076141 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

悠々草子 【たまゆら】

因幡の白うさぎ【淨至】の庵
2020.06.11
XML
テーマ:写真俳句ブログ
カテゴリ:俳句
​下手なら下手なりに短歌・俳句など、心赴くままに


巣籠もりや 光欲すれど 梅雨の空   淨至
コロナコロナで外出はできるだけ避けて家の中に閉じこもる。
いわゆる巣籠もりの筐体が続いて、もう5ヶ月経ってしまった。
そろそろ限界に近づいてきたようだ。
それでも、生活必需品の調達に近くのスーパーには行ったのだが。
そして気分転換に近くの公園を散歩する、勿論マスク付けて。
しかしそれも億劫になってしまう。
昨日、中国地方が梅雨に入ったもようと当局の発表。
さすがに梅雨の空だ、朝からドンヨリした曇りにシトシトと小雨が降り続く。
これでは外に出るのもはばかれる。
庭の紫陽花が三つくらい咲いて居るのに気がつく。
さすがに雨の女王だ、梅雨入りとともに咲き出した。
今年も憂鬱な季節がきた。
気が滅入ってしまいそうだ、どっかでストレスの発散しなければ。
サンサンと輝く太陽の光の中、マスクなしで思いっきり歩きたいものだ。








Last updated  2020.06.11 14:37:18
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.