278271 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

老後の不安を何故煽る!そんなの関係ない!暮らし方次第です

PR

Profile


kuki5992

Recent Posts

Calendar

Category

Freepage List

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

改革を

2017.01.15
XML
カテゴリ:改革を
車は若い時から欲しく学生時代に親の支援を貰い中古のスバル360を5万円で購入した、社会人になりホンダN360の新車に切り替え、それからと言うもの何かに取り憑かれたように車検ごとに車を買い替え12台乗った記憶がある。今から思えば何と無駄な事をしたんだろうと、メーカー戦略に見事に嵌められていたんだと。ローンに税金保険ガソリン車検を含め毎月8万ぐらい使っていた計算になる。69歳で車を手放したがなんの不便もなく家計の大幅なコストダウンが出来ている。都会に住んでいれば車は不要ステータスかも知れないが早く手放した人が老後裕福な生活が待っていると思う。






Last updated  2017.01.15 16:28:01
コメント(2) | コメントを書く
2013.04.15
カテゴリ:改革を
定額小為替
戸籍謄本が必要になりこれをもらうため本籍がある役所へ行かず郵送してもらう際、その手数料が450円かかる。
現金で封筒に入れることはできないので上記、定額小為替なるものを郵便局で購入し封筒に入れるような依頼があった。何故切手では駄目なんでしょう!
ところがこれを買うのに時間がかかるし更に料金が100円かかった。
誰も何も感じないのか、感じる私がおかしいのか
450円を相手に送金するのに切手同様な紙切れをもらうのに100円かかるのには納得できない。
先方郵便局曰く手数料だと
送られた役所がこの紙切れを現金化する際の手数料を肩代わりしているような気がしてならない。
明治時代から利用されているのであろう定額小為替、摩訶不思議なもの、まさかどなたかの利権ではないでしょうね!
銀行や郵便局の預金利子で現在100円もらうのには相当の額の預金が必要なのに振込手数料の高さは異常であるから、オンラインでの振込よりは安いことは事実であるが何か納得できない。
改革してもらいたいですねー!






Last updated  2013.04.15 21:29:43
コメント(2) | コメントを書く
2013.03.31
カテゴリ:改革を
普通の日本人は自分のことを身内も含めて控えめに話す
愚妻とか愚息という言い方をする。
しかし最近なのか昔からなのかよくわからないが、それを聞くと本気にしてしまう方がいる。
「そうなんですか、うちの家内なんか料理はうまいし母親の面倒みはいいし」と
開いた口がふさがらない。
そこまでならいいが他人にまで「あそこの奥さんは愚妻らしい」と

毎度毎度町内の話になるが
会長である私は「私がやりました」とはよっぽどでないと言いませんし常に
「大したことはしていませんが」が口癖である。
それを聞いた半数はそれを本気にして、「会長は何もしないで皆にやらせている」ということに、
半数は謙虚な会長であると。

外国人には謙虚・謙遜なんていうことは通じないらしい
「ピアノの鍵盤を叩くことができればピアノがひける」と堂々というし
英語でアイキャンノットスピークイングリッシュという言葉を発する日本人が不思議らしい
現に英語を話しているからだ。
ガッツポーズやウイニングポーズは日本には馴染んでいないが徐々に浸透してきている。
出る杭は打たれるという諺があるが「出ないと埋められてしまう」ような風潮になってきているような気もするが、やはり変わっていかなければとも思うときもある。

  • 201303311219_8622_iphone.jpg






Last updated  2013.03.31 12:29:15
コメント(5) | コメントを書く
2013.02.03
カテゴリ:改革を
家からここの団地までちょっとしたスーパーマーケットがあるので時々やってくる、広場は写真の様に高齢者で一杯です。子供達が親元から巣立ち残された親達は目的もないのか、すこしうな垂れ、遠くを見つめ寂しげに生きている姿が痛ましく見えてしかたありません。町を再整備する必要もあると思うがどの様にしたら良いのか

rblog-20130203192044-00.jpg







Last updated  2013.02.03 21:39:08
コメント(2) | コメントを書く
2012.12.26
カテゴリ:改革を
その運転手、「私はタバコを吸っていたために、うなぎも天ぷらもカツ丼も勿論アルコールも
食べられなくなったし飲めなくなりました」と私を諭すように独り言のよう話していました。
ソーッとタバコを消し窓を閉めてしまいました。少しの時間沈黙が続きました。
やがて家に着き、私は大事なブランドのライターをゴミ箱にすてその夜からタバコをやめることができました。
止めるとか、変化させるにはきっかけやタイミングが大事です!
大好きなうなぎ、天麩羅、カツ丼、は今も食べ続けています。
運転手さん、ありがとう!

