000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

飯島多紀哉の七転び八転がり

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Category

Calendar

Recent Posts

Archives

2017/03
2017/02
2017/01
2016/12
2016/11
2016/10
2016/09
2016/08
2016/07
2016/06

Comments

コメントに書き込みはありません。

Keyword Search

▼キーワード検索

全540件 (540件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 54 >

その他

2015/09/09
XML
カテゴリ:その他
ご無沙汰~。

『学校であった怖い話』プロジェクト

さて、ファンディのプロジェクトだが、いよいよ明日が最終日となった。
現実は、かなり厳しい感じ。
両角は自分の責任だと感じて、深く落ち込んでしまっているけれど、
別に両角が悪いんじゃないから。
僕ももっとできることがあったと思いつつも、
やはり夏休みは、子供のゴルフを通じて家族との生活を選んでしまう。
でも、そんな生活に満足しているので、後悔はしていない。

ファンの方々から、
「小学館版『学校であった怖い話』の続きはどうなったんだ?」とか、
あっちを完結させてからファンディのプロジェクトをやれよという声もチラホラ。
でもね、世の中、そう簡単にはいかんのだ。

まあ、実際のところ、正直言うと・・・あちらの本はあまり売れていない。
だから、何とか続刊させるためにも、このプロジェクトを成功させたり、
他にも亀の歩みで進めているプロジェクトを実現させたり、
自分のできる範囲で色々と手を尽くしているんだけれど、
なかなかうまくいかんもんだな。
やはり、ネットではそこそこ売れていてもリアル本屋さんでほとんど売れないというのは、
子供たちに広がらない。
実際、子供向けなのか、ファン向けなのか、それともそれ以外の層を狙っているのか
いまいちわかりにくいというのは実感している。
誰に売りたいのか、目標が定まっていないよな。
今更だが、その辺の軌道修正を今からでもできるならばしたいんだけれど。


プロジェクトが成功するにせよ、失敗するにせよ、
応援してくれるサポーターの人数が50人にも満たないという現実は、
やっぱり一般的に見て厳しいだろう。
『学校であった怖い話』のファンがそこまで少ないとは思いたくないけれど、
少なくとも『殺人クラブ リベンジ』の続きを望んでいるファンは少なかったんだなあ、
と実感してしまう。

「アパシー」シリーズが現在もなおコンスタントに売れていることを考えると、
やっぱり『学校であった怖い話』はゲームなのかなあと感じる。

小学館版『学校であった怖い話』の続刊に関しては、
自分でできることは今後も続けていくつもりだから、気長に応援していてほしい。
長編も含め、小説自体はかなりの本数が仕上がっているんだけれど、
日丸屋がイラストじゃないとそれはそれで納得しない方々も多いだろうから、
同人で発表するわけにもいかないしね。

そういうわけだから、決してあちらをないがしろにして
ファンディのプロジェクトをやっているわけじゃないことはわかってほしい。

ちなみに今更の話だが、荒井に殺される権利というのは、
金額に応じて「誰かに殺される権利」は増えていく予定だった。
プロジェクト成功の200万円を達成することで、日野、新堂、岩下、風間に殺される権利を
一気に開放する予定だったのだけれど、まあもう無理っぽい。
なぜ最初から開放しなかったかと言うと、最初の200ページで彼ら全員分をサポートするのは無理だから。
やはり、せっかくの企画なので、一人一人ていねいに見せ場をもって殺させてあげたかったので。

荒井に殺される権利を手に入れたサポーターの方は、
人生の思い出として一生心に残るような殺され方をさせてあげたかった。
だから、もしプロジェクトが失敗しても、そのサポーターの方には、
何かしらのことをしたいと思っている。
自分は絵を描けないから小説という形でしかお返しできないが、
その方だけのために何かしたいもんだ。

もちろん、そのサポーターの方に何かしらしたいというのは
あくまでも自分の気持ちだから無償でさせていただきたいと思う。
30万円という金額を支払う決断は、簡単にはできない。
どうするか、とても悩んだと思う。
実際、今も悩んで、もしかしたら後悔しているかもしれない。
だから、その方にはサポートしてよかったと思ってもらいたいな。

