173662 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

blancaの自由心~感じたままに~

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

ぺ・ヨンジュン

2005.04.26
XML
カテゴリ:ぺ・ヨンジュン
もう何度も繰り返し見ちゃいました。
なんて素敵なんでしょう。

インスが焼酎を飲みながら泣くところなんか
グッと胸をつかまれたような辛さ

イェジンさんの声をあげて泣くシーンも切ないです

今回の映画は「8月のクリスマス」や「春の日は過ぎ行く」とちがって
激しい感情表現があるんですね。

雪球出てきて、冬ソナ思い出しちゃったけど
あくまでメイキング
本編ではどういうシーンが使われるかはわかりません

ただ、思い切り気分がもりあがっちゃう一方で
こうして前売りを9枚買わせようとしているわけね
という冷めた自分もいます。
あの売り方はどうなんだろうね。
商売上手とは思うけど、あんまり印象よくないな。

プロモートは別として
キャスト、スタッフの方々あと2ヶ月の撮影頑張ってください。
いい作品期待してます。

朝鮮日報 「April Snow」メイキング映像


↓朝鮮日報 「外出」コンサート写真いろいろ
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/04/25/20050425000009.html

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/04/25/20050425000010.html

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/04/25/20050425000012.html







Last updated  2005.04.26 08:25:20
コメント(5) | コメントを書く


2005.04.22
カテゴリ:ぺ・ヨンジュン
我が家のぺ・ヨンジュンCM調査員の報告。
「お母さん。新しいアーモンドチョコのコマーシャル見たよ!」
「どんなのだった?」
「ぺ・ヨンジュンが女の人にチョコを食べさせてあげるんだよ。
どんな風にか、やってあげるね。」とチョコを私の口の中へ。
え、こんな風に入れてあげるの?と、ちょっとドキ!
変な親子だあ。
でも、その後ロッテのサイトでCM見たけら
女の人は自分で口の中に入れてたよ。
おいおい、調査員、いい加減な調査だなあ。
さっきの「ドキ!」を返せ!
それとも別バージョンがあるんでしょうか。

ロッテのサイト






Last updated  2005.04.23 01:26:26
コメント(2) | コメントを書く
2005.03.15
カテゴリ:ぺ・ヨンジュン
昨日の「スキャンダル」観ましたか。
DVDも持ってるし、何度も観ているのですけど
しっかり録画もして観ました。

一番気になったのがどこがカットされるかということ
次に吹き替えで印象が違うかということでした。

番宣で萩原聖人さんの吹き替えを聞いたときは
ありゃりゃ・・・と思ったんだけど
本編では以外にすんなり観ることができましたよ。
チョ・ウォンの表情などで充分伝わって来ましたもの。

ただ、この映画は盛りだくさんで、
劇場版のカットシーンも残念に感じたくらいだったんです。
DVDの特典映像でカットシーンたくさん紹介されています。
だから、さらにたくさんカットされていた今回の映像で初めて見る方は
わかりにくかったんじゃないかなあと心配になってしまいました。

個人的にはドヨンさんが鳳仙花で爪を染め、
それが冬まで残っているというところが好きなので
カットしてほしくなかったなあ。
鳳仙花の色が初雪の頃まで残っていると恋がかなうと言われているそうですね。
最後の湖の時、その爪を見るところは切ない・・・。

それから、劇場で見たときほど映像の美しさを感じなかったのは何故?
DVDで観てもきれいなのに、、、だから我が家のテレビのせいではないと思うんだけど。
イ・ミスクさんとってもきれいだなあと思ってたんだけど
今回あんまりそう思わなかったなあ。残念。

昨日の昼にはJSAもやってましたね。
以前みて、ものすごく衝撃を受けた映画ですが
これも録画しました。
またあとで見ます。






Last updated  2005.03.15 23:16:52
コメント(4) | コメントを書く
2005.03.12
カテゴリ:ぺ・ヨンジュン
この写真あまり正視できないんですよ。
こっち見てるんだもん。
なんか恥ずかしい。

最近、新しいJoonの姿を見る機会が増えて
春の訪れとあいまって なんとなくウキウキしています。
ちょっと前まではJoon欠乏症とか言っていたのに。

フラボノのCMはよく流れてますね。
あの「ハ~」がいいです。声も聞けたらもっといいんだけど。
ピザーラの方では声も聞けるので楽しみ!

