1051838 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

考える面白さはこの上なく美味/意識・人間・心・世界・なんでも・霊魂研究/世界は大激動し始めた

考える面白さはこの上なく美味/意識・人間・心・世界・なんでも・霊魂研究/世界は大激動し始めた

PR

Profile

春楽天

春楽天

Calendar

Recent Posts

240222分:「27おふざけコトワザ物語り-ファンタジカ-カプリッチオ」・「幻想世界協奏曲・ファンタジア-ファンタジカ」に加筆した・・プラスさまざまいろいろ
240217分:「26おふざけコトワザ物語り-ファンタジカ-カプリッチオ」・「幻想世界協奏曲・ファンタジア-ファンタジカ」に加筆した・・プラスさまざまいろいろ
240213分:「25おふざけコトワザ物語り-ファンタジカ-カプリッチオ」・「幻想世界協奏曲・ファンタジア-ファンタジカ」に加筆した・・プラスさまざまいろいろ
240210分:「24おふざけコトワザ物語り-ファンタジカ-カプリッチオ」・「幻想世界協奏曲・ファンタジア-ファンタジカ」に加筆した・・プラスさまざまいろいろ
240206分:「23おふざけコトワザ物語り-ファンタジカ-カプリッチオ」・「幻想世界協奏曲・ファンタジア-ファンタジカ」に加筆した・・プラスさまざまいろいろ
240203分:「22おふざけコトワザ物語り-ファンタジカ-カプリッチオ」・「幻想世界協奏曲・ファンタジア-ファンタジカ」に加筆した・・プラスさまざまいろいろ
240130分:「21おふざけコトワザ物語り-ファンタジカ-カプリッチオ」・「幻想世界協奏曲・ファンタジア-ファンタジカ」に加筆した・・プラスさまざまいろいろ
240122分:「20おふざけコトワザ物語り-ファンタジカ-カプリッチオ」・「幻想世界協奏曲・ファンタジア-ファンタジカ」に加筆した・・プラスさまざまいろいろ
240115分:「19おふざけコトワザ物語り-ファンタジカ-カプリッチオ」・「幻想世界協奏曲・ファンタジア-ファンタジカ」に加筆した・・プラスさまざまいろいろ
240114分:「18おふざけコトワザ物語り-ファンタジカ-カプリッチオ」・「幻想世界協奏曲・ファンタジア-ファンタジカ」に加筆した・・プラスさまざまいろいろ

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Freepage List

質の科学・意識・クオリアの研究


クオリアと意識について5(3に含まれる)


クオリアと意識3(意識内容の実体・実態)


クオリアと意識について4(変換/数学)


クオリアと意識について2(脳/変換/意識)


クオリアと意識について1(意識の研究)


意識の主体の個別性は何によるか


「意識」と「意識内容」


クオリア・意識内容の質感について


質の科学・有効な着眼・視点たち


クオリア・シリーズの手抜きと工夫


霊魂はなくてもあっても転生はある整理中


数学の存在から、この世界を読み解く


意識の主体の実体は(その一部)


質の科学の発見に至った過程


霊魂(無し)転生,質時間回帰


意識がないと宇宙はないに等しい


科学的カルマが働く仕組み


科学者の自殺とは


質の科学で世界情勢を考える


仏陀と霊魂


質の科学の発見に至った過程/霊魂はあるか/


心は物質ではない


自分が自分であるのは


考察


空間と時間,質の科学-世界哲学-世界&宇宙観


空間と時間,世界&宇宙観


意識とクオリアについて


デカルト/世界哲学


哲学的アプローチ


数学の存在から、この世界を読み解く


意識とクオリア01


質の科学の検証


質時間とエントロピー


意識とクオリア02


意識とクオリア03


脳の活動の中には「意識」は存在しない?


in脳内,局所的処理情報は不可統合?


意識とクオリア・まとめ1


意識とクオリアの定義とその展開


飽きがくる・質時間回帰


意識とクオリア・まとめ2


意識とクオリア・まとめ3


霊魂はなくてもあっても転生はある?未構成


省いたもの


注目すべき


クオリアと意識、質の科学の概略


原稿;意識とクオリアの研究


心・意識は脳の機能でしょうか?


質の科学と世界哲学


私の研究姿勢


ブログのホームから移転


質の科学・意識とクオリア・心脳問題の基礎


意識、クオリア、心脳問題へのアプローチ


言葉の定義


脳での局所的分散並列的情報処理と変換


対象体験情報本質写像本質脳分散情報処理


人間のすべての活動の抽象的表現など


波動パターンその他、なんでも


日本語の言語文字体系


経済・金融の質時間回帰


保存


質の科学・質時間回帰則の検証


質時間回帰


運命破りのパラドックスなどの考察


印象メモ;知性の器とニューロンの発火


印象メモ;情報処理とニューロンの発火


抜粋;心脳問題のポイント


最新稿のガイド


研究姿勢、思索方法、について


質時間回帰2


心脳の工学的構造


整理 削除したものなど


保存


霊魂はなくてもあっても転生は在?未構成2



考えてみましょう霊魂のことを


進化を統計で扱って


心脳の工学的システム設計研究の進展状況


哲学について、など


なにゆえに世界は1~8


混沌・誤解・曲解の海


自発性、自由意志、その他、について


新格言・ヘビに靴


自発性・自由意志などについて


論理とは何か


宗教と科学1~2


翻訳による誤解


心脳工学・意識の科学・意識工学・精神


質時間・質時間回帰


文章


メモ


つぶやき002


つぶやき003


雑文メモ


プロフィールの欄コピー


研究にかかわるつぶやきそのほか


「定義と名づけ方から見えた展望」


そのほか


そのほか2


テンプレート


アフィリエイト試し


Category

カテゴリ未分類

(9206)

春楽天の テーマコーナー

(0)

予想

(0)

新しい

(1)

(0)

new

(0)

new2

(0)

new3

(0)

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。

e12


a07

e06


ようこそ地の果てへ・・・飲み物をどうぞ。
これ、カクテルじゃすから、酔っぱらわない程度に・・・

春楽天の発明コーナー(白楽天;hakulakuten
q04
q04



世界超激動!








☆このブログは趣味ブログ・ストレス解消ブログ・自慢ブログであって、厳密性を要するもの以外では、客観性をいくらか放棄して、ストレス発散に役立てているケースがいくらかあることを告白しておきます☆

☆以下と毎日のコラム中に、訂正・加筆すべき個所がいくつもありますが、かける手間暇と時間がないため、そのままにしてあります☆

☆日々のコラムは最終的に『*面白い着眼*なんでもどうぞ !』に入れますが、内容によっては、不謹慎になるので、「面白い」が「興味深い」とか「注目・着目すべき」とか「考えさせられる」などの意味にもなっています☆

☆トップページやブログの文章の中には、それぞれある時点からズレなどを生じていく内容をもっているものがあります。よってそういった内容は読まれる時点においてズレを生じたり間違いになっているものがでてきます。時間的余裕がないのでそういった内容の訂正はしません☆



私の研究姿勢

私の、研究における姿勢は、研究対象の、考えられる可能性・ケース・モデル・在り方をすべて(考えられるだけ)拾いあげ、ならべ挙げ、その中で、今のところ、この可能性が高いのではないか、これが現実に対応している可能性が大きいのではないか、と追求していくやり方をとることです。

そこにおいては、証明らしいものも展開します。

それから、検証も求めていきます。

それらを文書にするにあたって、つい断定調に思える表現になってしまうこともあるでしょうし、間違った書き方をすることもあるだろうし、わかりにくい表現になってしまうこともあるでしょうし、あるところではひとつの可能性だけを挙げているケースもあるでしょうが(実際、表現がまずすぎる個所が多いです)、あくまでも、どこまでも、可能性をすべて追求し、現実はいったいどれに対応しているのだろうか探し出そう、という立場で研究をやっています。

ですので、後述していることについていえば、霊魂や霊界があると断定はしませんし、そういった方面も研究していこう、という姿勢をとっているのです。



このページの主張の根底は、次のようなところにあります。

「意識」と「意識の主体」につく変化を研究していくと、さまざまなことがわかってきます(ただし、証明らしいものはありますが、検証は少ししかなされていません)。

霊魂がありそうであること(断定はしません)、
転生がありそうであること、
体験元戻りの法則(科学的カルマ)がありそうであること、
(ただし、霊魂はあってもなくてもそれらと同じ結論がでてきます。不思議なことですが)
これから先 世界は大変なことになっていきそうであること とその対策、
などなどです。

その証明みたいなものは
連続小説07から13にかけて、
7月18日から7月27日の日記、
8月24日から8月29日の日記、(以上、2005年)
その他
に載っています。


その上で、
日本人は波動性が世界一高く
未来人的であり
これから世界をリードしていくでしょう、
という趣旨を主張するページです。



(ここからの項の多くは再掲であって、更新せず時期遅れになっていることがあります。書いた日時は、ブログでだいたいわかりますが、それ以前です・テーマを五回変えるため)





それらの論は、質の科学に基づいています。

では、質の科学について、ポイントを解説しましょう。



1.意識の主体についた変化は、必ず元に戻される。



人には意識があります。意識の主体とは、その意識のあるところです(脳の中では、小さな一部分に対応しています)。

ですから、意識の主体というものは、現実にあるわけです。



さらに、すべての存在は、エネルギーを受けると、それに応じた何らかの変化がつきます。

意識の主体が体験を意識し味わう時には、その体験に応じた何らかのエネルギーの組織が意識の主体に送り込まれているのです。よって、それに応じた何らかの変化が意識の主体(あるいはその近辺)につきます。



くわえて、同じ体験を続けていくと、同じ変化がつき続け、限界点に達してそれを越え、意識の主体は壊れてしまいます。

ですから、意識の主体が壊れないように、つく変化が限界点を越えないように仕組まれているのです。

それは、ついた変化は必ず元に戻されるということと同じなのです。

ついた変化は必ず元に戻される、ということは、

ある体験をしたら、将来必ず、それとは正反対の体験を同じ量体験することになる、ということなのです(数学的に計算するとそうなります)(わかりやすいイメージ的解説もあります)。

正反対の体験を同じ量体験すると、ついた変化が元に戻るのです。



2.任意の人(すべての人一人一人。どの人も)の死後、その人とまったく同じ意識の主体をもった人は必ず生まれてくる。

即ち、転生はある。

霊魂があってもなくても、そうなる。



なぜなら、意識の主体の総数よりも、生まれてくる人の数のほうが遥かに(無限に)多いからです。



以上のふたつを組み合わせると、

「人は皆、ある体験をしたら、将来必ず、それとは正反対の体験を同じ量体験することになる。

今の生でそうならない・なれない体験については、転生を通して必ずそうなる」
ということになります。



(これだけでは、わかりにくいですが)





以上のように、質の科学は、人間の体験の質を扱います(体験の質は無数にある)。

それは、「意識」「意識につく変化」などを中心に考える科学で、人間の体験についての法則や、転生までをも導きだします。

それらが、科学的にほぼ証明されているのです(100パーセント検証されているとはいえませんが)。

さらに、そこから、個人、団体、社会、国、世界などの法則も導かれます。



以上のことは、霊魂があってもなくても成り立ちます。

つまり、意識の主体が、脳の回路的なものであっても、霊魂的な存在であっても成り立ちます。

そこにおいて、意識の主体はどっちなのでしょうか?

意識の主体は、脳の回路的なものなのでしょうか? それとも、霊魂的な存在なのでしょうか?


注)私の表現がまずすぎます。
とくにここからの部分は断定調で書いていますが、考えられる可能性のひとつを挙げているだけです。
質の科学の内容の一部を挙げているだけです。

どうやら、霊魂的な存在のようなのです。

なぜそう言えるのでしょうか?

まず、脳の中で波動性が一番高いのは電子ですが、意識の主体はそれよりもはるかに波動性が高いのです。

次に、意識の主体は一体性・全体性を形作っていますが、電子はそういう状態を形作れないんです。

さらに、人は、自分が決断を下したと感じるコンマ数秒前に決断を下している(大脳皮質にそういった脳波が必ず現れる)んです。実験でそういう結論がでています。

以上を矛盾なく説明するには、霊魂的な存在がある、とするしかないんですね(断定はしません)。





さてここで、霊魂とよばれるべき存在がありそうである、ということの論拠を挙げてみましょう(断定はしません。質の科学の中の一部を挙げるだけです)。



(もちろん、霊魂はあってもなくても転生はありそうである、ということの証明のようなものも何度も記しました)




1。人は何かを決断したと思ったコンマ数秒前に決断している(リベットの実験。脳波でそれがわかる)



2。人は経験したことを意識しないでおくこともできるし、コンマ数秒前に遡って意識することもできる(上とは別なリベットの実験結果をこうまとめ表現するのは非常に難しかった)



そういったことが起こるのは、意識の部位が脳という物質の組織にあるのではなく、霊魂とよばれるような存在があってそこに意識があるからである、としないと説明がつかない(脳波の一部は霊魂と脳の間の情報のやりとりに伴って発生するのだろう)



そこを詳しく考えていくと、身体があり、身体の一部として脳があり、その脳に知性体が宿り、その脳に意識の主体が宿っている

(知性体=霊。意識の主体=魂。それらの概念にあたる概念・単語がすでにあったということ自体もその正しさを裏づけていると思われます)

それらの間に心的内容のやりとりがある

身体と脳の間は双方向

脳と知性体の間は双方向

脳と意識の主体の間は双方向

それ以外のやりとりはない



しかも、脳と意識の主体の間のやりとりは自在に遮断できる(それは知性体がなしているのであろう)(あるいは脳の可能性もあるが、脳が自発的な活動をするのかどうか)



以上のようになっていると仮定すると、1。2。の不思議な現象がうまく説明できる

それ以外のありようはないと思える

(図は描いてあるので、そのうちアップロードするかもしれません)



(右脳、左脳、知性体、意識の主体のつながりの関係の研究を




さらに、夢について考えてみると


眠っていて肉体的には意識がないのに、夢を見ていてそれを意識しながら見ている、そんな夢がある

それは、意識というものは肉体の一部の脳にあるのではなく、霊魂とよばれるような存在があってそれにあるのである、としか説明ができない


これも上に述べたモデルで説明がつきそうである

ただ、そのばあいの夢の実体がどこにあるのか、という問題がある



1)脳のどこか

2)いわゆる霊界という世界があってそこの現実が夢の実体である


それについて考えるにあたって、次のようなことを追求してみよう


まず、質の科学のひとつのポイントである、「質」について述べる(すでに何回か詳述しました)



「質」とは、体験の性質・本質・味わい・意味・価値などのことであり、人が何かを体験すると、意識の主体にそれに応じた変化(記録・痕跡)がつく



その変化は質時間というベクトルのようなものである



質というのは何もないところから対になって生じたものであり、対にするとゼロのようなものに隠れる

質は運動量(ベクトル)に対応させて考えることができるので、それは運動量保存則にあたる



質時間も同じく対になって生じたものであり、対にするとゼロのようなものに隠れる

質時間は運動量時間(数学的に導き出される位置ベクトルであるが、使われていない)にあたる

運動量時間は回帰する(一次元と二次元で)(質時間との対比を考えるばあいは、一次元で扱う)

質時間も同じく回帰する


質時間回帰則;

意識の主体を壊さないために質時間は回帰する

質時間は、確率的にも必ず原点に回帰する(一次元と二次元で)(質にはさまざまな種類・質があるが、それぞれひとつの質について論じればよいので、一次元でその確率を計算すればよく、その結果もそうなった)



つまり、物質世界の物理法則として運動量保存則と運動量時間保存則があり、精神的な世界(霊魂的な世界)には、それに対応する質の法則と質時間回帰則(精神的借金は必ず返させられるという法則)があるということであるから、納得がいく



さてここで、

質時間も保存される、ということもわかった

質時間が保存されるということは、

人が昇天しても、その質時間は消えないということである

つまり、霊魂のような存在があってそこにその質時間が残るということになるだろう

よって、ここにさらに霊魂のようなものの存在の証明のようなものがあるわけである


さらに、
この世界で、世界中の肉体人間たちが質と質時間のやりとりをなしている(言動・やりとりなどによって)わけであるが、
そこだけにおいて計算してみると、質と質時間の総計(方向性・質をもったベクトルのようなもの)が保存されていない
上に述べたように、質時間をもった霊魂のようなものが存在するので、霊魂の世界(霊界と名づけよう)での質と質時間の総計を計算すると、ちょうど辻褄があう

よって、いわゆる「霊界(異次元世界)」という世界はあるとするしかないようである(断定はしません。ひとつの立場に立っているだけです)。

(直前に、世界中の肉体人間たちが質と質時間のやりとりをなしているうんぬんと述べたが、それも結局、霊魂の世界のものといえる)(断定はしません)。


さて、懸案の、そういった夢の実体は何か、という問いに対する答えは
2)の「いわゆる霊界という世界があってそこの現実が夢の実体であるというケースがある」ということ以外になさそうである(残りのケースは脳の活動による)断定はしません。ひとつの立場に立っているだけです)。


結局、物質世界にある肉体の一部である脳という物質の組織は、意識の主体(魂)と知性体(霊)を通じて異次元世界である霊界とつながっており(というよりも意識の主体(魂)と知性体(霊)は霊界の存在であるといえる)霊界と心的内容のやりとりがなされている、ということになるのだろう(断定はしません。ひとつの立場に立っているだけです)。

その霊界には世界中のすべての人たちの意識の主体(魂)と知性体(霊)がつながっているということになり、世界中の人たちの間でそこを通じて心的内容のやりとりができる可能性がある、ということになるだろう(断定はしません。ひとつの立場に立っているだけです)。

以上の研究結果で、さまざまな本などに載っている不思議なことの説明がつく

(あとでもっと論を発展させるので、さらにもっと不思議な世界の説明もできるでしょう)(断定はしません。ひとつの立場に立っているだけです)


(不思議な世界をイメージ思考で考え、それをイメージ思考で論理的に表現しました。このように、論理的思考といえども、イメージ思考で考えたことをイメージ思考で人に説明できる形にする、ということです)


さらに続けます


心(意識の主体(魂)と知性体(霊))は物質ではないことは確かである

上において、心は物質ではなく、霊魂的な存在である、という結論はでている(断定はしません。ひとつの立場に立っているだけです)


では、心(意識の主体(魂)と知性体(霊))とは実際のところ一体何だろうか

心が物質でなければエネルギーの世界である、ということしかない(物質もエネルギーのひとつのあり方・一形態であるが、物質を氷と水にたとえると、エネルギーは水蒸気といったところだろう)

エネルギーの世界というだけではまだ不完全であり、心はエネルギーの波動の世界である、というありようしかない、といえるだろう

波動というのはエネルギーのもつ情報の世界だといえる

心も情報・心的内容の世界であるからそれは納得がいくし、それ以外のありようはない、と思われる

さてそこで、脳の中でそういった波動性の高いものとしては電子と中間子その他があるが、それらは、それらが数多く集まって一体性・全体性を形作るということはない(ただし、電子についていえば、ふたつの電子が特定の関係をもてば、それらがどんなに離れていても時間ゼロで特定の情報を交換できる、という不思議な性質を現すが)

電子やその他がたったひとつで意識の主体か知性体になる、ということがあるのなら、脳の中にはとてつもない数の電子やその他があるので、収拾がつかないというか、そんなことはありえない、ということになる

意識の主体と知性体はそれぞれが一体性・全体性を形作っている

よって、脳という物質の組織が「意識の主体」と「知性体」を形作っているということはない

つまり、「意識の主体」と「知性体」は物質でできておらず、いわゆる霊魂とよばれる未知の存在である、ということになる

ここにも、霊魂とよばれる存在がある、という論拠がある

さて、「意識の主体」と「知性体」つまり霊魂のようなもの、は波動性が非常に高い存在であり(この世界で波動性最高の存在だろう)、脳とは関係ない(脳に宿っている存在)、ということがわかった

それはどういった存在だろうか

ここから、「意識の主体」と「知性体」つまり霊魂のようなもの、を「霊魂のような存在」とよぶことにしよう

「霊魂のような存在」は波動性が非常に高いということがわかった(この世界で最も波動性が高いのだろう)

それはなんらかの構成要素たちから組み上げられているのだろうか

それとも構成要素たちから成っているのではなく、たんにひとつの存在なのだろうか

後者だとすると、それ以上の追求・研究はできない
そういう存在がこの世界に現にあって、意識や心を生じるのである、ということに尽きる(ただし、その性質や特性その他の研究はできる)

前者であるとすると、「霊魂のような存在」は物質の究極の構成要素から成っているのか、とか、それをこの世界の物理法則(すでに発見され記述されたもの)から理解できるのか、という問題提起ができる(それに答えられそうなのは、現在のところ超ひも(超弦)理論か量子力学しかないと思われる)

もちろん、前者にせよ後者にせよ最終的には、「霊魂のような存在」が意識や心をもつのはなぜか、という問いには答えられないのははっきりしている
それは、なぜ物質やエネルギーは存在するのか、なぜそれらはそれぞれの性質や働きを現すのか、なぜ物質の組織はさまざまな性質・機能を生じるのか、なぜそれらが組織されると肉体までできるのか、などといった問いに答えられないのと同じである


ではここでまず、現在の物理学の最先端、超ひも(超弦)理論的に、そのあり方の可能性を考えてみよう

「霊魂のような存在」は、超ひも(超弦)理論が提起した最小構成要素たちから成り、まとめ上げておく力によってそれらが一体性を形作り、そこに全体性も生まれ、それらの最小構成要素たちのさまざまな振動モードたちがさまざまに発揮され、それが、意識と心的内容の実体であり、あるいは知性体と知性の実体である

それとも;
その最小構成要素がさらにもっと小さい構成要素から成っており、以下同上


今度は、超ひも(超弦)理論的ではなく量子力学的に;
直近上の構成要素たちとは関係のない超微細な構成要素から成っていて、それら構成要素たちがすべて量子力学的に空間に広がってはいるが、まとめ上げておく力によってそれらが一体性を形作り、そこに全体性も生まれ、それがさまざまな無限の波動パターン変化を現し、それが、意識の主体、意識と心的内容の実体であり、あるいは知性体、知性と知性内容の実体である

以上の3つは、可能性を述べただけ、考えられることを記しただけです。


ところで、人によって意識の主体と知性体はすべて異なっているけれど、それは何が異なるのだろうか(ここは実に不思議です。対称になっていない)

考えられることとして;

1)構成要素たちの数がすこし異なる

2)構成要素たちの数は同じであるが、構成要素たちにいくつかの種類があって、それらの比や振動数が(少し)異なる

3)構成要素たちの数も構成要素たちの種類の比も(少し)異なる(あるいは加えることの、振動数の違い)

4)すべて同じであり完全に同じものである

ここはほんとに不思議です
イメージ思考でいくと、2)、4)、3)、1)、の順で可能性が高いと感じます

しかし、やはり不思議で納得がいきません

とすると、先に述べた、構成要素たちから成っているのではなく、たんにひとつの存在なのかもしれません
いや、それでも不思議です

しかしともかく、意識の主体と知性体は存在し、それらは霊魂のような存在でありそうだという強力な論拠がたくさん挙げられてきたわけです
意識の主体と知性体は人によって異なっている、ということはいうまでもありません

再掲すると、
最終的には、「霊魂のような存在」が意識や心をもつのはなぜか、という問いには答えられないのははっきりしています
それは、なぜ物質やエネルギーは存在するのか、なぜそれらはそれぞれの性質や働きを現すのか、なぜ物質の組織はさまざまな性質・機能を生じるのか、なぜそれらが組織されると肉体までできるのか、などといった問いに答えられないのと同じですからね


そういったことについて

更に詳しくお知りになりたい方は、フリーページと検索窓でどうぞ。

キーワード:私の霊魂研究の道のり。質の科学。質時間。
精神的借金。精神的貯金。科学的カルマ。ギブアンドテイク。哲学。
意識。
などなどです。








*夢*



質の科学は検証されることを求めています。
(→私の夢は、なんといってもまず、
*質の科学の検証をすること*
なんです、という表現を避けた言い回しです)。



質の科学は、科学的論理を用いた理論としては、ほぼ完成しています。



理屈的には、ほぼ完璧に納得がいくんです。



ところが、現実の世界がそのとおりになっているかどうか、まだ検証されていない。



なぜ検証されていないかというと、その検証があまりにむつかしいからです。



ひとことでいえば、霊能者といわれる人たちに頼る、臨死体験をして生き返った人たちの証言を聞く、退行催眠(催眠術で自分の過去世に戻れるといわれている)の体験者の体験を参考にする、などという、常識外のものしか検証の手段がないからです。



そこで私はそういった方面の文献を多数漁りました。



そうしたら、質の科学は正しい、といえる資料に、かなり多く出会いました。



しかし、まだまだ完全ではありません。



そこで、多くの人びとの意見と論証(質の科学に対する)をお伺いしたいと考えているわけです。



質の科学は正しいか否か、その正しさが裏付けられる意見・理屈・現象・体験や文献の内容などを知りたいのです。



自分ひとりの力だけでは限界がありますからね。







さて、私は、夢をもっています。



質の科学の内容を盛り込んだアニメを創ろう。



それを公開して、多くの方々から、そういった情報を募ろう。



そんな夢です。



つまりアニメを公開して、質の科学が正しいかどうか、衆知を集めたいのです。







このブログの主題のひとつは、霊魂研究となっていますが、ほんとは、
質の科学・世界哲学研究としたかったんです。



だけど、敬遠されそうなので、霊魂研究としました。



でも、今では、こっちの方がいいな、と思うようになっています。



なぜなら、質の科学の一番大事な概念・対象である*意識の主体*というのは、どうやら霊魂であるようですし、その霊魂についての法則が、質の科学・世界哲学によって表されているからです。







(このブログの内容は主に、「質の科学」という科学に基づいたものが多いのです)



(再掲)
(世界が恐慌に突入する時期は、もう間近かになってしまった、という感じですね)
(世界中の人々の精神的借金の総量が膨大になりすぎていて、多くの人々が、自由に物を買い・楽しみ、普通の生活をおくる資格がなくなってきていると考えられます。
よって、世界中の金融破綻・経済的大混乱、インフレと恐慌が同時に起こるスタグフレーションなどが発生することになっていくでしょう。
同じ理由で、世界的大混乱・戦争なども起こることになっていくでしょう。