もちろん、荒井に殺される権利を手に入れたサポーターの方だけでなく、
サポートしてくれた全員がサポートしてよかったと思えるプロジェクトにしたかった。
さすがにプロジェクトが失敗したら、
全員に何かしらのお返しをさせていただくことはできないが、
やっぱり自分の中でも「荒井に殺される権利」を手に入れたサポーターの方は特別だ。
その方がいただけでも、自分の中ではこのプロジェクトをやって良かったと思える。
だから、ぜひ何かさせていただきたい。

ラスト一日。
今からこのプロジェクトを成功させるためには100万円以上の支援が必要だ。
現実的には、とてもハードルの高い金額だが、
何事も無理ということはない。
実際、この20年間で『学校であった怖い話』は色々な形で復活してきたし、
それもすべてはファンの支えがあったからだ。
『殺人クラブ リベンジ』の続刊が決定したら、本来描かれるべきテーマ、
二転三転するシナリオ、そしてタイトルに隠された本当の意味などが描かれる。
往年のメンバーに加えて新たなメンバーたちが絡み合って繰り広げられる
生死を賭けた壮絶な展開を期待してほしい。
描くべきキャラクターが多すぎ、ほとんど人物紹介で300ページ近くを費やしてしまったため、
ストーリーが遅々として進まなかった自分の責任を、一気に解消させたい。

ラスト一日、応援してほしい。

『学校であった怖い話』プロジェクト







楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015/09/09 09:15:26 AM
2015/01/13
カテゴリ:その他
先週、なんとなく間接に違和感を感じ、触ってみると小さなしこりが。
一日経つと、そのしこりが親指大になり、痛みを伴う。
そのうち治るだろうと軽視していたら、週末には、ゴルフボール大の大きさに。
かなり熱を持ち、もはや関節が曲がらない。
とても原稿を書くどころではない。
月曜日病院に行こうと思ったら、三連休。
日増しに痛みは激しくなり、昨日はもう起きていられない状態。

ということで、本日、朝一番で病院へ。
お医者さんに見せると、間髪入れずに、

「麻酔持ってきて」

そのあと、示し合わせたように看護婦さんが三人来て、
そのうちの一人は、なんかタオル持ってます。

「このタオル、咥えてくださいね」

白衣の天使というが、なんかこの展開は映画でよく見るシーンじゃないか。
いや~な予感。
予感的中。
患部に麻酔注射されました。
その痛さったら、今までしたどんな注射よりも痛い。
思わず叫んでしまい、涙もこぼれました。
タオル咥えさせられているものの、ものすごい悲鳴が。
麻酔が終わり、ほっと溜息をついたのも束の間、二本目の麻酔打たれました。

「すいません。何本打つんですか?」

と聞いたところ、

「五本」

麻酔、五本も打つなんて聞いたことねーよ。
と思っていると、二本目終了。
間髪入れず、三本目突入。
痛いけど…本当に麻酔効いてんの?
そんな私の気持ちを察したのか、先生の一言。

「まぁ、かなり膿んでいるから、麻酔しても効かないんだけどね」





じゃあ、打つなよ。
麻酔、打たなくてもいいじゃん。
そんなこと考えていると、三本目終了。
続いて四本目。
痛さは続く。
涙、止まらず。

ちなみに二人の看護婦さんは、私の体を押さえている。
痛さのあまりに、全身がピクピク痙攣する。

「でも、麻酔打たないで斬ると、ものすごく痛いから」

看護婦さんの言葉は、何の助けにもならない。
結局五本目の麻酔も痛いだけ。

で、斬られました。
患部に当てられた白いガーゼは血まみれ。
出るわ、出るわ。
まー、こういう描写をリアルで見られるなんて
小説の参考になるかなあと思いながら、
しっかりと斬られているところを凝視していたけれど、
なんか怖くて視線を外せなくなったというのも事実。

痛かった。

「明日から毎日通院してね」

とお医者さんに言われて本日は終了。
お酒飲んじゃダメ。
お風呂も入っちゃダメ。
とても小説書ける状態ではないので、四巻目の執筆は後回し。
でも、ブログ書いてる。

夜になり、痛みはさらに増す。
寝られるかな~。
明日も朝から病院なんだよな~。

仕方ないので、思い切り痛そうなホラー映画でも見ようかな。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015/01/13 09:21:55 PM
2014/11/25
カテゴリ:その他
ご無沙汰してまーす。

