003092 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

hilosophy

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

epartmentou

epartmentou

カレンダー

バックナンバー

2024.03
2024.02
2024.01
2023.12
2023.11

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2023.04.14
XML
カテゴリ:一般



肺がんは、近年低年齢化傾向にある代表的な悪性腫瘍の一つです。 しかも、肺腫瘍はその特性上、早期発見が困難です。 発見されると、すでに中期・後期となり、死亡率も非常に高くなります。 したがって、肺がんは治療よりも予防が重要であり、日常生活の中で肺がんを予防することに重点を置く必要があります。 肺がんは、今や人類の健康を脅かす最大のキラーとなっています。 自分たちの健康のためにも、肺がん予防を実行しなければなりません。


肺がんを予防・治療するための指導法とは?


禁煙する


肺がんを予防するためには、禁煙が最も肺癌標靶藥重要です。 喫煙が健康に害を及ぼすことは周知の事実ですが、その主な健康被害は肺の臓器の健康です。 煙にはニコチンやタールなどの有害物質が多く含まれていることがあり、これらは発がん性が高く、長期間大量に吸うと肺がんの原因となり、肺がんになる可能性があります。 そして、副流煙は、初流煙よりも有害です。 副流煙に長時間さらされると、肺がんになるリスクが非常に高くなります。 そのため、禁煙するだけでなく、家族にも禁煙するよう説得するなど、家族全員の健康を守る必要があります。


肺がんの原因となる職場環境から遠ざかる。


多くの人が、肺に大きなダメージを与え、がんを発症するリスクさえある環境で働いています。 例えば、アスベスト工場や化学繊維工場など、粉塵の多い職場環境です。 これらの工場の環境は、肺に非常に深刻なダメージを与える繊維や粉塵を多く含んでおり、このような職場環境で長く働いていると、肺がんを発症しやすくなります。 その他の化学工場でも、肺にダメージを与えることがあります。 化学物質に長期間さらされると、化学物質を含む空気を吸うことで肺に回復不能なダメージを与える可能性があります。 ですから、できることならこうした労働環境には近づかないようにし、できれば健康志向の仕事に転職するようにしましょう。


注目の記事:

肺がんを予防するには?肺がんが見つかりにくい長期滞在でこだわるべき3つのこと

肺がんの症状は治りにくい? ならば、早期に予防することが必要

肺がんの深刻さを知っていますか?






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2023.04.14 15:30:15
コメント(0) | コメントを書く
[一般] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.