000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

キャプテンのブログ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

なおきち丼 ♪なおきち♪さん
SAMMYの永遠の一秒 SAMMY1234さん
MELODY ♪ GEMINI L… lapiiiさん

Comments

 コントラバス@ Re:楽団(10/01) アップありがとうございます。自分も恥ず…
 キャプテン@ Re[1]:それぞれのチケット(06/22) 今年も富士山へ?さんへ でもやっぱりチ…
 今年も富士山へ?@ Re:それぞれのチケット(06/22) 12月11日(水) @ 東京ドーム OPEN 17:30/S…
 元ロイヤルのT@ Re:一石二鳥だけど。。。(05/16) バカじゃないの。。。

Freepage List

2008年09月25日
XML
カテゴリ:音楽

11月2日、西川口Heartsでのアウフヘーベンのライブに行ってきました!

CA3B0030.jpg

何度来てもHeartsはいいな~キレイだし、広いし…でもここで再来月自分も出来るのか~と思うといつもと違ったワクワク感スマイル

CA3B0031.jpg
いつも僕が頼むドリンクは「マリブコーク」か「マリブオレンジ」何かハノイっぽいでしょ?(笑)違うか~?!

3番目に登場するアウフヘーベン。その前にスクリーンに映し出されるのは11月2日の合同ライブ用に作られた映像。

爽やかなAKさんの後に映った野暮ったい自分の姿は恥ずかしーっ!!って感じでしたが失敗

短時間でこれだけの映像を作り上げたアウフヘーベンスタッフの方に感謝!感激!です。

そして幕が上がり、ステージが始まる。

CIMG0537.JPG

オープニングは公言通り、いつもは最後に演奏する「ロックの力」!


11月の合同ライブのイベント・タイトルであるくらいのアウフの代表曲だからして、のっけからN郎さんもサポーターも大盛り上がり!

バンドの土台を支えるヨコタさんの安定したドラムが心地よい。特にこの曲でのビートは凄まじい。ドラムのことはよくわからないけれど、リズムにぐいぐい引っ張られていく気持ちよさがあるんですよねウィンク

そして2曲目は…「アライブ・イン・ザ・セイムタイム」だあ~ちょき

もしかしてラストかな?と予想したこの曲を2曲目に持ってきましたかー

CIMG0544.JPG
もはやお馴染みの小道具を持ち出す(笑)N郎さん


 


この曲はオープニングでもラストでも、さり気なく2曲目でも使いどころに制限されないという不思議な魅力を持つ名曲。

KENさん(G)作というだけあって、ギターフレーズがかっこいい~♪

そのKENさんはN郎さんとの絡みあり、アンプ足かけアクションあり。写真取り損ねるほどに失敗動きに磨きがかかってきた。

続いて3曲目はこれもライブ前に公言していた新曲「DNA」

この曲では、ブログでもお馴染みSAMMYさん(B)のベースに目は釘づけ!

ほぼハイポジション・オンリーで弾き続けるフレーズは、プレーヤーとしては一瞬も気を抜けない難易度の高さだと思うけれど…超絶ですウィンク

この曲に限らず、SAMMYさんはベースを弾きながらの動きが妙に自然というか貫禄が出てきた気が…派手なアクションこそないけれど、その存在感は圧巻!

もちろん相変わらず全編に渡ってのコーラスの美しさも健在!11月のライブに来てくれるお客さんは必聴!となぜか自分のことのように誇らしく思ったりしてうっしっし

メンバー紹介ではロックのスタンダードナンバーをメドレー風に演奏。これ聴くとインストじゃなくてN郎さんの歌う「ハイウェイ・スター」や「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」を聴いてみたいと思うのは僕だけだろうか?

演奏は次に「ネオ・イリュージョン」へと続く。サビの掛け合いが印象的な曲だ。

「ロックの力」でいきなりあれだけ飛ばしちゃって大丈夫?という心配もあったけれど、N郎さんの勢いは止まることなく突っ走る。

ハイトーンを駆使した歌唱の素晴らしさはもちろんだけど、アウフでのN郎さんはヴォーカリストという域を超えて「パフォーマー」「エンターテイナー」といった表現がむしろ合うような気がする。

CIMG0550.JPG

その貫禄と自信に裏打ちされた存在感の大きさはライブをやる度にパワーアップしていく。






ラストに持ってきたのは「ニュートラル・ドライヴィング」!

30分という短い時間の中に楽しさをたくさん盛り込んだステージに幕が下りる。

と、その幕の下り際にまたキレイな女性がN郎さんにプレゼントを…プレゼントいつ見てもうらやましい光景うっしっし

N郎さんが「今回はバラード封印!ロックの力1曲目!」とライブ直前まで予告していた心理的には、本人も今回の構成が実験的かつ冒険的な期待と不安があったのではないかと思う。

僕的にはとりあえず新たな試みをするところは大賛成です。バンドは常に変化、進化していかなければならないものだし、既成概念を打ち破りながらファンの求めるものとの共通点を探すことが難しくもあり、また楽しみでもあると思います。

11月のステージングがまた興味深々ですウィンク

そして今回もまた最高潮にライブを盛り上げていた
CIMG0551.JPG

これが熱狂的アウフヘーベン・サポーター!!


ライブが始まる前に、Tシャツに着替えて盛り上がる準備をしている光景も必見ですうっしっし

メンバー、サポーター、関係者の皆様お疲れさまでした。

11月『ロックの力』ではこの日以上に盛り上がりましょう!炎

 

クリックもお願い♪

bandactivity88_31_lightred_2.gif








Last updated  2008年09月25日 14時15分32秒
コメント(3) | コメントを書く
[音楽] カテゴリの最新記事


Calendar

Headline News


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.