055232 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ポポイ!アンフラマンス・ホウ!のブログ

PR

Profile


ポポイ!アンフラマンス・ホウ!

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

2018.08.13
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

rblog-20180813201127-00.jpg
アンドレアス•グルスキー 「ライン川 」

前回、St. Elmo's Fire のリンクを貼るため、You Tube にUPしてあるイーノ関連の楽曲をチェックしている時、ふと目にとまった曲がある。
4枚目のソロアルバム Before and After Scienceに収録してある By This Riverという曲だ。
なんと視聴回数が143万を超えているではないか。
へえー、あの地味な曲がこんなに聴かれているんだ。
『息子の部屋』(カンヌ映画祭パルムドール受賞作) とかいう映画で使われたことも多少影響してるんだろうか?
そんなことを思いつつ、超久しぶりにこの曲を聴いてみた。

https://m.youtube.com/watch?v=SrZYP8SzlN8

静寂 / シンプル / スローでゆるい / 鎮静剤的 / しんみり / 内省的 / ロウな雰囲気

聴く人によって印象は様々だと思うが、歌詞に注意を払うと、いくつかの心象風景が浮かび上がってくる。
拙いながら、試しに意訳してみた。

「あなたと私 /二人してここに佇んでいる/この川に阻まれて/絶え間なく落ちてくる空の下…」

「日がな一日/大海の真っ只中にいるかのように/ここで待っている/何故ここにやって来たかはいつまでたっても思い出せずに…」

「あなたが私に語りかける/その声はまるで遠くから聞こえてくるかのよう/そして私は言葉を返す/心ここにあらずといった感じで…」

どうにもならない手詰まり感。
寄る辺ない形而上的寂寞感。
ふと訪れるディスコミュニケーション感。
こうした感じを抱いた時に、この曲を聴くと、より効果的に音が心に沁みてくるかもしれない。

でも、こんな能書きじみたことが言えるのは歌詞があるからこそのような気がする。
歌詞が人を多弁にするわけだ。
それよりもまず、歌詞があるというだけで、リスナーはその曲に親しみやすさを覚えるのかもしれない。
歌詞がある方が取っつきやすい(わかりやすい)感じがすると言ってもいいだろう。
というのは、歌詞はその音楽について何かを補足的に説明しようとしているように感じられるからだ。

もちろん、親しみやすさとかわかりやすさを求める人には説明があった方がいいわけだが、説明自体は音楽ではない。
歌詞はどうしても前面に出てくるので、その音楽を代表しているような感じになってしまうが、音楽そのものではない。
気軽に口ずさめるような歌詞であればなおのこと、それがその音楽の中身であるかのような錯覚に時として陥ることがあるが、言うまでもなく、それはちょっと違う。

純粋に音そのものに興味のある人は、従って、インスト曲の方を好むかもしれない。
By This River は歌詞があるからこそ好まれるのかもしれないが、歌詞を取っ払っても充分いけるような気がする。
なんならメロディーラインも捨てて、イントロ部分の短い旋律だけあれば、なんとかなるんじゃないか。
ー えっ!そんなにミニマルってどうすんの。
ー でも約3分間、曲の背後で反復されているのは例のピアノによる短いフレーズであり、それがこの曲のエッセンスと言ってもいいのではないか。
ー うーん、でも、それだけって、いくらなんでも単調過ぎない?
ー じゃあ、こんなのはどうかな。

https://m.youtube.com/watch?v=rTv8m8vjjTk

これは Alva Noto と坂本龍一による By This River のカヴァー曲だが、オリジナル曲からすれば、もうほとんど別物と言ってもいいかもしれない。
音楽そのものの純度を上げた結果、抽象度が高くなり、親しみやすさ(わかりやすさ)の度合いは低下したかもしれない。
でも、純粋に音そのものに耳を傾けたい人にはこちらの方がウェルカムかもしれない。
音の質感(テクスチャー) 、音の反復と微妙な変化、音と音の間隔、垂直方向の音の響き。
そうしたことに注意を払って聴くと、こうしたミニマルな曲の美しさや豊かさが少しはわかった気にならないだろうか。

もちろん、今私はどちらの曲が音楽的に優れているかというような話をしているわけではない。
今話しているのは純度の問題である。
音楽に興味のない方は、自分が興味のあることに置き換えて考えてもよろしいかと思う。
注意深く観察していると、この世のあらゆることにこの純度の問題が絡んでくることがわかる。
純度を上げることで、今まで見えなかったものが見えてきたり、聞こえなかったものが聞こえてきたりするのではないか。
そして、私たちの大半は純度の低い方から高い方へ、また、高い方から低い方へ行ったり来たりしながら生きているような気がする。






Last updated  2018.08.14 08:42:10
コメント(0) | コメントを書く

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ポポイ!アンフラマンス・ホウ!@ Re:名残の花も散りぬるを(05/09) ええ、去年とはまた違ったパターンで来ま…
周梨槃特@ Re:名残の花も散りぬるを(05/09) 今年は何も起きないのかと思っていました…
ポポイ!アンフラマンス・ホウ!@ Re:プラントラバーズ•ハイ 3(05/05) 運転、お疲れ様でした。 おかげで素敵な彼…
周梨槃特@ Re:プラントラバーズ•ハイ 3(05/05) 自然の岩石に囲まれた神域を歩き回ったり…
ポポイ!アンフラマンス・ホウ!@ Re:氷上の陰陽師(02/20) 羽生選手は名前からして神社系の厚い加護…

Headline News


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.