000438 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

康小健

PR

プロフィール


康小健

カレンダー

バックナンバー

2022.05
2022.04
2022.03
2022.02
2022.01

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2022.03.15
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


近年、香港高等法院は、同性配偶者を家族会員から除外する公営住宅政策と、同性配偶者をHOSフラットの入居対象から除外する政策は差別的であり違憲であるという判決を下しています。

住宅局は、この2件の司法審査に対して控訴を申し立て、今週水曜日(16日)に控訴裁判所で審理が行われる予定です。 公屋戶主除名住宅局では、香港の住宅資源は限られていることを強調した。 もしこの政策が変更されれば、異性カップルは補助金付き住宅をより長く待たなければならなくなる。

この事件は、2人の申請者がそれぞれ公営住宅とホームオーナーシップスキーム(HOS)の政策に異議を申し立てているものです。公営住宅申請に関して、男性申請者であるNick infingerは、カナダで結婚した夫とともに、「一般家庭」として香港の公営住宅に申請しました。

しかし、被申請人からは「夫婦」の定義に当てはまらないという指摘があった。HOSフラットについては、申請者のリー・ンガイ・ホー氏とその夫が英国で結婚していた。

HAは同性婚を認めていないため、Lee氏は居住者としてHOSのフラットに入ることができなかった。この訴訟は当初、Leeさんの夫が司法審査を求めて起こしたものだったが、夫の死後、Leeさんが申請者となった。

昨日の声明で、HAの弁護士は、住宅政策の本来の意図は、人々が子供を産み、家族を形成することを奨励することであると指摘した。

さらに、香港の限られた住宅資源を考えると、異性カップルのための補助金付き住宅の政策を変更したり、待ち時間を増やしたりすることは、調整が必要です。

また、弁護士からは、同性カップルの公営住宅入居が認められると、公営住宅を待つ異性カップルに影響が出るという指摘があった。 ニック・インフィンガー氏の弁護士は、講演の中で、住宅局側がその主張を裏付ける関連データを提供していないことを強調した。







最終更新日  2022.03.15 22:16:17
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.