2464420 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今日の話題・雑記帳

今日の話題・雑記帳

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2023.12.07
XML
テーマ:今日の話題(124)
カテゴリ:今日の話題



[ローマ 6日 ロイター] -     イタリア政府は中国に対し、

巨大経済圏構想「一帯一路」からの離脱を正式に通知した。

政府筋が6日明らかにした。

イタリアは2019年、西側主要国として唯一同構想に参画。

しかしメローニ首相は昨年の就任時に、イタリアに大きな

経済的恩恵をもたらしていないとして、

離脱する考えを示していた。

別の関係筋は「一帯一路構想を離脱してもイタリアは中国との

良好な関係を維持する意思がある」とし、両国の関係悪化や

それに伴うイタリア経済への悪影響を巡る懸念をさほど

重要視しない考えを示した。

人工AIに聞きました。

伊、「一帯一路」離脱 中国に正式通知 大きな恩恵なく 一帯一路への影響は?

イタリアの「一帯一路」離脱は、中国にとって一定の痛手となるでしょう。

イタリアは、G7で唯一「一帯一路」に参加していた国であり、その離脱は、

中国の国際的な影響力や経済的プレゼンスの低下を意味します。

具体的には、以下のような影響が考えられます。

※中国の国際的な影響力の低下

「一帯一路」は、中国が主導する巨大経済圏構想であり、その参加国は、

中国の経済的影響力や政治的影響力を受けることになります。

イタリアの離脱は、中国の経済的影響力や政治的影響力に対する信頼を損なう

ことになり、中国の国際的な影響力の低下につながる可能性があります。

※中国の経済的損失

イタリアは、EUの主要国であり、経済規模も大きい国です。

イタリアの離脱により、中国は、イタリアとの貿易や投資の機会を失うことになります。

また、イタリアは、中国の「一帯一路」プロジェクトに参画する予定だったため、

そのプロジェクトの遅延や中止にもつながる可能性があります。

※他の国々への影響

イタリアの離脱は、他の国々にも影響を与える可能性があります。

中国の「一帯一路」への参加を検討していた国々は、イタリアの離脱を参考にし、

参加の判断を慎重に行うようになる可能性があります。

ただし、イタリアの離脱は、中国にとって致命的な打撃になるわけではありません。

中国は、今後も「一帯一路」の推進を継続し、アジアやアフリカ、中東などの

途上国や新興国との経済的連携を深めていくと考えられます。

また、イタリアの離脱は、中国の国際的な影響力や経済的プレゼンスの低下を

示すものであり、欧米諸国にとっては、中国の台頭に対する警戒感を高める

きっかけとなる可能性があります。と回答がありました。








お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2023.12.07 07:35:52


PR


© Rakuten Group, Inc.