昨日久しぶりにJRに乗りました。
KIOSKの壁にはフラボノのポスター。ルン!
車内の各ドアの上にもJoon!
チラチラと盗み見してしまいました。

私のよく利用する私鉄の車内にはJoonはいつも来てくれません。
だから、たまに乗るJRでハンディカムやauのjoonに会えたときは
やたら緊張してしまうんです。
こんな電車で毎日通勤している方羨ましいです。
たとえスシ詰めでも平気だわ。

今日はスキャンダルの特番が夕方あります。
天階と重なってるけど、もちろんJoon優先でしょう?
そして14日には「スキャンダル」
どこがカットされるんでしょうね。
冒頭のところやチョン・ドヨンとのシーン、最後の絵のところ?
どんな風につながっていくんだろう。
予習のために週末はDVD見ておかなくちゃ。






Last updated  2005.03.12 11:13:54
コメント(2) | コメントを書く
2005.03.08
カテゴリ:ぺ・ヨンジュン
とうとう我が家にもピザーラのチラシがやってきました。
ポストにたくさん入ってくるチラシ
たいがいは、チラッと見てそのままゴミ箱へ・・・
となるんですが、
Joonが頬杖ついて微笑んでたら捨てられないっしょ!
新聞広告など(ロッテ系など)は、しばらく気にした後、
広告が見えないようにたたんで「さようならJoon」と
お別れしてきたんだけど。
ピザーラはスペア分も入れて数枚はいましばらく保存しておきますわ。

Joon2005(手帳)先週届いてから使っています。
サブ手帳として、ダイアリー欄にハングルで一言日記を書いているんです。

先日、電車の中で取り出したら、視線を感じた。
右斜め前に座っていたおばさま。ひょっとして奥様もお持ち?
う~ん、ところかまわず使うわけにいかないかな。
結構コンパクトサイズで表紙の手触りも良くて
気に入ってます。
ちなみに私のチョイスしたのはオレンジです。

Joonのパスポート写真がついてるんですけど
ホテリアのドンヒョクっぽいですね。
証明写真だからもちろん笑ってません。
そんでもって、そのページの見開きに同じフォーマットで
持ち主の名前やら住所やらを書くページがあるんですよ。
ご丁寧に写真を貼る欄も。
でもここに写真を貼ると、閉じたときに
Joonの写真と重なっちゃうわけで・・・。
ああ、バカみたい。中学生でもあるまいに。

印刷してある文字は
ハングルと日本語両方の表記になっているんだけど
住所録欄は文字ばかり多くてちょっとうるさいかな。
ここは英語表記でよかったかも。

Joon2006も作るのかどうかわからないけど
来年以降も作るとして毎年4月からの手帳になるんでしょうかねえ。
まあどちらでも構いませんが。

今日は日中家にいられたので
ロッテのサイトで新CM見たり
公式に久しぶりに遊びに行ったり
いろんなサイトめぐりをして、充電しちゃいました。

最近いろんな韓国の俳優さんが気になってますが
やっぱりJoonが一番!! 別格だわ。

DVDも持ってるのに、きっと14日は、テレ東の「スキャンダル」も
見ちゃうんだろうな。







Last updated  2005.03.08 15:46:16
コメント(0) | コメントを書く
2005.02.25
カテゴリ:ぺ・ヨンジュン
帰宅すると、ペ・ヨンジュン2005年版カレンダー(卓上タイプ;The Traveller)が届いていました。

「わーい!」と袋を手にして中身を出して見たら「えっ!」

外箱破れてる!!


ガーン!


