5467489 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

かみぽこぽこ。

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


かみぽこちゃん

フリーページ

お気に入りブログ

ホームページ 田中およよNo2さん

暮らしごと 千佳りんさん
中年よ、大志を抱け! 断言児さん
じょん・どー PhDを… じょん・どーさん
エッジ・ランナーズ 猫ジャラしマスターさん
かっちゃんの~1歩… katsuchan55さん
~ももの新たなる旅… もも1016さん
人生やだとはいえな… やだやだもんさん
講師の花道 教師Aさんさん
愛国、日本 パボアホイジオタさん

コメント新着

 ダンスインザダーク@ 政府税制調査会は何をしたか? 結局、政府税制調査会はこっそりと増税し…
 まくらん@ ・・・ かみぽこちゃんさんのブログは、小泉政権…
 まくらん@ ・・・ かみぽこちゃんさんのブログは、小泉政権…
 タカダ@ アクセス数  アクセス数には、アンテナに登録して放…
 ゴルゴムの仕業だ@ 狂信者に薬は効かない…どうしてこうなった かみぽこさんは民主党崩壊時に起こるであ…
2005年05月03日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
さて、先日「そして稲本潤一は出なかった。。。(涙)」
というエントリーを書いたのだが、
試合の前の私のわけわからん行動ばかり書いて、
試合そのものについては、

「稲本、でないの?」
しいいいいいいいいーん。

しか書かなかった。(苦笑)

いくら呆然としていたとは言っても、
それじゃあんまりだと思うので、
少し試合についても書いてみたいと思う。

試合について一言で言うと、

「リチャードソン」

という選手はうまかった、
ということに尽きる。

そう、ウェストブロミッチ・アルビオン(WBA)で
稲本君とポジションが被る選手。

私はこのWBA対ブラックバーンの試合、
元々知っている選手は
ブラックバーンのサベージと
途中出場のWBSのヌワンコ・カヌーの
2人しかいなかった。

稲本がいなくて呆然としている上に
誰がグラウンドにいるかすら
さっぱりわからなかったわけで、
試合開始前からどうでもよくなっていたのだが、
試合開始直後から、
ある黒人選手の動きが目についた。

それがリチャードソン。

小柄だが、
ドリブルは早いし、
当たりは強いし、
いつもボールに絡もうとする
運動量はすごいし、
ぜんぜん先入観なくても、
すぐにいい選手だと
わかった。

果てはフリーキックで
ゴールまで決めちゃうし、
こりゃ稲本君、
出番なくても仕方ないわって
感じだった。

どう考えても、
稲本君がリチャードソンより
いいプレーをするところが
イメージできないというかね。。。

あえてリチャードソンの難点を言えば、
ほとんどポジション取りを考えてないところ。
とにかくボールに絡みたがるし、
前後左右考えずに攻撃参加するし。。。

このへんは、

「ボールのないところ、ないところへ移動して、
チームの攻守のバランスを取る」(苦笑)

稲本君のプレーとは正反対で、
チーム全体のバランスを考えて
プレーできるところが
稲本君のセールスポイントなのだろうが、
それがロブソン監督が求めるプレーでは
全くないのが稲本君のつらいところなのだろう。

いや、ロブソン監督の考えを
私は理解できる。

弱小チームを手っ取り早く立て直すには、
難しいことを指示せず、
全員攻撃・全員守備の
「イングランド・どさ回りサッカー」
に徹することが合理的だからだ。

降格争いの真っ只中だし、
細かい戦術を選手に仕込んでいく時間は
ないのだからね。

このロブソン監督の考えを
稲本君が理解してないはずはないし、
なんとか対応しようと
精一杯努力もしているだろう。

ただ、いかんせん、
子供の頃からやってきた日本サッカーが
稲本君の体には染み付いているわけで
チーム全体が前のめりになれば後ろに下がりたくなるし、
チーム全体が下がりすぎと思えば前に残りたくなる。

どうしても攻守のバランスを考えてしまう。
自分がボールに絡むことでできるリスクを
気にしてしまう。

結局、ボールのないところ、ないところに
稲本君は移動していくことになる。。。

ということで、要するに
リチャードソンが健在である限り、
稲本君には出番はなさそうだということが、
残念ながら試合を観てはっきりわかった。

ただね。。。

私は稲本君について楽観的にも思ったんだよね。
なぜなら、稲本君を取り巻く状況は
実にシンプルだからだ。

稲本君がベンチに入れない理由は
単に稲本君よりいい選手がいるから。

その稲本君よりいい選手、
例えばリチャードソンなどに
怪我や出場停止などのアクシデントがあれば
ベンチに入るだろうし
試合にも出るだろう。

それだけのことだと思う。

よく、ロブソン監督が日本人嫌いだとか、
(よく知らないんですけど、
彼にはそんな前科があるんですか?)
そういう話があるけど、
そんな感情問題みたいなことでは
全くないと思う。

単に、ロブソン監督の考えるサッカー
という文脈で稲本君よりいい選手がいるから。
ほんとにそれだけのこと。
現に、彼は稲本君を出場させたとき

「過密スケジュールだから、
これからも使うこともあるだろう。
いいパフォーマンスに満足している」

とコメントしているではないか。
全てはこのコメントを曲解せず
素直に受けとめれば
わかる話なのだ。

稲本君の状況を理解しようとする時、
稲本君を中心に天動説的に考えても
何もわからない。

例えば、日本で大きく取り上げられたらしい
先日のBBCのサッカー番組での
ピーター・シュマイケル氏の

「稲本はプレミアレベルの選手ではない」

との発言。

私は正直、それがどうしたと思う。
なぜなら、あの番組では
ありとあらゆる選手や監督が
けちょんけちょんに言われる。

イギリス人というのは
そういう毒舌を楽しむ人たちだし、
コメンテーターの毒舌は
サッカー番組の醍醐味であり、
お決まり事である。

たまたまそこに「稲本」という単語が
混じっていたからといって、
それがなんだというのだ。

ばかばかしい。。。

シュマイケル自身、
自分が何を言ったか覚えてすらいないよ。
次の試合で稲本がゴールでも決めれば、
「いい選手だ」というに決まっている。(苦笑)

そんなもんだよ。。。

とにかく、稲本君の状況を
稲本君中心の天動説的に見て、
「嫌われてるとか、いじめられてるとか」
意味不明に悲観的に考える必要はない。

要は、稲本君よりいい選手がいるから
出場できないというシンプルな話なのであって、
稲本君が出場できるように
がんばればいいだけの話なのである。

稲本君がもっといい選手になれば、
監督もコメンテーターも喜んで
彼を評価するはずだ。

それだけのことなのである。






最終更新日  2005年05月04日 15時06分23秒



© Rakuten Group, Inc.