4238615 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ITOYA online☆特撮/映画/演劇/海外国内ドラマ☆主題歌/サントラCD/DVD/本レビュー

PR

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

落語

2016.05.28
XML
カテゴリ:落語
落語1『赤坂ACTシアタープロデュース 恒例「志の輔らくご」大忠臣蔵 中村仲蔵 立川志の輔』赤坂ACTシアター(O-1)2016年28日(土)18時30分 ご本人によるスライド解説。芸のプロによる一世一代の舞台の話が実に泣ける。

恒例です。2度目の鑑賞です。
[第一部]「大忠臣蔵~仮名手本忠臣蔵のすべて」は、
本題の落語の背景となる「仮名手本忠臣蔵 」の解説。
志の輔師匠による説明は、もちろん笑いも交え、
実にわかりやすい。
目から鱗です。

[第二部] 落語 中村仲蔵
また聞いたけど、結構変わっていたのかも?
とにかく、芸のプロによる一世一代の舞台。
その話が、実に泣ける。




rakugo1.jpg

赤坂ACTシアタープロデュース 恒例「志の輔らくご」
会期 2016年5月26日(木)~2016年5月29日(日)
出演 立川志の輔
演目
[第一部] 大忠臣蔵~仮名手本忠臣蔵のすべて
[第二部] 落語 中村仲蔵
上演時間
[第一部] 75分(予定)
[休 憩] 15分
[第二部] 75分(予定)
[合 計] 2時間45分(予定)

rakugo2.jpg

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへにほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング画像ボタン人気ブログランキングへ
☆↑ランキングに参加してます。↑もし少しでも気に入っていただけましたら、1クリック投票いただけると嬉しいです。m(_ _)m


立川志の輔 らくごのごらく全集(CD)
価格:12960円(税込、送料別)













Last updated  2016.06.01 23:27:35
コメント(0) | コメントを書く


2013.09.21
カテゴリ:落語
落語1『志の輔らくご in ACT アンコール!』赤坂ACTシアター(D18)2013年9月21日(土)15時 昨年の「中村仲蔵」の再演!大満足!「仮名手本忠臣蔵」解説付き、怒涛の3時間5分!

昨年の再演。
前半は、その一部が「中村仲蔵」の重要な要素
である「仮名手本忠臣蔵」の大解説。

130921_143221_2

スクリーンに浮世絵を投影、
もちろんユーモアを交えながら、師匠の流暢な
喋りが滞りなく次から次へと紡ぎだされる。
しかも、その前にも"まくら"がある!
中入り15分後、
後半いよいよ「中村仲蔵」という構成。
通常の高座なら前座が半分というところ
特別公演なので、すべてが志の輔のみ!
当初2時間30分予定が3時間5分!
笑って泣いて、大満足です!
(ただオーバーしたせいでその夜予定していた
ケラ版「かもめ」は断念…トホホ)


にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへにほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング画像ボタン人気ブログランキングへ
☆↑ランキングに参加してます。↑もし少しでも気に入っていただけましたら、1クリック投票いただけると嬉しいです。m(_ _)m


…実際は3時間5分でした^^)
130921_181103

2013/09/19(木) ~ 2013/09/22(日)
会場 赤坂ACTシアター
出演 立川志の輔
サイト http://www.tbs.co.jp/act/event/rakugo2013/
※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
2013年9月19日(木)18:30開演
2013年9月20日(金)18:30開演
2013年9月21日(土)15:00開演
2013年9月22日(日)15:00開演

130921_143143














Last updated  2013.10.13 19:30:09
コメント(1) | コメントを書く
2012.12.01
カテゴリ:落語
劇109「柳家さん生独演会『落語版 笑の大学』」2012.12.1(土)15時 三谷作品を見事に落語化。(映画よりもちろんイイ)

映画化もされた三谷幸喜舞台作品を見事に落語化。
一部のエピソードを省略して1時間30分、2人芝居は当然ながら1人で2役。
2人分のエネルギー、2人の掛け合いを1人で熱演!