そのうち世界中の金融のとんでもない信用収縮が始まりそうで、それが起こったら、世界中で使えるお金がガタ減りするので、それは大変なデフレ圧力になるわけですが、新興工業国たちの内部での、賃上げ・インフレは止まりそうにないので、いくらか割り引かれたインフレになっていくしかないのでしょう。

そういったことが起こる根本の原因・運営力は、質時間とその回帰則・回帰力です)


(このブログの内容は主に、「質の科学」という科学に基づいたものが多いのです。
質の科学は、人間の体験の質を扱います(体験の質は無数にある)。それは、「意識」「意識につく変化」などを中心に考える科学で、人間の体験についての法則や、転生までをも導きだします。それらが、科学的にほぼ証明されているのです(100パーセント検証されているとはいえませんが)。
さらに、そこから、個人、団体、社会、国、世界などの法則も導かれます。




このブログの内容は、投資判断などをなすことにおいて、無保証です。


(再掲)
(政府の財政を破綻させない方法)

(政府が次のことを行う
製品本位制をとる
科学・工業・生産技術を囲い込む
宇宙開発(月や惑星を開拓して、住居などをつくる)を目指し、将来のその成果を現在において債権化して売り出す
名誉を売り出す
生活に不自由のない社会にする
お金を持っていても使い道がない、という社会にする(もうなんでも持っているから、と)
種々の多くの競技会を催し、人々に多くの名誉・栄誉をもってもらう
お金儲け以外の素晴らしいことを行うのが最高だ、という風潮の社会にする)

(詳しくは、明日以降に。前にも一部記載しました。検索窓でどうぞ)

(しかし、それらを実行しても、我々日本人の、精神的借金の総和<総和÷人口=一人あたりの平均値、に着目>が大きすぎるので、うまくはいかないと思われますが。
それでもなお、日本人の精神的借金の総和よりも、海外の国々の精神的借金ははるかに大きいので、日本の状態は、世界中で一番よい、といえるでしょう<総和÷人口=一人あたりの平均値、に着目>)


(再掲)
(この先、世界はたいへんなことになっていきそうですね)
(世界・社会混乱・インフレ?)
(質の科学によれば、本来なら、今頃は、世界的戦争が起こっていてもおかしくはない、という結論が導きだされます。現実には戦争は起こっていない。よって、これからの世界の混乱は、いっそうひどくなっていくと予想されます)

日本人の精神的貯金(消費やいい生活、に関わる)は、大きなマイナスだろう(精神的借金が大きい)。
よって、これから先、インフレがきて、いい生活の度合いが下がるはずだ。
他の国々はもっとひどいことになっていくだろう。

物価が3~4倍くらいになれば、政府の財政は破綻せずに、立ち直るだろう(ただし、国債の利率をコントロールしなくてはならない)。
しかし、インフレがこなければ、政府の財政は破綻し、その後に、インフレがくるだろう。
インフレが起こるということは、自国通貨の価値が下がるということだ。すると、インフレの度のより低い国の通貨に対して、円安になる。すると、さらに物価はあがる。すると、さらに円安にる・・・・・・

地球環境の保全のためには、資源価格インフレが起こり、その消費が大きく下がることが必要だ。
それが起こっても、日本でインフレは起こる(不況も起こる。スタグフレーションになるかもしれない)。
それは、人類の生存のために、必須である(人類の生存のできる地球環境を守るために)。
よって、なんらかの力によって、それは起こるだろう。
(日本の産業にとっても、それは有利である。日本はその方面でも世界のトップ
であるからである)

こう考えてくると、この先必ずインフレは起こるということになりそうです。
4~10(20)倍くらいのそれでしょうか。

(私論・試論につき、無保証)
(推敲してません)     )



以下の( )内の内容を新しく加筆訂正したのが、直近上です。
((再掲)字数オーバーのため削除。ブログのどこかにあります)







*資本主義は崩壊する*



結局、現在の形の資本主義が崩壊するのは、質時間回帰(体験元戻り)によるといえます。

さらに、社会主義的・共産主義的経済体制がほぼ崩壊した時点で、質の対を失った資本主義は不安定になっていき崩壊に向かう、という予測がでていました。


その過程を簡単に記してみましょう。

人が資本をもつと、それを増やそうとする。

人の事業欲が、新たな事業を起こさせたり、事業を拡大させる。

人々は、なんでも、もっともっと欲しい、よりよいものが欲しい、と欲望する。

そういった諸々の欲望が、資源を浪費させ、地球環境を破壊させる。

それらが限度に達したら、人類の生存が脅かされ、現在の形態の資本主義は崩壊する。

もはや、経済は成長することはできず、縮小化していくしかないからである。

収縮していく経済においては資本主義は成り立たない。

儲けがでず、損することがわかっていることには、資本は投下されないからである。

(もっとも、例外的に儲けがでる分野というものは、わずかにはあるだろうが)

すなわちそれは、資本主義の崩壊である。

(そういった事態になると、かなりの程度、計画経済的なものにならざるをえないと思われる)

以上は、現在の形の資本主義が崩壊する、もっともわかりやすい、カラクリ・論理ですが、そこに至る前に、資本主義を崩壊させる現象はいろいろと起こり、それらによってもっと早く資本主義は崩壊するでしょう。


たとえば、戦争という事態もそのひとつです。

人間が精神活動をしていくと、精神のエントロピー(精神エネルギーの利用のしにくさ。精神的廃棄物)が増大していく。

その増えた精神的廃棄物はどこかに捨てられる。

それは、他国へのなんらかの攻撃、国家間の紛争や戦争となって発現したりする。個々人のレベルではケンカやイジメとなって現れる(これも質時間回帰則・体験元戻り則内にあります。かんたんにいうと、仲良くしたり、なにごともなかったことが続いたあとは、ケンカしたりモメたりする、ということです)。


さらに、人々はほっておくと、快楽を受けすぎる。

快楽の支払いは何でなさせられると思いますか?

一人一人としては、死の恐怖を伴った痛苦・労苦を同じ量体験することです(質の科学によると)。

国民全体のその支払いの総計の量が限度を越えると、その総量はカタストロフィ(破局)を呼びこみます。

その最たるものが戦争です。

戦争における死の恐怖を伴った痛苦・労苦が、その支払いとなるのです。

(そのことを主張している文献は私の知る限り皆無でした。しかし、驚いたことに、聖母マリアの預言の中に、表現は異なるものの、同じ意味の内容があることを発見して驚愕しました。聖母マリアの預言は、あのカトリックの総本山・バチカンも認めています。さらに、その聖母マリアの預言は当たりまくっているのです。とすると、それは質の科学の正しさの裏づけにもなるのかもしれません。しかし、その預言は恐いですよ)

それを*質時間回帰・体験元戻り*といいます。

快楽の正反対を体験し味わうことによって、意識の主体についた変化が元に戻され、意識の主体が壊れることから免れるのです。

(それは質の科学による結論です。質とは、体験の質。質時間とは、体験の質かける時間(体験の強さ・密度には変動があるから、時間で積分する)。なにか体験すると、意識の主体に変化が残る。同じ変化がつきつづけると、意識の主体が壊れてしまう。正反対の体験を同じ量体験すると、その変化は元に戻り、意識の主体は壊れない。意識の主体が壊れないために、ある体験をしたら、それとは正反対の体験を同じ量将来必ず体験することになる。それが*質時間回帰則・体験元戻り則*である。詳しくは、このブログのあちこちに記してあります)。


人はほっておくと快楽を多く受けようとする。さらに、歴史的平均からいって、世界的に平和な時代が長くつづいた。

ですから、そう遠くない将来、大きな戦争が勃発するでしょう。

それも現在の形態の資本主義の崩壊を早めることになるでしょう。


さらに金融的大混乱も今の資本主義の崩壊を促すでしょう。

現在の世界の金融情勢は、とてつもなくゆがんでおり、どこかで何かが起これば、なだれをうって崩壊的な状況に陥る可能性が高い、といえます。

ひとつの担保を幾重にも積み上げ、通貨価値を膨らませる、といったようなことに類するゆがんだことが多く行われているし、そのほかにも種々の操作が行われ、本来ありもしない膨大な量の通貨価値を、一時的につくりだし、それが世界中を駆け巡っています。

それは、資源やエネルギーの価格を暴騰させたり、通貨危機を生み出したりしています。

それは、一時的な存在であり(不確定性原理による現象と似た面がある)そのうち消え去る存在であり、消え去る際に、世界の経済に爆縮をもたらすでしょう(質の科学でいうと、それまでの正反対の状態になるということ)。

その爆縮とは、多くの国の通貨の暴落、ほとんどの国の株価暴落と恐慌だと思われます。

多くの国の通貨の暴落といいましたが、その国の数が多すぎると、それは、世界的なインフレ、ということになります。

世界的なインフレというのは、質の科学でいうと、それらの国々の人々は、その時点まで、歴史的平均からいって恵まれつづけてきたので、もう恵まれる資格がなくなり、恵まれない状態になる、ということになります。質の科学ではそういう解釈・論理になります。

そのことも、今の形の資本主義に引導を渡す時期を早めることになるでしょう。


世界中の経済の大混乱も今の資本主義の崩壊を早めるでしょう。

その場合、経済の大混乱自体が、資本主義の崩壊である、ともいえます。

その大混乱はどういった経緯で始まるのでしょうか。

地球環境破壊、金融混乱、天変地異、食糧危機、戦争、などがひどくなる・始まることなどによって、経済の大混乱が始まり・ひどくなっていくでしょう。

質の科学によれば、ほとんどの人々が現在の繁栄を享受する資格がなくなる(精神的貯金・借金の多い少ないによる)、ということになっていき、そのことによって、経済の大混乱が始まり進んでいく、ということになります(質時間回帰)。
(精神的貯金・精神的借金については、検索窓でどうぞ)。

さらに、どんな経済体制もずっと続いていくことはなく、必ず変化していく、という(歴史的)事実からもそういえます(質時間回帰)。



以上の原因・理由・からくり・論理などによって、現在の形態の資本主義は崩壊していくでしょう。












さて、

世界はこれから崩壊に向かう。

なぜそういうことになるのか。

質時間回帰である。

世界中の人々の精神的借金の総和が膨大になったために、その精神的借金を返させるために、世界中がさまざまな面でおかしくなっていき、世界は破滅する。

資本主義も崩壊していく。

現在の通貨・金融制度も崩壊していく。

世界中の経済がめちゃくちゃになっていく。

人々が理性を失っていく。

世界中が戦乱の渦に巻き込まれる。

環境破壊でさまざまな困難が人類を襲う。

異常気象などで食糧危機が起こる。

水不足が起こる。

新しい伝染病が世界を襲う。

天変地異で地球はずたずたになる。

以上の可能性がそれぞれ高いといえるでしょう。




さてそういった状況で世界が破綻していくとして、日本はどういった方針で進むべきか?
日本の金融機関などは、海外に流出させている円を回収し(欧米が通貨供給量を大きく増やしている今現在はそれをやりやすい)、その一部を食糧生産・地球環境保全、のために投資(海外にも)、すべきである(流出させたままだと日本の金融機関などに不良債権が膨大に発生する)(そういうやり方こそ世界標準である)。

回収した円の残りは日本国債を買い支えることに用いる。一部は日本株に投資する(海外勢が退いていくので、底値で買う。海外の有望な企業の株式を底値で買うのもよい)。世界中のほとんどの国々の財政も破綻していくだろうから、もうどの国もどんな手法でも使って自国の経済や治安を回復させようとしていくのは目に見えている。そういった手を使ってもどの国も誰も非難などしなくなる。

さらに公務員への給料の総額を現在よりも大きく大きく減らす。

日本国内でも大幅な食糧増産をなす。

日本の水は貴重な輸出品になる状況もやってくる。

以上のような方針で進んでいけば、世界中の国々の財政が破綻していく中、日本政府の財政だけは破綻せずにすむ可能性がある。

その上で、余裕があれば世界各国になんらかの手を差し伸べればよい。

以上のような方針こそ世界標準である。



日本政府の財政再建についてはIMFが勧告しているように、公務員削減、減給、などをなすという方策もありうる。日本国憲法は公務員を罷免する国民の権利を保証している(これに関しての見解・意見・コメントなどにお目にかかったことがない。なぜだろうか)。公務員の給料の支払いによって政府財政が破綻していくという立場は成り立つので、財政破綻を避けるために、国民が多くの公務員を罷免し解雇することができるのである。

しかし、それよりもはるかによい手がある。

公務員の解雇は最小限にして、給料を大幅に減らす。その上で役所の仕事を最低限のものにする。そして人員のほとんどを、食糧増産、高級食材生産、工業的食糧生産法のより高度な完成(もうすでに完成している)とそれによる生産などに従事してもらう。

高級食材は輸出もできる(日本の高級食材は引っ張りだこで売れるだろうという意見が多い)。

それによって収入をあげ、財政再建にもあてる。

現在、食料品関係の国際価格はうなぎ上りに上がっていっているので、高収益が期待できる。

特に近い将来、異常気象そのほかによって、世界的で劇的な食糧危機が訪れる可能性は百%に達しているといっても過言ではないので、この方針は最適だと思われる。高収入にして食糧安保にもなる。

(これから先、最も価格が高騰していくのは食料品関係だろう。エネルギー価格は、そう遠くない将来暴落していくことが予測される。多くの人々が自動車などを使えなくなっていくだろうと予想されるからである。世界的な水不足も予測されるので、日本の水資源は貴重な輸出品になっていくだろう。池や湖、川や海での魚介類の養殖をもっと増やす必要がある。雑草を食べて育つ魚などもいるので、そういった方面も研究すべきでしょう)

以上のことが可能なのは、日本人の精神的借金の総量がかなり小さく、精神的貯金の総量がかなり多い場合である(精神的借金・貯金の分野はいろいろあるのでそういうことになる。体験の質に応じてそういった分野はたくさんある)

日本人はどういうわけか全体的にみて、もったいない、という心性が世界一強いので(昔にくらべて弱まってきてはいるが)、諸外国にくらべて精神的借金が貯りにくく、精神的貯金が積まれやすいありようになっている。諸外国を見渡すと、精神的借金を積みまくる国だらけである。

よって、世界の中で日本政府の財政だけが破綻しないということが実現してもおかしくはない。




世界の破滅を救う方策として一番確実なのは世界中のエネルギーの消費量をたとえばこれまでの10分の1以下にすることだろう。

そうすれば、地球環境破壊も大きく減り、資本主義的も穏やかになり、世界はなんとか破滅せずにすむかもしれない。

そのためには、

エネルギー消費税(非吸収系二酸化炭素発生税だけでなく)というものを設け、エネルギー消費がそういった水準に落ちるようにすればよいのである。

それが実現すれば、金融制度・資本主義・世界経済・世界の社会たちの破綻・破滅もかなり穏やかなものになるかもしれない。






<加筆>
やはり、円が一番安全で強くなっていきそうだ、といえそうです(この先のある期間について)しかし、その先の先はどうなるか見当もつきません。
(2月8日2013年記:「参考にされると困る」とずっと気になっていて、かなり以前、ここに、円相場はこの先どうなるかわかりません、と日付を入れて記したが、反映されていない。字数オーバーだろう。それはこのつぶやきのいくらか前だった→つぶやき:2012年11月17日(土):テクニカル要因も、ファンダメンタルズ要因も、対ドルで円安を示しているそうだ)。

そして、さらにその先は、世界中の通貨の崩壊、でしょうか?








(以上、イメージスケッチです。未構成です。推敲してません)

(以上、私論・試論につき、無保証)
(このブログのすべてについて、投資その他などにおいての参考としては無保証です)



つけ加えること
過去に書いたものに、つけ加えることがあります。

「人によって異なるし、同じ人でも時期や時によって異なる」ということ。

これを書きくわえることを忘れていたものがいくつかあると思う。
これは非常に重要なことだと思います。

「同じ人でも時期や時によって異なる」ということに関連しているが、「ぼくはテレビをまったくといっていいほど見ない」と書いたことがある。もう長い間そうなんだが、それでも、テレビがつけてある所にいて、興味を惹かれたら見ることもある。役に立ちそうな番組を知ったら見たこともある。それ以前はいくらか見ていた時期もあった。総計するとぼくはほんとにテレビを見ない男だと思う。


格助詞「は」について書いたことがある。
「は」は主格を示すのではなく、今のテーマに関して言う、という条件をつける助詞である、といったようなことだった(表現はちがうが)。
それに次のことをつけ加えておきます。
格助詞「は」は、主格を示す、ととらえていいケースもある。



「以上、そう考えてみただけであって、一切の参考にはなりません」という文を加筆すべきものたちもある。

とくに、世界の金融や経済、利益や損失にかかわる可能性のあるものなど、の予想などについて、そういえる。


「人によって異なるし、同じ人でも時期や時によって異なる」ということについて、さらにおもしろいことを考えてみることができる。
転生があるとすると、「同じ人でも時期や時によって異なる」ということは、転生していくとさまざまに変わっていき、正反対にもなっていくということにもなる。
これは質の科学の分野だが、興味深い世界である。

質の科学についていえば、質の科学における事項たちの証明らしいものはあるが、検証はまだまだ不足している。
しかし、歴史や多くの人々の人生、ことわざ、哲学的思考、さまざまな思想・哲学などを参考にすれば、かなり検証されている、といっていいのかもしれない。

「人によって異なるし、同じ人でも時期や時によって異なる」ということに関連して、
「これこれしています」と書いていても、時期が過ぎれば、そうしなくなるケースがある。それは当然ですが、書いておきます。

書いたあとで、訂正すべきことに気がついても、そのままにしてあるものがけっこうたくさんあります。




ブログにおいて筆者のいう「証明」というのは、ことばや数式、図などできわめて説得力のある論を展開することであり、「検証」というのは実験や事実、文献などでその証明の正しさを確認することです。そういう用い方がほとんどです。
(一般的には、証明の中に検証も含まれることが多いですが)




(時間ぎれにつき続く。イメージスケッチです)(未構成です。推敲してません)


このブログのどこかを参考にされる場合は、すべて、絶対に危険がないように、絶対に安全に行ってください。

このブログの文章・内容のすべては、春楽天のオリジナルです(慣用的・常識的なものは除く)(引用的なものはそうわかるように記しています)(世界情勢や将来の予想においては、さまざまな情報を得ながら行っています)。

このブログの著作権はすべて春楽天に帰属します(イラスト・イメージは除いて。トップページの、本やサイトの紹介文言の一部は除いて)。

著作権は日本国著作権法ならびに国際条約によって保護されています。

それらの無断利用を禁じます。


Copyright (C) 春楽天, All rights reserved.




2024.02.22
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
240222分:「27おふざけコトワザ物語り-ファンタジカ-カプリッチオ」・「幻想世界協奏曲・ファンタジア-ファンタジカ」に加筆した・・プラスさまざまいろいろ




230506分:XX200「この世界のすべてを理解するための一試論」~「原初生物の発生(誕生)と進化」についての一考察」+「脳には情報を統合する機能はない」+「無限関連」+さまざま:継続中「質・クオリアの科学(仮説)~心脳科学(仮説)~世界哲学」


「この世界のすべてを理解するための一試論」~「原初生物の誕生と進化」についての一考察」~「脳においては、情報はキレギレ-バラバラな形態で扱われ、脳にはそれ(ら)を統合する機能はない」+さまざま


+「宇宙は永遠につづいていく・・宇宙が終末を迎えても(過去のと今回のが)次の宇宙が生まれる・・それが永遠につづいていく」なる追究の一部・・

題して「無限大と無限小と反転」+さまざま」・・・(でいいかな? )」



・・・「手を入れた○(X付きは「手を入れた」に同じ・・長いと困ることがあるのでそうしたナリス・・・)形式の記事について言えば、表題が変わった時点で読むと、読みやすくなるでせふ(途中で上略をなすこともアールスが)・・・



……筆者はブログを多数もっているので、時間の関係でコメントに返信できません…悪しからず……



筆者がネット上に書いてゐる(載せてゐる)記事sの多くは、主要な言語sにおいては、翻訳されておるようじゃす。
その翻訳は大変そうじゃす――さらに加筆形式になると翻訳も読むことも大変じゃろうす――しかるにできるだけ早くアップロードした方がよいでせふと筆者は考へておるのじゃす――。
特定の専用ソフトを用いれば、そこらの困難は大きく減じられることは周知じゃろうす。
で、一応仕上げたら(とゐってもさらに加筆していくじゃろうすが)告知しませふ(これは過去にも書きもうした)。

(――筆者が書いている記事sは、書きなぐりのようなものであって、どれもが不完全であり、これからも加筆と訂正をつづけていきもうす――
――それと・・・学校で学んだ内容以外については、本スレッドの論などを研究するのに必要な程度(かそれ以上)の習得しかしていないのじゃす。なにもかも知っているなどということは全くありもうさん)。

・・・筆者の研究とウェブへのアップロードも極めて大変じゃす。
しかるに、筆者は苦しひながら、やり甲斐・生き甲斐を感ずるのでさういふことを続けておるのじゃす(――本スレッドなどの記述量は膨大なので、読み返すことも大変であり、重複や間違い、いいかげんなところ、加筆修正すべき個所sも多いでせふが、そこらについてはご了解あれかし――)。
・・・ともあれ、筆者が英訳せずとも済み、ありがたひことじゃす。よき時代になりもうした。
それらをぜひ有効・有意義に活用してくだされ。


(――ちなみに・・・、筆者は警察と連絡を取りあっているのである――)


・・・過去に、心脳科学(仮説)の概要を、英訳していたのだが、主要な言語sにおいて、翻訳されていた・いるとなれば(ありがたいことに「ブロックチェーン的になる」)、翻訳の必要がなくなったので、その英訳を途中までで打ちきっているのじゃすた・・・



本スレッドには、心脳科学(仮説)本体の一部、質の科学(仮説)、世界哲学などと、それらに関連した内容を載せておりもうす。
本スレにある設問シリーズは千差万別じゃす。
「運命のノートシリーズ」も書いてありもうす。
「チャプター加筆形式」の記事シリーズでは、これがチャプター#3じゃす。

「チャプター加筆形式」の記事シリーズとしては、#1~#2~#3のほかにも、膨大な文章を書いている(3月25日’18・今加筆中の#3は、#882である)

筆者は、このシリーズをいつ書かなくなるかわからないので――人間はいつ死ぬかわからない、という意味をも含めて――すべての人間が、なんにおいてもそうじゃす――、メモのような書きつけをも載せておきもうそう。
(・・・付記・・「転生はある、といった文章を読んで納得して自殺することは禁じられておりもうす・この世界の法則の実態によって(既述)」・・・)






毎日あちこちに加筆しているのじゃすが・・・
さて、今回は・・・
1月13日'18・の分が膨大じゃすたので、読んでいる・翻訳している方々が消化不良を起こさなひように、少し載せることにしませふ・・・といっても大量に載せることもありもうすが・・・





グチを一言・・・
読み返さず新しい内容を書くことはかなり気楽にいけるんだが、本文を読み返して加筆やら推敲をなすことは、意欲と調子がでてノリノリの状態にならないときわめてむずかしいケースがかなり多い。
筆者の得意技の寝ぼけたような心脳の状態では、そういったことは大変だ。そういうばあいはうんざりすることもけっこう多い。自分で好きでやっているにもかかわらず「これを読み返して手を入れるのか。いったいなんの罰ゲームだ! 」といったところである(笑)。


・・・つひでに・・・
筆者は、ウェブ上に載せる文章も、だいたい一発殴り書き、がほとんどで、読み返して加筆訂正することはまずはないままに、載せている、という実態にありもうす。
加筆訂正推敲はそのうちやろう、ということなんじゃらす(その後からそれらをなすこともある程度ある)。
それでなければ、筆者の身体も頭も、もたない、といったところなので、ご了承あれ。
何も書かないよりはマシだと思し召しあれかし。




240222分


おふざけコトワザ物語り-ファンタジカ-カプリッチオ


一回目の「おふざけコトワザ」に書いたのは・・・

カミキリムシに髪をカットしてもらえる人は人生の達人でアール。

・・・ついでに・・
ニャンコに髪をセットしてもらえる人は人生の達人の師匠でアールス。


・・・さて、ここから、ファンタジカ(ステキナ幻想)-カプリッチオ(狂想曲)が展開されるナリス

まず、カミキリムシの方を行こう・・

・・・さて、まずは予備知識ナリスが、どの辞書にも、「髪切虫」とある。
これを書いている者は、「噛み切り虫」だろうと漠然と思っていたのでアールスが、確認したらそういうことナリサ・・オロロイタとはこのことナーリ・・・

しかも、ある俳句辞典によれば、なんと、「髪をもカンタンに噛み切ってしまうので、この名がある」、といったふうにあるではないか・・加えて、「天牛(テンギュウ)」はカミキリムシの中国語名、ともある・・・


・・・ということで、このおふざけコトワザは必ずしも的外れではないのかもしれない・・


(ここで、某人物曰く「いやいや的外れに終わってしまうのは目に見えているゾ」・・

別な人物「そこを的外れに終わらせないのが、ファンタジカ-カプリッチオというものではないか」・・

最初の人物「へっへっへ・・ギャフン・ギャフン・・・ギャフンというのはなあ、カミキリムシの中国名「天牛・テンギュウ-中国語での発音はたぶん、ティエンニウだと思うんだが、それは置いといて、テンギュウ」をもじったのさ・・牛糞ともじって、さらにギャフンということさ・・つまり、そんな話は牛の糞のようなものだ、といいたいのさ・・へっへっへ」

・・これを書いている者「フン、なにクソ」)


