060950 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ポポイ!アンフラマンス・ホウ!のブログ

PR

Profile


ポポイ!アンフラマンス・ホウ!

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

2018.10.15
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

rblog-20181015084727-00.jpg
ワカクサタケ matome. naver.jp より借用

rblog-20181015084727-01.jpg
ソライロタケ blog. livedoor. jp より借用

rblog-20181015084727-02.jpg
ピクシーパラソル 「カラパイア」より借用

後半戦に突入する前にちょっとコーヒーブレイク。
キノコの魅力として、その正体不明感や、神出鬼没性などを挙げることもできるが、もっと単純に見た目の多様性を忘れてはならないような気がする。
色も形も実に様々なので、見ていて楽しい。
これなら、昆虫や魚に熱をあげる子供がいるようにキノコにハマる子供がいてもおかしくない。

先日、「天才きのこ博士」こと和田匠平君のことを初めて知り、「きのこ日記」なるブログを覗いてみてビックリ。
高校の文化祭で展示した標本や写真の数が半端ではない。
なにせ物心ついた時からキノコに魅せられ、キノコ歴15年(現在16歳) というから、これはもうキノコに選ばれているとしか思えない。
その堂にいった遊びっぷりからして、神や精霊に愛されるタイプではないかと思われる。
このまま順調に真菌学者としての道を歩み、森毅亡き後の日本を代表するキノコ特使になってもらいたいものだ。

今回上に挙げた写真は色にこだわって選んでみた。
しかも、あえて暖色系ではないものを拾ってみた。
3番目は名前に惹かれたのかもしれない。
これで一息ついていただけただろうか。

さて、このへんでそろそろ今回のメイントピックに移るとしよう。
まずはちょっとエグい写真とイラストを見ていただくことになる。

rblog-20181015084727-03.jpg
タイワンアリタケ 「NAVERまとめ」より借用

rblog-20181015084727-04.jpg

もともと異界の生き物というイメージの強いキノコの中でも、これほど面妖なものはないのではないか。
これはタイワンアリタケという名のキノコで、冬虫夏草(とうちゅうかそう)の仲間に属する。
漢方の生薬や薬膳料理の素材として、その名を耳にすることもあろうかとは思うが、この冬虫夏草の正体は昆虫キラーである。
セミや蛾の幼虫といった昆虫にとりついて、これを撃殺し、その死体から栄養をとってキノコを出すという方法で生きている。
上のタイワンアリタケは文字通りアリに寄生してキノコを出す。

写真を逆さにして見ると分かると思うが、アリは木の葉の下側(裏側)に噛み付いて死んでいる。
ちょうど地面の方を背にした格好だ。
これは寄生したタイワンアリタケがアリをコントロールして、そういう場所に連れて行っているらしい。
つまり、風に飛ばされず、自らが繁殖しやすい場所にアリの体を固定するというわけだ。

アリが感染してから死ぬまでの期間は4〜10日ほどというから、他の冬虫夏草に比べると異常に早い。
アリが死んだ後、タイワンアリタケは頭部から子実体を伸ばし、地面に向かって胞子をばら撒く。
そして、何も知らずに下にいるアリたちがそれを浴びてまた感染するという仕組みだ。

うーん、よくできているなあ。
しかも、タイワンアリタケはアリを誘導するために最後まで脳には手をつけないという。
望みの場所までアリを連れて行き、葉や枝に噛みつかせた段階で相手を電撃的にピシッと殺す。

最後の瞬間、アリにはどんな光景が見えているのか。
瞬殺だから、突然ブラックアウトだろうか。
そのへんはアリになってみないとわからない。
まれに死に切れず、葉に噛み付いたまま、触ると足だけバタつかせるアリも目撃されているらしい。
おいおい、瞬殺という約束じゃなかったのかよ。
まあ、そういうこともあるとしても、おそらくアリは自らが他者に乗っ取られ、操られているという自覚もないのではなかろうか。
最期も、人間で言えば、激烈な脳卒中か心臓麻痺で突然死するようなものかもしれない。

タイワンアリタケの方に視点を切り換えても、そこにことさらヒールのイメージが色濃く漂っているわけではない。
他の生き物から養分を吸い取って生きるという点では、人間も同じようなものだ。
ただ胞子があまりに微小過ぎて見えないだけに、ヤられる側の視点に立てば、不気味な感じはするかもしれない。
それでも俯瞰して見ると、むしろその巧妙な手口に感嘆せざるを得ない。
まさに神が遊んでいるとしか思えない図である。






Last updated  2018.10.15 08:52:38
コメント(0) | コメントを書く

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ポポイ!アンフラマンス・ホウ!@ Re:名残の花も散りぬるを(05/09) ええ、去年とはまた違ったパターンで来ま…
周梨槃特@ Re:名残の花も散りぬるを(05/09) 今年は何も起きないのかと思っていました…
ポポイ!アンフラマンス・ホウ!@ Re:プラントラバーズ•ハイ 3(05/05) 運転、お疲れ様でした。 おかげで素敵な彼…
周梨槃特@ Re:プラントラバーズ•ハイ 3(05/05) 自然の岩石に囲まれた神域を歩き回ったり…
ポポイ!アンフラマンス・ホウ!@ Re:氷上の陰陽師(02/20) 羽生選手は名前からして神社系の厚い加護…

Headline News


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.