362138 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

珍島イヤギ・・・イヤギってなあに?

PR

プロフィール


恵子3126

カテゴリ

バックナンバー

2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04

コメント新着

casper@ Re:わたりがにのビビンバ(10/16) 何を忙しいとはいえ頭がパボに2018年…
casper@ Re:わたりがにのビビンバ(10/16) 恵子さん ご無沙汰しております 2017…
ロベルトねんきうセブン@ Re:大事故!!!目尻を21針縫う!!!(08/28) うわー なんということが!! 21針も縫う…
恵子3126@ Re[1]:大事故!!!目頭を21針縫う!!!(08/28) 佐々木さんへ カムサハムニダ^^ 良く見…
佐々木@ Re:大事故!!!目頭を21針縫う!!!(08/28) 早く腫れが引くといいですね。お大事にm(_…

フリーページ

サイド自由欄

設定されていません。

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

珍島の島

2015.06.08
XML
カテゴリ:珍島の島
珍島は240の島々があります。
特に鳥島は170余りの島が属し
その中に観梅島という島があります。

珍島に住んではいても船
1時間30分も移動しないといけないので
なかなか行けないのです。
今から12年前に海岸だけ上陸しました。

私としては夢の島です。

ところが先週の土曜日
チャンスが訪れ・・・
夢の島に上陸することができました。

1433582775821.jpg

これは玉石(コンドル)といいまして
天に住む天女が玉遊びをしていて
うっかり地上に落としてしまった・・・
という伝説が伝えられています。

面白いことに天の使者が
持っていこうとしたけど
重くて置いていった・・ということで
手形がしっかりと刻まれています。下向き矢印
1433582781706.jpg

観梅島の港から歩いて2キロくらいかなあ
小さい丘を越えた海岸にあります。






最終更新日  2015.06.08 18:09:57
コメント(2) | コメントを書く
2015.05.08
カテゴリ:珍島の島
鳥島は珍島の最西南端に位置する
彭木港から船で30分
上空から見ると鳥の群れが海に浮かんでいるように見えることから
鳥島と呼ばれている。
鳥島群島というほど島の数が多い!この周辺には176個の島がある。
釣りのメッカとしても知られている鳥島・・・をご紹介^^

CAM02055.jpg
遠くに見えるは鳥島大橋!

CAM02056.jpg
鳥島の展望台から

SAM_6510.jpg
鳥島の夕日!






最終更新日  2015.05.08 13:38:56
コメント(4) | コメントを書く
2013.10.14
カテゴリ:珍島の島
ついに入手しましたうっしっし

東大名誉教授である伊藤亜人先生の著書

『珍島』下向き矢印 でございます。

9月の下旬に訪問された日本人観光客にお願いして
ようやく私の手に入りました。

40年余りの韓国研究の集大成!!!!

さあ勉強・・勉強・・

???? 011.jpg






最終更新日  2013.10.14 09:14:37
コメント(7) | コメントを書く
2013.09.13
カテゴリ:珍島の島
EBS(教育)放送局から珍島の撮影にきました。

カメラと助手など
最低二人は来るのかな?と思ってましたが
一人で小型のカメラを抱えて
観光課に登場しました。

黒シャツに黒の半ズボン
黒のスリッパを履いて
左の耳には黒い星のピアスが5つ・・・

正直・・第一印象が
軽い!遊んでる!って感じでした。

撮影は・・もう疲れましたあ~~~
加沙島と鳥島では雨に濡れての撮影・・
細方村からの夕日は家から3回も往復し

珍島大橋に飛んで日本人観光客の案内!

尖察山での撮影は
服の上からやぶ蚊に刺され
涙が出そうでした。

でも1週間も一緒にいると
人物像がだんだん解ってきます。

左耳のピアスは
職業柄、ストレス解消するため・・
(?耳を開けたらストレス解消になるの?)

でも2週間後に放送が決まってるから
実力のない人物を送るはずがありません。
何としても形になる
作品を作り出す人物として信頼されているのでしょう!

撮影は終わっても
編集や日本人観光客との会話の翻訳など
秋夕休みも返上して
放送に流す準備をするのだそうです。

ごくろうさまスマイル

だけど余りにも苦しめられたので
携帯電話「怨讐ファンPD!」と入力しました。

?PD.jpg






最終更新日  2013.09.13 16:13:10
コメント(8) | コメントを書く
2013.09.11
カテゴリ:珍島の島
捨てる神あれば拾う神あり・・
なんて諺がありましたか?
(何しろ日本を離れて約30年・・近く・・)

