405132 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

生涯ドブ釣り

PR

プロフィール


ドブ吉梅ちゃん

お気に入りブログ

旬 香箱蟹 青ライオン1091さん

2018納竿 香魚誠さん

   あゆ釣り 興津の吉さん
富山の鮎毛鉤釣り(… ayukitijiさん

コメント新着

goma@ Re:体調回復、早速狩野川へ!(11/05) 現場復帰? おめでとうございます アユ…
ドブ吉梅ちゃん@ Re[1]:私は泣いてしまった!(10/19) 満月ですさんへ ありがとうございます。 …
ドブ吉梅ちゃん@ Re[1]:私は泣いてしまった!(10/19) 青ライオン1091さんへ ありがとうござ…
満月です@ Re:私は泣いてしまった!(10/19) 中日からのご指名、何よりと思っています…
青ライオン1091@ Re:私は泣いてしまった!(10/19) 中日、指名おめでとうございます。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カレンダー

2018年11月05日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
しばらく体調が芳しくありませんでしたが、約二ヶ月弱の治療で元気回復。
先生には半年ほど要経過観察の保護観察処分との事で無理するなと
釘を刺されました。

頭では理解しておりますが、体はうずうずとまだ居るかもしれない鮎の方へと。
狩野川までびゅーん、て感じでした。といっても2時間弱で着いちゃいます。

流石釣り人は皆無で、遠くに一人、あちらに二人とそんな程度。
流心で跳ねてますが、やはり昨年同様届きません。たまに近くまで跳ねが
来たときに竿入れしますが、全くアタリがありません。
ここ数年、落ち鮎時期にドン深で溜まる鮎はあまり毛鉤に反応しない傾向に
あるような気がします。思い込みですが。よって浅場に目を配らせます。

川のさわやかな風を感じれるだけ幸せ、それに竿をも出せるなんて。
最初はそう思いましたが、だんだん欲が出ます。
釣れないとやっぱし、釣れた方が良いに決まってます。。

小鮎の群れでなんとかアタリをと浅場で静かに上げ下げすると、
かすかなアタリが竿先を伝います。即座に静止、間を置いて、
待望の鮎の引きが来ます。あの独特なぎゅぎゅ、ギューンと小さいながら
竿をしならせる鮎の引きに大感激。
「こっ、これだ!!」
たまりませんね、なんて楽しいんでしょう!
やっぱりこの釣りはブログタイトル通り、生涯辞められませんね。
一尾当たる度に心臓バクバクでした。

2時間ほどで7尾ほど、まともなのは3尾でした。あがった後もしばし放心でした。

もう2,3度来たいと思います。




体調をお気遣いくださった皆様、この場を借りて御礼申し上げます。
今後とも楽しい記事、お楽しみに!

相模川は特別採捕は不漁だったとのことでした。12月再解禁という手も。
最下流域では鮎がばんばん跳ねてました。下見してあります。






最終更新日  2018年11月05日 19時33分49秒
コメント(1) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.