000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

如月まみの着物こよみ

如月まみの着物こよみ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2010年03月23日
XML
カテゴリ:着物
 週末、銀座のサバティーニでアフタヌーンランチをした時のこと。
 その日は、天気が大荒れになるとの予報だったので、洋服で出かけたのですが、
 
 ものすごく背の高い、着物を着た北欧系のご婦人が入ってきて、
 隣のテーブルにつきました。

 「私も着物着てくればよかった!(>_<)」と 
 残念に思うくらい、
 着物って、本当にその場をぱっと華やかにさせるんだと実感しました。

 ピンクの色無地に萌黄色の伊達襟、桜の刺繍の半襟。
 桜をイメージしたコーディネートで遊んだのね。
 古典柄の時代を感じさせる帯、正倉院柄のバッグ。
 かなりの着物好きと見た。
  
 おそらく身長180センチくらいに見えたから、きっと特注に違いない。
 着物のピンク色は、子供の着物にありそうなピンク!という感じの可愛いピンク。
 白髪と金髪の中間くらいの明るい髪の色によく似合ってた。
 同じくらいの年齢の日本人女性には、着こなせないだろうコーディネートでした。
 
 外国人には、着物は似合わないとおっしゃる人がよくいるけれど、
 着物は、年齢も容姿も人種も関係なく、誰でも素敵に包んでくれる
 ふところがあるのだと、最近つくづく思うようになった。

 サバティーニの後、イタリアつながりで「NINE」を見ました。

 映画館の前に、着物を着た若い女の子が二人。
 見ると、ひとりの羽織の襟の後ろが折れてない。
 たまに見かけるのですが、今までの私はなぜか声をかけてあげなかった。 
 それは、意地悪ではなくて、
 また、黙認しているわけでもなく、
 頑張って自分で着てきたのかな、と思うと、
 声かけたことで自信なくしちゃったら、と思って
 今までできなかったのだけど、
 勇気を出して声をかけてみた。 
 その時自分が着物を着ていなったから声かけられたのかなと思う。
 
 自分が着物だったとしても、さりげなく教えてあげなくちゃいけないと思うし、
 着物はほんとに誰でも大丈夫なんだよ、素敵になるよとみんなに
 教えてあげなくちゃ。


2010-03-23 15:08:38
 春を感じる、白魚と菜の花のパスタ
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2010年03月23日 15時59分50秒
[着物] カテゴリの最新記事


PR

プロフィール

きさらぎまみ

きさらぎまみ

サイド自由欄

DVD「如月まみ 着物の手ほどきいたします」
http://columbia.jp/kimono/
dvd


日記/記事の投稿

カテゴリ

ご飯

(638)

着物

(37)

季節

(1)

生活

(15)

バックナンバー

2024年03月
2024年02月
2024年01月
2023年12月
2023年11月
2023年10月
2023年09月
2023年08月
2023年07月
2023年06月

カレンダー


© Rakuten Group, Inc.