こまごました用事が色々と重なってしまいまして、なんとも忙しい毎日を送っております。
そんな中、とある小学校の先生から連絡をいただきました。
なんでも、『学校であった怖い話』を読み聞かせの授業で使用したいというお話でした。

私も知らなかったのですが、小学館版『学校であった怖い話』は、
全国学校図書館協議会の選定図書に選ばれていたらしいです。
その先生に教えていただき、初めて知りました。
後ほど、小学館から連絡もありましたけれど。
そして、その先生はこのブログを読んでおり、
『隠された人形』と『妖怪ベロリ』を中学年の読み聞かせの授業で使用したいというお話でした。

まさか、自分の描いた小説が、小学校の読み聞かせの授業で使われるなんて
夢にも思いませんでしたが、本当に嬉しい話です。

いつかは、夏休みや冬休みの課題図書に選ばれるといいなあ。
なんて、途方もない夢を描いてしまったり。

それには、まず一歩一歩踏みしめるように、一話一話をしっかりと描いていきたいです。

ではでは~🎵






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014/11/25 09:46:59 PM
2014/09/02
カテゴリ:その他
8月29日に書いた日記は、わずか一時間足らずで削除依頼があったため削除した。
しかし、その一時間の間に相当数の方の目に触れたみたいで、様々な反響があった。
その多くは、なぜあのブログを削除するのかわからないということだ。

まあ、大人の世界にはいろいろあるらしい。

削除したことであのブログの内容が気になるというメッセージもいただいたので、
どんなブログだったかかいつまんで話すと、
風の噂で聞いたのだが『真・流行り神』というソフトが発売されたらしい。
ほとんどゲームは遊ばないので、まったくその手の情報は入らなくなっていたが、
その話を知って、以前『流行り神』シリーズを手掛けたプロデューサーのY氏と、
飲みに行ってはゲーム論やホラーについて語り合ったことを思い出した。
その時、氏が『新・流行り神』なるゲームを考えていて、
その魅力的な内容に一ゲーム・ユーザーとして引き込まれた。
実際、僕がそのシナリオを担当する話もあったのだが、
すでに定着した人気作のファンを別の人間が書くことで納得させるのは難しいし、
僕がシナリオを担当することで『流行り神』ファンを幻滅させたら申し訳ないと思った。
そんなこんなで、残念ながらその話は実現しなかった。
今でも家には、「強烈な飯島節を期待しています!」と書かれた
『新・流行り神』の企画書が置いてある。

そして、『学校であった怖い話』のファンでもあるY氏は、
『新・流行り神』が成功した暁には、ぜひ『新・学校であった怖い話』をやりましょう
と言ってくれた。

まあ、偶然にも『流行り神』シリーズが同じ時期に復活したので、
懐かしくなって、そんなことを思い出した、というだけのことだ。

というような、内容のブログでした。







楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014/09/02 10:52:42 AM
2014/08/29
カテゴリ:その他
29日に書いた日記は、まあ予想通りと言いますか何と言いますか、速攻で削除依頼が来たので削除しました。
仕方ないよね。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014/08/29 10:14:19 PM
2014/07/02
カテゴリ:その他
みなさん、どうもすみません。
最初に、謝っておきます。

今、いろいろと悩んでおります。
電子書籍版「学校であった怖い話 1995」ですが、
ユーザーから、kindle独占はやめてほしいとか、
他からも購入できるようにしてほしい、という声がありました。
特に、日丸屋がキャラデザからやり直してイラストも新規に描き起こすのであれば、
紙で読みたいという切実な意見もありました。

確かに、時代はダウンロードと言えますが、
皆さんの希望もよく理解できます。
制作上の予算や、自分にとって楽な方法で今回の
電子書籍版「学校であった怖い話」をkindle独占販売にしようと思っていました。
でも、日丸屋のイラストを本として読みたいとか、
できるだけ多くの流通で購入できるようにしてほしいという意見は、もっともだと思いました。