娘に「何で破れてんのよ!」と思わず叫んでしまいました。
「ああ、それ、今日届くはずの本かと思ったんだもん」
「だって、ここに、“ぺヨンジュンカレンダー”って書いてあるじゃない!(と配送伝票をつきつける)」
「ごめん。でも中は見てないよ」(あくまでのんびりと)
ぶつぶつ言い続ける私・・・・
違うんだよ、この外箱は私にとってはただの包材ではないんだ、お嬢さん。
写真集のときも、secrethystericのカレンダーのときも、
開封には最新の注意を払って、
封緘シールをていねいに剥がし(もちろん保存)、
ややもすれば破れやすい外箱を細心の注意をもって開けてきたのだ。
なのに、この破れようといったら・・・ああ、力が抜けて立っていられないよ・・・。

・・・・しばし呆然。娘は唖然。

さすがに1時間ほどしたら正気に戻って、
娘に言い過ぎちゃったかなあと反省しながら
カレンダーを落ち着いて鑑賞することが出来ました。


なかなか会えずにやっと会えた喜びといったら。格別ですわ。
secrethystericは役者としての凄さが伝わって来ましたけど、やっぱりThe Travellerのほうが好きです。うん。

娘よミアネ。決してあなたよりJoonを愛している訳ではないはずなんだけど、でも別格なのよ。
理解に苦しむ気持ちはわかる。
自分でも理解に苦しんでいるのよね、この感情。







Last updated  2005.02.25 22:35:09
コメント(2) | コメントを書く
2005.02.14
カテゴリ:ぺ・ヨンジュン
最近、いろいろな俳優さんの話題で盛り上がっていましたが、
聖バレンタインdayには JOON以外の方の日記は書けません。

April Snowの撮影の合間はお休みを取れるのかと思ってたら
オーストラリアでCM撮影。忙しいんですね。
でもオーストラリアでは自由に街中を歩いたり、ジョギングしたり出来るのでは・・・と思ったらちょっと嬉しくなりました。

今日は朝から、素敵なフラッシュを見つけて何回も見てしまいました。ゆっくりしていて、長いんですけど、とてもすてきです。
好きな男の子に初めてチョコをあげたころの気持ちを思い出してしまいました。

↓想像してみましょ。あなたが隣にいる時間
http://contents.innolife.net/cafe/list2.php?ac_id=8&ai_id=2230
(コピペしてひたってください)


いよいよjoonのダイアリーの申し込みも明日から受け付け開始。
スケジュール用のダイアリーはもう作ってあるから、joonのダイアリーは何に使おうかな。
ハングルの勉強のために、ハングルでの一言日記をつけるのもいいかもなんて思っているところです。

楽しみ







Last updated  2005.02.14 22:46:09
コメント(0) | コメントを書く
2005.02.05
カテゴリ:ぺ・ヨンジュン
映画がクランクインしたのでヨンジュンssiの今の姿を見ることが出来るようになりました。素直に嬉しいです。

↓撮影風景(動画)
病院に車で駆けつけるシーンです。

↓ロケ地での写真
http://contents.innolife.net/cafe/list2.php?ac_id=8&ai_id=2186

冬ソナでユン監督とjoonから学んだことは2つ。
・本当に誰かを愛するということは
 自分の欲よりも、その人が望んでいることを第一に考えること。
・愛する人の言葉はすべて信じられるということ

はじめの点は、つまり「愛は想像力」ということだと思うのです。
私は公式の公知を見るまでもなく、ロケ現場に行こうとは思いません。
ギャラリーが多くないほうが、彼は集中して撮影に望めると思うからです。
けれどそう考えない人もいます。
そして、それらの人たちがサインをもらったりしたという話を聞くと、「私たちは公知を守って自粛しているのに・・・」という意見が必ず出るのです。
でも、それってどうなんでしょう。
自分がJoonを思う気持ちから、自分でした選択。
彼を思う気持ちが確固としていたらほかの人がどうだって関係ないじゃないですか。
ウリjoonが「自粛してくれとお願いを出したんだから、ファンの皆さんには会いません。サインももちろんしません。」という人だったら私たちは彼をこんなにも愛したでしょうか。
彼はただ、「こんなに遠くまで自分を応援に来てくれた人たち」のことを思うのです。この目の前の人に何かをしてあげたいと。
11月の来日のときも同じようなことがありました。
愛は想像力です。想像した結果は全員同じ物ではありえません。
けれどその人を想い、自分で彼のためにこれが一番いいと出した結論に
プライドを持っていいのではないかと思うのです。
今井美樹さんみたいだけど・・・。


