000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今日の話題・雑記帳

今日の話題・雑記帳

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2023.12.08
XML
テーマ:今日の話題(124)
カテゴリ:今日の話題

“歩く肺炎”激しい咳が4週間…中国・韓国で感染拡大中、年末日本で流行か!?

コロナの遅かった対策を反省し、政府は対策を早く対策を行うべきです。

マイコプラズマ肺炎について人工AIに聞きました。

マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマ・ニューモニエという

細菌によって引き起こされる肺炎です。

主に10歳から30歳代の若年成人に多く、咳や発熱などの症状が現れます。

マイコプラズマ肺炎の胸部X線画像は、以下のようなものが特徴的です。

小葉中心性陰影:肺の細葉の中心部に白く映る影。

すりガラス影:肺の一部が白くぼやけたように映る影。

気管支血管周囲間質肥厚:気管支と血管の周囲に白く映る影。

これらの影は、マイコプラズマが肺の細葉や気管支周囲の

組織に炎症を引き起こすことで生じます。

また、マイコプラズマ肺炎の胸部CT画像は、以下のようなものが特徴的です。

小葉中心性陰影:肺の細葉の中心部に白く映る影。

すりガラス影:肺の一部が白くぼやけたように映る影。

気管支周囲間質肥厚:気管支の周囲に白く映る影。

蜂巣状陰影:肺の一部が蜂の巣のように白く映る影。

蜂巣状陰影は、マイコプラズマ肺炎の重症例でみられることが多い影です。

なお、マイコプラズマ肺炎の画像所見は、必ずしもこれらの特徴を

すべて示すわけではありません。

また、他の肺炎の画像所見と区別が難しい場合もあります。

そのため、マイコプラズマ肺炎の診断には、画像所見だけでなく、

臨床症状や血液検査などの結果も総合的に判断する必要があります。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2023.12.08 07:40:18


PR


© Rakuten Group, Inc.