今回、小学館版「学校であった怖い話」の発売に合わせて
電子書籍版「学校であった怖い話 1995」の発売を急いでいたのかもしれません。

最近、ファンの方々からの声を聴く機会も少なかったので、
もう少し、じっくりと顧客の側に立って考えてみようかなと思います。
私としては、kindle独占販売が良かれと思っての結果だったのですが、
改めて皆様の声を聞くにあたり、もう少し皆さんに喜んでもらえる形はとれないか
今一度検討してみたいと思います。

電子書籍版が発売されないというのではありません。
日丸屋が、イラストを描かないのではありません。
今少し、時間をもらえるとうれしいです。

また、実を言いますと、「学校であった怖い話」以外にも
私が過去に発売した書籍を出版社から電子書籍で発売しようという企画も持ち上がっております。
しかし、イラストの権利関係など諸々の問題もあり、簡単に決められないのが現実です。

最近、応援のメッセージを送ってくれるファンの声も少しずつ増えてきまして、
自分なりに、みなさんの声に応える形というのを、初心に帰って考えたいと思いました。

色々とご迷惑をおかけしますが、このままkindle独占販売で行くことが
みなさんにとって、一番喜んでもらえる結果になるのか
いましばらく考える時間をいただければと思います。

この件に関しては、自分なりに考えて一番納得のいく形になりましたら
改めまして発表したいと思います。

ごめんなさい。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014/07/02 04:17:07 PM
2014/06/16
カテゴリ:その他
土曜日は、末娘の学校で親子ふれあい参観というのがあった。
ふれあい参観というのは、普通の参観日と違って、親子で一緒に工作をするのだ。
三年生の課題は、うちわ。
自分の写真や手形、折り紙やらモールやらシールを使って、世界に一つのオリジナルうちわを作るわけだ。
でも、制限時間は一時間。
あんまり、凝ったものを作ると時間が無くなってしまう。
というわけで、みんな事前準備として小物は家で仕上げてきて、
参観日にはそれを貼るだけって感じらしい。
なので、一週間、末娘とどんなうちわを作るか打ち合わせをした。
夏だから、涼しいのがいいよね、ということで涼しさを感じるうちわというのが今回のテーマ。
色々と意見を出し合った結果、海がいいねということで、
イルカとクジラが泳いでいるものに決定。

やはり立体的なものにしようということで、フェルト生地を何枚も重ねて立体的なイルカとクジラを仕上げる。
イルカとクジラを仕上げておけば、あとは当日何とかなるだろうと思っていたが、結構時間が足りない。
それでも、何とか大急ぎで頑張った。

海と空にはカラフルなセロハンを貼り、
さらにそこにクシャクシャにしたセロハンをモリモリ貼り付け、波の感じを出してみた。
そこに、イルカとクジラを貼り付け、空には綿で雲を作って
うちわの周りをカラーテープできれいに仕上げた。
ぎりぎり、何とか時間内にセーフ。

いやあ、もう、久しぶりにものすごく頑張った。
完成したうちわを一人ずつ前に出てみんなに発表するのだが、
娘のうちわはなかなかの評判となり、
休み時間は人だかりの中心にいてドヤ顔をしていた。

ボンドがはみ出たり、セロハンの切り口がギザギザだったり、
お世辞にもあまり出来がよろしいとは言えなかったが、
娘はこの世界に一つのオリジナルうちわが大変気に入ったらしい。
日曜日のゴルフラウンドは、このうちわを持って嬉しそうにパタパタさせていた。
夜寝る時も、枕元に置いている。


ところで、妖怪ウォッチの人気に改めて驚かされた。
うちわづくりの時、何と半数近くの子供たちがジバニャンうちわを作っていたのだ。
クレヨンで描いた自作のジバニャンもいたものの、
本の表紙や切り抜きをペタペタうちわに貼っているものが圧倒的だった。
長男が小学生だったときは、圧倒的にポケモン人気だったけれど、ポケモン関連のうちわは一つだけだった。
恐るべし、ジバニャン人気。