8月の誕生日の時も、
彼は「それぞれの周りの方へ愛を与える日としてください」といいました。
だからバレンタインデーにもプレゼントを贈ることより、
彼が望んでいることをしたいと思います。

ぺ・ヨンジュンという人を中心に
世界中に愛があふれたら素晴らしいなと思います。
こう書いていて、まるでキリストみたいと思ってしまいました。

「じ・いめじ」のインタビューで
10年後どうなっていたいという質問がありました。
やりたいことはたくさんあるからわからないけれど
今日を一生懸命に生きる積み重ねが
10年後の自分につながっている
という内容の答えだったと記憶しています。
文字にすればあまりに当たり前で
多分ほかの誰かに言われたら
「うん。そうだね。」なんて生返事をして終わりになっちゃいそうなんだけど、
彼の生き方を見ているとこの言葉が心に響きます。

彼に直接会うことはきっと一生ないだろうけど
この一日を大切に生きようと思います。

いいおばさんが、という声がきこえてきそうで
UPするのがちょっと怖いけど
正直なこの気持ち綴ってみました。







Last updated  2005.02.07 23:14:53
コメント(4) | コメントを書く
2005.01.25
カテゴリ:ぺ・ヨンジュン
ヨンジュンssiの公式カレンダー届きました。
私は、卓上タイプ2種を申し込んだのですが、
通関後の検品で不良が認められたため
「The Traveller(卓上タイプ)」のほうは韓国で再生産中なんですって。
納品は2月中旬とのこと。
2005年のカレンダーを1月がもう終わろうというときまで待ったのだから、あと半月待ったってなんってことはありません。
むしろ楽しみが何度もやってくる感じで嬉しい。
だからもちろんキャンセルなんてしませんとも!

写真部分とカレンダー部分が分かれているので好きな写真を出して飾れるし、もちろん毎日変えてもいいし、一日に何度変えても言いし・・・(笑)
とにかくすてきなカレンダーなんですぅ。
写真集は重いけどこれならバックに入れてjoon仲間に見せられるってもんです。

箱から取り出すとき、封のシールどうしようか迷いました。
結局きれいにはがせたので箱の後ろに貼りなおしましたが・・・
写真集や、スキャンダルDVDのときもそうでしたが、開封のときもものすごく気を使っちゃいます。

ぺ・ヨンジュン2005年版カレンダー
https://www.brokore.com/specialgoods2/index.asp






Last updated  2005.01.26 09:27:39
コメント(2) | コメントを書く
2005.01.15
カテゴリ:ぺ・ヨンジュン
届きました!今頃こんなこといってるのも・・・と思うけど、迷った末に申し込んだぺヨンジュン写真集「The image」第2版。昨日届きましたのよ。

やっぱり、手に入れて正解だったというのが素直な感想。公開されている写真を見てはいたんだけど、ひょっとしたら購入後後悔するかもとちょっぴり不安だったんです。
それにしても我ながらこんな日が来るなんて信じられない。
何でアイドルやタレントさんの写真集があんなに売れるのか理解できないと思っていたんですもの。

大事に大事に見たいと思います。
でも、実は週末で家族がいるので、まだDVDも見れていません。
週明けに一人でじっくり楽しむぞ!
こんなに月曜日が待ち遠しいなんてこと、今まであったかしら。









Last updated  2005.01.15 23:05:53
コメント(6) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

PR


© Rakuten Group, Inc.