3428692 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ

PR

Profile


katariたがり

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

zebra@ ルフィ やっぱり ゴタゴタの渦中にいつもいる アニメみました ビッグマム 兎丼の囚人…
katariたがり@ Re[1]:ジャンプ感想 46号 ワンピース(10/17) かなこさんへ 2週間待っていろいろな情報…
かなこ@ ヤマト方面の追記 しのぶは、慌てて逃げているが、モモの助…

Headline News

お暇ならみてね


内容は様々です。

おもにジャンプの感想、アニメの感想、最近は小説を書くことにはまってます。

適当に更新したり好き勝手に書きます。

参考にしたいのでコメントもほしいです。
気が向いたらでいいですから。
October 22, 2020
XML
カテゴリ:NARUTO BORUTO

アニメ ボルトの感想です

ディーパの力を目の当たりにしたシカダイがボルトのところに

本編

螺旋丸の修行を続けるボルト

岩はぼこぼこだが

この程度の威力じゃと

岩を砕けるぐらいじゃないと

だが今のボルトじゃこれ以上威力を上げられるとは

そんなボルトのところにシカダイがやってきた

そしてシカダイは任務でディーパに遭遇したと

もしシンキがいなかったら全滅していたと

改めて敵の強さを知ったか

シカダイはボルトがディーパとの再戦のために修行をしているのかと

あいつの強さは異常

勝つことに執着してるなら危険すぎる

もしそうならダチとしてお前をぶんなぐってでも止めなければならないと

奴は化け物 俺たちの実力で遭遇したら撤退を最優先で考えるべき

悔しいのはわかるが奴が憎いからといって勝つことに執着してもというが

ボルトはそういうわけじゃないと

自分がまだまだ未熟で力不足だと実感した

だから奴を超えるぐらい強くならないとだめだと

だから何があってもこの修行を続ける

これはそういう修行だと

それを聞いてお前もちっとは考えてるようだと

そういうことなら修行を手伝う

放っては置けないと

いつの間にかヒナタがいて

その話を

そして修行をしてるのはサラダも同じ

今度はクナイか

鉄球より殺傷力がある

正面からかわすが

写輪眼の持久力がまだ足りないと

かわしきれてなかったか

だがそれでも修行の成果は出ている

少し休憩

サスケはサラダから話を

目の消耗はまだ大丈夫だと

サラダはここで万華鏡写輪眼についての話を聞こうと

サスケはそれを持っているが

開眼したものは少ないと

だが正直言うとそれは開眼しないほうがいいものでもある

サスケもその話はまた今度だと

そうしているとサクラがやってきて

自分の修行はいい感じだというサラダだが

サクラはサラダがずいぶん消耗してる自覚はあるのかと

サスケはある程度無理をさせないようにしてるが

サクラは心配だと

だがいつまた強敵と出会うかわからないのに悠長にしていられないと

サラダはいつか自分もパパみたいな写輪眼になれるはずだと

だがそれがどういう意味か分かっているのかと

サスケはサクラが心配してるようなことはないというが

傷ついているサラダを見てると不安

だがこれは自分が決めたことだと

サクラはサスケが自分と他人にも厳しいから心配だと

そのやり取りをヒナタも見てしまう

サスケも心配だからこそ修行をつけてるのだが

それでもサクラは悩む

娘もまた一人前の忍びだってわかってるはずだが

あのボロボロになった姿が忘れられない

これ以上大けがを負ったらと

だからこそ身を守る術を教えないとならないというサスケだが

それだけじゃなくサラダの写輪眼がいきつく先

万華鏡写輪眼

その覚醒のきっかけは愛する者との別れ

写輪眼の持ち主には悲劇的なことが訪れると

それが娘に

気持ちがわかるというサスケだが

サクラはサラダが泣き虫だった自分の子供

だから悲劇にも耐えられるかどうか

サスケはサクラが弱いとは思わないと

それにあの頃は俺たちも今のサラダやボルトのようだったと