さて、まず、カミキリムシを捕まえるのでアールが、才能豊かな子を探すことになるのは当然ナリス・・・

それで、まずは、カミキリムシはどんな所に棲息しているのか、どんな季節に捕まえにいけばいいのか、どうやって捕まえればいいのか、などなどについて調べるのでアール。

いやいや、それはメンド草草の大草原ナーリ。

そこで、昆虫採集の達人に、こっちの目的を話して協力してもらうのがいいの鴨duck・・・(と、 怒鳴 るどダック…JK…)。

では、さっそくそれをやってみよう。

その人物-昆虫採集の達人-は、こっちの目的を知るやいなや、顔中口だらけにしてガハガハ笑いだすではないか。

予想していたとはいえ、そのあまりの大笑いに、こっちも大笑いしてしまう。

「ガハガハ・・・」

「わっはっは・・・」

二人の大笑いが納まると、その人物-Aさんとしておこう-は、マジメな顔になって、
「そりゃあオモティロイ、協力してしんぜよう」
と請合ってくれたのでアール。

Aさん曰く
「それが成功したら、美容室を開こうではないか。
その美容室の名は、『天牛』でどうだい?」

カミキリムシの中国語名についても話しておいたので、Aさんは、そうのたまう。

「わはは、まるで、牛肉を使った天丼みたいな名前ではないか」

Aさん「あはは、そうだ、そういう料理もだせるようにするのさ」

「牛肉の天ぷらとはメズラカナリ、ってことで、有名になってお客さんが押し寄せるかもなあ。
よっしゃ 共同経営でいこう」

Aさん曰く
「そうしよう」


(えー、ではここで注釈を入れよう。
「これを書いている者」という登場人物(筆者ということだが)をだしたのだが、そのバカ人物が、この物語に登場するようになったみたいなので、非常に書きにくくなったのでアールス(筆者のバカぶりがなしたワザナリス)。
そこで、「ぼく」を登場させることになったのでアールス。
そうしないとメンド草草ナリス。
そこにおいて「これを書いている者」と「ぼく」は別人物なのでアール。
さらに、メンド草草なので、前に書いた文章はそのままにしておくのでアールス)


・・・ということで、ぼくとAさんは、美容に有能なカミキリムシを捕まえにいったのは言うまでもない。

どこかの山に行って、いろんな樹々を見ながら、「うわー、自然っていいなあ」とぼくたちは呟きながら歩いていく。圧倒されるではないか・・・
緑豊かな草ぐさ 樹木たち 大自然のいいにおい・・・どこをどうとっても人間の遥か上の存在だ。

おまけに いろんな虫たちや昆虫や蝶がいるんだゾ。
ときにはタヌキやウサギなんかもでてくるんだ。

ワクワクどきどきが止まらない。

で、しばらく歩いていくと、カッコイイ昆虫が現れたのでアール。

Aさんが言う「あれは、カミキリムシの中でも、美麗なスグレモノだよ」

ぼくは「ほうそうかい、じゃあ捕まえよう」

・・・ということで、ぼくたちはそのカミキリムシを家に連れ帰ったのでアール。

さて、これからそのカミキリムシを美容室で使えるように訓練するのでアール。

ぼくは寝っころがって、そのカミキリ君を髪の毛に這わせてみる。

・・・うーむ、時々髪を切るようでアールが、
結論として、
「これは使い物にならない」
というところに落ち着く。

「うーむ、昆虫を自在に動かすにはどうしたらいいんだろう」
とぼくはつぶやく。

・・・「そんなこと知らん」
と、Aさんもつぶやく。

「これは困った、筋書きがまずかったかな」
とぼくは声をあげる。

「筋書きだけでは物事は運ばないのさ」
とAさんは言う。

「そりゃそうだ、机上の空論ってことが多いからなあ」
とぼくは返す。

「しかしなあ、この物語りはヒョウタンから駒ってところなんだから、なんとかしろよ」
とAさんは返す。

「あんた、いいこと言うなあ、そうだな、昆虫操り器を作ろうか」
とぼくは言う。

「おお、それはいい考えだ」
とAさんは呟く。

ぼくは、「これが昆虫操り器の設計図だ」と言って図をかき始める。

Aさんは大笑いを始める。

ぼくも大笑いする。

Aさんが言う
「ジョーダンがヒョウタンを生み、ヒョウタンが駒を生むという流れにあるな」

「そういうことだな。
でもだがしかしどっこらしょ、
ここに、どうしても知性体が必要になるな」
とぼくは図の一部を指しながら声をあげる。

「うんうん、あんたから聞かされているので、知性体の存在は確かだ、と思う。
タネもシカケもないマジックや、多重人格の存在が、その証拠だからな。
知性体は絶対に存在するぜーよ」
とAさんはこたえる。

「うん、ということで、この図のここに知性体に来てもらうんだ」
とぼくは言う。

Aさんは、その図を見ながら、
「へーえ、なんのことやらまったくわからーんが勝手にやっとれーぜ」
と言う。

「よっしゃ、勝手にやってやるーぜ」
とぼくは返す。

ぼくは痴性をできるだけ働かせてうめくナリス
「知性体は、たいていのことはなんでもできるはずなんじゃじゃ丸
知性体は、化学や物理の法則の実態まで破り、操作することもできるのじゃじゃ丸
知性体はテレパシーの実態ともなれるのじゃじゃ丸
うへうへそういうことなんじゃらほいさっさ」

・・・これで、なんらかの知性体がこのカミキリムシを操ってくれるはずでアール、そのはずでアール、うんそうかもしれないナーリ、いやちがうかもしれないなあ・・
・・・などと弱気になってはいかんのじゃじゃじゃポンポンポン・・・

・・・ということで、カミキリムシをふたたびぼくの髪に這わせてみる。

じゃきっ、じゃきっ、といった音がしてぼくの髪の毛が刈られていくではないか・・・

Aさんは
「すごいぜ~よ ほ~ ほ~ ほ~ほけきょ~~」
などと声をあげている。

それが一段落ついた頃、
ぼくは鏡を見てみる。

「うわっ、おいらって、紅顔の、じゃなくて、厚顔の美少年だったのか」
とふざける・・・このご時世、ふざけないとやってられないからなあ・・・

Aさんは
「わはははは
・・・こうがん、ってのは、漢字にするといろんなのがあるからオモティロイぜ~よ」
と返す。

「そういやそうだな」
とぼくは受ける。

「そうなのさ、うひひひひ」
とAさんはのたまう。

ぼくは、言う・・
「たとえばだなあ、
へっへっへ・・
インドネシアのバリ島には、キンタマーニ高原ってところがあって、そこには、キンタマーニっていう村があるんだゼーヨ」

Aさんは
「あはははは
ほう。それは知らなかったゼージャ。
オモティロイ話しじゃないか」

ぼくは
「じゃろう
へっへっへ
あんたもそういった情報に乏しそうじゃな
で、南の島には、エロマンガ島っていう島があるんだゼーヨ。
エロマンゴ島ともいうらしいがな」

Aさんは
「ぎゃはははは
これはまいった
へっへっへ
その濁点をはずしたらどういうことになるのかな~ゼーヨ」

ぼくは
「そういう問いを発するのは 日本人か日本語に長けてる人びとなんじゃらほいさっさ」
と反応する。

Aさんは
「じゃろうな へっへっへ」

ぼくは
「それからな
東南アジアを流れるメコン川ってのがあってな その下流に広がる地域を メコンデルタと言うんジャジャ丸
関西人は これをどう解釈するかな」

Aさんは
「さっきのエロマンゴ島に似てるんじゃないかなジャジャ丸」

ぼくは
「♪うーみは広いな大きいな
陽がのぼるし陽が沈む
うーみは広いな大きいな
月がのぼるし月が沈む
世界は広いな大きいな
いろんな名前の場所がある♪」
と歌うように言う

Aさんは笑い転げる

ぼくは
「へっへっへ
それでなあ オランダにスケベニンゲンっていう都市があるんだゼーヨ」

Aさんは
「あはははは
あんたの出身地だろう それは」

ぼくは
「へっへっへ
これはあんたの出身地にちがいないゼ-ヨ」

Aさんは
「ニンゲンはすべてスケベニンゲンだからなあ」

ぼくは
「そうじゃじゃ丸
そうでなきゃ今頃ニンゲンなんていないはずじゃな丸
で そんなニンゲンを創ったのは 一言で言えば この大宇宙じゃな丸
ってことは 大宇宙がスケベってことじゃじゃ丸」

Aさんは
「わははは
それは まったくもって すんばらてぃくステキでスケベな理屈じゃな丸」

「じゃろうす
それでなあ その都市では 夏の海岸ともなると男女がうじゃうじゃ集まってきて すっぽんぽんの姿になって踊りまくる・・ってことはないのじゃじゃ丸」

Aさんは
「わははは
それは極めて遺憾なことじゃな丸
で そこにはスッポンも棲息してるんじゃろな~ぜ ってのはクダランダジャレギャグじゃな丸
で そのスケベニンゲンってのはオランダのどこにあるんだい」

ぼくは
「オランダのどっか南だったかな・・うろ覚えじゃがいもじゃじゃ丸
で スケベニンゲンって言ったが もっとも 現地での発音はちょっと違う ローマ字表記を日本式によむとそうなるってことじゃじゃ丸」

Aさんは
「ほーほーほーほけきょ
そいでなあ スケベニンゲンからの連想なんじゃらすが ウスバカゲロウって昆虫がいるじゃな丸
その幼虫はかの有名なアリジゴクじゃな丸 土か砂ですり鉢型の巣をつくって 蟻なんかを捕まえるっていう 高知能のスグレモンなんじゃじゃ丸
蟻なんかがそこにやって来たら 砂を弾き飛ばしてその蟻なんかに命中させ アリジゴクの底に落として つかまえるっていうやつじゃな丸
・・・そいでな 言いたいのは ウスバカゲロウの読みの区切り方ってことさ 区切り方によってはコッケイなことになるんじゃじゃ丸 高知能のアリジゴクの正反対になるじゃないか へっへっへ
ほーほーほーほけきょ」
とのたまう

ぼくは
「あははは
よーくわかったぜーよ
区切り方によっては ぼくたち二人のことになるじゃないか
わはははは
アリジゴクもすごいが それにしてもあんた ウグイスが好きそうじゃなあ」

Aさんは
「そうなんじゃもんじゃほいさっさ
ウグイスのあの鳴き声はすんばらしいではないか
♪カーナリアの歌をカーナリアが歌うよ~
あれっ これじゃないな これは 可也や いやいや可也やじゃないではないか 不可也や ではないか
♪梅の小枝でウグイスは はーるが来たよと歌います ホーホーホケキョ ホーホケキョ
うんうんこれだ
ついでに
♪はーるよ来い はーやく来い あーるき始めたニャンコのミーちゃんが~~~
ってのもあるな
どうじゃ これでウグイスのスバラティサがわかるはずジャジャ丸」

ぼくは
「あははは
あんた 赤頭巾ちゃんならぬ 物好きんちゃんだな
で あんたの家の庭に 梅の木が生えてるのかい」

Aさんは
「いや そこまでには至ってないんジャジャ丸」

ぼくは
「今度 梅の種を撒いときなーぜ
浅漬けの塩気の薄い梅干しの種でもいいんじゃないかな」

Aさんは
「よっしゃ やってみようじゃないか」

ぼくは
「それがいいぜよ
ここまでくると もっとふざけまくろうではないか」
という

Aさんは
「そうかい もっとふざけまくってみろーじゃじゃじゃーぜ」

ぼくは
「よっしゃ これ以上ふざけまくったら あんた気絶するゼーヨ」

Aさんは
「OKじゃがいもじゃじゃ丸 望むところじゃじゃ丸」

ぼくは
「さっきの話しのキンタマーニ高原で タヌキたちの運動会が繰り広げられたらオモティロイんだがな」

Aさんは
「なんのこっちゃそれは」

ぼくは
「これはおいらの ジョーダン劇場なんだが
その高原でな 
『たんたんタヌキの運動会
タヌキが集まり踊りだす
たんたんタヌキの○○○○は
かーぜもないのにブーラブラ』」

Aさんは
「がははは~~
・・・でもさ バリ島にはタヌキがいるのかい」

ぼくは
「実にまことに遺憾なことに オランのじゃじゃ丸・・
さっきはオランダのことを話したが
ついでにふざけるのじゃじゃ丸・・
オランダのオランウータンはダレンじゃ・・オラんだ・・
じゃなくて オランウータンについていうと インドネシアのスマトラ島とボルネオ島にはオランウータンが棲息しているのーじゃーじゃ丸
これはおいらの推測なんだが インドネシアとはいえ バリ島には元々はいなかったんじゃないかなかなゼミ・・誰かが持ち込んでいたとしたら 飼われてるのがいるかもしれんがな丸」

Aさんは
「あははは
あんたダジャレ杉ゼーよ ダジャレのナダレじゃな丸」

ぼくは
「わはは
こうやってふざけて遊んで リラックスするのがいいのさ・・
ついでに豆知識をばら撒こう・・豆まきのように・・
マレー語で『オラン』は『人』 『ウータン』は『森』じゃじゃ丸
ところが何かの国語辞書には それを反対に書いてあるのがあったとうろ覚えしているじゃじゃ丸おいらは」

Aさんは
「ほ~ほ~ほ~ほけきょ
くだらん勉強になるゼ~よ」

ぼくは
「へっへっへ 辞典や辞書にも気をつけよってことさ
あそこらへんの言語は 形容がうしろにくるみたいじゃな丸
それでさ あんたなあ ウグイス豆でも食っとれ~ゼよ」

Aさんは
「ガハガハ
食ったる~ゼよ
ここに出しナってことよ」

ぼくは
「そのうちいつか買ってくるゼ~よ」

二人して大笑いになる

笑いを納めたぼくは
「さっきのジョーダン劇場に戻ろ~ゼ
キンタマーニ高原にはタヌキは棲息していないはずだから あんたが持ち込むのじゃじゃ丸」

Aさんは
「よっしゃ やってやろうじゃないか」

ぼくは
「それで さっきの運動会の歌と踊りには つづきがあるんじゃじゃ丸」

Aさんは
「ほーほーほーほけきょ
それはどんなんじゃらほい」

ぼくは
「その高原には オオイヌノフグリがたくさん生えているんじゃがいもジャジャ丸・・フグリといえば たんたんタヌキの得意技‐ブーラブラの本体じゃな丸」

Aさんは大笑いする

ぼくは
「そういえばジャガイモはジャガタライモともいって、いやいや 元々はジャガタライモって言ってたんじゃな丸 その略称がジャガイモじゃじゃ丸」

Aさんは
「ほーほーほーほけきょ
そうなのかい」

ぼくは
「昔、インドネシアのジャワ島のジャガタラ・・現在ではジャカルタと呼ばれてるけどな・・から伝えられたそうじゃがいもじゃな丸 それでジャガタライモってことさ」

Aさんは
「ほーほーほーほけきょ 豆知識が増えるじゃな丸
それで本題はどうなるんじゃがたらいもジャジャ丸」

ぼくは
「さてと・・それなんジャガタライモ・・・
『たんたんタヌキの運動会
タヌキが集まり踊りだす
たんたんタヌキの○○○○は
かーぜもないのにブーラブラ』
ここまでだったな
『かーぜもないのに』より『かーぜに吹かれて』の方がEロマンティックにして文学的でいいんじゃないかな でそう訂正しとこう
いろいろ加えるのも含めて つまり
「『♪たんたんたん
たんたんタヌキの運動会
タヌキが集まり踊りだす
たんたんタヌキは輪になって
タヌキ音頭を踊るのさ
♪たんたんたん
たんたんタヌキは腰をふりみーんな元気に踊るんだ
たんたんタヌキの○○○○は
かーぜに吹かれてブーラブラ』

そのつぎはこうなのさ
『♪それを見ていたメスダヌキ おなかを抱えてわーらいだし ついでに○○πブーラブラ かーぜに吹かれてブーラブラ』
『♪それを見ていたオスダヌキ おなかを抱えてわーらいだし 落ちてた葉っぱを拾ってドロンドロン $に変えてメスダヌキに渡すのさ そして言うには これでブラジ○○買いなさい』
『♪それを受け取ったメスダヌキ 落ちてた葉っぱを拾ってドロンドロン $に変えてオスダヌキに渡すのさ そして言うには これで あんたのブーラブラ用のブラジ○○買いなさい』
『かくして キンタマーニ高原は笑いに溢れ包まれ そこでのタヌキたちの踊りはつづいていく~~
♪たんたんたん
たんたんタヌキのお祭りは それからずっとつづくのさ~~』
こういう物語りなんじゃじゃ丸」

Aさんは
「ぎゃははは がははは」
と笑い転げる

ぼくも大笑いする

ぼくは
「まだ続きがあるんジャジャ丸
タヌキたちの前に足柄山の金太郎が現れるんじゃじゃ丸」

Aさんは
「がはは それはなんともいい取り合わせじゃがいもじゃじゃ丸」

ぼくは
「わはは
それでなあ 金太郎は着てるものを全部脱いで フンドシも脱いで フリキンでタヌキたちに向かって 腰を振ってみせるんジャジャ丸」

Aさんは
「わははは
まったくもって ステキでスケベでいいストーリーじゃないか」

ぼくは
「そうじゃろうす
でなあ タヌキたちは大笑いなんじゃもんじゃほいさっさ ってとこさ
そういえば ♪えっさえっさえっさほいうのさっさ おサルのカゴやだほいさっさ・・っていう歌があるな おサルをタヌキにしたくなるではないか
脱線はほっといて・・
そしてなあ 金太郎はタヌキたちに向かって こう言うのさ
『我こそは 足柄山の金太郎じゃ
えっさえっさえっさほいのさっさ タヌキのカゴやだほいさっさ
タヌキたちよ それぐらいのブーラブラでは話しにならんじゃないか
我を見習え』
・・・と叫んで さらに激しく腰を振るのでアール
そして言うには
『タヌキたちよ どうじゃ 相撲をとろうじゃないか』
・・・ということで足柄山の金太郎とタヌキたちの相撲大会が始まるんじゃじゃ丸
『足柄山の金太郎 タヌキを相手に相撲の稽古 はっけよいよいのこった はっけよいよいのこった・・・』
ってとこじゃな丸」

Aさんは
「ぎゃはははは
・・・で どっちが強いんじゃじゃ丸」

ぼくは
「五分五分ってことなんじゃじゃ丸」

Aさんは
「タヌキの大きさはどれくらいなんじゃじゃ丸」

ぼくは
「タヌキってのは 人間の大人よりはかなり小さいんだが そこはタヌキのこと ドロンドロンと大きく化けるのさ
そんなことはタヌキにとって 朝飯前の昼飯前のオヤツ前の晩飯前なのさ」

Aさんは
「わっはっは
ナールヘソ 我のヘソが鳴るんじゃじゃ丸」

ぼくは
「わははは
あんたヘソ鳴り男じゃじゃ丸」

Aさんは
「おまけになあ おなかが空いて グーグー鳴るってこともあるぜよ」


・・・さて・・話し戻って
『そーれを見ていた ぼくらのカミキリムシ 頭を抱えて わーらいだし ぼくたち二人の頭を マルボーズにする』
ってことにならないよう祈るじゃじゃ丸


・・・ぼくは
「あ そうだ もっとあるんだ
『♪たんたんタヌキの高原に 月がのぼーる満月が たんたんタヌキは月見上げ おなかを叩いて腹つづみ たんたんぽんぽこ‐ぽんぽこぽん
タヌキのなかには うっかりと ブーラブラを叩いて気絶するのもいーる まわりのタヌキたちは 大笑い そのあとそのタヌキには マヌケというあだ名がついたのさ』
そいでもって そのタヌキは『マヌケ』と呼ばれると ゲキオコ‐プンプン‐ダヌキに大変身するのさ」

Aさんは
「わははは がははは」と大笑い おなかを抱えて大笑い

「あんた たんたんタヌキか」
とぼくも大笑いする
 

・・・ややあってぼくは
「それから タヌキたちはテヌキ食堂に行って テヌキそばやテヌキうどんを食べるんじゃじゃ丸」

Aさんは
「テヌキそば・・なんじゃじゃ丸それは」

ぼくは
「テヌキそばってのはこんなんじゃじゃ丸

『・・・テヌキ蕎麦の作り方・・・
畑を手に入れて、蕎麦の種をまく。
そして、芽がでたら毎日蕎麦に声をかける・「おいしい蕎麦にな~れ」「お いしいテヌキ蕎麦にな~れ」(笑)・ ・・蕎麦が実ったら収穫し蕎麦を抱っこして脱穀して、石頭ではなく石臼で挽いて蕎麦粉にする・・・それから清冽な湧き水を使って入念にテヌキ蕎麦を打ち、茹で上げる・ツナギはできるだけ少なくするか入れない。
それをタヌキ君の絵柄の入ったドンブ リにいれ・
――マヌケな感じのタヌキ君の絵柄の方がいいか、かっこいいタヌキ君の絵柄の方がいいか、そういった好みは人によって異なるし、同じ人でも時や時 期によっても変わってくるので(質時間回帰なんじゃじゃ丸)、手近かにあるドンブリでいいわけであるが、コリにコッテ自分でそういったタヌキ君の図柄をドンブリにいれると、さらに「テヌキ」蕎麦の 価値が高まるというものかもしれない(テヌキの反対)・・・などというジョーダンをテヌキせずに書くということは、テヌキ蕎麦づくりの精神に反するので、ここは消 しゴムで消しておきたいところである――・
ヘッタクソなジョーダンが入ったので やり直して・・・
それをタヌキ君の絵柄の入ったドンブリにいれ、好みの具類を載せ、好きな スープをかけて、刻み小ネギなどを載 せてできあがり・・・おっと、忘れていた・その前に、海か川に行って魚釣 りをして、ダシ用の魚を釣り上げてお く・それでスープを作る・テヌキ蕎麦 のスープは自分で釣り上げた魚でつく るに限る・・・シロナガスクジラのでっかいのを一匹(一頭より一匹の方が面 白い)釣り上げたら、水族館に寄付しよう(笑)・・・・・・うーん、テヌキをするのも楽じゃない・・・・・ただし、テヌキをすると(実際はその反対なんじゃじゃ丸が)、こういう ふうに笑えるから悪くない・・・』
・・・と こういうことなんじゃじゃ丸」

Aさんは
「がはがはがは~~~
我もそのテヌキそばを食べてみたいなあ・・ヨダレもんじゃないか」

ぼくは
「これもぼくらの美容室で食べられるようにしようか・・ギュウの天丼と同じようにな」

Aさんは
「よっしゃ やったろうぜ」


・・・さて、ややあって、
「・・・さてと、これで、カミキリムシの方は、OKじゃじゃ丸
つぎは、『ニャンコに髪をセットしてもらえる人は人生の達人の師匠でアールス』、
という果てしなく気絶し困るほど非常にヴェリーヴェリーすぐれたコトワザの実現に向かおう」
と、ぼくは声をあげる。

Aさんはまたまた笑い転げる

ぼくも大笑いする


・・・翌日
Aさんがやってくる

ぼくは
「これからニャンコさがしじゃじゃ丸 ブリーダーさんのところがいいか ペットショップがいいか どっちにしようかじゃじゃ丸」

Aさんは
「ペットショップの方がいいんじゃないかなジャジャ丸
なぜかっていうと 美麗で優秀なのが選ばれて ペットショップで面会を待っていると思うからなのさ
ちょっとお札においては厳しいけどな」

ぼくは
「あんたもタンタンタヌキのたまにはいいこと言うなあ そいじゃあ そうしよう」

ぼくもAさんも笑いながらペットショップに向かう


・・・さて ペットショップ近くにて

ぼくは
「近頃のネコの中に 稀ながら 人間がしゃべってるような声をあげるのがいるんだそうジャジャ丸」

Aさんは
「おお 我もネットでそういうネコを見たことがあるぜ~よ 不思議ジャナ丸」

ぼくは
「そういったネコは優秀なんだろうな 人間と接していると たぶん人間のマネをしようとするんじゃじゃ丸」

Aさんは
「そうなんだろうな 寝方‐寝る姿も人間のマネをするのもいるからなぁ」

ぼくは
「うん そうだな」


・・・さてぼくたちは 某ペットショップにはいる

店員さんが現れ ことばを交わす

ぼくたちは別々にネコを見てまわる

いくらか経って ぼくの目にとまったニャンコがいる

目が合うとそのニャンコは微かに”にやっ”と笑ったように見えたではないか

そのネコはヒマラヤンだ

そしてそのニャンコは
「WAREKOSOWA BINYANNKONARI WAREJOSOWA BIYOUSHINARI (我こそは美ニャンコなり 我こそは美容師なり)」
不明瞭ながら そう聴こえるような話し声――これはもう鳴き声なんかじゃない――をあげるではないか

それから
「にゃんにゃん」
と鳴く

ぼくはオロロいて オロオロしながら Aさんをつかまえる

Aさんはそのネコのところにきて
「あんたの言うとおりに聴こえるではないか 不思議なこともあるもんジャジャ丸」

ぼくは
「よっしゃ このニャンコにきーめたっ」

Aさんも
「いったい どこのだれがその決断に反対することができようか ってとこジャナ丸」

ぼくたちは その美ニャンコを家に連れ帰る


・・・さて
ぼくの家に着いた

Aさんは ぼくのアホな計画に乗りまくっているので このところしょっちゅうここに来るようになっている


ぼくは
「さてと このニャンコの名前は 本人が名乗ったように 美ニャンコでいいかな」

美ニャンコが
「ニャーニャー」と反応する

Aさんが笑いだし
「この美ニャンコは人間の言葉がわかるみたいじゃじゃ丸」

ぼくは
「ほんとにそうみたいじゃがいもじゃじゃ丸
ついでに スーパー美ニャンコって名前も贈ってしんぜよう」

美ニャンコは
「ニャーニャー」と鳴く

「やっぱりそうじゃじゃ丸」
とぼくたち二人は手を打って笑う

Aさんは
「とにかく スーパーニャンコであることは間違いないじゃじゃ丸」

ぼくは
「うんうん
さらに人間の心がよめるのかもしれんゾよ
っていうのはなあ 初め おいらがこの美ニャンコを見たとき 美ニャンコはにやけて『我こそは美ニャンコなり 我こそは美容師なり』ってうめいたからなあ あんたも納得したではないか
おいらは何もしゃっべってなかったんだぜ」