人気ブログランキングへ






Last updated  2012.12.26 11:55:42
コメント(3) | コメントを書く
2012.12.03
カテゴリ:改革を
中央高速道路の天井崩落事故は想定外ではない。
コンクリート部にネジ込んだボルトは時が経てば振動腐食などで外れるのは当然だ!
報道は、ほかにも同種のトンネルの天井があると端的に指摘するがアホかと怒りたい。
ボルトで吊った天井は地下街、商業ビル、などありとあらゆるところにありそれらは経年劣化でいつ落ちるか解らないのだからそういうところにも問題があると注意を促すべきなのだ。どうも水平に物事を見る識者がいないようだ。
学者や教授はもっともらしく事故が起きてから説明するが、聞きたくない!
高速道路の行き先が書かれている看板などはギロチンのごとく恐ろしいと何時も思いながら運転していた。
道路を歩けば広告看板もボルトでとまっている。
怖いものが一杯あります。






Last updated  2012.12.08 15:04:03
コメント(2) | コメントを書く
2011.02.07
カテゴリ:改革を
既に皆さんご承知と思いますが今日はグループクーポンなるものを紹介します。
通常の半額で食べられる・遊べる・泊まれる・参加できるというもの。
一つの例ですが
原価200円のアイスクリームを180円で提供してくれるという。
但し1000人の方がそのチケットを買った場合上記が成立するというもの。
アイスクリーム屋は20円×1000=2万円の損失になるが1000人の方が店に来てくれるし商品も知ってもらえるし、今まで2万円以上の広告費を使ってもその効果と比べると・・・、グループクーポンを利用したほうが断然メリットがあるというもの。
閑散時間帯にレストランが旅館が料金を下げる
開店時に其れを使う
などなどアイディアはまだまだ出てくるだろう。

ネット社会になり今までの商売が無くなったり、考え方がまるで違ったり、何か予測できない事が出現するだろうが、問題もでてくるような気もする。
twitterやfacebookで自分の意見や考え方を自由に呟き意見を述べ他人が何を考えどんな情報を発信しているのかも、さらに語らい批判することも自然体で出来る事はエジプトの例でみるよう流れは止められない

先ほど町内の年配の方から「来週末に予定している”やきいも会”のポスターは未だ掲示板に貼ってくれないのですか」と私に電話があった。
掲示板や回覧板はこの方の重要な入力源なんです!
情報を自らが努力して得る必要が無かったのか、今や自ら真の情報を得なければいけない時代になっています。
従って、ネットを利用している人とそうでない人に大きな利害の差が生じているような気もする。
また以下のような無駄も発生している。
市民に配られる行政が発行する「広報誌」のコストは幾らになるのだろうか
おなじ内容はネットで全て見られるのに。
新聞を作る担当とHPを作る担当が別々にいるわけだから市民税が高くなるはずだ。

ネットについて大半の高齢者は「そんなものは使えない」という。”そんなもの!”
ネット社会になったのだから皆が使えるような支援を国策ですべきではないかつくづく思う。
下記のURLはグループクーポンの一例です。
http://pita.jp/






Last updated  2011.02.09 20:46:51
コメント(5) | コメントを書く
2010.01.27
カテゴリ:改革を
今時の教育の現場を見て
疑問1
折角、パネルに調べたものを貼り付けてあるのだから、それを差し棒で指し聴衆に説明すればいいのに!・・・ それを丸暗記させパネルを背にして発表していた。
 何かを記憶させ其れを引き出させる、その能力を少しでも多く持っているものを優秀だとしてきた今までの教育を未だやっているもどかしさを強く感じた。
コンピューターの出現により記憶と再生の人間的価値が揺らぎ始めているのに相変わらずそういう育成に力を注いでいたからだ。
ではどうすればいいかであるが、ツバメについて本に全てを頼らず間違ってもいいから現場を見て自分の思いや創造的事項を発表して欲しかった。
疑問2
質問はありませんかと発表後皆に問いかけたところ女子生徒が「発表がうまかったです」と発言した・・・今のは質問ですか誰々さんと先生は言うべきなのにそのまま変な時間が過ぎる。
「発表がうまかっです」は質問ではありませんね!としっかり指導すべきなのに何か遠慮しているように思えた。・・・何でもいいから何か言って目立ったほうがよいということがまかりとおってしまいます。
疑問3
今時の2年生はしっかりしているように思える
なのに何故デジカメを使わせたりPCを使わせたりしないのだろう。
記憶をさせるのではなくインターネットのグーグルの検索を覚えさせるほうがよいのでは
電子機器を買う予算が無いのか未だ早いと思いそうしているのか知りたい。