サクラは今もなおサラダの心配でいっぱいだと

ボルトのほうはシカダイがいのじんとチョウチョウを呼んでいた

いのじんは疲労しててチョウチョウはサラダのほうを手伝いたかったようだが

シカダイはこういう時頭数がいたほうがいい解決方法が見つかるものだと

まずシカダイはいったんボルトに風遁螺旋丸で行くという考えは捨てろと

今のボルトにできる性質変化じゃ威力の伸びしろが足りないと

シカダイが考えたのはシンキの術をヒントとした一点集中

どんな硬いものでも一点に集中すれば破壊力が上がる

螺旋丸にもそれが当てはまると

まだ具体的な方法はわからないが

まずはいろいろやってみることも大事だと

いのじんは行き当たりばったりは嫌らしいが

とにかくやってみることに

的を複数用意して中心を意識して投げてみろと

現状だとやはり全部はぶち抜けない

今度は分身して的を狙う

全部中心は無理だったか

今度は螺旋丸にチャクラを込めて威力が上がるかどうか

可能な限り込めてみるが

これも簡単じゃないんだよな

いろいろやってみたがなかなか難しい

いのじんとチョウチョウも今日は帰ることに

ボルトとシカダイはキャンプ

ボルトは緊張感が切れてしまう気がするから家に帰ってないと

シカダイはボルトに付き合う以上初志貫徹だと

今だ突破口は見えないというボルト

現状じゃ大玉螺旋丸は無理か

今日のところは休むことに

ボルトはどんな硬さの敵もぶち抜ける螺旋丸を手に入れなければと

シカダイは不思議なものだと

木炭もダイヤモンドも成分はほぼ同じなのに硬さは全然違う

分子構造の違いって話だが

炭素にけた外れの熱と圧力をかければあんなふうに硬いダイヤモンドになる

ボルトは何か思いうかんだようだ

カカシは天地がひっくり返りでもしない限りといってたが

ボルトは何か思いついた

ひっくり返すという言葉

試したいことがあると

そのやり取りをカカシはひそかに見ていた

何か突破口を思いついたようだと

そしてその後カカシはイビキに会いに行ったと

にらんでるようだが

面倒な頼みごとをしてくるときだからと

一応話は聞くと

サラダは家で休んでいた

母に言いすぎたと思ったが

それでも強くならなければと

サクラも悩んでいるか

そんな彼女のところにやってきたのはヒナタといの

女子会って

ママ友会のほうが近そうだが

サクラはいのたちに愚痴を

2人にひどいことを言ったと

夫婦喧嘩ぐらい誰でもするといういの

ヒナタのほうはあまりしなさそうではあるが

すると怖いんだよな

サクラは真剣に娘を心配してるが

いのにも尋ねる

いのじんたちも危険な目にあってたからな

いのは忍びである以上覚悟はしてるつもりだと

自分たちはみんなそうだと

サクラは理性ではわかっていても感情はどうにもならないと

いのはそのしょぼくれ顔昔のあんたを思い出すと

当時何とかして強くなろう サスケに振り向いてもらおうって必死だったとか

だが必死でひたむきなのはあの頃の私たちみんな同じだったと

サラダもそうだな

それに言う

女はタフでなきゃ生きていけない

まして母親になったからそれが身に染みる

子供が心配だけどだからこそどっしりと構えてなければならないと

ヒナタはボルトたちに差し入れを届けに行こうと思ってるか

そしてサクラは

翌朝

いのじんとチョウチョウが向かっていたが

シカダイがいる場所にて

砕けた岩があった

ボルトは成功させたらしい

そしてそのボルトはカカシのところに

天地をひっくり返してやったと

岩でも何でもぶち砕くところを見せてやると

カカシはせっかくだから一番効果的な方法で試してみないかと

岩とかよりよっぽどエキサイティングで効果的だと

そしてカカシに連れてこられたのは警務部で管理してる施設

さらにそこにやってきたのはイビキ

そしてボルトにとって因縁の相手

貉強盗団首領 ショジョジ

こいつを倒せないようじゃリベンジなんて夢のまた夢だと

次回に続く

ボルトとサラダ それぞれの修行の成果と覚悟は







Last updated  October 22, 2020 04:56:00 PM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.