1431561 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

つれづれ日記

つれづれ日記

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

ちゅうさん4506

ちゅうさん4506

Calendar

Recent Posts

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

2023/10/20
XML
カテゴリ:トピックス
     豪雪地帯「ドカ雪」 リスク5倍 温暖化影響....。

   ​​研究の気象庁「より注意必要」​​
  地球温暖化の影響で全国的に減る一方、豪雪地帯では「ドカ雪」のリスクが5倍だったと
 する研究成果を18日、気象庁研究所が発表した。日本海側の海面水温が上昇して水蒸気が
 増え、気温の低い内陸の山沿いでやまぞいで、大雪になりやすかったという。

  気象庁は、北海道や新潟などで大雪となった2021年11月~22年3月のデータを元に、
 「雪の降りやすさ」を分析。温暖化がなかった場合と比べると、全国的に雪が降りにくかった
 状況だったにもかかわらず、「10年に1度」レベルの大雪(1日当たりの降雪量52.1ミリ)
 に限ると、​東日本の山沿いや北海道で増え、特に北陸地方では5倍​だった。

  温暖化に伴って海面水温がが上昇すると、大気の水蒸気量が増えて雪雲が発生しやすくなる。
 気温の高い沿岸部で雨になる一方、寒い内陸部の山沿いでは雪となるため、極端な大雪が増える
 可能性があるという。

         < 朝日新聞 2023.10.19 参 >






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2023/10/20 10:53:42 AM
コメント(3) | コメントを書く
[トピックス] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.