楽天競馬
なまらふるやっち|地方競馬の魅力を楽天競馬スペシ…  楽天競馬ブログ 2252784 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

なまらふるやっち|地方競馬の魅力を楽天競馬スペシャルアドバイザーの古谷剛彦氏が熱く語ります。

プロフィール


furuyatti

カレンダー

日記/記事の投稿

2020年06月11日
XML
カテゴリ:兵庫
昨年は一冠目の「菊水賞」で、5馬身差の圧勝を演じたジンギの1強ムードかに思われましたが、「兵庫チャンピオンシップ」をパスし、「兵庫ダービー」に絞ったローテーションで挑んだ時に馬体重が7キロ増え、直線で思ったほど伸びず4着に敗れました。勝ったバンローズキングスは、ホッカイドウ競馬でデビューし、兵庫移籍後に特別を含む3連勝と調子を上げて「園田ユースカップ」に挑戦しましたが、その時はジンギの7着に敗れました。「菊水賞」も6着、そこから逆転できるとは思いも寄らなかった一方で、やはりJRAの強豪と戦った「兵庫チャンピオンシップ」で3着に健闘した経験が生きたと思います。

 JRAでも、「青葉賞」組が好時計で勝ったとしても、「日本ダービー」での勝ち馬を輩出したことがなく、やはり「皐月賞」を走った王道路線が例年強いのは、厳しい競馬の経験値がモノを言うのだと感じます。もちろん、時に「京都新聞杯」組の勝利はありますが、その頻度は少ない状況です。

 「菊水賞」、「兵庫チャンピオンシップ」、「兵庫ダービー」という日程で、真ん中にダートグレードがあることが、疲労度を考えた時に「兵庫チャンピオンシップ」をスキップする傾向があります。実際、兵庫の調教師の中には、このローテーションは厳しいと話している人もいます。ただ、敢えて三冠全てに出走を目指し、ダートグレードでも健闘した馬は、全身全霊で挑む「兵庫ダービー」に勢いで突破するケースを、昨年のバンローズキングスが証明しました。

 今年は、「菊水賞」を逃げ切ったステラモナークが牝馬だったこともあり、ステラモナークはグランダム・ジャパン3歳シーズンの1つである「のじぎく賞」に出走しました。「菊水賞」の時計で全然走っていなかったことを考えると、地方交流でメンバーは揃っていたことで、突っつかれる展開で楽をさせてもらえなかったことが挙げられます。「菊水賞」は2着だったピスハンドが、「兵庫チャンピオンシップ」で地方馬最先着となる4着に健闘した点からも、ステラモナークの走りが本物でなかったことは明らかです。

 ただ、当時より距離が延び、「兵庫ダービー」となると陣営も楽な展開に持ち込ませない状況が想像できます。ここまで地元での走りに目立つ点が少なかったガミラスジャクソンですが、笠松での「ゴールドジュニア」で絶望的な位置から追い込みを決めたレースが、出入りが激しくなることが想定される大舞台で生きる可能性が高くなると見ています。JRAの「スプリングS」での経験が、「兵庫チャンピオンシップ」での5着につながったと見ることもできます。1戦毎にレースが進化しているガミラスジャクソンの一発に期待しています。

◎ガミラスジャクソン
○ピスハンド
▲ステラモナーク
△イチライジン
△キクノナナ
△ドバイキャンドル






最終更新日  2020年06月11日 12時25分46秒
[兵庫] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.