加沙島に到着すると
波止場で死者の棺を載せる輿の準備をしていたのです。
??-??.jpg

いままでは木で作っていたのが
木は腐るから金属製です。

加沙島の住民は約300名
そのほとんどが老人です。
急に不安になりました。

輿担ぎは最低12人なのに
はたしてこの島に
輿を担ぐ若者がいるのでしょうか?
そしたら青年団が13人いるので、
全員が奉仕活動に動員されたと知りました。

テレビビデオチーム
(と言っても一人ですが・・)
「これは珍しい・・都市では見られない光景です」

喜んで撮影をはじめました!
??-??-3.jpg
あの世への旅立ちに
棺は華やかに装飾されました。

死者は92歳のお婆ちゃん
今年の春まで、この島で生活してましたが
体調を崩したので仁川に住む娘が
引き取り、大きな病院に入院させたそうです。

ところで珍島の伝統的な葬式衣装は白なのです。
参考までに写真をのせます。
2010.???-??.jpg

最近は葬儀屋に全てを任すようですね・・
葬式の黒衣装に胸が重くなりました。
(珍島式には出来ないようです)

お婆ちゃんの棺が波止場から出発します。
行き先は生まれ故郷の村です。
最後の別れの挨拶を村の人々にして、
お墓に埋葬するのです。
5.jpg

村に向かう最後の峠
??-??-4.jpg

「皆元気だったか?ん~お前たちも来てくれたか?」
そんな声が聞こえそうです。

珍島挽歌は葬式歌です。
最近は歌える人も少なく・・
葬式の行列について歌うのも大変なので
珍島挽歌の音声テープを流すのですが
今回は生の声が入りました。

山河の草木は若返り、わが人生は暮れてゆく
青春を謳歌する若者たちよ、
この白髪を笑うことなかれ
風になり雲になり雨と雪になって、我は行かん
あの世への険しい道をいかに越えよう

この世に友達は多かれど、
誰が代わりに行ってくれようか
家族や親戚は多かれど、
誰がお供をしてくれようか

<喪輿歌の一部より>

??-??-7.jpg

太鼓でリズムを取り
鐘で音頭を取り
歌い手は葬式歌を歌います。

太鼓に結んだ紙幣は
この3人のご苦労賃ですって・・

船の時間もあり
埋葬まで記録できませんでした。

加沙島の巻 終わり






最終更新日  2013.09.12 09:29:45
コメント(4) | コメントを書く
2013.09.09
カテゴリ:珍島の島
珍島の智山面、加鶴から船で30分の加沙島に行きました。

草墳はお墓です。
ワラをかぶせた中に棺があり中の遺体が風化するまで
4年~5年放置しておくのです。

遺体が風化(ミイラ化)すると
遺体を棺から取り出し
洗骨をして韓紙に並べ(きちんと人の寝ている形に・・)

別の場所に埋葬するという
非常に手の込んだお墓なのです。

草墳を取材に行くと言ったら
私の上司(観光企画係長)は
「そんなもの取材したら
 珍島は未開の島・・
 現在までもそんな風習が残っているのか?」

と放送を見た住民から
否定的な反応が返ってくる・・

そして
「私は以前広報係長をしていたから、よく知っている
 草墳の風習を喜ぶのは民俗学者だけ!」

なんで恥ずかしいと思うのかな?
手の込んだ埋葬方式は
親を敬う孝行者が、心を込めて行うものなのに?

いいや!行っちゃえ!!
と取材カメラと一緒に加沙島に乗り込みました。

??-?.jpg

??-??-?.jpg

で?
役所の加沙島出張所の職員に聞いておいた
草墳の場所に移動しようとしたら
島の住民から
「ん?草墳?無いよ!今年の夏移葬した・・」

な・な・なんと・・
昨日電話に出た職員は
草墳が無くなったこと知らなかったって~~~

民俗学者が行き来しながら
草墳を移葬するときは連絡してくれ
費用が無ければ援助する!
とまで言ってたそうです。

でも遺族側は
静かに儀式を行いたくて
こっそり埋葬したといってました。

写真の草墳は、以前の係長が写したものです。
今年の4月に単独で加沙島に上陸し
5時間、島を歩き回り写真に収めたそうです。

???_IMG_0049.jpg

貴重な内容だから・・記録に残したい!
と週末の時間を割いて写してきたと聞きました。

同じ珍島郡庁の職員でも
見方・考え方・いろいろあるものですね!