Aさんは
「おうおう そうじゃったな丸
ふーむ不思議きわまるニャンコじゃな丸」

美ニャンコは
「にゃんにゃん」とのたまう

Aさんは
「ふーむ フーム」
とうめいている

ぼくは
「おおそれみーよ
美ニャンコは我らの太陽じゃな丸」

Aさんは
「そりゃいったいどんな意味じゃな丸」

ぼくは
「昔のイタリアの歌をよく知ってみれーゼ」

Aさんは
「昔のイタリアの歌は 猫の歌でも歌っていたのかい」

ぼくは
「それはよーく調べてからのお楽しみってことさ」


・・・ややあってぼくは
「そいじゃあ 美ニャンコをお風呂にいれて洗ってやろうじゃじゃ丸」

美ニャンコは
「にゃんにゃん」と反応する

ぼくは微笑んで 美ニャンコをバスルームに連れていく

湯船にお湯を張る

すると 美ニャンコは ニャンニャンと鳴きながら 浴槽のふちに跳び乗って お湯の中にジャッポンと跳びこむではないか

ここは日本だとわかっているような音じゃじゃ丸

美ニャンコはネコかきで泳ぎ始める
ワンコの泳ぎは犬掻きで ニャンコの泳ぎはネコ掻きでアール ということは常識ナリス

ぼくもAさんも アゼーンとして 口をポカーンと開けたまま 美ニャンコを見守る
ぼくはそのとおりだし Aさんをチラッと見たら そう見えたんじゃじゃ丸


・・・美ニャンコがひと泳ぎすんだ頃
ぼくは
「これだけ泳げば もう洗う必要はないじゃじゃ丸」
と呟きながら 美ニャンコを浴槽から抱えだす

Aさんは
「そうじゃじゃ丸
ほんとに賢いニャンコだなあ
やはりスーパーニャンコじゃじゃ丸」

ぼくは美ニャンコを拭きヘアドライヤーをかけながら
「おお ネコ前があがったなあ
でつぎは 爪を整えるんだよ」

Aさんは笑いだす


・・・ぼくが美ニャンコの爪をカットしようとすると 美ニャンコは
「フギャーフギャー」とわめくではないか

何度やってもその有様ナリス

ぼくは
「これこれ美ニャンコよ そんなにカワイイくせして そんなに吼えるとはまったくもって 美ニャンコのイメージがダイナシになるぜよ」

すると美ニャンコは ニャーニャーと言って ケロっと吼えやむ

Aさんが笑いだし
「げんきんキャッシュこの上もないニャンコじゃじゃ丸」

美ニャンコはAさんをチラッと睨んだように見えたけど Aさんは気づかなかったようすだ

ぼくは笑って
「これこれ美ニャンコよ あんたは美容師なんだから 爪をきれいにするのはアタリマエだ君なんだぞ」

すると美ニャンコは またまた「フギャーフンギャー」と吠えだす

「これは困った」
とぼくは呟きながら 思案をめぐらす

「あ そうだ」
とぼくは声をあげる

ニャンルンという ニャンコ用のおやつを取ってくる 美ニャンコ用に買ったものだ

その説明を読んでみる
「このニャンルンを食べると ニャンコはルンルン状態になります
それでニャンルンと名づけたのです
マタタビエキスもたっぷりんこはいってます あはははは
さらに これは人間も食べられるようにつくりました これは人間も食べることができる という意味です これは 人間がこれを食べてもいいという意味です あはははは
それで マタタビは疲労回復にいいと言われています
俗説では 旅をして疲れたはずなのに マタタビを摂ると 元気になって また旅ができる などと言われています
ただし マタタビの語源はアイニシュ語にあるらしいのですが
人間もこれを食べると ルンルン状態になること請け合いです
ニャンコと取り合いになって引っかかれないために 大量に買っておくことをお勧めします あはははは」

ぼくもAさんも大笑いする

美ニャンコも「にゃんにゃん」と愉快そうにしている

ぼくは
「それにしても 時代が変われば こんな解説もでてくるんだなあ あはははは」

Aさんも
「実にコッケイでオモティロイ解説じゃな丸 あはははは」


さて・・・
美ニャンコに『ニャンルン』を食べさせてみる

美ニャンコは夢中になってペロペロ食べる

食べ終わると美ニャンコは「にゃんにゃんにゃにゃん~~~がおー」とルンルン状態になる

確かに説明にあったとおりだ

ぼくは
「それにしても美ニャンコ 『がおー』とまで言ってるぜ」

Aさんは
「ライオンも同じネコ科だからな ライオンのマネをしてるのかもしれんな」

ぼくは
「美ニャンコは超高知能だから ライオンに出会っても打ち負かしてしまうかもな」

Aさんは
「たぶん美ニャンコの勝ちだろうぜ」

ぼくは
「そのはずさ」

Aさんは
「そういえば ライオンもマタタビにはしびれるそうじゃな丸」

ぼくは
「うんうん 同じネコ科だからな
・・・ネコ科の動物が全部そうなのかはしらんけどな」

美ニャンコはぼくたちを見ながら「がおーがおー」と吼えている

ぼくとAさんは大笑いする

ぼくは
「ぼくたちも食べてみよーぜ」
と言って ニャンルンをAさんに手渡す

Aさんは
「どんな味なんだろう」
と言って食べ始める

ぼくも食べる

Aさんは
「うす味だけど 実に美味しいじゃないか」

ぼくは
「うん たしかに美味いな」

Aさんは
「これがニャンコ用の食べ物だなんて 今どきのニャンコは贅沢じゃな丸」

ぼくは
「言えてるぜよ 値もはるしな
・・・おお なんか気分が高揚してきたぞ」

Aさんも
「我もそうじゃな丸」

ぼくは
「美ニャンコよ 美ニャンコ音頭を踊ろうぜよ
夏目漱石の『我輩は猫である』の主人公のネコは『猫じゃ猫じゃ』という踊りを踊るそうじゃじゃ丸
美ニャンコよ 今度読んでみるといいぜよ」

美ニャンコは
「にゃんにゃん」
と歌う

ぼくは
「『♪あそれ にゃんにゃんにゃん 美ニャンコ音頭だほいさっさ
美ニャンコ美ニャンコ踊るのさ
にゃんにゃこ にゃんにゃこ にゃんにゃんにゃん ほれそれ美美美の美ニャンコはうーめの大枝で踊るんだ はーるが来たよとおどるのさ ♪あほれ アホになって踊るのさ
おーおー美ニャンコ美ニャンコよ がおーがおーと踊るんだ』」
と歌いながらヘンテコリンな踊りを踊る

Aさんも笑いながら 奇妙な踊りを披露する

美ニャンコも
「にゃんにゃんがおー にゃんにゃんにゃん~~~がおーがおー」とか歌いながら うしろ脚で立って 踊るではないか


ぼくは
「おお 美ニャンコがゴキゲンだ 今がその時だ うんうん」
と独り言を言って 倉庫に行って 美ニャンコのサイズの直方体の箱を取りだす

戻ってきて その箱をさまざまにカットし始める


美ニャンコがやってきて ぼくの作業を不思議そうに見守る

ぼくは美ニャンコに言い聞かせる
「これは美ニャンコのための 面白いオモチャなんだゾ 美ニャンコが美容師になるためのものでもあるんジャジャ丸」

美ニャンコは にゃんにゃんと歌って
ぼくから離れて
「にゃんにゃんがおー」
と歌いながら また美ニャンコ音頭を踊り始める


・・・さて 箱の細工が済んだ

ぼくはマタタビ‐スプレーを その箱の中に吹きかける

すると美ニャンコがまたやってきて 今度はその箱の中にはいるではないか

すかさずぼくは 美ニャンコの顔にマタタビ‐スプレーを優しく吹きかける
美ニャンコは「にゃんにゃんがおー」と歌う

ぼくは さらにその箱を持ち上げる

すると 美ニャンコの四本の脚は 細工した四つの穴から スポンとでる

その箱をおろす

すると 美ニャンコはその箱にはいったままで 「にゃんにゃんがおー」と歌いながら 歩きまわるではないか

美ニャンコの歩き方がいくらかギコチナイのはいたしかたない なぜなら箱の下とその四つの穴がいくらか脚のジャマになるからだ

それでも美ニャンコは楽しそうに
「にゃんにゃんがおー」
と吼え歌いながら歩きまわる

ぼくは美ニャンコの様子を見守る

美ニャンコはよっぽど喜んでいるように見える

美ニャンコの顔はその箱からいくらかでており シッポはほとんどでている

ぼくは
「どうだい美ニャンコよ オモティロイ‐オモチャじゃな丸」

美ニャンコは
「にゃんにゃんがおー」と高らかに歌い 歩きまわる

その様子は こっちをも楽しくさせる 

ぼくはさっき持ってきた板を 肘掛のついた椅子の肘掛に載せる

その板の幅は小さめなんだ

それから箱入り美ニャンコを持ってきて その板の上に載せる

美ニャンコはあいかわらずゴキゲンで歌っている

ぼくは
「今だ」
と呟きながら 美ニャンコの爪をサッサとカットする

それから爪用のヤスリをかける

ぼくは
「美ニャンコよ ネコ前があがったゾよ これで あんたは美容師じゃな丸」
と美ニャンコに言い聞かせ 箱ごと美ニャンコを床におろす

美ニャンコは
「にゃんにゃんがおー」
と歌いながら ふたたび歩きまわる

爪をカットしたから さっきよりさらに歩きにくそうではあるけど
美ニャンコはゴキゲンな様子で歩きまわる「にゃんにゃんがおー」と歌いながら


Aさんは
「やっとかっと カットできたな丸」

ぼくは
「やっとかっとてのは どこかの方言で やっと っていう意味じゃな丸」

Aさんは
「そうじゃじゃ丸
このばあいピッタリンコの言葉じゃじゃ丸」

ぼくは
「うんうん そうじゃな丸
・・・さて 美容師‐美ニャンコの誕生だゼよ
お祝いをやろうじゃじゃ丸」

ぼくは冷凍庫からケーキを取りだし デンコにかける
デンコっていうのは 電子レンジのことだ
レンチンとかチンするとか言うけど 電子をデンコって呼ぶのもおもしろい
デンコっていう言葉は3っつぐらいあるようだけど それらはまったく一般的ではないので 電子レンジをデンコと略して呼ぶのは短くていいんじゃないかな
レンチンする が デンコする に化けるってことナリサ

ぼくは解凍したケーキをもって 美ニャンコとAさんのところに戻る

ぼくは
「デンコしてきたゼよ」
といって デンコの意味を解説する

Aさんは大笑いして
「たしかに短くてオモティロイ表現じゃな丸 その発音はコッケイだしな」

ぼくは
「初期の電子レンジは 電子制御じゃなくて タイマーは現在でもオーブントースターなんかに使われているやつで 時間がきたらチーンと鳴ってたそうじゃな丸」

Aさんは
「ふんふん
そこからチーンするとか レンチンするとかいう言葉が生まれたんじゃろうジャジャ丸
レンチンのレンは電子レンジの略じゃな丸」

ぼくは
「そういうところじゃな丸。
それに チンチンチンなど言うと タンタンタヌキがでてきてブーラブラをやりそうじゃな丸」

Aさんは
「わははは」

ぼくは
「ところで チンチン電車ってのがあるな」

Aさんは
「市街地を走る路面電車じゃな丸」

ぼくは
「うん それなんじゃじゃ丸」

Aさんは
「近頃は減ってるみたいなんじゃがいもじゃじゃ丸」

ぼくは
「うんうん
ところで なんでチンチン電車っていうのか知ってるかい」

Aさんは
「発車とかその他の合図に 車掌さんが 鐘をチンチンと鳴らすところからきてるんじゃろうす」

ぼくは
「そうらしいな
そこでな さっきのさっきのさっきの タンタンタヌキの物語りをもってくると 
電車の中で タヌキがブーラブラをやってるのでアール としたらオモティロイではないか」

Aさんは
「あははは
ついでにそんな電車が あのキンタマーニ高原を走っているとすれば 夢があっていいではないか」

二人とも大笑いになる

美ニャンコは
「にゃんにゃんがおー」
と気炎をあげている
なんか笑っているように聞こえる

ぼくは
「話し戻って・・・それにしても これからは特に電子制御装置は壊れやすくなるだろうジャジャ丸」

Aさんは
「我もそう思うジャジャ丸
いろんな原因‐要因でそうなるジャジャ丸」


さて・・・
美ニャンコは ケーキを見て
「にゃんにゃんがおー」
と喜んでいるようすだ

Aさんは
「美ニャンコがこんなケーキを食べるかな・・言い換えると 美ニャンコにケーキの美味しさがわかるのかな」

美ニャンコはチラッとAさんを睨んだように見えたけど Aさんは気づかなかったようすだ

・・・さて・・ぼくは
「こうやるのさ」と言って ケーキにニャンルンを10個ほどかける

Aさんは「にゃーるへそ」と言って笑う

美ニャンコは
「にゃんにゃんがおー」
と歌いながら ケーキに近づく

「さて美ニャンコよ もうその箱から出た方がいいんじゃないかな」
と言いながら 美ニャンコを箱からだす

美ニャンコはちょっと不満そうな感じだけど 文句を言わない

それから
「美ニャンコよ あんたが美容師になれる時がきたんだゼよ」と言いながら
ぼくはそのケーキを適当にいくつにも切り分ける

3人の前にそれぞれ皿を置き そこに切り分けたケーキを置く。

ぼくは
「さあ 食べようぜ。美ニャンコが美容師になったお祝いジャジャ丸」

美ニャンコは真っ先にケーキを食べる。

あっという間に美ニャンコは自分のケーキを食べ終わる。

すると 美ニャンコは Aさんのケーキを襲って食べるではないか。

これは見てるとコッケイ極まりないのでアール。

Aさんは
「これこれ美ニャンコよ なんで我の分まで食べるんじゃジャ丸」

ぼくは
「たぶんこれは さっきあんたが 『美ニャンコにケーキの美味しさがわかるのかな』 と言ったお返しなんだろうジャジャ丸 美ニャンコには言葉がわかるらしいし その時美ニャンコはチラットあんたを睨んだようだったゼよ」

Aさんは
「こりゃあまいった なるほどな 美ニャンコは言葉もわかるようだし 人間の心もよめるようだからな」

ぼくは
「うんうん あんたが 前に 『げんきんキャッシュこの上もないニャンコじゃじゃ丸』と言った時も 美ニャンコはチラットあんたを睨んでいたように見えたジャジャ丸」

Aさんは
「ふーむ やっぱり美ニャンコはスーパーニャンコじゃな丸」


・・・さて みんな ケーキを食べ終えた
美ニャンコが一番たくさん食べたようだ

ぼくは
「美ニャンコは大食らいニャンコじゃな丸 頼もしいゼよ」

美ニャンコは にゃんにゃんがおー と歌う


ぼくは
「美ニャンコが美容師になれるのを祝って さらにこれから美ニャンコ祭りをはじめようじゃじゃ丸」

美ニャンコは にゃんにゃんがおー と歌いながら踊りだす

ぼくは
「♪ 美ニャンコ美ニャンコにゃんじゃらりーん 美ニャンコ祭りだほいさっさ
ほれほれ美ニャンコ踊るのさ 美ニャンコ美容師なんじゃらりーん~~♪」
などと歌いながら美ニャンコといっしょに踊る

Aさんも浮かれて踊りだす

この様子を誰かが見ていたら 吹き出すに違いない


(この作品は、おそろしく書くのが難しい。
あとからあとから加筆しまくっているのでアールスが、こんなのは初めてナリス。
以前書いた作品のほとんどは、書きなぐりの一発書きか(読み返すのがメンド草なので読み返さないことがほとんど)、書いたあと、あそこはこうしよう とか ここはこうしよう とか思いついて ちょっと加筆するか手をいれるか という程度だった。
この作品は・・いやはや メンド草のマックスナリス こんなに変でおかしな作品だと 知識sがあっても即座には それら知識sを有機的に織り込むことができない ということなんだろう・・・
・・・さらにおまけに こんな下品なのは書かないほうがいい とも思ったりしたのでアールス)


(今回はアチコチに加筆したナリ ス)



・・・つづく鴨duck・・・(と、怒鳴るどダック…JK…)・・・




・・・おふざけコトワザ2プラス・・


「わんこは人間を躾ける・教育する」

・・・わんこは、人間に運動をさせるために自ら散歩に付き合うのでアール。
この連れ合いが運動不足になったらイカンとわんこは思っているので自ら散歩に付き合うのでアールス。

・・道を歩いていると、そういったシーンを目にすることがあるが、その様子はまさに、わんこが連れ合いを散歩させている、これナリス。




・・・おふざけコトワザ・・

カミキリムシに髪をカットしてもらえる人は人生の達人でアール。

・・・ついでに・・
ニャンコに髪をセットしてもらえる人は人生の達人の師匠でアールス。

(これを読んで笑う人も笑わない人も人生の達人ナリス)



(上略)


メンド草草なので、テヌキして・・・


過去に記した「「ミネラルs」の驚くべき 働き」、の項に、「物質s」も入れる。


過去に書いた「知性体の存在の根拠・証 拠s」に、「多重人格の存在」(解離 性同一性障害をもつ人の存在・・昔は 、多重人格障害といわれた)を入れる 。

・・・付記・・そういった複数の人格sが現れる人に おいては、それら人格sの間には、記 憶・感情・性質などの一貫性はない。

ということはつまり、脳だけの働きだ けでは、そういう実態は決して起こら ないという結論に至る。

知性体sの存在があるので、そういう 実態が起こる、ということになる。

(人には心器がある。その心器があの 世に移行した存在を知性体と呼ぶ。現 存の心器も、そういった事象を起こせ る可能性はある)

加えて、記憶には知性体と心器が大き くかかわっていることもそこからわか る。


付記・・・
巫女さんにもそういうことを起こせる 人がいる。



加筆文章

過去に書いた文章のどこかにこれを挿入(これにつ いても詳細に既述しているが、ここで は、それを簡略に記そう・・既述して いる文章sを探し出して挿入するとい うこと)・・

「生体を生み出す遺伝の系の構成要素 s~遺伝子関連の系の構成要素s(主 に、DNAを構成する核酸s、RNA を構成する核酸s、など)」
のもつ情報はきわめて少ない。

一方、「タンパク質など(情報発受信 物質s)」のもつ情報は、きわめて多 い。

以上も、「タトエとしての水蒸気の存 在する『知性的空間』にある知性的な 存在が、そういう性質をもたせたとし か考えられない。
そこには、遥かなる過去からの情報や 知性的な存在sがかかわっているだろ う(これについても詳細にさまざま論 じて既述している)。

(・・・以上を過去に書いた文章のどこかに織り込むことは 、メンド草の大草原なのでアールス・ ・しかし、既述しているセクションs~チャプターs(文章)に、本論s(心脳科学、質の科学、世界哲学)に必要な内容はすべて記してあるナリス・ ・ただ、つながりをもたせてないだけなのでアールス・・・
・・・ああ、メンド草草メンド草・・・
・・・こういうことを書くと、あの古代ギリシャの哲学者で、メンドロクサという人物が現れてメンド草の泥沼にはまることになるかもしれないのでさっさとこれで切り上げよう)・・・




・・・駄文・・・

秋の日に

秋の日に 秋の日は いずこともなくさまよい 空は高く 宙は澄み 知性の満ちた宇宙に なにがあるのか惑う そんな秋の日は やがて冬に向かう そしてそのあといわずと知れた・・・・




加筆して全部載せるのはメンド草杉るので、要点だけを載せよう・・・

既存の論において、「進化においては、さまざまな枝分かれがあるが、幹になる生物があって、それが、次世代の主流をなす生物に進化していく」となっている。

その上で、筆者は詳細にさまざまな論考を独自に既述してきている。

そこにおいて、発想した、
「進化における「幹になる生物」と「幹細胞」は似ている」ということを。

そこから、進化における論考をさらに発展させることができるのかもしれない。

たとえば、遺伝情報における「種という枠組み」についての遺伝情報はどうなっているのか、という課題の追究にそれは役立つのかもしれない、といったふうに。



・・・・・

・・・雑感・・・
ヴィトゲンシュタインという哲学者が書いたといわれている「語りえないことには、沈黙しなくてはならない」といった文言があるが(記憶によれば)、そんなわかりきったことを、アホにカッコつけた文で書くとは、馬と鹿の二頭立ての乗り物を連想するではないか・・・

(ただし、彼は、ある種の哲学者sや、ある種の学者sへの皮肉を述べたのかもしれない、とは思うが)

で、そこを追究していくのが研究者という存在だと思う。
それを、そんなアホでアサハカな考えで放棄するとは、アキラメがよすぎて、そんな人物は馬と鹿の二頭立ての馬車に乗っているかのようだ。

・・・(自慢じゃないが、いや自慢なんだが、いやいや、自慢とかなんとかを跳びこえて・・・ここの文言は削除した方がいい・・・)、筆者は、そういった難問sに挑戦して追究してきており、そこらをネット上にも載せてきている・・・(これは自画自ー賛になるが・・・この文言も削除した方がいい)・・・



・・・おふざけ話2・ポンカン猿物語・・・


今をサルこと2000年以上
さる国のさる所に
さるサルが住んでいたそうナリス

そのサルは賢いと言われていたそうナリ

そのサルは毎日のように酔っ払っていたス

そのサルは毎日 ポンカンの樹に登って ポンカンを集めて ポンカン以外の樹のウロに入れてつぶすのであったス

そこはポンカン山と呼ばれていたス

日時がたつと そのポンカンは発酵してサル酒になったス

そのサルは そういうことで 毎日サル酒を飲んでいたナリサ

「ポンカン山のサル君は 10杯飲んで酔っ払って 跳んだり跳ねたりワッハッハ

それを見ていたカメ君は サル君にマラソンレースを挑むナリサ」

ということで そこでは毎日 カメ君とサル君のレースが見られたそうナリス

麓の人たちは そのサルをポンカンザルと呼び ポンカンザルとモノズキガメのマラソンレースを見て楽しんでいたそうナリス


・・・ところで そのレースsの勝敗は・・・これを書いている者も知らないのでアールス・・・




・・・今回は(も)おふざけ話しを書くナリス・・・



昔か未来か知らないナリスが あるところにポカンアーレという人物がいたそうなのでアール

そのポカンアーレさんの家の庭には ニワトリが二羽 ではなくて
オレンジの樹木が何本も植えられていたのでアール


オレンジの収穫時期ともなると ポカンアーレさんは そのオレンジsで オレンジジュースをつくって 近所の人たちを招いて ごちそうし

「どうじゃ オレンチのオレンジジュースはうまいじゃじゃじゃろうす」
と自慢することを趣味としていたのでアール

招待された人たちは

「オイティー」
「ウマイ」
「スバラシイ」
と賞賛するナリサ

「ウメー メーメーメー」
と声をあげるのはヤギかヒツジ‐ナリサ

(ヤギとヒツジがなんと声をあげるのかは この書き手は よくは知らないナリス)

ヤギもヒツジもそういったジュースが大好きなのでアール(といことにするナリサ)




・・・溶けない・栄養源・・・

サプリの錠剤やキャップレットなど、一晩水につけておいても溶けないのがある(たぶん多いだろう)。
胃腸においては、条件が違ってくるが、それにしてもおかしいと思う。
チュアブルが一番いいと思う。
タイムドリリースなども、想定したようにはいかないと思う(吸収されず大便の中にくるまって、排出されるのが多そうである)。
ミネラルsのタイムドリリースには海草sがいいのではないだろうか。
巻き寿司などの海苔は、ビタミンsとミネラルsが奇跡的に多く含まれており(乾燥という点を除いても)、栄養源として優れていると思う。緑茶の葉っぱもかなりそうである(ただしビタミンB12を含んでないかもしれないが・・総じて植物質のものはそうである)。




・・・以下これは、ネット上に何度も記したことなのでアールスが・・・
「ほとんどのことにおいて、人によって異なる、同じ人でも時や時期によって違ってくる」
という事実は留意すべく非常に大切なことだと思うナリス・・・




・・・さて、今回はいつもの研究・探索(質の科学、心脳科学、世界哲学の研究)に戻ってみよう・・・


・・・加筆した・・・


「美」の起源について考えてみると・・・人間は、なぜ対象を美しいと感じるのか、なぜ美しくないと感じるのか(興奮をも含めて)・・・そこにおいて、人間は、手を加えられてない自然のほとんどを美しいと感じるという実態がある・・・、
・・さらに、言葉・文法の実態の起源(なぜ、人間は言葉をしゃべれ、文法が備わっているのか)とか、
・・なぜ男と女は惹かれあっていろいろさまざまあるのか(詳しく記すと恥ずかしい)(質時間回帰や反発もすごいのであるが・・これについてもさまざまの考察を記している)(これにはホルモンが大きく関係している・・それについては既述している)、
そういった実態が起こるのは、タンパク質などの情報発受信物質が主に関係しているだろう・・それ以外にはありえない(詳細に既述している)・・・


・・・ただし、育った環境と「その人の心器」もいくらか関係しているだろう・・・


以上を、ネット上に詳細に既述している論sと併せて考えるのでアールス・・・


・・で、美を感じる人間の感受性と、それら美の対象となる存在sを分けて考えることになるのでアール・・・
たとえば、男sが「あの女性は美人だ」「あの女性はかわいい」と感じたとして、それらの感受性と、対象になる女性たちを分けて考える、ということナリス・・・
ここにも不思議が詰まっているナリサ・・・
(どう考えても、そこには、タンパク質などの情報発受信物質がかかわっているとしか思えない)・・・

・・・で、以上に関連することとして・・・
「昔、モーツアルトの曲の演奏を初めて聴いたアラブ人たちが笑いだした」、というエピソードをつけ加えておこう・・・
それは楽しかったからだとは思えない・・・
それが自分たちの音楽とかけ離れているので、わけがわからなかったから、と解釈するのが妥当だろう・・・
笑いについて詳細に既述しているように、彼らの心の中で、ふたつの系の情報s(このばあいは、音楽)が干渉をおこして、「うなり」を生じ、笑いが発生した、と解釈するしかないだろう・・・
ここには、育った環境と心器が大きくかかわっている、と言える・・・


