481428 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

遊限公司太陽旅社

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2011年01月11日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
カメルーン戦の観戦記を書く前に力尽きてました…。
もう面倒なのでダイジェストで(汗)

6/14 ブルームフォーンテン 日本VSカメルーン観戦
 私たち一行の弾幕がばっちり映ってたウィンク
 前日のガーナ戦で、アフリカの人はアフリカを応援するのね…と思ってたら、
 試合後、様々な国の人から「Congratulations!」と声をかけられ、
 カメルーンの方々も握手を求めてきたり、フレンドリーでほっとする。
 
6/15 朝、起きたらゲストハウスのマダムが「Snowing!」と叫びながら、戸を叩く。
 車にはうっすら雪が積もってた。宿の心温まる朝食を食べて空港に。
 昨日もそうだったけど、空港ではサッカー関係の有名人に遭遇。
 北澤さん、小倉さん、私たちと同じ宿の先発隊は風間八宏さんに遭遇したらしい。
 ヨハネスに着いてもプレトリアには戻らず、サポーター村を訪ねてから、
 ブラジルVS北朝鮮戦を観戦。入場前に北朝鮮サポーターと思われる人に恐る恐る
 「アンニョンハセヨ」と言ってみたら、「日本の方ですか?」と日本語が。
 テセとアンヨンハッのお母さんたちを中心とした日本からの応援団でした。
 停電でなかなかゲートが開かず、キックオフぎりぎりに席に着くことができた。
 試合は前半ブラジルに点が入らず、周りのブラジル人のイライラが伝わり、怖かった。

6/16 ゲストハウスでBBQ 子羊を1頭焼いてもらった。
 仲間の2人が6月生まれってことでバースデーパーティーも。
 食後、ゲストハウスの人が市内観光に連れてってくれた。
 白人は全く歩いていない。大統領官邸前では黒人の人たちに囲まれる。
 東洋人は珍しいようで、一緒に写真を撮ろうと携帯を持ってくる。
 すっごくフレンドリーで楽しかった。「AYOBA!(南アフリカ語で「ナンバー1!」とか
 「最高!」という意味)」と声をかけると、みんな笑顔。
 夜は、南アフリカVSウルグアイ戦を見る。南アフリカ応援したのに残念。
 フォルランのあのゴール、生で見れて幸せ。

6/17 日本戦を除いて一番期待してたアルゼンチンVS韓国戦を見に行く。
 会場近くでアルゼンチンの選手を乗せた場所に追い越される。
 仲間の一人はメッシ撮影に成功。私は、バスのおしりを…。
 10万人収容のサッカーシティは他のスタジアムと違い、パーク&ウォークで、
 駐車場からスタジアムまで歩く。1時間前についたのに30分歩いてもスタジアムに
 近づけない(泣)結局、キックオフ10分後くらいにようやく座席に。
 座席はほぼ満員。日立台何試合分だろうと考えてしまった…。

6/18 男性陣はアメリカVSスロベニアを見に行く。
 いい加減サッカー漬けに飽きた女性陣はサファリに出かける。
 生キリン、生シマウマ、生ライオンに感激~><
 男性陣もいい試合だったようで、良き日でした。

6/19 朝いちで空港に向かい、ダーバンへ。
 今まで見た都市と違い、リゾート地。スタジアム近くにはインド洋の海岸。
 日差しも暑く、観戦中日焼けが怖かった。
 試合は負けたけど、前半これは引き分けに終わるか?と思ってたので、
 オランダ相手と言えど、ショックが大きかった。
 試合後、予約していたヨットハーバーのレストランでシーフード。おいしかった。

6/20 10日滞在組はここで帰国(自分も)。
 帰国前にビッグサプライズが! なんとストイチコフがゲストハウスにやってきた。
 私たちの泊まったゲストハウスのオーナーの友人がブルガリア人で、
 ストイチコフと知り合いだと聞いていたけれど、まさか連絡とってきてもらうとは!
 本当にこのゲストハウスは家族的で温かいもてなしでした。
 ここに泊まれてラッキー♪
 私は寝巻用にレイソルの練習着を持ってきていたので急遽着替えて、スタンバイ。
 ストイチコフはW杯期間、メキシコのテレビで解説のお仕事をしてたそうです。
 車から降りるなり、ストイチコフはお付きの人に英語で
 「レイソルは私が日本で所属していたクラブなんだ」
 と説明してくれてました。
 サインと写真をお願いしてから、私たちは泣く泣く空港に。
 残った人たち(W杯日本戦3試合以上観戦組)はリビングでストイチコフとサッカー観戦。
 中には1994年アメリカW杯が最初に生で見たW杯という人もいて、
 「あの時の得点王と16年後一緒にW杯を見るなんて、想像もできなかったよ~!!」
 と興奮してました。
 私もレイソル戦士は出てなくても(あ、ドゥンビアがいた)、
 レイソルで結ばれた(大げさ)人と出会うなんてついてる~!!と思いました。
 レイソルの今を聞かれたので話し、レイソルへのメッセージもカードに書いてもらった。
 日本に帰って、広報さんにカードを託しましたが…。 

 家族に反対されながらも、南ア大会に行ってよかった~!
 私は怖いこともなく、楽しい思い出ばかりでした。
 すでに心は、4年後のブラジルへ。

そして、2011年 勤続●周年のご褒美に休暇をもらえるので、7月のコパ・アメリカと
ドイツ女子W杯を世界1周航空券をつ使って梯子しようかと。
なんかもう南アを経験したら、旅行偏差値がさらに上がったようです。

ブラジル、ロシア、カタールに向け、旅行の経験値は高めないといけないので。
予行練習頑張ろう。
 
 





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2011年01月12日 01時44分52秒



© Rakuten Group, Inc.