7282063 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

見取り八段・実0段

見取り八段・実0段

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

楽天のトラックバック廃止に伴い
当ブログでは現在インデックス
のみを更新しています。

また、こちらではトラックバックも
コメントも受け付けておりません。

ドラマの感想は
「ドラマ@見取り八段・実0段」
https://dramablog.cinemarev.net


映画の感想は
「映画@見取り八段」
https://www.cinemarev.net/


の方にぜひお越しくださいませ。

「五行小説」https://story.cinemarev.net

「ブログのblog」https://muryoblog.cinemarev.net

もよろしくお願いします。

お待ちしております。

カテゴリ

プロフィール

くう☆☆

くう☆☆

バックナンバー

お気に入りブログ

連続テレビ小説『虎… New! レベル999さん

明日のために New! ラビットらむさん

よく遊びよく転ぶ New! ひろっちゃん☆さん

今夜の晩ごはん&メル… okadaiマミーさん

【虎に翼】第8週(5/2… ショコラ425さん

いっちょかみxx akky211さん

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2006年05月14日
XML
カテゴリ:2006年ドラマ
奉公は鈍なるが幸せ。

疑いは持つ。されどワシとお前とは違う。

毛利へ就けと言う六平太一豊は自分は織田から離れない事を宣言した。
しかし、わだかまりはあるのではないか。

織田を裏切った荒木村重を説得する明智光秀

明智殿、そなたは本当に信長を信じておるのか。
信長のどこが良くて使えておるのだ。

光秀も迷っている。

安土城の天守をお市お濃に見せる信長
荒木を落とす話をする信長に、お濃は抵抗の色を隠せない。

この城の美しさは名も無き者の怨念の上に成り立っているように思えます。


しかし、は兄を庇った。

恐れと賞賛は似たような物。
信と不信は紙一重でございます。

もはや、信長の味方はお市だけなのか。。。


陣中で死の床についた半兵衛の、秀吉への最後の言葉。

安土さまに天下は取れませぬ。
今少し命長らえましたならば天下を取る夢を殿と楽しめましたものを。
hana4

これが全てを予言している。
信長からは、人の心が少しずつ離れて行きつつある。

信長の世が終わりを告げる声がハッキリと聞こえてきた回であった。


しかし。。。
たぶん歴史上に全く事実がなく、ただの創作だと思われる
光秀の恋愛話。
何だか、とっても邪魔なのは私だけ。。。?gaaaan
こんな設定をする事で、何か面白い事あるかな。

こんなお濃じゃ、最後まで信長に付いてきてくれるのか
不安でいっぱいになってしまう。aopiyo

笛を握りしめて、光秀さま。。。って。。。
不要なシーンとしか思えないんですけど。kinoko

半兵衛の死の場面は泣いた。
死の床に付きそう男2人。
変に大声で泣いたり涙をボロボロ流すこともなく。。。
その静けさが涙を誘った。

このドラマの中で、一豊千代の周りの唯一の良心が消えてしまった。
そんな気がした。hana1



・功名が辻 第十八話






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2006年05月14日 23時51分33秒
[2006年ドラマ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.