・・・以上、メンド草なので、個条書き的に記した・・・


・・それらを総合して考えると、既述しているように、
タトエとしての水蒸気にそれらを実現する知性的な存在がある(あった)としか思われない・・それが、(宇宙の在り方をも含めて・・詳細に既述)、
遺伝を通じてのタンパク質などの情報発受信物質を形作ったのだろう・・遺伝子体系はそこからきているはずだ(ほかに在り様がない・・詳細に既述)・・・



・・・つづく鴨duck・・・(と、怒鳴 るどダック…JK…)・・・)



テンプラの語源を考えてみよう・・面白半分に・・


近頃、なにもかにもにウンザリしていてメンド草草でウンザリ蟹しているので、ネット上に載せることが少なくなっているのでアールス。

ここで脱線するナリサ・・
ちなみに、ウンザリ蟹とは、ウミザリガニのことであって、ロブスターのことなのでアール。

ロブスターはウミザリガニとも呼ばれる・・見た目がザリガニそっくりナリサ・・

で、ウミザリガニは、ウンザリガニともいえるのでアール。

むかし、うんのじゅうざ・・海野十三という作家がいて、海野十三を、うんのじゅうざ、と読ませているのでアールス・・彼はオモティロイ小説を書いた人物なのでアールス。

日本語では、そういった発音の変化は、朝飯前にして昼飯前にして晩飯前なのでアール。

(さて、今夜の晩飯はなんにしようか・・)

ということで、近頃、なにもかにもにウンザリガニしていて、メンド草草なのでアールスが、時々は、ネットになにか載せようと思うナリス・・

・・・ということでこれを書き始めたのでアールス・・・


・・・さて、テンプラ・・天麩羅の語源ナリスが・・

いろんな文献sによると・・・、
テンプラの語源は、ポルトガル語(斎日、調味料、料理、寺院)か、スペイン語(寺院)などのいくつかの単語sの中のどれかから来ているのかもしれないが定説はない、のだそうだ。

江戸後期まで、テンプラは知られてなかった、と、みなせるそうだ。

で、江戸時代の作家さんたちの著作sの中に、
テンプラの語源として、自分とその関係者が名づけた、というような記述があるそうだ。

それから、近松門左衛門は、その作品の中で、テンプラという言葉を用いているそうだ。

さらに、江戸時代に、テンプラリという料理もあった、と記録されているそうだ。

・・・さて、そこで、テンプラの語源を面白半分に考えてみよう・・・という話しなのでアールスが・・・

テンプラを作るとき、鍋に油を入れ、熱するのである。

さて、ここで、宅配便などの荷物において、「天地無用」という書き込みがある、ということを取り上げてみよう。

「天地無用」という言葉は、「上と下をひっくり返さないように」、という意味なんだそうだが、筆者は、「ひっくり返してもいいよ」という意味にまずはとってしまう。

「天地無用」という言葉は、「さかさまにしては、用をなさない」という意味なんだそうだが、そんな誤解を招く表現を考えた人物はバカの類としか思えない・・・「さかさまにしたら」という文言がはいっていないではないか・・・

バカの見本である筆者が、カン違いするのであるから。

筆者なら、「天地有用」と書く。


・・・さてそこで、
テンプラを揚げるときのことを考えてみよう。

てんぷら用の鍋に油が入っており、加熱されている、としよう。

調理の準備はすべて整っているとする。

で、その鍋にはいっている油の上の方を天と呼ぼう。

(下の方は地である)。

で、入れるだけにしてある、たとえば、エビをいくつか入れたとする。

さて、ニューヨークしているエビたちは、どんな音をたてるだろうか。

「プラプラプラ」という音の表現がいちばんしっくりくるかもしれない。

それからエビたちはどんな動きをするだろうか。

「フラフラ、フラダンス、フラフラ、フラメンコ」といったところだろうか。

「フラフラ」を「プラプラ」としても不自然ではないでせふ。

・・・ということで、テンプラ鍋の油の天(上)の方で、エビたちは、「プラプラ」と音をたて(油との相互作用で、だが)、「プラプラ」とダンスをする、という描写が成り立つのでアールス。

そこから、必然的に、「天プラ」と名づけられるナリサ・・・


・・・たまにはこういったオフザケもわるくないジャロウス・・・




(かなり前ネット上に載せた雑文・書きなぐりの加筆再掲・プラスα)



・・・幻想世界協奏曲・ファンタジア-ファンタジカ・・・



ぼくの記憶の遥かかなたに

広大な神秘の世界への扉がある

ぼくはそこまで行く

その扉はいくらか透き通っている

虹色の扉だ

でも その世界の中は見えない

その扉を開けてみたい

その広大な神秘の世界の中にはいって 中を巡ってみたい

でも その扉の鍵が見つからない

ぼくは困ってしまう

その扉の前で立ち往生するしかない

そこで ぼくはその扉の前に座り込んだ

そのうちいつしかぼくは眠ってしまったようだ

夢の中なのか 現実なのかわからないけれど

麗しい女性が現れて ぼくに小さな箱を手渡してくれる

ぼくはその小箱を ポケットにいれる

その女性は にっこりとほほ笑み それから遠くへと離れていき やがて見えなくなった

どれくらい時が過ぎたのだろうか

ぼくはまだ その扉の前にいることに気づいた

ポケットの中をさぐると その小箱はある

ぼくはその小箱を開けてみる

中にシャレた鍵がはいっている

その鍵をその扉にある鍵穴のようなところにいれてみる

鍵を回す

カチっと音がして錠前がはずれたようだ

その扉がゆるんだ

ぼくは扉を開けようとする

その扉はキーと音がしてなんなく開く

扉が開かれる

そこにはジャングルのような密林のような自然が横たわっている

ぼくは中に踏み込む

ぼくは密林の中を進む

木樹が生い茂っている

太陽の光は地面にまでは少ししか届かない

だからなんだろう 地面に生えている植物は少ない

それでも 少ないけれど 今まで見たことのない植物たちが生えており 美麗な花ばなを咲かせている

いろんな昆虫たちもいる

どれもこれも初めて見る昆虫たちだ

カラフルで斬新な形をしている

ヘビもでてくる でも襲ってくるようすはない

小さなリスのような動物たちもいる

ぼくはさらに進む

薄暗い所で光るキノコやコケ類に目がとまる

ホタルのような昆虫たちもでてきて光を放ちながら乱舞する

さらに進んでいく

ようやく密林をでることができた

そこには超大昔にいたと思われる植物たちが生えている

湖もある

その湖の水の中を見ると 不思議な形と色彩をもつさまざまな生き物たちがいる

泳いでいる生き物たちもいる

地質年代と相対年代はいくつにも区切られているけれど 全部まとめて超大昔と呼ぼう

超大昔にいた生き物たちをぼくは目の当たりにしている

いや ぼくにとって今現在それらは存在しているではないか

ぼくは不思議な感覚に捉えられ 自分は飛べるのではないか と思うに至る

すると ぼくはいつしか 上空から地上を見渡している

眼下にベージュ色で石造りの建物たちが見える

それら建物たちはかなり高い建築物である

感じとして まさに古代都市といったところだ

そのうち古代都市のはずれあたりにきたようだ

なにげなく横を見ると ぼくにあの扉の鍵をくれた あの女性が僕と並んで飛んでいるではないか

彼女には背中に白い翼があるではないか

彼女は「あなたにも翼があるわよ」と言う

ぼくは驚いて背中の方を見る

たしかに白い翼があるではないか

彼女は「あなたが疲れた時のために 仲良しのイルカを連れてきたのよ」とのたまう

あたりを見回すと 翼をもった白いイルカがいるではないか

イルカ君はゆうゆうと飛んでいる

ためしにイルカ君の背に乗ってみると イルカ君はうれしそうな声をあげる

イルカ君の背中は居心地がいい

でもぼくは 疲れるまでは自分で飛ぶことにする
イルカ君の背中を離れる

古代都市を通り過ぎる

やがて眼下に恐竜たちが見えてくる

恐竜たちは争っているようだ

翼竜が空を飛んでいる

始祖鳥もでてくる

そこを通り過ぎると
やがて眼下に非常に多くの人々が戦争をやっているらしい光景が広がってくる

ぼくは彼女に言う「ここはさっさと通り抜けよう」

「そうね」彼女もそれに賛成する

やがて眼下に古代の村落たちが見えてくる

そこの人々は 狩猟をしたり採集をしたり 川で漁業をやっているように見える

やがて深紅な太陽が地平線に没する頃合いになる

夕映えが美しい

すべてが オレンジ色が加わったような紅色に染まる

やがて夜になる

天空には天の川が横たわっている

素晴らしい眺めだ

ややあって 夥しい数の流星が降ってくる

その数や見当もつかない

流星雨とはこのことだ

流星雨に見とれていると 驚くことには 
ぼくたちはいつしか地球を離れているではないか

でもちゃんと呼吸はできる

ぼくたちは大宇宙を進んでいく

さまざまな星たちが見えてきては通り過ぎていく

なんという壮観さなんだ

超絶な大パノラマだ

永い時間が過ぎる

「ここが大宇宙の果てよ」と彼女が言う

「大宇宙の果てだって? 」とぼくは驚く

「そう 大宇宙の断崖絶壁ともいうのよ」と彼女はこたえる

「大宇宙の断崖絶壁? それって一体何なのかなあ」とぼくは返す

「今にわかるわよ」と彼女は興奮気味に言う

どこからともなく音楽が聞こえてくる

シンセサイザーのような音色の壮大な音楽だ

しばし聞きほれていると
「ほら あそこが大宇宙の断崖絶壁なのよ」と彼女が言う

何でできているのか全くわからないけれど 確かに途轍もない大きさと長さの断崖絶壁のように見える

見ていると 数知れない星たちが惑星たちとともに 断崖絶壁から落ちていくではないか

落ちていく下の方までは見えないけれど 確かに数知れないそれらは落ちていく

「これってどういうことなんだい? 」とぼくは興奮して声をあげる

「ここが大宇宙の果てなんだから こうなるのよ」と彼女も興奮気味にこたえる

「なるほど 大宇宙の果てなのか
それで落ちていく無数の星たちはどうなるんだい? 数知れない惑星たちも一緒に落ちていくけど」とぼくは興奮を隠せない

「それはもうどうしようもないことなの
それらの星たちは この大宇宙にいられなくなるんだから ……うーん それ以上はわからないわね」と彼女はこたえる

「あの無数の星たちは惑星たちとともにスクラップになるってことかな? 」とぼくは急いたように訊きかえす

「さあ どうなのかしら わたしそれ以上は知らないのよ ……ほんとに知らないの 知らないほうがよさそうね」と彼女は苦しそうにこたえる

しばしぼくたちは大宇宙の果ての超絶なパノラマを見つづける

シンセサイザーのような音色の壮大な音楽は未だ響き続けている

それからややあって「さてと そろそろ帰ろうか」とぼくは彼女に言う

「それがよさそうね」と彼女は同意する

ぼくたちは今来たコースを逆に辿り帰りつつある

途中でイルカ君の背中に乗ってみる

イルカ君はうれしそうな声をあげる

「ありがとうイルカ君」と言ってぼくはその背中をなでる

ぼくはイルカ君の背中を離れる

イルカ君はいつしかどこかに行ってしまう

ようやくぼくと彼女は この広大な神秘の世界への扉があるところまでに至る

「永い不思議な旅だったわね」と彼女が感無量なようすでつぶやく

「まったくそうだね どこもかしこも興奮ものだったよ なかでも大宇宙の果ての超絶なパノラマが頭から離れないなあ」とぼくは声をあげる

「あそこは特に強烈だったわね」と彼女も興奮気味に言う

いつの間にか二人の翼は消えている

ついにぼくたちは この広大な神秘の世界への扉に至る

その扉を開けて外にでる

ぼくはポケットから鍵をとりだし扉に鍵をかける

ぼくはその鍵を小箱にいれ「これ 返すよ」と彼女に返そうとする

彼女は「あなたがもっていなさいね」と言う

それでぼくはその小箱をポケットに戻す

扉をでると彼女はぼくから離れていく

そしていつしか彼女は見えなくなる

ぼくはため息をついて 自分の住居に帰ることにする

自分の家に帰り着く

「なんという不思議な経験をしたもんだろう」とぼくは呟きながら中にはいる

「夢だったんじゃないだろうか」と言いながら ぼくはポケットをさぐる

小箱はちゃんとある

振るとコトコト音がする

小箱を開けてみると ちゃんと あの鍵がはいっている

「ふーむ 夢じゃなかったんだなあ」
と、ぼくは神秘の念にうたれる

ぼくは一人でここに住んでいる

おなかがすいている

「もう夜だし 外出もめんどうだし なんかかんたんな夕食をつくろう」とぼくは独り言を言う

一人で住んでいると 独り言を言った方がいろんな意味でいいようだ

夕食をつくろうとすると
玄関のチャイムが鳴る

でてみると あの鍵をくれて不思議な旅を一緒にしたあの女性ではないか

彼女は大きく膨らんだレジ袋を提げている

驚いてぼくは
「あれ 君 よくここがわかったね それにしても今日の旅は神秘的だったね」

「そうね まったく不思議な旅だったわね」と彼女は微笑む

ぼくは
「君は今日の旅のことを計画していたとしか思えないんだけど」

彼女は
「うふふふ それについてはこれからだんだんわかってくるわよ
さあ とにかくあなたの夕食 いや 私たちの夕食をつくりましょう 中にはいるわよ」
と言って はいってくる

「今までの経緯から 君とぼくは他人どうしだとは思えないなあ ぼくは一人暮らしだから 助かるよ」
と歓迎する

彼女はテーブルに食材をならべる

「一緒に料理しましょう あなたに料理のコツを教えてあげる」
と彼女はうれしそうに言う

一緒に料理しながら
「君とぼくはよっぽど なんというか 深いつながりがありそうだなあ」
とぼくはしみじみと言う

「そうかもね 運命の赤い糸っていう表現もあるしね」
と彼女はこたえる

「じゃあ 君もホントのところは知らないの? 」
とぼくはたたみかける

「知らないのよ 神ですら知らないはずよ」
と彼女は手を動かしながら言う

「神ですら知らない? うーん それじゃあ運命ってとこかな? 」
とぼくも手を動かしながら問いかける

「運命って百パーセント決まってるわけじゃないのよ 選択と決断の余地が大きくあるのよ 質時間回帰っていう法則の実態はあるけどね」
と彼女は言う

「質時間回帰だって もっとカンタンに説明してくれないかなあ」
とぼくはこたえる

「カンタンに言えば ある体験をしたら将来必ずそれとは正反対の体験を同じ量経験するってことね」
と彼女は料理の味見をしながら言う

「ふーん そういうことか」
とぼくは飲み物を並べながら言う

「それから 転生はあるのよ 転生は永遠につづいていくの でもね自殺はこの世界の法則の実態によって禁じられているのよ」
と彼女は料理をうつわによそいながら言う

「自殺はこの世界の法則の実態によって禁じられているって 一体どういうこと? 」
とぼくは訊きかえす

「カンタンに言えば、あとでもの凄く苦しむことになるってことね……自殺って自分をそうするわけだから……質時間回帰によってあとで大変苦しいことになるの……過激な言葉は今は使いたくないから この程度の答えで満足してね いつか詳しく教えてあげてもいいわよ」
と彼女は困ったような様子でこたえる

「だいたいわかったよ……質時間回帰っていいところもあるけど 怖いところもあるんだね」
とぼくはちょっと沈んだように言う

「そうそう そういうことね……体験プラスマイナスゼロ化の法則といってもいいし 体験元戻りの法則といってもいいし 万人平等化の法則といってもいいわね……質時間回帰則についての表現はほかにもいくつもあるの」
と彼女は饒舌になる

「ますますよくわかったよ…… それにしてもはらへったなあ」
とぼくは よそわれた中のチーズをつまんで口にいれる

「あらあら お行儀がわるいこと」
と言って彼女は笑いだす

ぼくも一緒になって笑う

晩餐を始めようということになって 二人は飲んだり食べたりし始める

「それにしても 大宇宙の果てのあのスペクタクルはもの凄かったなあ」
とぼくは思いだしながら言う

「そうね あたしもビビっちゃったなあ」
と彼女も思いだしている様子だ

「あの断崖絶壁から落ちていく あれら夥しい数の星たちと惑星たちと 惑星たちに棲息している生物たちは いったいどうなるのかなあ」 
とぼくは あの時思ったことを口にする

「あの時答えたとおりよ あたしも知らないの」
と彼女は声をあげる

「質時間回帰則の実態と関係があるのかもね」
とぼくはさっき聞いた話しをもちこむ

「うーん そうかもね……よくわからないけれど」
と彼女はこたえてロゼワインを飲みほす

ぼくも赤ワインを口にする

「さっきの質時間回帰の話しなんだけどさ それってある意味カルマに似てないかな? 」
とぼくは問いをはっする

「そうね かなり似てるわね だから質時間回帰則を科学的カルマって言ってもいいのかもね」
と彼女はうけあう

「ところでさ あの不思議な世界のことなんだけど あれは『ぼくの記憶の遥かかなたに広大な神秘の世界への扉がある』ってことで 夢遊病者みたいにぼくはあそこに導かれたんだけど そこに君がやってきて ぼくにその扉の鍵をくれて 君はどこかに行ってしまって ぼくはあの世界の扉を開いて 中を巡っていると いつの間にか君とイルカ君が現れたよね そんなことはまるで夢の中の世界みたいなんだけど いったいどうなってるのかなあ」
とぼくは戸惑いながら問う

「その気持ちよくわかるけれど あなたは今もあの鍵をもっているし あたしはちゃんと 今ここにいるでしょ だからそれって現実なのよ」
と彼女は微笑みながらこたえる

「うんそうだね でもさ 君はまるでぼくの心がよめるように見えるし ぼくのここの居場所まで知っているし そこのとこいったいどうなってるのかなあ」
とぼくは謎を解きたくて訊く

「あははは あなたがそう思うのはムリないわね それについてもだんだんわかってくるはずよ」
と彼女は余裕をもったふうでこたえる

そんなふうにして 晩餐は終わり 彼女は帰っていく

次の日にも夕刻 彼女は膨らんだレジ袋をもってやってくる

ぼくは玄関のドアを開け 彼女を迎えいれる

「昨日は楽しかったよ 今日も晩餐だね」
とぼくは言う

「あたしも楽しかった また一緒に料理をつくりましょ」
と彼女も言う

そうやって晩餐を整え やがてぼくたちは昨日のように飲んだり食べたりをし始める

「ところでさ
君は昨日『運命って百パーセント決まってるわけじゃない 選択と決断の余地が大きくある 質時間回帰っていう法則の実態はあるけど』って言ったけどさ その選択と決断の余地はどこからでてくるのかなあ」
とぼくは暖めておいた問いを発する

「そうね それは自由意思からなのよ」
と彼女はこたえる

「なるほど 自由意思ってあるわけなんだね」
とぼくは言って
「もう少し詳しく説明してほしいな」

「そうね 人間って 普段は習慣や慣習や興味に従って生きていくことがほとんどなんだけど 重要な決断をするべき時には いろんな情報を集め 誰かに相談したりしながら よくよく検討して決断するでしょ
そこに自由イシ……『イシ』っていうのは 『心で思う』というのと『心の志し』っていうのがあるけど……そこに自由イシがあるわけ」
と彼女はこたえる

「なるほど 新しい何かをつくったり 新しい研究をするにも 自由イシが働きそうだね」
とぼくはかえす

「そうね まったくそのとおりだと思う」
と彼女は同意する

「ところでさ 偶然はどうなんだい 偶然って言えば 自由イシにも運命にも関係なさそうだけど 偶然についてはどう考えればいいのかなあ」
とぼくは前まえから気になっていたことを訊ねる

「サイコロを振って何の目がでるか ってとこを考えてみましょ
サイコロの目も 精密に言うと必然で決まっているという考え方もあるの
それってつまり それぞれのサイコロのもつ癖や振る人のもち方や手の角度 その振り方で どの目がでるか決まっている っていう考え方ね」
と彼女はサイコロをポケットから取りだして説明し始める

「うん なるほど」
とぼくはうなづき
「それにしても サイコロを取りだすなんて 君はまるでぼくの問いを前もって知っていたかのような感じだね やっぱり君は ぼくの心がよめるんじゃないの」

「あははは いやいや これはまさしく偶然なのよ これって偶然についての説明にも役に立つ偶然なの それにしても面白い偶然ね」
と言って彼女はさらにおかしそうに笑う

「潜在意識の働きによる偶然ってことはないかな 言い換えれば 潜在意識の働きによる必然 とかさ」
とぼくは首をひねりながら言う

「うーん 偶然が必然を装い始めたってとこね うーん どうなのかなあ」
と彼女も首をかしげる

「催眠術にかけられた人が 覚めたあとこれこれのことをしなさい って暗示をかけられたとしたら 覚めたあとほんとにそうするって話しだよ うまくいったばあいだけで全部が全部そうとは限らないかもしれないけどさ」
とぼくは関連のあることをしゃべる

「あ その話し知ってるわよ そして覚めた人がなぜそんなことをするのか言い訳をするんでしょ」
と彼女ものってくる

「そうそう でさ 君の潜在意識が不思議な能力を発揮して ぼくの心にアクセスしてぼくの頭にあること このばあいは偶然についての問いなんだけど それを知った とかさ」
とぼくは不思議な気分になりながら言う

「あはははは うーん そんなこと アリかもね そして無意識にサイコロを準備した とかね」
と彼女は首をかしげながら言う

「この世界はまことに不思議にして不可解なところなり ってね」
ぼくはふざけた調子で言う

「前にあたし あなたの問いに対してこんなこと言ったわよね 『そのうちだんだんわかってくるわよ』って
あたしにもわかってないことがたくさんあるから 今のもそのわかってくる中にあるのかもね」
彼女は考え込むようすで言う

「うんうん なるほど そんなところかもね 潜在意識や無意識の研究もおもしろそうだね」
ぼくは本音で言う

「そうね 偶然や必然について追究するにあたって そういったことも必要なのかもね
さて それはこれからの研究課題だとして置いておいて それはなかったこととして さっきあたしの言いたかったことを言うとして……
サイコロの目の出かたのところに戻ってのことだけど でも そこではどの目がでるか分析して結論をだすことはできない 神ですらそんなこと知らない って言いたかったのよ」
と彼女は本題に戻す

「蓋然性……つまり確率的必然性っていう考え方もあるよね」
とぼくは話しを拡張する

「そうね うーん だんだん話しがむずかしくなっていくわね
前に話した赤い糸っていう考え方も分析がむずかしい話しだし……」
彼女はマジメな顔になって言う

「今までの君との論点を整理すればどういうことになるかな……ぼくより君のほうが こういう問題について詳しそう……」
とぼくはたたみかける

「そうね えーと 運命 質時間回帰 赤い糸 転生 偶然 必然 確率的必然 神でも知らない 潜在意識 無意識 超能力的に情報を得る 自由イシ など それらの関係を知りたいってとこでしょ」
と彼女は考えながら言う

「そうそう そうなんだ すごく興味があるよ」
とぼくは一応満足する
「今のそれ聞いただけで 頭が整理された感じだよ」

「そう あたしも同じくそうよ」
と彼女は満足げに言う

「今の線で もっと詳しくそういったことについて知りたいな」
とぼくは彼女を励ます

「まず 永遠に転生があるってこと これは100パーセント証明されているのよ そしてその永遠の転生の中で 質時間回帰がなされていくってことね」
と彼女は考え考え言う

「ああ そうなんだ ぼくはそれを確信しているし信じているよ」
ぼくは納得する

「質時間回帰は 一回の生の中でもある程度なされるのよ
一回の生の中でなされることのできる質時間回帰っていうのは 禍福はあざなえる縄のごとし とか 楽あれば苦あり苦あれば楽あり とか 人間万事塞翁が馬 とか 徳を積みなさいとか ほかにもいろいろ成句があるし いろいろ言われてるでしょ」
と彼女はマジメな顔で言う

「たしかにそうだね それは一回の人生における確かな真実だね」
ぼくは得心する

「一回の生の中ではどうしてもなされることのできない質時間回帰ってのもあるのよ
性別とか ……性別についてはほんのわずかに例外があるケースはあるけど それも質時間回帰するのよ……  才能-能力とか 境遇とか 性質-性格とか 
身体のできや見た目に容貌とか ほかにもいろいろあるわね
それらは転生を通じて質時間回帰していくの」
と彼女は確信をもった様子で言う

「なるほどね 質時間回帰といっても 基本的にその二種類があるわけなんだ」
ぼくは納得する

「そういったふうにして すべての人たちが平等になっていくわけ……質時間回帰がないとこの世界はメチャクチャでデキソコナイなのよ……」
と彼女は顔をしかめ
「質時間回帰則っていうのは万人平等化の法則とも言える……」
と言ってしかめた顔をリラックスさせる

「たしかにそうだね まったくもってそのとおりだと思うよ」
ぼくは納得し確信する

「そこでね 運命っていうのを決めるのは大きくは質時間回帰則の実態なんだけど そこには自由イシで変えることができる領域があるということね」
と彼女はワインを飲む

「うんうん 小さくはそうだけど結局質時間回帰するってことだよね」
とぼくもワインを飲む

「そうそう あなた飲み込みが早いわねえ」
と言って彼女はワインを飲む

「飲み込みが早いって? 」
と言ってぼくはワインを注いで笑いながら全部飲む

「あははは ほらね あなた飲み込みが早いってこと証明しちゃったわね」
と言って彼女もワインを注いでさっと全部飲む

「はははは 君の方が飲み込みが早いじゃないか」
ぼくはさらにワインを飲む

「あははは 結局 ワインを飲み込むのと 理論とその説明を飲み込むのとは違うんだけど そこには共通するなにかがあるのかもしれないわね」
と言って彼女はさらにワインを飲む

「はははは 飲めば飲むほど理解が進むっていう 新しいコトワザができたのかもしれないね」
と言ってさらにぼくは飲む

「あははは たしかにそうかもね」
と言って彼女もさらに飲む

「そこでさ 一回の生の中でなされる質時間回帰と 転生を通じてなされる質時間回帰があるってことなんだけど そこにはそれらの両方を通じてなされる質時間回帰もあるはずだよね」
ぼくは飲みながら言う