自分なりの勝手な考え方で何があっているのかはさっぱりわかりませんが。

熱海桜が満開でした。
TS3G0605.JPG






Last updated  2010.01.27 19:59:51
コメント(4) | コメントを書く
2010.01.26
カテゴリ:改革を
TS3G0593.JPG
先日、小学校に通う孫の研究成果発表があったので見学に行ってきた。
子供達の親御さんが大半であり祖父母の見学は少なかった。
孫の発表テーマは「ツバメについて」だった。
図書から調べたものが大半であったようだ。
それを記述したものを貼り付け、それらを暗記しプレゼンテーションをしていた。
テーマ発表後生徒から「質問は」と問いかけがあったので質問をあえてしてあげた。
孫は、無難に発表をした。
親御さんは、自分の子供が普通に発表してくれることのみを願ってかハラハラ、ニコニコ見学していた。
教育の現実を度々見ることが出来て幸せある。
今の学校の教育手法は我々が子供のときと何ら代わっていない。
情報化社会になった現代社会においては大きく教育改革が必要であることを強く感じた。

続きは次回に述べてみようと・・・ちなみに孫は写真の中央です。
今から確定申告のeーTax入力も略終わったし、今から熱海に出かけます。






Last updated  2010.01.26 10:52:41
コメント(2) | コメントを書く
2010.01.14
カテゴリ:改革を
ノートをスーパーマーケットで買おうと価格を見たら155円だった。
待てよ、近くの100円ショップであるはずだと思い探したら同様なものが2冊で105円で手に入った。
40枚B罫35行 179×252mm MADE IN JAPAN 
発売元(株)大創産業 広島県東広島市西条吉行東1-4-14 となっている。
大創はあのダイソーと同じなのだろうか、母体は創価学会ときいている。

価格破壊の象徴である100円ショップのようなものがデノミを引き起こすといわれているが果たしてそうなのだろうか。
安く作れているのに利益を企業がのせすぎているのかも知れない。
ノートではコクヨが有名で未だに高価格で販売しているのは本当に価格が適正なのか検証して欲しいものだ。
そういう類はノートに限らずあらゆる物にある。
戦後最大の倒産を来週迎える日航なども収入以上に無駄な支出があったのだろう。
果たして航空運賃は適正だったのか。

100円ショップで買う場合、多少のリスクは覚悟して買うが物によっては品質も最近はしっかりしてきた。






Last updated  2010.01.14 20:09:33
コメント(2) | コメントを書く

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

Comments

kuki5992@ Re[1]:認知症なのかなー(04/15) scotchケンさんへ 他人は中々認知症何では…
scotchケン@ Re:認知症なのかなー(04/15) そうなんですね~、若くしてボケる人もい…
kuki5992@ Re[1]:30年度の町内会議が昨日で終わり(03/03) scotchケンさんへ いろいろお手伝いをして…
scotchケン@ Re:30年度の町内会議が昨日で終わり(03/03) ご苦労さまですね~、まだ引き続き会長を…
kuki5992@ Re[1]:目覚め(02/19) scotchケンさんへ はい、少し衰えています…

Favorite Blog

挿し木が成功し大き… New! きらら ♪さん

講習会は10時から… New! トムとジェリーさん

大阪は仕事にならん… New! scotchケンさん

ご先祖様が開墾した… New! さそい水さん

伏見甘長唐辛子も程… New! グランパ3255さん

比較購入 New! ギンリョウソウさん

「 お人よし 」 New! 喜文治さん

第二次世界大戦への… New! 神風スズキさん

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

・2019.06
・2019.05
2019.04

Rakuten Ranking


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.