すぎて海みたいですわ。

ほんとは、ここの湖岸で野宿をしようと思っていたのですが
風評被害の一番酷い、福島県で泊まらなくてどうするの?空気読めないヤツ!
って言われそうだったので、当日にホテルを予約しました。




しばらく走って、福島県白河駅近くの白河ビジネスホテルに到着。

白河と言えばラーメンが有名ですよね。
昔、ラーメンを食べるだけのために、何回か訪れたことがあります。

あれれ、、駅から歩いて3分のホテルなのですが、街に人の気配がしませんね・・・

大丈夫か福島?そして白河!

つづく(次回、最終回)






Last updated  2015年02月14日 08時56分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年10月20日
カテゴリ:山形県








みなさん飽きてきたと思うので適当にすっ飛ばしていきます。

長い年月を掛けて風化し、穴ぼこだらけになった山寺の崖!
しかし、自然の力って、すごいですね。
(ここで修行する人も、すごいですけどね・・・)

まるで、大きな軽石の山を登っているみたい!




山寺って、ひとつの寺のことを言っているのかと思ってましたが
山の上には、数軒のお寺が連なってます。

驚いたことに、この寺には人が住んで居る!

お寺の玄関から、小さな子供を背負った、買い物袋を持った若いお母さんが
出てきたのはビックリしたわ!

毎日、何百段の階段を昇り降りしているのでしょうね・・・




生活している証拠として、小さいポストがありました。

この地域の郵便局員には、なりたくない!




山の頂上付近のお寺に到着!




能書きは、こんな感じです。




おみくじが50円と山寺の中で一番安かったので引いてみました。

結果は末吉・・・

末吉とは

たいていの場合、『凶』および『大凶』以外の卦の中では、一番悪い結果。

寺社によっては、正月などのおめでたいときには凶とつく卦を入れない。また、凶とつく卦をいつも入れない寺社もある。それらの場合には、この結果が一番悪い卦となる。

一応「吉」なので、枝に結んで厄を祓うべきものではないのだが、前述のようにあまり良いほうの卦ではないので、結んでいく参拝客も多い。

大吉は下に落ちるしかないけど、末吉は上に這い上がるしかない!
中途半端な結果より、こちらの方が潔くて嬉しいです・・・







おっ、ここだ。下から見えていたお寺は!

近くで見ると、プラスチックの風除け板が設置されていたりして
結構、手が加えられています。

まあ、山寺の中で一番劣悪な環境にあるのですから、
しょうがないですよね。




重要文化財に指定された三重塔は、こちらと書いてあったので行って見たら、
ちっちぇえ!こんなちっちゃいのかよ!!

せめて人の背ぐらいの高さが、あるのかと思ったよ(笑)





展望台へ

山形と言うだけあって、ほんとに山に囲まれていますね。

15年前の夏に山形へ来たときは、横浜より暑くてびっくりした
記憶があります。さすが盆地!




終点

これより先は、修行の場所につき危険ですので、一般客の登山を
禁止します。

お坊さんも、大変な職業ですね、、、

山寺を降りて、お昼ご飯を食べに米沢へ向かいます。




米沢駅近くの米沢牛がお手頃価格で食べれる食堂 まるぶんへ。




メニュー

牛鍋定食(2000円)のところだけにオススメシールが貼ってある!

これは、素直にオススメに従ったほうが良いですね。




牛鍋の他に、漬物とお浸し、、




ご飯に、ナメコの味噌汁そしてデザートと水菓子。




牛鍋は、大き目の肉が5、6枚。
下には、シラタキ、ネギ、豆腐などが隠れています。

肉は柔らかくて、口の中に入れると溶けて無くなる程のものでは
無いけど、この価格で横浜では、とても食べれない上品なもの!

美味すぎる!

さて、お店を出て風評被害が酷い、あの県に向かうことにしましょう!

つづく、、、






Last updated  2015年02月14日 08時55分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年10月18日
カテゴリ:山形県



山形の朝。
晴れてはいないけど、雨は降りそうも無い!

さっそく朝食を食べにGO♪




天童市の朝9:30から営業しているそば屋 一寸亭 支店へ。

テレビなどに良く登場するお店ですね。さて実力はいかに?
と思ってたのですが、1時間前に着いてしまったのでその辺を散歩しに、、、




お店の前にあった、りんご園!

山形県のりんご生産量は全国第4位なんですって!
知らなかった!!



おっ、りんごを消毒し始めた!

でも、消毒液が飛散して来るのですが・・・




身体と単車を消毒してもらって、リフレッシュ(笑)




そんな、くだらないことをしている内にお店が開店。

定番は、冷たい肉そばなのですが、ちょっと奮発して冷たい鳥そばを、、、




冷たい肉そばに、ネギや椎茸を追加したものが冷たい鳥そばとなります。



太めに切ってある蕎麦は、香り高くコシがすごい!

また、具の鳥肉は歯ごたえがあり、ちょっと固くて旨み成分を
出し切ってしまった感じだが、素晴らしいのは蕎麦の冷えた出汁。

鳥がらや野菜の旨みがしっかり出ていながら、さっぱりしている出汁!
なぜ、冷えているのに脂分が固形していないのかが不思議?

出張で長野に行った時に信州そばをかなり食べましたが、これほど
美味しい蕎麦を食べたのは、初めてです!

開店後、十分程でほぼ、満席になるこのお店はレベル高いわ!

お店を出て、近くの観光名所へ向かいます、、、





山形県で一番人気がある観光名所 山寺立石寺へ。

その昔、出張で山形に来たときに電車に乗っていたら、この光景が
目に飛び込み、それ以来、一度訪れてみたいと思ってました。

実はJRの山寺駅から、山寺立石寺までは徒歩10分ほどで辿り着くのです。




登山口から登頂開始!




あれれ?ちょっと登ったところに本堂があるんだ。

ちょっと拍子抜け・・・




拝観料は200円。

思ったより安いね!




ヨイショ、ヨイショ、

まだ下のほうですが、すでにヘベレゲ状態、、




昔の人って、すごい所にお寺を作ったんだね。

尊敬しちゃうわ!







中間地点の仁王門へ。

嘉永元年(1848)に再建されたけやき材の優美な門で、左右に安置された仁王尊像は、運慶の弟子たちの作といわれ邪心をもつ人は登ってはいけないと、睨みつけている。

つづく・・・






Last updated  2015年02月14日 08時56分07秒
コメント(0) | コメントを書く

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.