珍島の未来のためには
こういう人材を観光課にまた起用しないといけない・・
と思うのですが・・

私が郡守だったら・・きっと・・そうします。

(偉そうに・・笑)






最終更新日  2013.09.10 10:05:12
コメント(5) | コメントを書く
2013.03.12
カテゴリ:珍島の島
珍島は240個の島々から成っている。
その中で一番大きいのが珍島・・・
次が鳥島である。

ここには周囲に150の島々が散らばり
多島海海上国立公園に指定されている。

鳥島の最高峰は鳥山
鳥山を韓国語でトリサンと呼ぶ!
そう・・そのまま・・日本語だ

過去、日本人が名づけたのではないか?
と言われている。

ある新聞記者がここからの景色を見て
「東洋のナポリ」と記事を書いた。

それから有名になって
珍島から30分船に乗り
鳥島観光を楽しむ観光客が増えている。

だが
鳥山の頂上には
韓国通信のアンテナ基地があり
立ち入り禁止になっているので
思い切り
周囲の美しい島々を見ることができない。

それで
数年前から韓国通信相手に
何度も公式文書を流し
ついに買取りにまでにこぎつけた。

??? ???.jpg

来年完成予定・・
今から楽しみである・・






最終更新日  2013.03.12 10:15:55
コメント(4) | コメントを書く
2012.11.29
カテゴリ:珍島の島
珍島の五柳里海域で
壬辰倭乱(1592年)に使ったと思われる
小総統(小銃筒・朝鮮時代中期携帯用火気)と
国宝級の高麗青磁が発見された。

文化財庁国立海洋文化財研究所(ソン・ナクチュン所長)は
去る9月から11月まで
全南珍島郡、五柳里海域での水中発掘調査を通じて
壬辰倭乱当時に使ったと推定される
小小勝字銃筒3点と麒麟(キリン)型香炉の蓋、
筆さしなど最上級の青磁を発掘したと28日明らかにした。

20121128000236_1.jpg
*珍島で発掘された香炉

珍島の五柳里海域は
1597年の鳴梁大捷が起きた鳴梁海峽に隣接したところで
全羅右水営海域で壬辰倭乱に関連した
遺物が発掘されたのは今回が初めてだ。

3点の総統は形と大きさ(長さ5センチ、直径センチ)がほとんど同じで、
総統を発掘した場所の周辺では
石環(石で作った砲丸・直径8.6センチ、重さ715グラム )も出てきた。
海洋文化財研究所は「壬辰倭乱と武器発達史、
そして海戦遺跡地の全羅右水営の歴史を明らかにする
重要な資料だ」と伝えた。

今回の調査では良質の青磁も多様に発掘された。
ほとんどきれいな翡色を帯び
珪石を支えて焼かれたという共通点があるが、
12世紀後半から13世紀前半まで
王室や貴族層のために康津で製作されたと推定される。

特に、麒麟(キリン)型蓋香炉は
(青磁麒麟有蓋香炉・国宝第65号)に劣らず
既存の香炉には見られない特徴を見せるなど
非常に独創的である。
20110516165910975726.jpg
*国宝第65号






最終更新日  2012.11.29 14:53:16
コメント(1) | コメントを書く
2012.07.19
カテゴリ:珍島の島
???~1.JPG
霧の加沙島くもり

珍島は230の島々がある。

この中で人の住む島は45
あとは全て無人島・・・






最終更新日  2012.07.19 09:39:34
コメント(4) | コメントを書く
2011.08.06
カテゴリ:珍島の島
いやはや大変だ~~

観梅-1


観梅-2

テレビの人気プロ「1泊2日」に
珍島の観梅島が紹介されてから
珍島郡の観光を紹介しるホームページには
パンフレットを郵送してほしいという
書き込みが相次いでいる。

これまでも一日平均して
20~30通の要請があった。

ところがテレビで観梅島が放映されてから
40~60通と要請が多くなり・・

珍島のペンモク港は
早朝から船に乗せる車マラソンのラッシュで
大混乱に陥った。

だいたい観梅島には村が2つしかないし
お宿も民宿だけ・・
しかも食堂は民宿と掛け持って運営してるので

食堂の主人は客が列を作って待っていても
まずは自分の民宿のお客から注文をとるので

昼時が過ぎても食事にありつけない
観光客が後を絶たず・・

その不満が観光課の案内電話に殺到する。

「申し訳ございません!」

弁解の余地がないので
ひたすら頭を下げるが・・
相手は聞く耳を持たない・・

「あなたの名前は?
発音は日本人みたいだけど・・
なんで日本人がそこにいるの?」

説明なんて(面倒だから)言わない・・
そして要領よく交わしている。

「あら~~私は慶尚道(釜山方面)なんです・・
よく日本人と間違えられるんですよね~~」

観梅島に行かれる方のために
一言・・アドバイス


観梅島には車道が2キロしかありません。
あとは全て人道です。

車はペンモク港に駐車して
人だけ行きましょうウィンク
船で1時間~2時間の観梅島は
全ての商品が割り高です。

できればお弁当持参で、
軽い飲み物やスナック類は珍島で準備して行きましょう!

そして最終の船は人が殺到します。
乗員数に制限があるので、
最終便でなく、一つ前に出発する船で
余裕をもって帰港しましょう。

早く「観梅島熱」が冷めることを祈りつつ泣き笑い






最終更新日  2011.08.06 16:02:44
コメント(10) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.