5832851 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

壁紙自然派

全62件 (62件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

生き物

2018/12/09
XML
カテゴリ:生き物


ここ2日で一気に50センチ近くも雪が積もってしまいました。
ちょっとの晴れ間に、わが家の上空を白鳥の群れが飛来して行きました。
これまで田んぼが主な餌場だったのですが、それが積もった雪で急に奪われてしまったわけです。
彼等も驚いて、新たな餌場を探しているんでしょう。
せわしなく飛んで行ったように見えました。






Last updated  2018/12/09 10:24:05 AM
コメント(2) | コメントを書く
2018/10/23
カテゴリ:生き物




雄和の国際ダリア園。花にはトンボやハチなど様々な昆虫が訪れています。
なかでもちょと珍しかったのはオンブバッタです。
花の上でじっとしていましたが、オンブする相手を待っているのか、はたまた陽光に体を温めているのか...






Last updated  2018/10/23 06:20:31 AM
コメント(4) | コメントを書く
2018/08/06
カテゴリ:生き物


8月に入り4、田んぼも一斉に穂が出始めました。
その田んぼに小さな蜘蛛が巣を張っています。
この巣でどんな獲物を狩るんでしょうね。










Last updated  2018/08/06 05:37:34 AM
コメント(2) | コメントを書く
2018/07/28
カテゴリ:生き物



ススキで羽化するセミです。
アブラゼミの羽化が始まり、わが家の庭はセミが地上這い出した穴が至る所にあり、脱皮した抜け殻も随所で見つかります。
家の軒先だったり、畑のサトイモの葉だったり、フロックスの茎だったりと実に様々。
このセミ、なぜか細いシマススキの葉先を選んでしまいました。
ちょっとの風で揺れるし、葉が折れるほど垂れ下がっています。
でも、翌朝確認すると、ちゃんと無事に旅立ったようでした。






Last updated  2018/07/28 06:41:13 AM
コメント(2) | コメントを書く
2018/07/22
カテゴリ:生き物
縁側でセミが羽化


 夕べ、わが家の縁側でアブラゼミが羽化しました。

 なぜか毎年、縁側の柱や軒桁でアブラゼミが数匹羽化します。

 しかしこれまで、縁側での羽化の瞬間に立ち会ったことは一度もなく、抜け殻を見るだけでしたが、今回初めて撮影に成功しました。

 初めは高い軒桁に止まっていたのでしたが、落下してしまったのでしょう。

 柱の根元で羽化が始まりました。

 午後10時半、ちぢこまっていた羽がピンと伸びきりました。

 こげ茶色のアブラゼミとはかけ離れた白い可憐な姿です。

 翌午前4時半ころ確認すると、羽はすっかりこげ茶色に変わっていました。5

 十分明るくなった時頃、飛び立ったと思われます。

 今、柱には抜け殻だけが残っています。






Last updated  2018/07/22 07:43:49 AM
コメント(2) | コメントを書く
2018/06/25
カテゴリ:生き物
裏通りのホタル


 飛翔するホタルの軌跡です。

 見つけたのはわが家の裏手の用水路。

 たくさん飛び交うという状況ではありませんが、50mほどざっと歩いて7~8匹ほどはいたでしょうか。

 早速カメラを持ち出したのでしたが、夜景や動く物の撮影は苦手なのに加え、街路灯や月の明かりが邪魔となって、なかなかうまく撮れません。

 30分ほど粘ってやっと1枚撮れたと思ったら、急なにわか雨でホタルは飛ばなくなってしまいました。

 この用水路は3年後にコンクリートで舗装する改修する計画があります。

 そうなったら、もうホタルは棲めなくなってしまうのではないかと心配しています。






Last updated  2018/06/25 05:00:05 AM
コメント(2) | コメントを書く
2018/05/25
カテゴリ:生き物
真昼岳・クロサンショウウオの卵塊

 真昼岳山中で見つけたサンショウウオの卵塊です。

 形状から類推して森に棲むクロサンショウウオに間違いないようです。

 登山中カエルの声が聞こえたので、もしかしたらモリアオガエルかなと思い、正体を確かめようと根曲り竹の藪を分け入りました。

 ガサガサと音を立てたのでカエルは鳴き止みましたが、少し開けたところに小さな水溜りがあって、この卵塊を見つけました。

 卵塊のそばでごそごそとうごめいていたので、まだ産卵行動が続いているのかも知れません。

 周囲にモリアオガエルの卵塊はなかったので、オスが一足先に来てメスを呼び込む声を発していたのでしょう。

 今の季節、サンショウウオの卵塊はブナ林内の水溜りなどで良く見かけます。






Last updated  2018/05/25 05:00:07 AM
コメント(2) | コメントを書く
2018/01/31
カテゴリ:生き物
ウスタビガの繭