121201_172017

私は舞台のDVD(および同じNHKテレビ放送)しか観ていませんが、
あらためて、笑って、泣いて、感動しました。
作家と検閲官、2人の奇妙でドライな友情、戦争がらみで泣けるところがイイ。

舞台の要素である、衣装、メイク、セット、大道具・小道具、効果音、音楽は一切そぎ落とされて、
落語の要素である話芸と上半身の身振り手振りの演技のみに集約され、
よりテーマに肉薄し中身の濃いものになっています。
(これに対して映画版は舞台にない要素のすべてを"追加"している)

これは、原作戯曲の素晴らしさと、さん生さんの巧みさのたまものでしょう。
(そのほか、演出や音響などがどのようにかかわっているのか素人の私にはよくわかりませんが)

これは、ぜひ今後も語り継いでほしい!
もっと多くの人にも聞いてほしい!
いつか「古典」になるほど、と思いました。

121201_142756

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへにほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング画像ボタン人気ブログランキングへ
☆↑ランキングに参加してます。↑もし少しでも気に入っていただけましたら、1クリック投票いただけると嬉しいです。m(_ _)m


2012/11/29(木) ~ 2012/12/02(日)
会場:しもきた空間リバティ ほか
出演:柳家さん生、三遊亭美るく(東京12/1昼)
原作:三谷幸喜
落語版オリジナル演出:門司 肇・柳家さん生(1999年 THEATER/TOPS)
舞台監督:杉村向陽(マルス エイ ソル)
音響:崎本正俊



演劇DVD 『笑の大学』レビュー 
PARCO劇場'98年公演 作:三谷幸喜 出演:西村雅彦,近藤芳正




映画版
監督:星護
出演者:役所広司、 稲垣吾郎
収録時間:121分
レンタル開始日:2005-04-28

Story
実在の喜劇作家・菊谷栄をモデルに三谷幸喜が手掛けた舞台劇を役所広司と稲垣吾郎共演で映画化。戦争色の濃い昭和15年、庶民の娯楽が規制される中で劇団“笑の大学”の上演を望む座付作家・椿と検閲官・向坂は反発し合いながら次第に友情を築いていく。 (詳細はこちら







Last updated  2013.01.03 22:01:25
コメント(0) | コメントを書く
2010.11.07
カテゴリ:落語
会場の日本橋三井ホールがある「コレド室町」のオープニング、こけら落とし公演でした。

101107_162452 101107_123244

前座に続いて、早速一度目の登場。
志の輔師匠は、日本橋三井ホールが、可動式の客席がハイテクで凄いと褒めながらも、
客席前半部分が「折りたためないパイプいす」で意外としょぼいことを鋭く指摘。
続いて日本橋にちなんだ話題をきっちりからめながらも、
船の衝突映像のYouTube流出を取り上げることは忘れないのもさすが。

日本橋つながりで、呉服問屋の後家さんの噺「猿後家」に入る。
初めて聴くお話で当然のように面白い。
特に終盤に向けてのどんでん返し?切り返し?には大爆笑。
もう当然のようにオチがサッと見事に決まりました。

仲入りの後、やはり風情のある長唄三味線に続いて、師匠二度目の登場。

今度は日本橋が昔は旅の出発点だったことにちなんで、
九州での高座の話と龍馬ブームの枕から宿屋の噺でもあり
左甚五郎の噺でもある「ねずみ」が始まる。
ただ可笑しい話かと思えば、宿屋の事情を聴くところから苦労を重ねてきた人情話に。

どちらも(不勉強ながら)初めて聞く話でしたが、さすが志の輔師匠。
完璧です。
言うことありません。
メチャクチャ面白かったです。
まだまだ聴きたい、観たいです。
(普通は、枕や演目がダブってくるまで通うというのがパターン。)

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへにほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング画像ボタン人気ブログランキングへ
☆↑ランキングに参加してます。↑もし少しでも気に入っていただけましたら、1クリック投票いただけると嬉しいです。m(_ _)m


