2465493 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今日の話題・雑記帳

今日の話題・雑記帳

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2023.12.01
XML
テーマ:今日の話題(124)



また中国で謎の流行り病 岸田政権は一刻も早く渡航制限

中国コロナウイルス再現の懸念!!

何事も対処が遅い政府は一刻も早く対応を!

2023年11月、中国で子どもを中心に謎の

呼吸器感染症が急増しています。

中国当局は、インフルエンザやRSウイルス、

新型コロナウイルス感染症などの

既知の病原体による可能性が高いとしていますが、

原因は完全には解明されていません。

中国の国家衛生健康委員会によると、11月28日時点で、

中国全土で1万2,000人以上の患者が報告されています。

そのうち、9割以上が子どもで、最年少は1か月、最年長は17歳です。

患者の症状は、発熱、咳、呼吸困難、頭痛、筋肉痛などです。

重症化した場合には、肺炎や気管支炎、中耳炎などの

合併症を引き起こす可能性があります。

中国当局は、原因不明の呼吸器感染症に関する調査を進めており、

世界保健機関(WHO)も中国に詳細な情報を提供するよう求めています。

この謎の呼吸器感染症の原因として、

以下のような可能性が指摘されています。

既知の病原体の新たな変異

これまで知られていなかった新たな病原体

新型コロナウイルス感染症の長期的な影響

既知の病原体の新たな変異であれば、ワクチンや治療薬の開発が進んでいるため、

比較的早期に対策を講じることができる可能性があります。

しかし、これまで知られていなかった新たな病原体であれば、

対策が立てにくくなります。

また、新型コロナウイルス感染症の長期的な影響によるものであれば、

世界中で同様の流行が起こる可能性もあります。

現時点では、いずれの可能性も完全に否定することはできません。

今後の調査の進展が待たれます。

日本でも、中国からの渡航者を中心に、

謎の呼吸器感染症の症例が報告されています。

厚生労働省は、感染防止対策の徹底を呼びかけています。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2023.12.01 08:19:32
[インターネット活用] カテゴリの最新記事


PR


© Rakuten Group, Inc.