「そうそう 一回の生の中でなされる質時間回帰といっても 完全にはなされないから その部分は転生を通じてなされるわけ」
と彼女も飲みながらこたえる

「そこでなんだけど 赤い糸ってどう理解すればいいのかなあ」
ぼくはマジメに訊く

「赤い糸って 一応は運命の範疇にはいるでしょうね」
と彼女はこたえる

「だろうね で どこからそんな運命がくるのかってことになるんだけどさ」
とぼくはたたみかける

「まず言えることとして……それは 多くの人たちの興味をひくように つくられた成句かもしれない」
と彼女はこたえる

「あ そうか なんの裏づけもなくつくられた成句……ありうるなあ」
ぼくはそう反応する

「なにかの裏づけを考えるとすれば…… 転生における必然 あるいは偶然 確率的必然つまり蓋然 潜在意識と無意識が働いて とか 超能力的に情報を得るところから とか それでも神ですらそこを知らない とか ……うーん むずかしいわね」
と彼女は悩ましげな表情になる

「うーん そうだね 結局 赤い糸っていう言葉だけが先走っていて その実態はどうなっているのか誰も知らない ってとこかな」
とぼくは受ける

「そうね そういうことなんだと思う……そういった成句を好む人たちは多いでしょうからね」
と彼女は返す

「うんうん そこだよね」
とぼくは納得する

「でね 自由イシが相手を探し選ぶってことを考えてみると そこでの結果も赤い糸で結ばれていた っていえるわけでしょ」
と彼女はたたみかける

「あ そうだね そういうことになるね」
とぼくは納得する

「だから 結局 赤い糸っていう表現は 多くの人たちが好む言葉であって そこに裏づけはない って考えるのが普通なのかもしれないわね」
と彼女は一応の結論をだす

「その裏に深い意味がある可能性もあるけど 今のところそういうことにしておこうってとこだね」
とぼくは返す

「知性体と意識体っていう存在があるんだけど ……これについては長くなるから今は説明しないけど……いつか説明するつもりなんだけど……それらの存在を考慮しても そこからも赤い糸っていう概念はでてこないと思う……ただ なんらかの知性体がふたりの男女を結びつけるよう働く ってことはありうるわね」
と彼女は言う

「知性体と意識体だって? 」
とぼくは驚き訊きかえす

「そう 一応手短かに説明しましょう 知性体っていうのは 人の心であって そういう器うつわが実際に存在するのよ タネもシカケもないマジックっていうのが実際にあるんだけど そういうマジックをなす存在は知性体なの」
と彼女は言う

「あ 知ってるよ タネもシカケもないマジックを見たことあるよ ほんとに不思議なんだよね」
とぼくは興奮ぎみに言う

「あ そうなんだ ほんとにそんなマジックってあるのよね
でね 意識体っていうのは 自分は自分であるっていう意識が生じる器うつわとその意識なの 自分が自分であるっていう意識は一生変わらないでしょ」
と彼女はのってくる

「うん そうだよね 自分のなにもかにもは変わり続けていくけど 自分が自分であるという意識だけは絶対に変わらないね」
ぼくものってくる

「そうそう 記憶も境遇も自分も周りも 全部変わっていくけど 自分が自分であるっていう意識だけは変化しないのよね
人の面影は残るケースが多いけれど 面影すら変わってしまうケースもあるのよ」
と彼女は言う

「そうだね 変化しないのは自分は自分だという意識と面影だけだね でも面影ですら変わっていくからね」
とぼくはこたえる

「そこでね 知性体っていうのは人間の心の本体なの 意識体っていうのは人間の意識の本体なのよ なぜそのふたつがあるのかって言えば 情報処理の関係から そのふたつがあるしかないわけよ」
と彼女は言う

「ふーん そうなんだ」
とぼくは応じる

「人間の心って いろんな情報処理をしてるわよね そういう情報処理はエネルギーのツブツブで行っているの それでないと情報処理ができないの」
と彼女は言う

「形がないと情報処理ができない ってとこかな」
とぼくは返す

「そうそう そういうことね
で 一方 意識の中身 内容っていうのは ツブツブでなくって滑らかに変化していくでしょ」
と彼女はたたみかける

「あ そうだね たしかにそうだよ」
とぼくは納得する

「知性体 つまり心が情報処理したツブツブの情報を意識体にいれれば波動化して滑らかに変化するようになるの 情報っていうのもエネルギーのもつ一面だし エネルギーはツブツブ性と波動性の両面をもっているんだからね」
と彼女は言う

「なーるほど そういうことか よくわかったよ」
とぼくは得心する

「人が昇天すると その人の心の本体は異次元の世界に移行するのよ それをここでは知性体って呼んでるわけ 知性体たちには得意なことと不得意なこと できることとできないことがあるのよ その中には さっき言ったタネもシカケもないマジックを行うことが得意な知性体もいるわけ」
と彼女は興奮気味に言う

「なるほど そういう条件のもとで 知性体たちができることはいろいろあるんだろうね」
とぼくはたたみかける

「そう 今言った条件のもとで 奇跡をおこせる知性体もいるし スピリチュアル系で言われているようなことをできる知性体もいるの 知性体の中には化学や物理の法則の実態を破ってコントロールできる知性体もいるのよ」
と彼女は言う

「・・・ってことは、多重人格-今では正式の呼び方は変わってるけど-それも知性体があればこそ起こる事象なんだろうね」
とぼくは興奮気味に言う

「そうそう、そうなのよ いいところに気づいたわね・・知性体が存在するから 人知でははかり知れないいろんな不思議なことが起こるのよ」
と彼女が返す

「・・・ふーん なるほど それは凄いな この世界は 謎と神秘に満ちている ってとこかな」
とぼくは興奮して言う

「まさにそうね そのとおりよ この先不思議なことがたくさん起こるかもね」
と彼女は確信をもったようすで言う

「じゃあ ぼくたちがはいって見た あの広大な神秘の世界も そういったもの中のひとつなんだろうね」
とぼくは戦慄を覚えながら言う

「そうね まさにそうだと思う」
と彼女も興奮を隠せないようすで言う

「いつかまた あの広大な神秘の世界を見てみたいもんだね」
とぼくは言う

「そのうちにまた行ってみましょう」
と彼女も同意する

「ほんとにあの不思議な世界のようすは圧倒的な迫力だね」
とぼくは言う

「そうね ほんとに凄い世界ね
あ そうだ それから これがあったわね 運命 質時間回帰 赤い糸 転生 偶然 必然 確率的必然 神でも知らない 潜在意識 無意識 超能力的に情報を得る 自由イシ など それらの関係についてはまだ結論がでていないけど これから先一緒に研究していきましょう」
と彼女は要点をおさえる

「うん そうしよう」
とぼくは返す

そんなふうにして日々が過ぎていく

彼女はいつのまにか ぽくの家に居ついてしまう

ぼくたちは謎と神秘の世界に関する話しやこの世界のさまざまについての話しに花を咲かせる

ぼくが一番気になっているのは
あの大宇宙の果てで 数知れない星たちが惑星たちとともに 断崖絶壁から落ちていく あのことだ
そのあといったいどうなるんだろう

彼女にそれを何度も訊ねてきているんだけど 彼女も知らないと言う

そんなふうにして歳月が過ぎていく

彼女はあの難問について話す
「もうひとつのあの難問なんだけどさ つまりあれよ
『運命 質時間回帰 赤い糸 転生 偶然 必然 確率的必然 神でも知らない 潜在意識 無意識 超能力的に情報を得る 自由イシ など それらの関係を知りたい』っていうあれよ 暫定的に一応の結論をだしてみましょ」

「うんうん それは難問だよ」
とぼくは返す

「結論はこういうことね
この世界には偶然もあるし必然もあるし確率的必然つまり蓋然もある
偶然について言えば 以前 サイコロで説明したように 科学ででも解明できない 神ですらそれを知らない……これについては神秘的な話しがあるんだけど ここでは端折っておくわね……」
と彼女は確信に満ちて言う

「うんうん そんな感じだね その神秘的な話しもいつか聞きたいな」
とぼくは返す

「いいわよ
そこから言うと 蓋然も偶然に近いわね 
確率性がはいっているんだから
それでね それに加えて 転生と質時間回帰によって運命のいくらか-から-ある程度の部分が決まる
質時間回帰には小さな回帰と大きな回帰がある 小さな回帰は一生のうちになされうる 大きな回帰も一生のうちになされうるところがある でも大きな回帰は主に転生を通じてなされる
以上の中に運命や赤い糸の概念もはいる
でもまだあるわよ」
と彼女は言う

「うんうん いろいろ君から聞いてきたから わかるような気がするよ」
とぼくはこたえる

「それから自由意思によって進めるところもあるの」
と彼女は言う

「それにも納得するよ」
とぼくは返す

「あとそれらに加えて 知性体は人の心をよめるかもしれない いってみれば超能力やテレパシーによってね 知性体は心器そのものだから 心器にもその可能性があるわね 心器は若いけど知性体の方が年季がはいっているから 知性体の方がいろんな能力は高いでしょうね」
と彼女は自信ありげに言う

「今までの話しを全部まとめると そういうことになるんだろうね」
とぼくは返す

「そうね 以上を全部総合すると その難問の答えになるはずよ」
と彼女はリラックスしたようすで言う

そんなふうにして星霜が流れていく

とある日
ぼくがあの神秘な世界のようすをまた見てみたいと提案すると
彼女もそうだと言う

そこでぼくたちは 再びあの不思議な世界にはいることにした

ぼくはあの扉の鍵を準備する

朝食を済ませて ぼくたちは歩き始める

充分歩いて ぼくたちは あの広大な神秘の世界への扉のところにたどり着く

透き通っていて虹色であるあの扉がある

中はやはり見えない

ぼくは胸の高鳴りを感じながら その鍵穴に鍵をいれる

鍵を回す

カチっと音がして錠前がはずれたようだ

前回と同じくキーと音がして その扉はなんなく開く

ぼくたちは あの広大な神秘の世界の中に踏み込む

そこにはジャングルのような密林のような自然が横たわっている

しかしなんと

それらは茶色っぽくなっている

枯れかかっているではないか

彼女にこの間のようすを説明する

彼女は
「困ったわね」
と眉をしかめる

前よりは多く 太陽の光が地面にまで届いている

でも 太陽の光はこの間よりは 少し赤みががっている

こんな色の太陽の光を見るのは初めてだ

夕映えや朝映えは別として

彼女も同じく初めてだと言う

二人並んで進んでいく

前に見た美麗な花ばな は大元から枯れかけている

彼女にこの間のようすを話す

また彼女は眉をしかめる

前に見た昆虫たちやヘビや小さなリスのような動物たちは ひっくり返ってヒクヒクと痙攣している

薄暗い所で光るキノコやコケ類も枯れかかっている

この間見た 光を放ちながら乱舞していたホタルのような昆虫たちもひっくり返って痙攣している

ぼくは彼女にこの間のことを説明する

「困ったことね」
と彼女は眉をひそめる

さらにぼくたちは進んでいく

ようやく枯れかかった密林をでることができた

そこには超大昔にいたと思われる植物たちが生えているけど それらすべても枯れかかっている

湖もある

その湖の水の中を見ると 不思議な形と色彩をもつさまざまな生き物たちがいる

それらもひっくり返って痙攣している

泳いでいる生き物たちもいる

それらも同じくひっくり返って震えている

「一体どうしたんだろう」
とぼくは声をあげる

「なぜこんなことになったのか あたしにも まったくわからないわね」
と彼女は返す

ぼくは落胆しながら……
この間と同じく ここでぼくは不思議な感覚に捉えられ 自分は飛べるのではないか と思うに至る

横を歩く彼女を見ると
背中に白い翼がそなわっているではないか

「あ 君 白い翼が生えているよ」
ちょっと驚いてぼくは言う

「あなたも同じくよ」
と彼女は微笑んで言う

自分のうしろを見ると まさしく翼があるではないか

「うーん 不思議なこともあるもんだ」
とぼくはつぶやく

ややあって
二人はいつのまにか高いところを飛んでいる

この間やってきた彼女の仲良しのイルカ君もいつのまにか僕たちに合流しているではないか

翼をもった あの白いイルカ君だ

ぼくはイルカ君を見て微笑む

イルカ君はうれしそうな声をあげる

……下を見下ろす……

前回は
『眼下にベージュ色で石造りの建物たちが見える』
『それら建物たちはかなり高い建築物である』
『感じとして まさに古代都市といったところだ』
といったところだったのに
今回は それら建物たちは崩壊し瓦礫になっているではないか

「わあ ひどいことになってるじゃないか どうしたんだろう」
と僕は声をあげる

「ほんとにひどいわね 一体どうしたのかしら」
と彼女も大きな声で言う

イルカ君は
「ぎゃ ぎゃ ぎゃ~~」といった声をあげる

その声は明らかに不満の声に聞こえる

そのうちに古代都市のはずれあたりにきたようだ

しばらくすると 廃墟になった古代都市を通り過ぎる

やがて眼下に恐竜たちが見えてくる

といっても恐竜たちはひっくり返って痙攣しているのだ

翼竜も始祖鳥も同じくひっくり返って震えている

遥か遠くに巨大なクレーターのような陥没が見える

「うーん……」
ぼくも彼女もうめくような声をあげる

イルカ君もかわった声をあげる

そこを通り過ぎると 夥しい数の人たちがひっくり返って痙攣している

ここは前に来たとき とんでもなく大規模な戦争があったところだ

ぼくは彼女に言う「ここは前回以上にさっさと通り抜けよう」

「そうね そうしましょう」彼女もそれに賛成する

イルカ君はまたまた
「ぎゃ ぎゃ ぎゃ~~」といった声をあげる

そこを通り過ぎる

やがて眼下に古代の村落たちが見えてくる

そこの人々は 前に見たときは 狩猟をしたり採集をしたりしていたのだ

ところが 人々はひっくり返って痙攣しているではないか

イルカ君はよたびめ……
「ぎゃ ぎゃ ぎゃ~~」といった声をあげる

ぼくと彼女は顔を見合わせ ともに眉をしかめる

そこを通り過ぎる

やがて深紅な太陽が地平線に没する頃合いになる

夕映えが美しい

すべてが オレンジ色が加わったような紅色に染まる

でも前回とはその色合いが異なっている

灰色と茶色が加わったような色調になっている

「不気味な色合いね」
と彼女がつぶやく

「そうだね なんかヘンだね」
とぼくはかえす

やがて夜になる

天空には天の川が横たわっている

素晴らしい眺めだ

その天の川には 今まで見たことのない 明るく輝く巨大な星があるではないか

「ヘンな星がでてきてるよ」
と彼女の方を見ながらぼくはつぶやく

「あたしもあんな星は初めてみるわ」
と彼女もぼくを見てつぶやく

ややあって 夥しい数の流星が降ってくる

その数や見当もつかない

流星雨とはこのことだ

でも 前回に見た流星雨と比べると数が圧倒的に増えている

不気味だ

不気味ながら 流星雨に見とれていると 驚くことには 
ぼくたちはいつしか地球を離れているではないか

でもちゃんと呼吸はできる 前回と同じだ

ぼくたちは大宇宙を進んでいく なかなかの体験だ

さまざまな星たちが見えてきては通り過ぎていく

なんという壮観さなんだ

超絶な大パノラマだ

でも前回とはなにかが違う感じがする

そのことを彼女に告げてみる

「たしかにそうね なにか雰囲気が違うわね」
と彼女はかえす

永い時間が過ぎる

「さあ 大宇宙の果てに着いたわよ」
と彼女が言う

「大宇宙の断崖絶壁に着いたんだね」
とぼくは返す

前回と同じく どこからともなく音楽が聞こえてくる

シンセサイザーのような音色の壮大な音楽だ

でも 前回よりなんか より悲壮な音楽に聞こえる

「この大宇宙の音楽 なんか 前回より悲壮な感じね」
と彼女も言う

しばし聞きほれていると 大宇宙の断崖絶壁が見えるところまにまで至る

途轍もない大きさと長さの断崖絶壁だ

見ていると 数知れない星たちが惑星たちとともに 断崖絶壁から落ちていくではないか

その数や前回よりかなり増えているように見える

「もっと断崖絶壁の下が見えるところまで行こう」
とぼくは彼女に言う

「そうね どうなっていくのか確認しないとね」
と彼女は返す

ぼくたちとイルカ君は 断崖絶壁より高く上昇し 断崖絶壁の下が見えるところに至る

夥しい数の星たちが惑星たちとともに 断崖絶壁から落ちていく……

断崖絶壁の下はいったいどうなっているのか

ぼくたちは恐る恐る覗き込む

恐ろしく広大なそこには
真っ赤になっている部分たちと 真っ黒になっている部分たちが あちこちにある そられ以外の色たちの部分たちもある

それらの形状はわからない

真っ黒な部分たちの中にはブラックホールもあるのだろうか

「うーん 真っ赤な部分たちは灼熱化してるのかな」
とぼくはつぶやく

「真っ黒な部分たちの中にはブラックホールもあるのかもね」
と彼女はつぶやく

イルカ君が何か言葉のような声をあげる

ぼくと彼女にはその意味はわからない

ひょっとしたらイルカ君は それらの謎についての答えを知っているのかもしれない その超能力で

ぼくはイルカ君の言葉を知りたくなる

イルカ君は相変わらず言葉のような声をあげている

ややあって ぼくはイルカ君の言っていることがわかるような気がしてくる

イルカ君の思念がぼくの頭に流れ込んでくるようだ

「そうだよ 灼熱の部分たちと ブラックホールの部分たち があちこちにあるんだよ」
イルカ君はそう言っているのだと思える

「ほかには 瓦礫やガラクタの部分たちもいろいろあるよ」
さらにイルカ君の思念が流れ込んでくる

「そのうち全部がブラックホールに吸い込まれていくよ」
イルカ君はそう言っている

もうまちがいなく イルカ君の言ってることばがわかる

「そうなるともうそこには生物生命反応はなくなるんだ」
イルカ君は恐ろしいことを言う

イルカ君が静かになる

……夢の中のような今の心の体験をぼくは彼女に話す……

「あたしも あなたとまったく同じ心の体験をしたわよ」
と彼女は言って イルカ君をなでる

イルカ君は困ったような感じになる
恐ろしいことをぼくたちに言ったので そういう反応をするのだろう

ぼくは彼女にそう告げる

彼女は「そうに違いないわね」とかえす

「ここでのすべてが夢であってほしい」
とぼくはつぶやく

「あたしもそう思うけれど 夢もまた現実なのかもね」
と彼女は言う

「うーん」
とぼくは絶句してしまう

彼女も絶句する

ちょっと長い時が流れる

「もうそろそろ帰りましょうよ」
彼女が決然として言う

ぼくたちは地球に戻りながら会話する

「今回の観察では 数知れない星たちが惑星たちとともに 断崖絶壁から落ちていく その数が前回よりかなり増えているように見えたんだけど
なぜ 前回より増えたんだろう」
とぼくは不思議に思っていることをしゃべる

「うーん そうね 不思議ね どうしてかしら」
と彼女はかえす

するとまたイルカ君が声をあげ始める

イルカ君の思念がぼくの心にはいってくる

「大宇宙の果ての位置は変動するんだ
ちょうど海水面の高さの変化で 海岸線の位置が変動し陸地の面積が変化するようにね
しかも 大宇宙の果ての変化は そういった陸地の面積の変動なんかより もっと大きく変わるんだ」

ぼくと彼女は目を見合わせる

ぼくは今の心の体験を彼女につたえる

彼女が言うには
「まったく同じだわね あたしもそういう思念を聞いたのよ」

「ふーむ イルカ君っていったい何者なんだい」
とぼくは不思議に思っていることを彼女に訊く

「あたしの友達よ 昔 海で知り合ったの」
と彼女はかえす

「イルカ君の名前はなんていうの? 」
とぼくはたずねる

「イルカ君よ」
と彼女は言ってほほえむ

ぼくは笑いだす

彼女が笑いだし イルカ君も笑う

ややあって
「今は イルカ君に翼があるよね 海でのイルカ君はどうだった? 」
とぼくは訊く

「あなたと同じよ なかったわよ」
と彼女はかえす

「そうかあ でもなんでイルカ君が前回と今回 ぼくたちと行動を共にすることになったんだろう? 」
とぼくはたずねる

「それ あたしも知らないのよ どうしてかしら」
と彼女は不思議そうな表情で言う

「それにしても イルカ君は なんでも知ってるようにみえるね」
とぼくは言う

「まったくそうね 不思議だわね」
と彼女はかえす

「大宇宙の果ての位置が大きく変動するのはどんな要因からなんだろう? 」
とぼくは彼女に訊く

「さあ そんなこと知らないわよ」
と彼女はかえす

イルカ君が声をあげる

「それはね 人間をはじめとした知的生物の質時間回帰によるものなんだ 人間と同じような知的生物は大宇宙の惑星たちにはたくさんいるよ」

イルカ君の言葉が心に流れ込んでくる

「イルカ君 質時間回帰がどう働いてそうなるんだい? 」
とぼくはイルカ君に向かって声をあげる

「それはね いちばんカンタンに言えば 寿命がきたってことなんだ」
イルカ君の言葉が心にはいる

ぼくは彼女を見て首をかしげる

「前と同じよ イルカ君の言葉は あたしにも聞こえるわよ」
と彼女は言う

イルカ君はさらに声をあげる
「そのほかにも そういった変動は 星たちや惑星たちの生命エネルギーの減少にもよるのさ」

「生命エネルギーの減少だって? 」
とぼくは直接 イルカ君に言う

イルカ君は
「そうさ 恐竜について言うと 地球ででも 生命エネルギーが大きく減ったとき 小惑星が地球に衝突して そのあと 地球に闇の時代が訪れ 恐竜は絶滅したんだ 小さな爬虫類や鳥類は今でもいるけどね」

「太陽系や地球の生命エネルギーの減少と 小惑星の地球への衝突はつながっているってわけ? 」
と彼女が訊く

イルカ君は
「そうそう つながっているんだ この世界のほとんどは そんなふうにしてつながっているんだ」

ぼくと彼女は
「うーん」
と声をあげる

イルカ君は
「それとは逆に 地球で 生命エネルギーが最大になった時期があったんだ その時 いわゆる カンブリア大爆発が起こったんだ いろんな生物が爆発的に生まれて増えたカンブリア大爆発のことさ」

ぼくはイルカ君に向かって言う
「で 今のぼくたちのいるところはどうなんだい? 」

イルカ君は
「さあ どうなんだろうね 答える気にならないよ」

彼女とぼくは顔を見合わせる

ぼくたちは地球にたどり着く

さっき来たコースを逆にたどっていく

それにしても 太陽の色がますますおかしくなっている

ぼくと彼女は顔を見合わせる

イルカ君も困ったような表情をしてぼくたちを見る

ぼくはイルカ君に向かって訊く
「ところでイルカ君 質時間回帰と生命エネルギーの関係はどうなってるんだい? 」

イルカ君がこたえる
「質時間回帰によって生命エネルギーが減少することは多いよ」

「ああ そうなんだ」
と彼女がうける

ぼくたちは この広大な神秘の世界の中を 来た時とは逆にたどっていく

いつしかイルカ君はどこかに行ってしまう

飛ぶのをやめ
この世界の出は入り口に近づいていくと 彼女とぼくの翼は消えてしまう

「おなかすいたわね 早く帰って 食事をつくりましょ」
と彼女がいう

「ぼくもペコペコさ ペコちゃんさ」
とぼくが言うと
彼女は笑いだし ぼくも笑う

ぼくたちは行きつけのマーケットで買い物をする

レジ袋2つとも大きく膨らんでいる

歩きながらぼくたちは話し合う

「それにしても あたし あの神秘の世界の中でのできごとが頭から離れないのよ」
と彼女が言う

「ぼくだってそうさ ぼくたちの世界にまで なんか影響がでてきそうでさ」
ぼくは深刻そうにこたえる

「そうなの あたしもそう感じるの」
彼女もこまった様子をみせる

「その点について言うと イルカ君が言ったことの中にあるポイントは 質時間回帰と生命エネルギーの低下だよね」
とぼくは言う

「そうそう そうだったわね」
と彼女はかえす

「そのふたつのポイントを有効に活用してなんとかならないものかなあ」
とぼくは反応する

「うーん そうね その点で何か強力なやり方をとれば なんとかなるのかもしれないわね」
と彼女がかえす

「強力なやり方? いったいどんな? 」
ぼくはせきこむような調子で言う

「そこまでは何も考えてないのよ」
と彼女がこたえる

家に着く

さっそく晩餐の用意をはじめる

おなかがペコちゃんであるぼくたちは つまみ食いをしながら つまみ飲みをしながら 料理をつくる

「あなた 料理するのが上達してきたわね」
と彼女が笑顔でぼくをほめる

「ほんとかい? うれしいなあ」
とぼくは笑顔でかえす

「おまけに つまみ食いと つまみ飲みまで上手になってきてるじゃない」
と彼女は もちあげ落としのワザをつかう

「君だって つまみ食いと つまみ飲みの達人じゃないか」
とぼくはまぜっ返す

「だって おなかがペコちゃんなんだもん」
と言って彼女は笑う

「そこについては ぼくたちは同格だね」
と言ってぼくも笑う

笑いながらの晩餐の準備がととのう

いろいろ会話していると ぼくは思いだす
「そういえば ぼくはさっきのさっき イルカ君に訊いたことを思いだしたよ 『大宇宙の果ての位置の変動 それと質時間回帰 さらに生命エネルギーの減少』のことなんだけど
ぼくたちのいるところはどうなるのか って訊いたんだ」

「それ あたしも覚えているわよ」
と彼女はかえす

「うん それでさ
イルカ君は
『さあ どうなんだろうね 答える気にならないよ』
って反応したんだよ」
とぼくはつづける

「そうだったわね その反応を聞いたとき あたし背筋が寒くなったのよ 覚えてるわよ」
と彼女は言う

「じつは ぼくもそうだったんだ」
とぼくはかえす

「『答える気にならない』ってことは 大変なことになるっていうことと同じじゃない」
と彼女は眉根にしわをよせる

「どう考えてもそういう結論になるよね」
とぼくも深刻な様子になる

「こうなった上は イルカ君にもう一度そこのところを訊いてみるのがいいと思うんだけど」
と彼女は決然とした様子で言う

「それについては反対のしようがないよ」
とぼくはかえす

「そうは言っても イルカ君に確実に会える手段を あたし知らないのよ」
と彼女はうつむく

「あの神秘の世界の中では 確実に会えるみたいだけど」
とぼくはかえす

「そうね あの世界で 最初にイルカ君が現れたのを あたし イルカ君を連れてきた と言ったけど あれだってイルカ君が勝手に現れたのよ イルカ君はあたしのお友達だから 連れてきたって言ったまでよ」
と彼女は言う