演目の表まで立派!いつもは模造紙にマジックでお弟子さんが書いてるのに。
101107_154134

101107_154150

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2010/11/7(日)
東京・日本橋 コレド室町オープン記念
日本橋三井ホールこけら落とし公演
「志の輔らくご in にほんばし」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
場所 : 日本橋三井ホール
時間 : 昼の部開演13:00(開場12:30)
    夜の部開演17:00(開場16:30)
料金 : 5000円 【全席指定】
出演 : 立川志の輔
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







Last updated  2010.11.14 11:07:11
コメント(0) | コメントを書く
2010.09.23
カテゴリ:落語
やっととれましたよ!
立川志の輔師匠!
in PARCO を何度落選したことか。

23区大雨警報発令の中、ほとんど人が歩いていない赤坂へ。
雨は小ぶりになって一安心。

100923_180303

シンプルな舞台上、生演奏の出囃子から堪能して、
早速、師匠が登場。
そうか、志の輔らくご は前座無しなのか。
良かったー!(失礼)

本公演の代金5000円と同額の格安航空チケット、
大雨警報、中国問題、検察の証拠隠ぺい事件などつい最近の
話題を盛り込んだ時事ネタの枕からスムーズに始まりました。
やっぱり枕から面白い。

一席目は、創作落語「バールのようなもの」。
ニュースでよく聴く「シャッターはバールのようなものでこじ開けられており…」の、「バールのようなもの」って何?
昔ながらのパッケージに、現代の題材を取り込んだ、新作落語。
この安定感と面白さはさすが。
(余談ですが、なんか途中で一瞬だけ、楽屋?のほうから集団の爆笑が聞こえてきたのは気のせい??)

そして二席目は、森鴎外の「高瀬舟」。
島流しの罪人を護送する「高瀬舟」での話。
罪人と同心、船頭。
弟殺しの経緯を語る男の話を聞き、
自分の生き様にふと疑問を感じる同心。

落語ではなく、朗読でもない。
笑いの要素も一切なし。
静かに聴かせる「語りの妙」。
凄い。

100923_180354

そして仲入り後、再び枕では先日ACTシアターで
観た「情熱大陸」の話、今年のACTはやりたいと
思った落語をただシンプルにやろうと思った
という話などを経て、三席目「徂徠豆腐」へ。
貧乏だった時代に助けてくれた豆腐屋に、
出世した後に恩返しをする学者の人情話。

その学者は「荻生徂徠」といって、
赤穂浪士四十七士の処分を提言したことで有名な人物。

wikiにある「徂徠豆腐」の説明では、
討ち入りの話と直接同時進行で、オチまで
忠臣蔵にちなんでいるようなのですが、
この日の話では、その七年前の出来事として、
切り離されていて、オチもまったく違ってます。
「忠臣蔵」の話は、あらすじ全部を別途
説明の形で話されておりました。

とにかく面白くて、ほろりとさせるいい話。
1時間弱の長丁場を十分堪能しました。

演目

一、バールのようなもの
一、高瀬舟

仲入り

一、徂徠(そらい)豆腐

公演時間 2時間30分(内仲入り20分)

100923_211226

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへにほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ 特撮へにほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング画像ボタン人気ブログランキングへ
☆↑ランキングに参加してます。↑もし少しでも気に入っていただけましたら、1クリック投票いただけると嬉しいです。m(_ _)m


100923_180418







Last updated  2010.09.30 14:19:52
コメント(2) | コメントを書く
2010.09.04
カテゴリ:落語
毎日放送開局60周年を記念した、TBSテレビ「情熱大陸」の特別企画。
「情熱大陸」に登場した落語家のその後を追って、落語会を開催。

三夜とも先行抽選予約したのですが、さすがに他の2日の出演者の人気から当選かなわず、今日だけ鑑賞。
柳家小さんの孫・柳家花緑、桂米朝の子供・桂米團治、そして立川談春に、ミュージシャン斉藤和義のミニライブを挟んだ構成。
一人ずつ、4人の出演者の方の2年前~7年前に「情熱大陸」での放送を一部分上映してから、演目(話、歌)の披露、最後にちょっとだけ全員でトーク。