しかし、今やリアル小学生を見る目が真剣になってしまった。
子供でありながら、妙に大人びていたり、
なんでそんな言葉知ってるんだ?と思うようなことを平気で口にしたり、
驚かされることが実に多い。
でも、あんまり真剣によその子供たちをまじまじと見ていると、
周りからは変なおじさんと白い目で見られそうなんだよな。









楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014/06/16 02:04:24 PM
2013/11/22
カテゴリ:その他
 今、栃木にいるんだよ~。
 遊びに来ているんじゃなくて、住んでるのだ。
 というのも、栃木はゴルフ場天国。
 本当に、子供のゴルフ料金が安い。
 通常ならプレイ代1万円オーバーのところを、ほとんどタダ同然にしていただいている。
 もちろんゴルフ場のレストランで1500円のカレーライスは食べない。
 奥さんお手製のおにぎりを、暖かいお茶の入った水筒で流し込むわけだ。

 普通、ゴルフってセレブのスポーツとかおっさんのスポーツとか言われているけれど、大会をメインにしている子供達は何キロもあるゴルフバッグを担いで、5キロ以上の道のりを歩いて廻ることもある。
 我が家も大会をメインにしているので、優雅なゴルフとは縁がない。
 だから、子供達はひたすら毎日ゴルフの練習をしているわけだけれど、最近そんな子供たちを見ていて、することがなくなってきたなぁとつくづく感じる。

 ゴルフの嫌いな子供に無理やり教えるのと訳が違うから、三人の子供たちがあれこれ相談しあって、勝手に練習するようになってしまった。
 だから、今のところはコーチもいらなくなった。


 最近は、自分の仕事のことを振り返る。
 クリエイターも、ゴルファーも一緒だな、と。
 自分は物書きをしていく上で、誰かに教わった覚えがあまりない。
 同業者と話していても、専門の学校に通ったとか、特定の先生の門下生になったという話はあまり聞かない。
 ほとんどが、独自で勉強し、自分なりに道を切り開いてきた。
 正直、それほど好きだったから、別にそれが苦ではなかった。
 だから、やりたいことは勝手に学んでいった。そして、それが楽しかった。
 人に教わったり、学校に通わないとできないことは、多分やらされているだけなんだと思う。

 自分が物を書く上で色々と教わったのは、思うに多分プロになってからだと思う。
 プロになってから、生きていく上で、あらゆることを教わった記憶がある。

 子供達には、自分が教わったことは、全て教えているつもりだ。
 クリエイターとして生きていくことと、ゴルファーとして生きていくことは、驚くほど似ていると感じることがある。

 子供は三者三様なので、覚え方も成長の仕方も違う。
 だから、ゆっくり一緒に歩んでいこうと思う。
 でも、子供たちが勝手に練習するようになってしまったのが、本当に寂しい。

 自分は自分の出来ることをして、しっかりと支えていくかぁ!






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2013/11/22 07:53:08 PM
2013/11/18
カテゴリ:その他
 2年ぶりかな~、こっちでブログを書くの。
 といっても、子供のゴルフブログももう2年近く書いてなかったからなぁ。

 もはや、誰も読んでいないだろうなぁと思いつつも、何となく書いてみる。
 ま、終わったと思っていたものが、突如として復活するというのもまた一興。

 今までのように頻繁ではないにしても、時々ブログを書いていこうかなぁと思ってる。
 子供のゴルフブログは再開の予定なし。というのも、リアルで妬みや僻みがあるからね。それに、あっちのブログを始めた目的は達成したから、個人的にはもう続ける意味もないかな、と。

 で、なんでまたブログを始めたかというと、その理由の一つは、そろそろ公式サイトでの通信販売を止めようと思っているから。
 今でも、コンスタントに注文が入ってくれるのは嬉しいことですが、そろそろ在庫もなくなってきたし、もうそっち関連のスタッフもいないので、このまま続けてもどうかな?と。なので、近いうちを持って、シャノンの通信販売は終了いたします。正式な日程は、公式サイト、もしくはこのブログでお知らせすると思いますが、11月末ごろを目処にしていますので、よろしくお願いいたします。

 といっても、アマゾンでの販売は続けていきますので、一部の商品はアマゾンで購入することが出来ます。まだそこそこ在庫のある作品もあれば、ほとんどないものもあるので、一概にどうとは言えませんが、よろしければ、アマゾンでお求めください。ちなみに、公式通販で行っていた特典等は付きませんのでご了承ください。