「あそこに行けば 確実にイルカ君に会えるのかもしれないけど 今日 あの世界を見てきたばかりだから もう当分は行く気にならないね」
とぼくは言う

「そうね あの世界は刺激が強すぎてくたびれちゃうわね」
と彼女は言う

「ふーむ それならさ 君がイルカ君と出会った海にいってみたら会えるかな? 」
とぼくは訊く

「それも確実じゃないの 会えない公算の方が大きいと思う」
と彼女はかえす

そんなふうに 彼女とぼくは飲んだり食べたりしながら 夜遅くまで話し込む

ぼくたちが今 一番知りたいことを知れるような方法についての結論はでない

ぼくたちは いつのまにか 飲みつぶれ食いつぶれ ……というのは100パーセント冗談ナリス……

ぼくたちはいろんな話題に花を咲かせているのである

でも そのうち二人とも眠くなってくる それは彼女を見ると一目瞭然だ……

……次の日……

ぼくと彼女は イルカ君に会えるあてもなく 街にでる

二人してあちこち歩き回る

公園で一休みしていると 人々の大きな声が聞こえてくる
「あ イルカが空を飛んでるよ」
「ほんとにイルカだね」
「翼のあるイルカだわ」

ぼくたちは声のする方に行く

空を見上げると なんとイルカ君ではないか

イルカ君はゆうゆうと飛んで ぼくたちの上にくる

ぼくと彼女は顔を見合わせる

「イルカ君は ぼくたちの心をよんだのかな」
とぼくはつぶやく

「そうかもしれないわね 油断のならないイルカ君だこと」
と言って彼女は笑う


(下略)


・・・つづく鴨duck・・・(と、怒鳴るどダック…JK…)・・・





(過去の分)


今日は元旦-正月です。


新年あけもうしておめでとうございまする・・(昔の言い方)・・・

で、
昨日のオオミソカのあいさつは・・・
旧年締めもうしておめでとうございまする

というところでせふ・・・


さて、
1月1日といえば・・・、
脱線して、ワンワンの日・・・

この間、「ここ掘れワンワン」とワンコが登場する拙作をネット上に載せたなりす・・

それをここに再掲してみませふ・・・


(最後尾にオオミソカの分をそのまま入れたナリス)



(かなり前ネット上に載せた雑文・書きなぐりの再掲)



ワンダーランドとニャンダーランド


昔むかしの大昔、大宇宙の中に、ドングリ山という神聖な山があって、そこに、ワンダーランドとニャンダーランドという地域sがありました・・・

・・・ん・・・これは筆者の記憶があやふやなので・・・困ったのでアール・・・

・・・いやいや・・・

遥かなる未来に、大宇宙の中に、ドングリ山という神聖な山があって、そこに、ワンダーランドとニャンダーランドという地域sがあるはずなのです・・・

そのどっちなのか知らないけれども・・・

・・・ということで、ここからは主に現在形の書き方でいこう・・・

で、

ワンダーランドには、ワンコが大勢住んでいるのでアール。

もちろん、ワンコというのは、ワンワン吼えるカワイコちゃんたちなのでアール・・・

そこのみんなは、我こそはワンコの中のワンコ、ワンダーワンダーと吼えているのでアール。

で、
ニャンダーランドには、ニャンコが大勢住んでいます。

ニャンコというのは、もちろん、ニャン-ミャー-ニャンと吼える(?)ネコたちのことなのでアール(時々引っかくが・・引っかかれると痛い上にチがでるのでアール)。

それらニャンコたちも、我こそはニャンコの中のニャンコにゃんじゃ、ニャンダーニャンダーと吼えて(?)います。

・・・そういえば、ワンコの方は吼える、で、ニャンコの方は普通、鳴くというなあ・・・

さて、

ある日、ワンダーランドに住む、シバイヌのシバポンと、マルチーズのマルポン、その他大勢が、ニャンダーランドに遊びにでかけたのでアールス・・・

で、それら大勢は、ニャンダーランドに着いて、シバポンが
「ニャンダーランドにはイヌは居ぬ」
とダジャレたのでアール。

出迎えたのは、ミケネコのミケポンと、ヒマラヤンのヒマポン、そのほか大勢なのでアール。

ミケポンはそれを聞いて、
「あんた何言ってるのさ、ニャンダーランドにも今やワンコが大勢いるじゃないのさ」
と反撃するのでアール。

シバポンは
「こりゃあまいった、1本とられたなあ」
と頭を掻くのでアール。

ヒマポンは
「あたいもダジャレようか・・ニャンコってのはね、しょっちゅうゴロニャンって寝ることが多いから、寝る子、つまり、ネコって言われてるんだよ」
と返す。

マルポンが
「へーえ、そうなんだ。
といってもさ、ワンコだって、ひまな時には、ゴロワンって横になってるから、おあいこだね・・・だけどワンコはネコとは呼ばれないなあ」
と返す。

ミケポンが
「そりゃそうなのさ・・なぜかってさ、ニャンコの方が、なんというかかんというか、小さくて丸っこくてかわいいじゃん・・それに比べて、ワンコもかわいいけどさ、ニャンコより大きいし、見た目は・・うーん、どうなのかなあ・・そんなところを全部総合すると、ワンコはイヌという、かわいくないネーミングで、ニャンコはネコというかわいい名前になるのはアタリマエじゃん」

シバポンは
「うーん? なに言ってるんだい。ミケポンはなんかわけのわからない理屈をこねてるけど、そういうのを屁理屈っていうんだよ」
と言って、ミケポンに向かって大きなオナラを放つではないか。

ミケポンも笑いながら怒って、シバポンに向かってオナラを放つ。

で、
そこにいたニャンコとワンコの全員が、オナラ合戦を始める。

あたりは引火性の気体に包まれる。

そのうち、ニャンコたちとワンコたちが小競り合いを始める。

すると、豊かな毛を有する彼らのからだに静電気が溜まる。

そこの地面は、絶縁体的になっているのでアール。

ややあって、
火花sが飛ぶ。

それら火花sは、引火性ガス・・オナラにとりつく。

爆発だ。

ドカーン。

ボワーン。

彼ら全員はその場にひっくりかえってしまう。

・・・この作品においては、「彼ら」というのは両性をさすのでアール・・・

ひっくりかえった彼らは気絶しているようだ。

・・・いくらかたつと、彼らは次々と意識を取り戻していく。

シバポンが言う
「いやはやヒデー目にあったぞ」

ミケポンが言う
「なんというひどいことなのさ」

彼ら全員がギャーギャーわめき始める。

その騒ぎが収まる。

すると突然シバポンが
「ここ掘れワンワン」
と騒ぎだし、
地面を掘り始める。

ミケポンも同時に騒ぎだし
「ここ掘れニャンニャン」
とわめきながら、
シバポンが掘っている同じところを掘り始める。

すると、大勢のワンコたちとニャンコたちも、そこらあたりを掘り始める。

でも、メンドーサ地域とサボりーナ地域出身のワンコたちとニャンコたちは、地面掘りに参加しない。

それら彼らは口々に「メンドーサ」とか「サボりーナ」とわめいているのでアール。

地面掘りが進んで、地下道が現れてくる。

大勢が歓声を上げる。

シバポンとミケポンが、「地面掘りに参加しなかった『サボりーナ』と『メンドーサ』出身者たちは地下道におりることを禁止する」と宣言する。

すると、それら彼らは、すぐにそこらあたりを掘り始める。

そして、最初に見つかった地下道につながる支道を発見する。

大勢が地下道におりる。

彼らは地下道を進んでいく。

メンドーサ地域とサボりーナ地域出身のワンコたちとニャンコたちも共に進んでいく。

彼らも地面を掘ったので文句を言われなくなったのである。

地下道は徐々に広くなっていく。

まわりには、さまざまな景観が広がる-景観といっても実物そのものなのである。

太古の生物たちが蠢いている。

古代文明たちの遺跡-廃墟たちも圧倒的な威容を見せる。

森が広がったり、砂漠が広がったり、統一のとれないところもある。

そのうち神秘的な音楽が響き渡ってくる。

彼らは虹色をした不思議な階段のあるところに至る。

「なんだろうこの階段は」
とシバポンが声をあげる。

「きれいな色してるじゃん。この階段、上のほうに行ってるみたいみたいじゃんか」
とミケポンも声をあげる。

「上りのエスカレーターってとこかもね」
とヒマポンが」言う
「あたいはヒマラヤンだから、ヒマラヤ登山ってとこかな」

だれかが
「虹の階段だ」
と叫ぶ。

彼らは、虹の階段を登っていく。

彼らが登っていくにしたがって、
まわりの景色がずんどん変わっていく。

緑おりなす大地、
太く長い川たち、
果てしない森たち、
光を放つ大都会たちも見える、
さまざまな城たち、
高い山たち、
それから
青く波打つ大海、
地球の実物のパノラマなんだろう、
すべて地球にある実物たちである。

「いったいこれどうなってるのさ」
とマルポンが言う。

「おかしな階段もあったもんだなあ」
とシバポンが応える。

ミケポンが声をあげる
「ちょっと、キミがわるくなってきたじゃんか」

ヒマポンが大きな声で言う
「ほら、あちこちに、霞やら煙やら黒雲なんかが見えるよ。炎もあちこちであがってるじゃん」

シバポンが声をあげる
「ほんとだ。さっきは気づかなかったけどさ」

「ほら、海が大きくうねっているじゃん・・なんか恐ろしげじゃんか」
と、ミケポンが叫ぶように言う。

虹の階段をのぼっていく、大勢の間からも、大きな声ごえがあがる。

彼らはそれでも、階段を上がっていく、

時間が流れる。

虹の階段は宇宙空間にでたようだ。

彼らは依然として階段をのぼっていく。

彼らは息は苦しくないようだ。
普通に呼吸ができるようだ。

虹の階段の上の先に、月が見えてくる。

彼らに見えるのは、月と星ぼしであり、それと下を見ると地球、である。

彼らはさらに神秘の階段を登っていく。

おう、
その虹の階段は月につながっているのが見える。

彼らは汗をかきながら階段を登りつづける。

時がたち、彼らは月に至る。

彼らは月に着いたのでアール・・・

さて、ここは月でアール・・・

「あたし、かぐや姫よ」と名のる女性が彼らを迎える。

その女性は、伝説の物語りどおりの人物に見える。

「あなたたち、よくもよくも物好きにも、こんなとこまで来たわね・・・うひひひ・・・ようこそ」
と、かぐや姫は、ニタリと微笑んで一同にあいさつする。

彼らは驚き、とまどいながらもあいさつを返す。

彼らの間でも「かぐや姫」の伝説は知れ渡っているのでアール。

すると、その横にいたウサたん(ウサギのことでアール・・「ウサギ」では、即物的すぎて映えないので)がでてきて、
「我こそは月のウサギのウサポンなんだぞう」
とのたまう。

(・・・凄くメンド草なので、一人称単数の中の「わたし、ぼく、その他」は、「我」に統一しよう(テヌキ小説・・笑・・・我こそはメンド草人間の第一人者)・・・それについては、日本語にはいろんな言い方がある・・しかも性別まで示すことが多い・・・であるから、「我」に統一するのでアールス・・・)

次には、別なウサたんがでてきて、
「我こそは、月の雪ウサギのユキポンなのでアール」と声をあげる。

ウサポンが言うには、
「ほかにも、月にはウサたんがいっぱいいるんだぞう・・・」
と声を張り上げる。

たしかに、ウサポンの背後には、ウサたんらしいのがいっぱいいる。

ウサポンは、
「では、珍しい子を紹介するんだわさ・・・
この子は、キトゥンという子なんだわさ・・・アダナがクチナシネコっていうんだけどさ」

その子はたしかにネコに見える。

口があるようなないような不思議なネコでアール。

つづいて、
「で、この子は、ミッピーで、ニックネームが、口ヌワレウサギって子なんだわさ・・かわいそうなんだわさわさわさ」

さらに、
「この子は、マイメロンって子で、アダナは耳寒がり、って子なんだわさ」

ウサポンはそういうふうに彼らに紹介する。

かぐや姫が、
「さあさあ、皆さんを月の都に招待して、ごちそうでも食べましょう」
と仕切るようにのたまう。

かぐや姫は、「こっちよ、こっちよ」と言いながら彼らを導き案内する。

(・・・前にも記したが、彼らは息ができるのでアール・・・)

彼らは巨大な丘のようなところに至る。

かぐや姫は、その丘の壁のようなところで立ち止まって、壁に向かって声をあげる
「ひらけ~ゴマ! 」

その壁は扉のように開く。

そこには下り階段がある。

かぐや姫に率いられた彼らは共に階段をおりていく。

彼らはズンドコ-ズンドン進んでいく。

かなりの時間がたち、
彼らは宮殿の中のようなところに至る。

ミケポンが言う
「月にこんなところがあったなんて知らなかったなあ」

シバポンが
「まったくだよ。不思議な話しだなあ」
と応える。

ウサポンが、
「さあ、みんなで餅つきをするんだぞう」
と声をあげる。

ミケポンが、
「餅つきだって? 
伝説として知ってはいたんだけどさ・・ほんとに餅をつくの? 」

ウサポンが
「あたりまえじゃん。
月の世界では、餅つきが恒例行事なんだわさ。
そして、おゾウニとか、いろいろ美味しいものをつくって食べるんだわさ」

シバポンが、
「それでさ、不思議すぎるんだけどさ、月での食料生産はどうしてるんだい? 」

すると、
かぐや姫が、
「そこのところを詳しくお話ししましょうね、シバのポンちゃん・・・

そうそう、
これはね、目もくらむような永い永い年月のかかったお話しなのよ・・あなたたち、気絶しないで聞くのよ・・・
今現在では、月星人と呼ばれてる宇宙人が月には住んでいるのじゃ。

その人たちは、遥かなる大昔、
パルトブルンという星系にある、パルトランドンという惑星から地球にやってきたのですじゃ。
なぜ、彼らが地球にやってきたかというと、そのパルトランドンという惑星がメチャクチャになっていたからなのですじゃ。
つまり、滅びそうになっていたってことね。

その惑星の科学技術が進んで、そのパルトランドンの人たちは、贅沢をしすぎ、驕りまくり、文明が爛熟し、その果てにマイナス面だけが大きくでてきたのです。

で、それ以前から、彼らは、宇宙全体に探査機sを飛ばし、生物の住めそうな惑星を探していたのです。

そこにおいて、彼らは地球を見つけたのじゃ。

そこで彼らは、地球の衛星としての月を、地球の周りにおこうと考え、
惑星になりそこなった天体――今の月を――、地球にもってきたのです。

しかも、その月に手を加え、地球を見守ることができるようにしたのじゃ。

彼らの宇宙船でその天体を引っぱってきて、地球の周りに置き、その月を押したり引いたり、ひっぱ叩いたり蹴飛ばしたりして、今の月の在りようにしたのじゃ。

月と太陽の見た目の大きさを同じくしたり、月はいつも同じ面を地球に向けているように調整したのです。

起潮力-潮汐力関連で起こる月の位置変動も考慮して、さまざまなことも行ったのです。

しかも、月の内部に彼らの基地と住居を建設したのじゃ。

その時掘り出した岩石などを、火星と木星の間に捨てたのです。

それらが今、小惑星群の一部を形成しているのじゃ。

いやはや、宇宙は広大で、どんな生物がいるか、何があるのかわからないくらいなんですよ。

・・・ということなのよ。
皆さん、さぞかしビックリしたでしょうね・・・

・・・それでね、
あたしの話し方は、昔の言葉と現在の言葉をゴチャマゼにしてるので、ヘンな感じだと思います。
うひひひ・・・」

こんな風に、かぐや姫の講義のような話しは終わる。

シバポンが言う
「そうでなけりゃ、今のような、月と地球のような関係はありえない、ってことだね」

ミケポンが
「月はいつも片面の表だけを地球に向けているし、太陽と月の見た目の大きさは同じだし、日食や月食も完璧なパノラマを見せるし、ってことは、偶然では起こらない、ってことなんだ・・・月星人がやったから、こうなってる、ってことなんだね」

「そうそう、そうなのよ。
あなたたち、ワンコとニャンコなのに、理解力が高いわね・・・あら、失礼・・・あら失礼、って言うと、さらに失礼になっちゃうかしらんらん・・・」
とかぐや姫が応じる。

ミケポンが、
「いやいやそんなことないよ。
我らは、人間より優れているからね・・・我らは地球を壊したりはしないんだ」

シバポンが、
「そうそう、そのとおり・・・我らの優秀さを賛美されたみたいだよ」
と声をあげる。

かぐや姫が、
「いいこと言うわねえ。
まったくもってそのとおりですじゃ」

シバポンが、
「繰り返すけどさ、今の月星人が、昔、そういうことをやってなかったら、地球と月の関係は今みたいにはなってなかった、ってことだよね。
それでさ、月星人は、今の地球を見守って、何しようとしてるのかなあ? 」

ミケポンが、
「そうそう、そこのとこ知りたいな。
月星人は、今、我らのすぐ近くにいて、地球を見守ってるんでしょ」

(登場人物の言葉遣いを設定してなかったので、言葉遣いが不安定ナリス・・それを精密にやろうとすると、時間と労力がかかりすぎるのでアール・・・これは、イメージスケッチなる書き流しなのでアールス)

シバポンが、
「かぐや姫さんも、月星人なんじゃないの? 」と訊く。

かぐや姫が応えるには、
「あはははは、そうなのじゃ。
あたしは月に住んでるから月星人ってことにはまちがいがないわね。
で、さっき言った、本物の月星人の子孫なのかどうかは、あたしも知らないんじゃ」
と応じる。

ヒマポンが、
「ところでさ、月星人は、地球を見張ってるってことなんだけど、見張って何するのさ? 」

かぐや姫が、
「それはムズカシイ話しね。
どこででもあることなんだけど、月星人たちは、ふたつの勢力に分かれてしまっているのじゃ。
詳しくは言いたくないのじゃじゃが・・それらの主張が正反対なのじゃ。
しかもその二派それぞれがさらにいくつかに分かれてしまっているのじゃ・・これもどこででもあることなのです。
ということで、収拾がつかないのですじゃ・・・
・・・ということです」

ミケポンが、
「それだけ聞けばよくわかるよ。
うーん、困った話しだなあ」

シバポンが、
「我らも、そういったことには気づいているんだよ。
困ってしまってワンワンニャニャン、ってこのことだなあ」

しばし沈黙がつづく・・・

ウサポンが、
「さあ、みんな餅つきを始めるんだぞう」
と言って、
準備されたものたちを指差す。

「わー、わーわー、凄いぞ~」
という声が沸き起こり、
ヨダレを垂らしながらの餅つきが始まる・・・

大勢がよってたかって餅をつくもんだから、あっという間に餅がつきあがる。

するとすぐに、お雑煮や餅のデザートがつくられていく。

ミケポンが、
「ところでさ、ウサポン、このもち米はどこでとれたのさ? 」

ウサポンが、
「それなんだわさ・・・
月の内部にはいろんな区画がつくってあって、しかも、電気や光や水の設備も整っていて、――つまりそういった設備は月星人がつくったんだけどさ――、作物を栽培するのは、お茶の子さいさい、なんだわさ」

ミケポンは、
「ふーん・・そうなんだ・・・
このお雑煮の緑の野菜は、なんなのさ? 」

「それはさ、月だけにある月見草っていう野菜で、栄養たっぷりで美味しいんだわさ」
とウサポンが応える。

ミケポンが、
「こっちの白いカタマリはなんなのさ? 」

「これはね、月だけにある月見タケっていうキノコで、いいダシがでる上に、ほどよい歯ごたえがあって、こたえられないんだわさ・・・
そいでさ、キノコってのには毒があるのがあるから、気をつけないといけないんだわさ」
とウサポンが応える。

シバポンが、
「そうそう、我らの仲間が、キノコを食べて中毒したことがあったっけ。
回復したからよかったんだけどね」

・・・宴会の準備が整い、彼らはごちそうをパクつく。

かぐや姫が、
「そうそう、言い忘れていたことがあるのじゃ。
月と地球の話なんだけど、偶然に今のようになる確率はゼロってことを言いました。
そのほかにもあるのです。
地球と月ができた年代や、それぞれの成分たちの分析、から言っても、科学的におかしなところがあるのじゃ。
それとその他にも科学的説明たちをしようとしても、説明できないのです。
だから、さっき話したのに加えて、今で言う月星人が、今のようにした、としか説明できないのじゃ」
と説明を加える。

ミケポンが、
「へーえ、そうなんだ。
宇宙って不思議だね」
と応じる。

ヒマポンが、
「そうそう。
我らが登ってきた、虹の階段も神秘そのものだしね」
と言う。

ここで、ミケポンが、
「あ、あそこにピアノみたいなのがあるじゃん。
我が一曲披露するね」
と言って、その楽器に臨んで、演奏と歌をやり始める・・

「♪♪ネコふんじゃった、ネコふんじゃった、ネコふんづけちゃったらひっかいた・・・・・・♪♪♪」

ミケポンが歌い終えると大喝采があがる・・・

興奮のルツボとなる・・

・・・すると、シバポンが、
「我も一曲披露しようじゃないか」
と言って、演奏し歌い始める・・

「♪♪それは、ネコの糞じゃった、ネコの糞じゃった、糞をふんづけちゃって、我は怒ってネコをひっかいた、ネコをひっかいた・・・・・・♪♪♪」

またまた大喝采がおこる・・・・

一帯は興奮のルツボと化す・・

ニャンコたちとワンコたちは、笑いながら踊り始める・・・


・・・そういうふうにして彼らは飲み食いし、楽しむ・・・


・・・月の夜がふけていく? ・・・

かぐや姫が、
「・・・では、みなさん、あなたたちの友である、人間について少しお話ししましょう・・・

人間って、あなたたち、ワンコやニャンコ、ウサタンたちには、メロメロですね。

・・・それで、
人間の女性には月のものって現象があるでしょ。
例外はあるけど、その周期は月が地球の周りを一周する日にちとだいたい同じなのです。
不思議でしょ・・・

・・・これはあたしの夢想なんだけど、
過去に、月星人が、そのことを知っていて、月が今の周期で、地球を一周するように、月を設置した、と思えるのです。
なんか夢があっていいでしょ・・・

・・・それがほんとだとすると、月星人は、人間にまで至る生物の進化を知っていて、月を設置した、のかもしれません。

・・・ということは、月星人は、地球の生物の進化にかかわってきた、のかもしれません。

・・・そうでないと、今のような生物たちは、地球には存在しなかった、と言えるのかもしれません・・・

さて、
太陽系にある衛星たちが、それぞれその惑星をまわる周期は、全部は知らないんだけど、月のそれよりずっと短いでしょ。

・・・そういったことたちについても、何からなにまでもが不思議なのです・・・」

ミケポンが、
「ふーん、そうなんだ」
と応じる。

・・・彼らは飲み食いし、歌い踊り、夜もふけ? 眠ることになる・・・

・・・彼らが目覚めた-次の日? ・・・

かぐや姫がしゃべりだす
「あなたたち、ここで、ここ掘れワンワン、ここ掘れニャンニャンをやってごらんなさい。
すごいことになるから」
と、少し笑い気味に。

シバポンが驚いて、
「あれっ? なんで知ってるんだろ、それを」

ミケポンも、
「まるで、地球での我らのことを見ていたみたいだなあ」

かぐや姫は、
「月には、天眼鏡っていうスグレモノがあるのです。
その天眼鏡で、あなたたちのやってることがわかったのじゃ」

ヒマポンが、
「うわああ、ズルい」

かぐや姫は、
「ともかく、またやってごらんなさい。
神秘の世界が拓けるから」
と、微笑みながら言う。

シバポンが、
「そこまで言うんならやってみようか」

ミケポンも、
「おもしろそうじゃん」

そこで、
「ここ掘れワンワン」
「ここ掘れニャンニャン」
が始まる・・・

今回は、地球でのと違って、メンドーサ地区とサボりーナ地区出身のワンコたちとニャンコたちも、初めから参加して掘りはじめる。

「ここ掘れワンワン」
「ここ掘れニャンニャン」
と騒がしい・・・ワンともニャンとも騒がしい・・・

・・・彼らは掘り進む・・・

・・・やがて、地下道が現れてくる。

・・・彼らは充分に掘り、地下道の全容が顕わになる・・・

かぐや姫が、
「あたしも行きましょう」
と言って、先頭に立ち、地下道へと降りはじめる。

ミケポンとシバポンをはじめ、彼らはかぐや姫のあとにつづく・・・

・・・地下道に至った彼らは、地下道を進んでいく・・・

かぐや姫が突然、
「まだ、話してないけど、土星の輪も不思議なのです。
あれも月星人がやったのかもしれません」
と、独り言を言う。

ミケポンが、
「ふーん」
と声をあげる。

・・・地球のそれと同じように、地下道は徐々に広くなっていく。

まわりには、さまざまで謎めいた景観が広がる-景観といっても実物そのものなのであるが・・・

しかし、地球での地下道で彼らが見た景色とはすべてが大きく異なっている・・・

誰も見たことがないような、不思議な形と色をした太古の生物たちが蠢いている。

古代文明らしき古ぼけた遺跡-廃墟――奇妙な形と色彩の遺跡たち――も圧倒的な威容を見せる。

森が広がったり、砂漠が広がったり、統一のとれないところもある。

赤茶けた地域もある。

そのうち神秘的な音楽が響き渡ってくる。

かぐや姫が、
「あなたたちが、地球での地下道で見た光景とは違うでしょう。
・・・でも景色といっても、全部、実物なのです」
と言う。

・・・彼らは虹色をした不思議な階段のあるところに至る・・・

「なんだろうこの階段は・・地球のときのとはずいぶんちがうな」
とシバポンが声をあげる。

「きれいな色してるじゃん。この階段、上のほうに行ってるみたいみたいじゃんか・・そこは地球のと同じだね」
とミケポンも声をあげる。

かぐや姫が、
「見た目はずいぶん違うけど、あなたたちが地球で発見した階段と、ある意味似たようなものね」
と声をあげる。

「あ、そうなんだ。
地球でのと同じく、上りのエスカレーターってとこかもね」
とヒマポンが」言う
「あたいはヒマラヤンだから、月のヒマラヤ登山ってとこかな」

周りの彼らが笑う・・・

だれかが
「神秘な虹の階段だ」
と叫ぶ・・・

それは神秘的な虹色に輝いているのである・・・

彼らは、さっそく、その虹の階段を登っていく・・・

彼らが登っていくにしたがって、
まわりの景色がずんどん変わっていく・・・

・・・それはある意味、地球からの虹の階段と同じように、であるが、
しかし、地球からのそれから見えた景色とはまったくもって異なっている・・・

緑おりなす大地、
太く長い川たち、
果てしない森たち、
光を放つ大都会たちも見える、
さまざまな城たち、
高い山たち、
それから
青く波打つ大海、
さまざまなパノラマがある・・

