116314 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

淨至庵にて

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2022.12.01
XML
カテゴリ:俳句
じゅうにがつ らぼくのしたに てんかかな
十二月の初日は、朝から風雨強く気温も低くさすがに冬らしくなってきた。
家から外に出ることちょっと億劫気味。そこで暇に任せてもう今日はもう一句投稿することにした。
数日前の小春日和の日に撮影していた、ツワブキの花である。
いつも木の下で影になり目立ないので、だれも気が付いてくれなかったのではと思う。
木の葉が落ちてやっと日の目をみたようで喜んでいることだろう。
でも盛は過ぎて花びらも欠けているものもある。これでは投稿には使えないと没にしていたが、この際せっかくだから使うことにした。この花を見つけた時の様子を俳句に詠んでみた。
まさにもうすぐ散ってしまうのだが、それでも僅かな間だが天下を取ったかのような心地だろう。
まるで明智光秀の三日天下のような。

十二月と裸木で重季になっているが、上句に十二月、中句に裸木を持ってきた。この場合は十二月が強いと思われる。従って十二月を季語とすると判断した。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2022.12.01 15:57:58
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.