332626 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

キャプテンのブログ

キャプテンのブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

なおきち丼 ♪なおきち♪さん
SAMMYの永遠の一秒 SAMMY1234さん
MELODY ♪ GEMINI L… lapiiiさん

Comments

 人間辛抱@ Re:キャプテンのブログ!(04/01) どうもお久しぶりです。 新型コロナウイル…
 コントラバス@ Re:楽団(10/01) アップありがとうございます。自分も恥ず…
 キャプテン@ Re[1]:それぞれのチケット(06/22) 今年も富士山へ?さんへ でもやっぱりチ…
 今年も富士山へ?@ Re:それぞれのチケット(06/22) 12月11日(水) @ 東京ドーム OPEN 17:30/S…

Freepage List

2007年12月02日
XML
カテゴリ:音楽

昨日はブログ仲間のN郎♪さん率いるアウフヘーベンのライブに行ってきました♪

西川口駅東口から歩いて10分ほどでライブハウスに到着。これが新生「Hearts」かあ
071201_2129~0002.jpg
ライブハウスと聞くと一般的にはダークな印象があるけれど、ここは全く違う。外から見るとちょっとお洒落なカフェ?と思えるほど。出来たばかりだからキレイなのは当然としても、外観も内装も既存との差別化を狙った意気込みみたいなものが感じられる。

西川口に向かう前に都内プラプラしてしまったせいで…会場に着いたのはもう7時過ぎわからん1バンド目はすでに終わってました。2,3バンド目についての感じたことも書きたいのだけど、とりあえずもうアウフヘーベンのリポートいっちゃおう!

最近流行りの幕代わりの大型スクリーン。予告通りにアウフヘーベンのプロモーションビデオ(PV)が流される。これがすごいっっ!
スタジオでのメンバーの演奏シーンに戦争や暴動のシリアスな映像がミックスされた映像は本当プロのPVと遜色ないほど。こんなのどうやって作るの??

まず目は釘付けになるし、その後のステージにも期待が高まる。これ絶対アウフヘーベンのライブでの「売り」になります。必見です。ってかKEENも作りたーい(真似っ子キャプテンぽっ

PV終了後ゆっくりと幕が上がると、今度は生演奏の「アライブ・イン・ザ・セイムタイム」が始まる。PVと生演奏とはいえ続けて同じ曲というのはけっこうな冒険だと思ったけれど…それだけこの曲に対する思い入れがあるんだなって感じました。

僕は前回の本八幡でのライブは観られなかったので、約1年前のライブと比較しての感想を述べさせていただきますが~

ケンさん(G)は前回はプレイに集中してあまり目立たない印象だったけれど、今回はソロの時には前に出たりN郎♪さんとの絡みあり、コーラスでも活躍してたしかなりかっこいいウィンクやっぱりギタリストはこれぐらい主張しないとね。
さとしさん(B)は相変わらず安定したプレイを聴かせてくれる。何よりこの人のコーラス本当にきれい!願わくば例えばベースソロとか見せ場を作ってもっと目立って欲しい!
ちなみにN郎♪さんには悪いけどうっしっし僕はこの曲のケンさん&さとしさんのハモリ「ウィーアーオールアライブインセイムタイム!」の部分が最高にかっこいいと思う。
僕はドラムのことはよくわからないけれど、よこちんさん(Dr)の堅実なリズムはこの人がアウフヘーベンのサウンドの核なんだと思わせてくれる。

そしてN郎♪さん。いかにもロックなMCやそのMCをいれるタイミングの絶妙さはもはや職人?!といっても過言ではない。お客のノセかた、ステージアクション、ギャグネタありのMC。フロントマンとしての魅力を惜しむことなく出し切ってる感があるグッド

071201_2047~0001.jpg

加えてこのライブハウス音もすごく良くて、ヴォーカルの歌もクリアに聴こえる(僕が歌っても聴き取れるかどうかわかりませんが…)N郎♪さんのような詞やMCを重視する人にとっては最高の環境だと思う。

2曲目「ネオ・イリュージョン」ラスト「ロックの力」ではN郎♪さんがしきりとお客さんにマイクを向け、それに応えてお客さんが合唱する。うらやましいぞーこれスマイル僕も一回聴いただけなのに自然とコーラス部分を歌える。メッセージ性の強い歌詞だけど、キャッチーなメロディーを備えているというのもアウフヘーベンの持ち味ですね。

で、大盛り上がりのうちにライブ終了。ところが(KEENのやらせアンコールと違い)本当のアンコールがかかる。こういうの正に「嬉しい誤算」ですよねウィンクスタッフからもOKサインが出たけれど、さて何をやろうかとステージ上で真剣に悩んでいるメンバーの姿が笑えたスマイルでもう一度「ロックの力」を演奏してN郎♪さんの客席ダイブと共にライブ終了。

相変わらず僕は演奏に関して細かいことはわからないけれど、とにかく印象的だったのはファンの人達だ。

1年前のライブではお客さんも控え気味だった印象だったけれど、今回は大合唱だけでなくN郎♪さんの動きに合わせて少し照れながらも(笑)飛び跳ねる人、「次のライブはまだ決まってないけど…」のMCに「次も観に行くよ!」の合いの手。こういうのも嬉しいんだよね~と自分のことのように感動してしまった。

N郎♪さんが「ライブの主役はお客さんだぜ!」みたいなことを言ってたけれど、正にその通りだと思う(メモらせていただきましたうっしっし)お客さん達の笑顔を見ればその人達が本当にアウフヘーベンのライブを楽しみにしていたことがわかる。

演奏者はそんなファンに喜んでもらうようにさらなる高みを目指す。そしてそんなバンドの魅力を知るファンが輪を広げていく。この相乗効果ってバンドとして理想だと思う。

自分のことになってしまうけれど、KEENもようやく、ライブを楽しみにしてくれる人達が増えてきたばかり。アウフヘーベンのお客さんにKEENのファンがオーバーラップしてしまいジ~ンとしてしまった。涙ぽろり

あーライブやりたい炎

まだまだ書きたいことはあるのだけど、また思いついた時に書かせていただきますえんぴつ

とりあえずメンバーのみなさま楽しい時間をありがとうございました。ファンのみなさまお疲れさまでした♪






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2007年12月03日 01時38分02秒
コメント(6) | コメントを書く
[音楽] カテゴリの最新記事


Calendar

Headline News


© Rakuten Group, Inc.