立川談春らくご×情熱大陸

まず、舞台にも出演され「宝塚BOYS」で観た柳家花緑。
「目黒のさんま」は改めて聞くと、当時、お家の安泰のために殿様には無難な人選・人柄に育てるとか、殿様も家来に責任が追及されないような配慮をしていたのでは、とか私にとってはとても新しい視点を気づかされてびっくり。

そして、立川談春の『紺屋高尾』!!
この演目は、普段落語を聞かないお客が来ることを見込んでの選択のはず。
実際はとっても長いらしいのですが、多少短縮しての披露とのこと。
それでも他の方より長かったと思う。
まずは、こういう企画の場でも尺の配分とかを余り気にせずにやるという姿勢が凄い。
そしてまた、その話が良かった。
あれよあれよと言う間に、客席全員が引き込まれ、いい場面では静まりかえって聴き入っている。
登場人物たちの人の良さ、けなげさ、人情に涙。
もう、感激してしまいました。

斉藤和義のミニライブを挟んで、
桂米團治の「くしゃみ講釈」。
仁鶴師匠のような関西弁と、流暢な講談口調の一席。
最後は4人でディスカッション。
番組と同じ、窪田等の録音のナレーションで強制終了。

結局、とにかく立川談春の「紺屋高尾」に圧倒されて大感激の一夜でした!!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへにほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ 特撮へにほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング画像ボタン人気ブログランキングへ
☆↑ランキングに参加してます。↑もし少しでも気に入っていただけましたら、1クリック投票いただけると嬉しいです。m(_ _)m


本日の演目

一、オープニング 斉藤和義
一、目黒のさんま 柳家花緑
一、紺屋高尾 立川談春

~ 仲入り ~

一、ミニライブ 斉藤和義
一、くしゃみ講釈 桂米團治

終演後、普通の高座のように演目表が貼り出されました。
立川談春らくご×情熱大陸

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
赤坂ACTシアター『毎日放送開局60周年企画「らくご×情熱大陸」』|TBS
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎日放送開局60周年企画「らくご×情熱大陸」 / 毎日放送
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
9月3日(金) 林家正蔵、立川志の輔 / 葉加瀬太郎
9月4日(土) 桂米團治、立川談春、柳家花緑 / 斉藤和義
9月5日(日) 立川談志 / 爆笑問題
演出:小栗哲家 ナレーション:窪田等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
... 公式サイト。公演情報、チケット予約、劇場案内、アクセスマップ、劇場サービスなど。,
毎日放送開局60周年企画 「らくご×情熱大陸」の公演情報 ...
この記念企画の一環として2010年9月に東京と大阪で「らくご×情熱大陸」と題した落語会を催します。
...
http://www.tbs.co.jp/act/event/jounetsu_rakugo/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
立川談春らくご×情熱大陸






Last updated  2010.09.06 13:25:37
コメント(2) | コメントを書く
2010.05.29
カテゴリ:落語
落語は好きなんですが、以前、同じ落語家さんに続けて通ったら
同じ演目、同じまくらが続くので、しばらくお休みしていました。

このたびは、楽太郎さんが、六代目三遊亭圓楽を無事襲名。
襲名披露興行が各地で続いています。
めでたいことはイイコトなので、久々に落語を聴きに来ました。

100529_174527三遊亭円楽.jpg

今日出られた噺家さんは、みなさん「笑点」のレギュラー。
(最近見ないのでよくわからないのですが・・・)
まくらでも、口上でも、相変わらずの辛口トークの連発です。
口上では、もちろん、めでたく三本締め。
なんだか気分も楽しくなります。

さて、六代目円楽の演目は「浜野矩随(ハマノノリユキ) 」。
以前、NHKかどこかのドキュメンタリーでも観ましたが、
五代目圓楽の十八番(おはこ)のひとつで、
彫物師の名人の子供が、命を賭して父親を乗り越えるお噺。
おなじく命がけの母のくだりが泣けます。
五代目を父に、自分を子に見立てて、師匠を超える覚悟、
戒めを込めて話す姿に感じ入ります。