 ということで、公式通販サイトは幕を閉じてしまいますが、近いうちにまた皆さんとお会いできる日が来ると良いですニャー。

 そんでは。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2013/11/18 05:31:45 PM
2011/10/20
カテゴリ:その他
えー、末娘が世界ジュニアゴルフ選手権で
ぶっちぎりのスコアをあげて世界一になってしまってから、
三カ月が過ぎました。

今なお、雑誌やテレビの取材が続いております。

自分も毎月何本もの連載を抱えていたり、
ゲーム制作に邁進していた時はテレビの出演依頼の話などもありました。
全盛期と思っている約10年間の間に4回ほどテレビに出させていただきました。

末娘は6歳児ですが、この三ヶ月間で4本のテレビ出演依頼がありました。
私が10年間かけて積み上げてきた歴史が、早くも抜かれそうです。
6歳児に…。
親バカですが、まったくたいしたもんです。

依頼があり、出演したテレビ番組は
報道番組や特番、バラエティ、等々様々でしたが、ついに!
念願のゴルフ番組から出演の依頼が!!

やはり、ゴルファーとしては
ゴルフ番組から出演の依頼が来るというのは本当に嬉しいものです。
それは、視聴率とかそういうものとは掛け離れた、
ある意味神聖で、気高いものであり、大変名誉なことです。

雑誌のインタビューなども依頼がありますが、
さすがにそれはまだまだ娘に抜かれるわけにはいきません。
しかし、いずれは軽く抜かれてしまうんだろうなぁ。

わずか6歳でネットでもリアルでも嫌がらせを受け、
しかしそれ以上に多くの方から寵愛もされ、
厳しい世界へとずっぽり足を踏み入れてしまった末娘。

このブログもほとんど更新しなくなったせいもあり、
ほとんどアクセスがなくなってしまいましたが、
娘のゴルフのことを書いているブログは毎日数千アクセスをあげ、
にほんブログ村というランキングサイトのジュニア・ゴルフのコーナーでは
不動の一位を取り続ける人気ブログに成長してしまいました。

…なんか、時代が変わったなぁと。
自分の生活も、まったく変わってしまいました。
完全なインドア生活だったのが、
毎日アクティブにゴルフ場を動き回るアウトドア派に変貌。

仕事も日常生活も、すっかり変わってしまいました。
ものを書くという仕事は私も大好きですし、
普通に生活していくには別に不自由のない暮らしでした。
しかし、不規則な生活、かつそれに見合っただけの収入は得られない、
そんなことでは、ゴルフというお金のかかるスポーツを
子供達に続けさせることは出来ません。

最初はほんの遊びのつもりでしたが、
このような結果を出してしまうと、
周りも遊びとは思ってくれませんし、
何より本人がやる気爆発状態なので、親は頑張るしかありません。

ものを書くという仕事を忘れたわけではありませんし、
機会があればまたやりたいと思っているのですが、
同人誌を作るために手伝ってもらえるような人脈もなくなり、
今ある人脈はゴルフ関係ばかり。
掛かってくる電話も、会う人々も、全部体育会系。

正直、三年前は、こんな生活を送ることになるなんて、
本当に夢にも思っていませんでした。

人生って、面白いなぁとつくづく感じてしまいます。

人生五十年といいますが、それを目前にして
新たな人生を歩ませてもらえるということは、
本当に幸せだと思います。

本当に空いた時間を見つけて、
少しずつ少しずつ趣味として小説を書きためてはいますが、
もしかしたらそのまま墓まで持っていくことになるかもしれません。
おそらく、作風も変わっているかもしれません。
でも、今の生活には満足しています。

相変わらず波乱万丈の人生を送っていますが、
いくつになっても刺激的な人生を味わえるというのは、
やっぱり幸せなんですね。

これから先、どんなことが待っているのか…
想像もつかない楽しい人生を送れると良いなぁ。

何となぁく、書いてみたくなりました。 






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2011/10/20 07:23:15 PM
このブログでよく読まれている記事

全540件 (540件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 54 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.