000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

地球をまるごと抱きしめる!

地球をまるごと抱きしめる!

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Calendar

Profile

echo+

echo+

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

echo@ Re[1]:恵比寿「黄金屋 隠れ艶」(12/16) keiko’s timeさん keiちゃんキャラ全開…
keiko’s time@ Re:恵比寿「黄金屋 隠れ艶」(12/16) 本当、美味しかったよね~~ メニューラ…
echo+@ Re:こんばんは(09/23) es9-ジョージさん コメントありがとう…
es9-ジョージ@ こんばんは この店はすごい店ですよね。 牛肉がとて…
echo@ Re[1]:東京国立博物館「仏像」と「猫」(11/30) マミさん すごい~ニアミス! 真ん…

Freepage List

2005.12.07
XML
カテゴリ:アート
ぽっかり平日の午後に時間ができたので、迷わず「上野」へ。

平日に美術館に行けるのはとっても貴重!


最初に、東京都美術館で行われている「プーシキン美術館展」へ。

~マティスの傑作「金魚」が40年ぶりに日本へ~

というコピーだけで心が躍る。


フランス近代絵画の世界的コレクション「シチューキン・モロゾフ・コレクション」を一堂に紹介。

19世紀末から1917年のロシア革命までの短い期間に、
2人のロシア人実業家シチューキンとモロゾフがパリを中心に収集した作品の数々。

実際にコレクションの一部を見ただけでも2人の審美眼の鋭さに触れることができる。


「金魚」の赤とピンクの色もやっぱり鮮やかで、見応えのある楽しい作品。

個人的にはシスレーの空と緑が好きなので、
「オシュデの庭、モンジュロン」の前で佇んでいたかった。

平日でも会場内は予想以上に混雑。
土日はさらに身動きが取れないかもしれない・・・。今日来てよかった。



次は、東京藝術大学大学美術館の「吉村順三建築展」へ。
 
ヨシムラ

建築家の展覧会は、立体的な展示も多いので会場の雰囲気が楽しい。

でも今回はパンフレットの「軽井沢の別荘」がすごく印象に残って訪れた。


何でこんなに惹きつけられたのか・・・。


会場に入ってすぐに理解できた。

この吉村順三という方の建物、そしてそこでの暮らしに対する愛情。
それが作品から溢れ出ていた。

とても暖かい・・・、建築家の展覧会で癒されたのは初めて。

家具の設計もされていたそうですが、インテリアも好みでステキ。
自分の目指している方向と同じだったので刺激になった!

コチラも熱心な方が多く来られていて、
混みあってはいたけれど、じっくり観れる空間になっていた。

建築に興味がある方は是非。(12月25日まで)



その後、家に帰って郵便物を確認していてビックリ。
年末のパーティーの案内状がマティスの「金魚」のはがきで・・・。
信じられない偶然に楽しくなった一日でした。

アンナイ





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2005.12.09 14:00:10
[アート] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.