↓屋内じゃ気分が出ない"のぼり"。
100529_203938三遊亭円楽.jpg
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本日の演目
一、粗忽長屋 林家たい平
一、ん廻し 三遊亭小遊三
一、鍋草履 桂歌丸
  仲入り
一、口上
一、太神楽 翁家勝丸
一、浜野矩随 三遊亭圓楽
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
100529_204030三遊亭円楽.jpg

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへにほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ 特撮へにほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング画像ボタン人気ブログランキングへ
☆↑ランキングに参加してます。↑もし少しでも気に入っていただけましたら、1クリック投票いただけると嬉しいです。m(_ _)m






Last updated  2010.06.05 01:31:17
コメント(2) | コメントを書く
2008.04.27
カテゴリ:落語
サンパール荒川も三度目でおなじみになってきました。
都電荒川線が少し不便なのですが、情緒と思えばOK。

今日の演目は。
080427_152659三枝小朝
にぎやか寿司 桂三段
誕生日 桂三枝
<中入り>
青い瞳をした会長さん 桂三歩
七段目 春風亭小朝

私にとって初の生、桂三枝師匠。
枕では、例の「金屏風」ネタにも触れ、放送38年目の「新婚さんいらっしゃい」のエピソードも楽しい。
同一司会者でのバラエティ番組では、最長記録とのことです。
ほんのちょっと泣かせる創作落語(新作落語)「誕生日」はさすがです。

小朝師匠も、辺見えみりと離婚ネタから。
「七段目」は、初めて聞きましたが、芝居の語り口がお見事。
元は上方落語だったそうで。

080427_152659三枝小朝2

【日時】2008年4月27日(日) 午後1時30分開演
【会場】サンパール荒川(正式名称:荒川区荒川区民会館)1階大ホール 






Last updated  2008.04.30 13:07:07
コメント(0) | コメントを書く
2008.03.29
カテゴリ:落語
誰かが枕で『「元」兄弟落語会』と言うかと思ってましたが、さすがにそこまでベタなことは言いませんでした。
絶対言うと思ってたんですが・・・。

演目は、
鯛・瀧川鯉斗
代書屋・春風亭小朝
(仲入り)
有馬の秀吉・林家いっ平
しじみ売り・林家正蔵
でした。

20080329兄弟落語会演目

小朝 は、かわらずの”余裕”で、会場内一挙に大爆笑。
いっ平 は、これまでとは変わり、話の中にかなりの割合で、最近の話題や別の小ネタが貪欲に入ってきてます。(小朝のまね?)
それ自体はいいのですが、わき道と本題が同じ調子で、わかりにくい。
また、相変わらず自分で言ったように「大事なところで噛む」、早口すぎで忙しい。
意欲的な姿勢は認めますし、面白いところも多いのですが。
正蔵は、人情話でよかったです。
…というよりこれまで数回かよっても「皿屋敷」しか聴いたことがなかったのですが。
すべて初めての演目でよかった。
でも枕の話は、結構何回も同じ話をするのですねぇ。

この日も話に出たのですが、「ちりとてちん」も終わってしまいましたね。

20080329兄弟落語会
-----
落語いってみよう、やってみよう







Last updated  2008.03.30 17:54:43
コメント(4) | コメントを書く
2008.01.19
カテゴリ:落語
会場の「よみうりホール」は確か読売会館の上にあったはず、と…
14年くらい前に映画「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」(デニスホッパーの出ていた)の試写会に行った記憶がありましたが…。

なんと有楽町ビックカメラの7階に!
そうでした。「有楽町そごう」が「ビックカメラ」になったのですね…。

小朝さんの噺は4回目(離婚後は初めて)。
今回も「扇の的」、聞くのは3回目ですが、他の話ももっと聞きたいものです。
(枕も同じネタが多かったです。)
仲入り前、「宗論」「目薬」を枕をはさんで続けてやったのですが、こういう構成を聞くのは初めてでした。

今日は「宗論」が最高に面白かったです。

080119_160726小朝独演会演目

080119_132958小朝独演会よみうりホール






Last updated  2008.01.21 01:11:57
コメント(2) | コメントを書く

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.