116317 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

淨至庵にて

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2023.11.04
XML
カテゴリ:俳句



木の実の名は知らないが 一本の木に一つだけ隠れるように残ってる。まるで一人生き残った事への凱歌が聞こえそうだが。しかし 木の実は鳥についばまれるか動物に摘み取られ 種を遠くに運ばれる または 落ちて朽ち果てる事により大地に子孫を残し繁栄させることが責務である。しかし このままでは それも果たせないのではと思うが。それは悲しい事である。私的には哀歌に聞こえてくる。しかしここは公園である、人間がなんとかしてくれるだろう。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2023.11.04 17:42:38
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.