 ウスタビガの繭を見つけました。

 特徴ある黄緑色の繭ですぐ見分けがつきますが、お目にかかったのは随分久しぶりのような気がします。

 しっかりとモミジの葉を抱き込んでいます。

 葉を抱きこんだ繭はここだけかと思ったら、他の枝にもありました。

 幹と葉の両方にしっかり絡ませて繭を作ったんですね。

 ウスタビガはなかなか知恵者です。


 私は最近までヤママユガの繭と思っていましたが、よく調べたら間違いでした。

 ヤママユガの繭は丸みを帯びていてますが、こちらは上部の両端が尖がっています。

 天蚕(ヤママユ)は貴重品です。

 天蚕は繭価格で20倍、生糸価格で100倍もするほどの高値で取引され、繊維のダイヤモンドと呼ばれているそうです。

 しかし、同じヤママユガ科に属していても、ウスタビガから生糸は生産されません。

 ダイヤモンドを見つけ損ないました。






Last updated  2018/01/31 01:50:18 PM
コメント(4) | コメントを書く
2018/01/18
カテゴリ:生き物
皇居のカマキリ

カレンダーサンプル

 皇居でカマキリを見つけました。

 大手門の柱にしがみついている所をパチリ。

 東京はビルがひしめく大都会ですが、皇居は自然豊かなんですね。

 11月3日、隔月刊風景写真主催の表彰式とパーテーに参加し、次の日に皇居を訪れました。

 腕を固定する装具をつけ、手首から先が腫れて痛む最悪の状態でしたが、なんとか出席してきました。

 同時に、私の作品も入っている「風景写真Award2017展」が新宿で開催されていて、それも見てきました。

 事前に写真展の案内ハガキが30枚も届いたので、関東周辺の親戚や知人などに送ったら、「見たよ」と結構多くの人から反応がありました。

 忙しい合間を縫って出かけて見てくれた方々に感謝です。

 同展は巡回展示され、現在は31日までの予定で、八王子市夕やけこやけふれあいの里で開催中です。

 その後、福岡展(6月1日~6月6日)、名古屋展(7月6日~7月12日)、札幌展(7月27日~8月1日)がいずれも現地の富士フィルムフォトサロンで開催されます。

 お近くの方はぜひどうぞご覧を。


 皇居には天皇陛下がお住まいです。

 いろいろありましたが、天皇陛下は2019年4月30日に退位され、翌5月1日が改元日と決定しました。

 新元号はなんと決まるか、注目されます。

 それによって、さらに気になるのが祝日の扱いで。

 まず、新天皇の即位を記念して5月1日が祝日になる可能性は大です。そうすると祝日と祝日に挟まれた日は休日とする祝日法の規定があるので、4月30日と5月2日が休日になります。

 なんと、2019年のゴーデンウィークは10連休の可能性大なのです。

 また、皇太子の誕生日である2月23日が天皇誕生日として祝日になる可能性が高いですが、では現在の天皇誕生日(12月23日)はどうなるでしょうね。

 などなど、さまざまな動きが予想され、目下カレンダー業界は大慌てのようです。


 私もインターネットに カレンダー作成アプリ・『カレンダー工房』を提供しているので、慌てている一人です。

 プログラムの変更が必要なので、老眼でしょぼい目をこすって、がんばらなくっちゃなりません。

 カレンダー工房は、好きな写真をはめ込み、2Lから本格的なA3ノビサイズまで多彩なカレンダーを自作でき、たくさんの人が利用する人気アプリ(勝手に自画自賛)です。

 みなさんもどしどしご利用を。






Last updated  2018/01/18 05:21:05 AM
コメント(2) | コメントを書く
2017/09/27
カテゴリ:生き物
紺碧の空とアゲハチョウ

 紺碧の空とアゲハチョウです。

 コスモスの花を隠しているので、ちょっとどいてよ、といいたいんですがねー。

 咲いている花は周囲にたくさんあるのですが、本音は、あえてコスモスを脇役に追いやったんです。

 これだけ青いと変化に乏しく、浮雲の一つでもあったらなぁーとは贅沢な悩み。






Last updated  2017/09/27 05:23:59 PM
コメント(2) | コメントを書く

全62件 (62件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

PR

Calendar

Comments

koba0333@ Re[1]:田沢湖の夜明け(05/27) Traveler Kazu♪さんへ お久しぶりです。 …
Traveler Kazu♪@ Re:田沢湖の夜明け(05/27) 素敵なシーン…。 田沢湖の知られざる表情…
koba0333@ Re[1]:暮れゆく戸鳥内の棚田(05/24) 一凜 阿修羅さんへ 耕作放棄地も少なく…
一凜 阿修羅@ Re:暮れゆく戸鳥内の棚田(05/24) この国の宝物ですね 空気感まで伝わる 青…
koba0333@ Re[1]:田んぼの日の出(05/17) 野の花2517さんへ こちらの再区画整理は…

Archives

2019/10
2019/09
2019/08
2019/07
2019/06
2019/05
2019/04
2019/03
2019/02
2019/01

Favorite Blog

まだ登録されていません

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.