115599 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

釣り師の酒蔵

釣り師の酒蔵

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

karei62

karei62

Calendar

Category

Favorite Blog

Lucky 13 USA Presen… Yoshi13さん
釣りおやじどっと混む ターチさん
ハギラーかずみの釣… ハギラーかずみさん
知多半島の投げ釣り… きちきち3世さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Headline News

2007.03.16
XML
カテゴリ:映画とメディア
自分は映画の感想を書いてこなかったのですが、たまには
見た映画のよかったところだけを書いてみようかな、と思いました。
映画のストーリーや結末は書かない事にします。
 
最初の映画は「博士の愛した数式」、DVDを借りて見ました。
事故で記憶力を失った先生の話です。
 
思いやりと暖かい雰囲気が流れて、とかく難しいと思われがちな数学に
少しは親近感がわくかも。
気に入ったところは、主人公の常に物事を肯定的に見る、好い所を見つける姿勢です。
 
たとえば、ハンバーグを焼くときに、フライパンの中の位置を変えているのを見て、
「いい場所を独り占めにしないでゆずりあうということだね」
と言っていました。
ちょうど釣りに行ってきて、場所取り合戦を見た後だったので、よけい心にとまりました。
他にも気になった言葉があります。
 
主人公は先生という立場だったのですが、否定したり注意したりするのではなく
常に認めて受け入れ、気づかせていく姿勢のすばらしさを感じました。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2007.03.16 21:34:46
コメント(2) | コメントを書く
[映画とメディア] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.
X