「言葉にすると似てるけど、いったいこれどうなってるのさ、地球からのとはぜんぜん違うよ」
とマルポンが言う。

かぐや姫が口を開く
「これら見えるすべてが宇宙のどこかににある実物たちなのです」

マルポンが、
「ふーん、そうなんだ、でも信じられないなあ」
と声をあげる。

「それにしても、地球からのよりずっともっとおかしな階段だなあ。
こんな階段がよくもあったもんだなあ、見える景色が宇宙のどこかにある実物だなんてさ」
とシバポンが応える。

ミケポンが声をあげる
「ちょっと、キミがわるくなってきたじゃんか・・宇宙って底なしの神秘の世界なんだね」

ヒマポンが大きな声で言う
「ほら、あちこちに、霞やら煙やら黒雲なんかが見えるよ。炎もあちこちであがってるじゃん・・・地球からのとはずいぶん違ってるけどさ」

シバポンが声をあげる
「ほんとだ。さっきは気づかなかったけど、全体的に何かすごいことが起こってるみたいだ・・なんか気味悪いなあ・・・」

「ほら、宇宙にある広すぎる海が大きくうねっているじゃん・・なんか恐ろしげじゃんか・・色もヘンだしさ」
と、ミケポンが叫ぶように言う。

彼らは虹の階段をずんどんのぼっていく、
彼ら大勢の間からも、大きな驚きの声ごえがあがる・・・

・・・彼らはそれでも、不思議な階段を上がっていく・・・

・・・時が流れる・・・

虹の階段は大宇宙空間にでたようだ・・・

彼らは依然として階段をのぼっていく・・・

彼らは息は苦しくないようだ。
普通に呼吸ができるようだ。

・・・虹の階段の上の先に、無数の星ぼしが広がっている・・・

彼らに見えるのは、数限りない星ぼしであり、それと、下の方には月と地球が見える・・・

彼らはさらに神秘の階段を登っていく・・・

お~、
その虹の階段は大宇宙のどこかにつながっているのが見える・・・

・・・依然として彼らは汗をかきながら階段を登りつづける・・・(ワンコたちも、ニャンコたちも、立派に汗をかいているではないか)・・・

・・・時がたち、彼らは大宇宙の不思議な空間に至る・・・

・・・かぐや姫が、
「さあ、ここが大宇宙の果てです。
でも、ここは、大宇宙のヘソでもあるのです」
と声をあげる。

「ええ~? 大宇宙の果てで、しかも大宇宙のヘソだって? 」
と、ミケポンが声をあげる。

「それってどういうことなんだろう? 」
と、シバポンが訊く。

かぐや姫は、
「ここが、大宇宙を壊すことも、新しい大宇宙を造ることもできるのです」

ミケポンが、
「ここが、大宇宙の終焉の場所であり、大宇宙の始まりの場所でもある、ってことかなあ? 」
と首をかしげる。

マルポンが、
「意味がわかんないじゃん。
もっと説明してほしいよ」
と、声をあげる。

ヒマポンも、
「ほんと意味不明だよ。
そこの仕組みはいったいどうなってるのさ」
と不満げに言う。

かぐや姫は、
「そうなのよ、あたしも、それについてはほとんど知らないのです。
ただね、それに関してちょっとだけ聞いたことがあるのです。
なんでも、ここには巨大な知性が満ち満ちていて、その知性が、大宇宙を見守っていて、いろんな判断をして、いろんなことを実行する、そういう実行力までももっている、ということ、そう聞いたことがあるだけです」

「ふーん、そうなんだ。
不思議な話しだね」
と、ミケポンが応じる。

・・・彼らは、見える限りのパノラマを見渡す・・・

・・・壮大な光景である・・・
無数の星ぼし
雲のような何か
色彩もさまざまである・・・

ヒマポンが、
「あ、星が落ちていく。
ほら、あの星」
と、指差して叫ぶ。

「あ、ほんとだ」
と、ミケポンも声をあげる。

彼らから見れば下の方に流れていく星がある。

「あれって、流れ星じゃないよね」
とマルポンが言う。

かぐや姫が、
「そうね、ここは宇宙空間なんだから、地球で見れる流れ星とはまったく違うわね」
と応える。

ヒマポンが、
「じゃあ、いったい、なんなのさ? 」
と声をあげる。

「たぶん、さっき話した大宇宙の巨大な知性が、あの星をどうにかしようとしてるんでしょう」
と、かぐや姫が言う。

・・・彼らは、周りのスペクタクルを見つづける・・・

ヒマポンが、
「あ、別な星が、最初の落ちる星の方に流れていくよ」
と叫ぶ。

「あ、ほんとだ。
ヒマなヤツは、よくなんでも見つけるもんだなあ」
と、シバポンが言う。

ヒマポンは、
「ちがう、ちがう、我はヒマラヤンなんだ。
ヒマじゃないんだ。
ヒマラヤ登山はヒマジンのシバポンなんかにはできないのさ」
と応じる。

「わるかったな」
とシバポンが応じる。

「あ、それらふたつの星がぶつかりそうなんじゃらほい」
と、ミケポンが声をあげる。

「お~」
「お~」
・・・
と声があがる。

「まるで、花火みたい」
とマルポンが叫ぶ。

それらふたつの星たちはぶつかってはじけ飛んだのである。

ミケポンが、
「惑星たちもマキゾエじゃんか。
あそこに住んでた生き物たちはいったいどうなるのかなあ」
と眉をくもらせる。


「そうね。タイヘンなことね。




・・・つづく鴨duck・・・(と、怒鳴るどダック…JK…)・・・



・・・かなり前にネットに載せた駄文集・・・


地球漂流
質時間回帰がよりいっそう強烈

に働く時代にはいった・それが

強く目に見える時代にはいった
sennnennoukokutohakonokotodea

lu
人類はholob
人口がどんどん減っていけば、

あらゆるすべての資産の価値は

暴落する・無意味になるし必要

でなくなるからである・・
その先、すべての国sと人類が

滅ぶ
だいたい、衣食住のために働く

人たちがいるからこそ人類は生

きていけるのであるが、そこを

勘違いしているなんとかどもが

いるので話しにならない
halagulo frb(ふざけすぎたろ

ばばか)が利上げをしても、米

のインフレは収まらない・今回

のインフレは過去のそれとはま

ったく異なる
やりたい放題をやってきて、い

い思いだけをしてきた者たちに

は、もはや逃げ場がない
いや、ある、地獄の最深部だ
人類はholob
sennnennoukokutohakonokotodea

lu
質時間回帰がよりいっそう強烈

に働く時代にはいった・それが

強く目に見える時代にはいった
地球漂流


・・・かなり前にネットに載せた駄文集・・・


繰り返される原始時代X4


大自然の中
花が咲き乱れ
風が吹き乱れ
氷の花が咲き乱れ
太陽が吹き乱れ
人類が咲き乱れ
人類が吹き乱れ
人類社会が咲き乱れ
人類社会が吹き乱れ
爛熟が咲き乱れ
頽廃が咲き乱れ
花が咲き乱れ花畑が広がり
大自然が咲き乱れ
それから当然
原始時代が花開き咲き乱れる
それは花咲く人類の歩み
そしてそれは原始時代への歩み

原始時代は
繰り返し訪れる
それはこれまで100パーセント起こってきた事実
そこではほとんどが最初からのやり直しとなる
それに歩調を合わせて
質時間回帰も起こる
質時間回帰は怖い恐ろしい恐怖だ

いやいや
基本的に
質時間回帰による原始時代への回帰という事象が起こることがあるということである
そのケースがほとんどである

人類が便利にして楽な文明社会を充分体験すると
ひっくり返ってその真逆の原始時代が訪れるのである
そこにある本質は質時間回帰である

質時間回帰


そこにおいて
ある意味
文明化社会と原始時代は似たようなものであるといえる
それらはなにからなにまでそっくりである
文明化社会にもさまざまな痛苦があるという点においてそういえる

ただ、文明社会の人々は
ひ弱になっている
脆弱
ある意味それは退歩である

そうではあるが
人間は進化もしなければ進歩もしない
変化するだけである

退歩は起こりやすい

すべてが質時間回帰のもとにある


退歩するのは質時間回帰の一種である

それが厳然にして現実なる事実である

さて 原始時代

どこにも店がない

訳のわからない店らしきがあっても何も売ってない

仮に売ってるものがあったとしても交換手段がない

貨幣らしきはニセモノとわかっているからだ

となるろ
自分で食べ物を育てるしかない
海や川 山に行って自分で食料を獲得するしかない


服などという贅沢なものもない

家も原始時代のそれだ

(後略)



(前略)

前提が間違ってれば結論も間違ってることが多い

結果は偶然間違ってなかったという奇跡を除いては



その2

(過去の分)


大晦日


今年、壮大な天体ショーが、二事象重なって起こったので、それに因んで雑文をものしてみよう・・・

今日は大晦日

(昨日はツゴモリ・・
(旧暦で、月ごもり、という意味なのではないだろうか? 新暦においては、天体の月が籠もるとは限らない)・・・
しかしいやいや、
ツゴモリなどとは、ゴワゴワした感じで語感がよろしくないなあ・・・そこでここでは、コミソカ(小晦日)と呼ぼう・・・)


大晦日の今日、その天体ショーに因んで、太陽と惑星たちのネーミングを正確に確認したいのでアールス・・・

(・・・オオミソカには、沢山味噌を入れた(オオミソ)年越しそばを一度ぐらいは食べてみるのもわるくない・・おお、これぞオオミソか? ・・・脱線ダジャレリルレロ・・・)


さてそこで・・・
フトヒ(太陽)、ミズボシ(水星)、カネボシ(金星)、ツチダマ(地球)、ヒボシ(火星)、キボシ(木星)、ツチボシ(土星)、ソラオサボシ(天王星)、ウミオサボシ(海王星)、といったところナリス・・・

ツキ(月)は、ツチダマ(地球)に付いているみたいなので、「付き→ツキ」、と呼ばれるようになったのかもしれない・・・

以上が正式の呼び方だと知っている人がいないのは悲しいではないか・・・


ついでに遊んでみよう・・・

一週間は、
たいようび(日曜日)、つきようび(月曜日)、ひようび(火曜日)、みずようび(水曜日)、きようび(木曜日)、かねようび(金曜日)、つちようび(土曜日)、
からなっており(名称と、人間が決めた規則から)、それらは太陽と惑星たちの名称との関連がありそうである。

そこには七曜(メンド草なので、説明省略)、の考えも入っているのだろう。

ちなみに、
曜日の曜は、太陽が高くあがり輝くといった意味だそうだ・漢和辞典によると・・・日は太陽、右側はキジで躍り上がるといった意味をもつそうだ・・・ほかにもいろいろでてきたけど、メンド草なので省略・・・

であるから、曜日の名称sは、大和言葉だけでいくと、
ひかがやきび(日曜日)、
つきかがやきび(月曜日)、
ひかがやきび(火曜日)、
みずかがやきび(水曜日)、
きかがやきび(木曜日)、
かねかがやきび(金曜日)、
つちかがやきび(土曜日)、
となるのでアールス。

ありゃりゃ、日曜日と火曜日が同じ発音になってしまった・・・

そこで、日曜日を、
ふとひかがやきび(日曜日)、
とすれば、納まるナリス。


・・・以上、お遊びの戯れ文(たわむれ文、ざれ文)じゃすた・・・



(上略)




ナンセンス小話その2


・・・ここでちょっと休憩しよう・・・
ではその線で、バカ小話、アホ小話を・・・

Aさんが言うには
「うちで飼ってるニワトリたちは、
ホヘーホッホッホッホ~~ホヘホッホー
って鳴くんだぜ」

Bさんが応じて
「へえ、そうかい・・君さあ、ニワトリたちの歯を全部引っこ抜いただろ? 」

Aさん
「君、よくわかったなあ、
素晴らしい、君の推理力にはマイルよ、
一億マイルぐらいだなあ」

Bさん
「たった一億マイルかい、
おいらは、宇宙一周マイルぐらいだと思ってるんだがなあ」

Aさん
「そいじゃあ、その線で、宇宙一周旅行とシャレこもうじゃないか」

Bさん
「よしっ、
早速準備を始めよう」

Aさん
「いいなあ、宇宙一周旅行、早速やろうぜ。
それでなあ、うちのニワトリ小屋の近くにフクロウが住んでてな、
そのフクロウは、ホウホウホヘヘって鳴くんだぜ」

Bさん
「わははは、ホウホウそうかい。
うちの近くにウグイスが住んでるんだが、
そのウグイスは、ホーホーホヘヒョって鳴くんだなあ。
そのウグイスは、君のところのニワトリ小屋を覗きにいってるんだろうな」

Aさん
「わははは」

Bさん
「あほほほほ~~」


・・・以上、バカ小話、アホ小話じゃすた・・・



設問:
このところの一連の流れにのって、「遊びの精神」と「超絶抱腹絶倒超絶不審仮説の世界」と「科学的精神」の中で、「森羅万象スペースファンタジア問題」に挑戦してみよう。

まず、まずい詩(幻想駄詩)を:


かなり前に書いた、シリーズをなす幻想駄詩sの一部:

(それらも質時間回帰の世界にある)

(10年ぐらい前に書いた、と思う)



スペースファンタジア

スペースファンタジア 世界は夢幻 果てしなき時の流れの中で 森羅万象 大宇宙という舞台 星の数ほどの文明が どこかの星の上に 生まれ 生まれては消え 消えては生まれ 波打ち寄せる 砂浜に築かれた砂の城のように

永遠に繰り返し築かれる砂上の楼閣のように 栄枯盛衰 隆まっては替わり 長じては消え去り 栄落興亡 興っては廃たれ 浮いては沈み そして 世界は黄昏 惑う星テラは沈みゆく 神々の栄光を載せて

その先始まろうとしている 永い永い静寂の季節 続きに続く寂寞たる時空の世界 森羅万象 スペースファンタジア

世界は夢幻 果てしなき時の流れの中で 森羅万象 スペースファンタジア やがて くりかえされる ふたたび 甦りのときが 惑う星テラに兆し また 新たな 時代が始まる 世界は夢幻 果てしなき時の流れの中で 森羅万象 スペースファンタジア

(それらも質時間回帰の世界にある)



季節

季節 季節は巡らず 今や気候はきまぐれ 冬に入道雲 夏に雪 大風は勢いを増し 渦巻く風も力を強くし 極端から極端へ 季節感が壊れていく 地球の叫び 大自然の雄たけび 地球から疎まれる人類 大自然から懲らしめられる人類

(それらも質時間回帰の世界にある)





雨 雨が降る 世界中に雨が降る 人類に質時間のプラスを積ませる天からの雨 天の涙 雨が降る 世界中に雨が降る



世界

世界 スペースファンタジア 世界は夢幻 果てしなき時の流れの中で 森羅万象 自在闊達に踊る 時を経て 今や人類が贅沢し果て奢りつくし 人類自身と世界を汚し 地球は怒る 大自然は怒り狂う 世界は怒髪天を衝き変怒妖天変難雑凶災乱地異襲 大風大雨 変わった色のイナビカリが世界を襲い


妖異摩訶不思議な雨が雪が世界を襲い 人類は黄昏 人類は縮み上がりヘタれ果て狂いまくり腐癌荒争廃破戦汚損敗変病腐壊死 惑う星テラは沈みゆく 神々の栄光を載せて その先始まろうとしている 永い永い静寂の季節が 続きに続く寂寞たる時空の世界が


世界は夢幻 果てしなき時の流れの中で 森羅万象 スペースファンタジア やがて くりかえされるふたたび 甦りのときが 惑う星テラに兆し また 新たな 時代が始まる 世界は夢幻 果てしなき時の流れの中で 森羅万象 スペースファンタジア



スペースファンタジア

スペースファンタジア 世界は夢幻 果てしなき時の流れの中で 森羅万象 大宇宙という舞台 星の数ほどの文明が どこかの星の上に 生まれ 生まれては消え 消えては生まれ 波打ち寄せる 砂浜に築かれた砂の城のように

永遠に繰り返し築かれる砂上の楼閣のように 栄枯盛衰 隆まっては替わり 長じては消え去り 栄落興亡 興っては廃たれ 浮いては沈み そして 世界は黄昏 惑う星テラは沈みゆく 神々の栄光を載せて

その先始まろうとしている 永い永い静寂の季節 続きに続く寂寞たる時空の世界 森羅万象 スペースファンタジア

世界は夢幻 果てしなき時の流れの中で 森羅万象 スペースファンタジア やがて くりかえされるふたたび 甦りのときが 惑う星テラに兆し また 新たな 時代が始まる 世界は夢幻 果てしなき時の流れの中で 森羅万象 スペースファンタジア

(それらも質時間回帰の世界にある)



さて、以上の「幻想駄詩s」のもとに、前回までの設問sの中のいくつかである「幻想的な問い」をあらためて立てよう:
「自分が転生したとすれば、次回はどんな人物に生まれ、どんな性質・特性s「見た目・姿形、身体上の特性、性別、人種、民族、才能、能力、その他」をもち、どんな境涯と生涯をおくることになるか、質の科学(仮説)のもとで推測想像し記すこと。
ならびに、「転生先」を複数の意味に解釈し(人物、境遇 地域、国家、惑星)、転生先がどういう存在・在り方sになるか質の科学(仮説)を適用して推論想像し記すこと。


(この#3に全てを入れているわけではないので、この部分は迷子になっているが、そのまま残しておこう→《あとは、以下、前回以前までの分と同じである》)


参考:「運命のノート#17」:
今までの設問も風変わりだったが、今回はよりいっそう風変わりで幻想的な問いをたてよう:
さて、前回は、設問シリーズ「#108」であった。
「108」というと「煩悩の数」だと仏教系の教えではいわれている。で、「心器」のもつ「108」の煩悩が、あの世・地獄や天国などを形成しているのかもしれない、という幻想を抱くのは面白い(興味深いという意味)。煩悩の数は「8万4千」ともいわれるが、そうなるとあの世のさまざまな領域の数はさらに多いということになるだろう。
そもそも、あの世(ここでは仮説だが)にある、「質を伴った情報と実態=あの世の世界」そのものは、さまざまな文献を見ると、人間の想像できるものばかりである。
人間にとって、「人間の心器が発生させ」、「意識器で意識し味わう」、「それが森羅万象を含めてすべてのすべて」なのであるから、それは当然のことといえるだろう。
しかも、心器で生じさせる心的内容(=意識器では意識内容となる)は、仮説としてのたんぱく質などの情報発受信物質によっている。それがあの世の世界を形成しているのは以下の観点などからいって当然だと思える。
物質である「たんぱく質などの情報発受信物質」以外に、「この世界・森羅万象を含めてすべてのすべて」の「質を伴った情報と実体・実態」を担保し形成できるものは、「特定の意味で」ないだろう。
(ここで、「特定の意味で」としたのは、あの世の世界にも、「質を伴った情報と実態」が満ちているだろうが、それが、もともとなのか、無数の心器・知性体の活動の結果なのか、確定できないからである――この解説をなすこと――)(そういったことに関しても、筆者はすでにネット上にも記している)。
そういうことで、あの世を含めて、この世界・大宇宙に存在する「質を伴った情報と実体・実態」のありうる可能性は、「たんぱく質などの情報発受信物質」が担保しており、それに対応した「すべての世界」のひとつの領域が「あの世」であって、(以上、当然のことながら仮説である)、それが、「人間の想像できるものばかりである」のは当然だといえる。
さてここで、このところの一連の流れにのって今回の設問を:
自分の転生先(「自分という意識の主体」の転生先)がどんな世界であることを望むか述べること。
ならびに、質時間回帰則からいって、そのとおりの転生先を確保できるか否か論述すること。
さらに、このところと今回の設問sをもとに、さまざまな問いをたて、それらに解答すること。
(この設問の対象における内容について否定する意見の持ち主は、そういったテーマについての科学的研究能力のない人物だろう。
「そういうのは荒唐無稽だ、トンデモだ」などという意見も結構だが、それでは研究にならない。そういった見解は、思考停止状態そのものを示しているだけであって、それは、刷り込まれた思い込みのみに頼っている・あるいは不可解な反発心によるケースもありそうである――そこらの解説をなすこと――。
ここでは考えられる可能性を前向きに追究しているので《なにごとであれそういう姿勢が望まれる》、このスレッドその他のここまでのすべての内容を理解した上での感想が求められるし、全部を理解した上でないと、反論する資格も権利もない《否定・反論するばあいはそうであるが、学びたいばあいは、すべてを理解していなくてもよいのは当然である》。
ちなみに、検証・実証も今後進めていきたい)。


(下略)



(上略)




「この世界のすべてを理解するための一試論」~「原初生物の発生(誕生)と進化」についての一考察」+「脳には情報を統合する機能はない」+「無限関連」+さまざま:継続中「質・クオリアの科学(仮説)~心脳科学(仮説)~世界哲学」


「この世界のすべてを理解するための一試論」~「原初生物の誕生と進化」についての一考察」~「脳においては、情報はキレギレ-バラバラな形態で扱われ、脳にはそれ(ら)を統合する機能はない」+さまざま


+「宇宙は永遠につづいていく・・宇宙が終末を迎えても(過去のと今回のが)次の宇宙が生まれる・・それが永遠につづいていく」なる追究の一部・・

題して「無限大と無限小と反転」+さまざま」・・・(でいいかな? )」




☆☆☆



今回の加筆事項s


以下のどこかにこれを挿入(これについても詳細に既述しているが、ここでは、それを簡略に記そう・・既述している文章sを探し出して挿入するということ)・・

「生体を生み出す遺伝の系の構成要素s~遺伝子関連の系の構成要素s(主に、DNAを構成する核酸s、RNAを構成する核酸s、など)」
のもつ情報はきわめて少ない。

一方、「タンパク質など(情報発受信物質s)」のもつ情報は、きわめて多い。

以上も、「タトエとしての水蒸気の存在する『知性的空間』にある知性的な存在が、そういう性質をもたせたとしか考えられない。
そこには、遥かなる過去からの情報や知性的な存在sがかかわっているだろう(これについても詳細にさまざま論じて既述している)。

(・・・以上を以下に織り込むことは、メンド草の大草原なのでアールス・・しかし、既述しているセクションs~チャプターs(文章)に、本論に必要な内容はすべて記してあるナリス・・ただ、つながりをもたせてないだけなのでアールス・・・ああ、メンド草草メンド草・・)



前回の加筆事項s


以下にある「ミネラルs」の驚くべき働き、の項に、「物質s」も入れる。


以下にある「知性体の存在の根拠・証拠s」に、「多重人格の存在」(解離性同一性障害をもつ人の存在・・昔は、多重人格障害といわれた)を入れる。

そういった複数の人格sが現れる人においては、それら人格sの間には、記憶・感情・性質などの一貫性はない。

ということはつまり、脳だけの働きだけでは、そういう実態は決して起こらないという結論に至る。

知性体sの存在があるので、そういう実態が起こる、ということになる。

(人には心器がある。その心器があの世に移行した存在を知性体と呼ぶ。現存の心器も、そういった事象を起こせる可能性はある)

加えて、記憶には知性体と心器が大きくかかわっていることもそこからわかる。


付記・・・
巫女さんにもそういうことを起こせる人がいる。



(上略)



・・・ここまでの一応のマトメと付記・・・

ここまでの結論として・・・

○どんなに永い時間が経過しようとも、偶然-ランダムでは決して生物(ここでは特に原初の生物に着目)は生まれない
新しい種の誕生についても同じくそうである

 よって、知性空間が存在し、そこには、知性体たちとさまざまなデータsが存在することが裏づけられた・・このことは、タネもシカケもないマジックがあり、知性体たちは物理-化学の法則の実態を破ったりコントロールしたりできる(既述)、という実態と重なる

しかも、生物をつくり上げ進化させるには、知性空間にさまざまなデータsがなくてはならない・・A-知性体たちがそれらのデータsを収集し知性空間に記録する…あるいは、B-自然に記録される…あるいは、C-知性体たちが記憶する…としか考えられない・
(この2つあるいは3つ「AとC」または「AとBとC」は、それぞれの内部において、「かつ」の関係にある可能性もある…たとえば、「AかつC」…「または」の関係も当然ありうる「AまたはC」と…)

・・・ということは、宇宙は誕生と消滅を繰り返しながら、永遠に続いてきている・
(無限に永い時間を経てきている、あるいは、無限に近く永い時間を経過してきている・・この前者だろうと思われる)、
という実態もある、ということになる・・そうでないと、そういったデータsは存在しないし、生物の誕生も進化も起こらないのである(生物が誕生したあとは、突然変異でちょっとした変化は起こるが)・・・

・・・このセクション全体(とそのほか)から、そういう結論に至る・・・




(加筆)



それらの謎と課題については、5年以上前から考究して筆者はネット上に載せてきている(世界哲学などの中に記している)。
その研究と、ここでの研究内容をつき合わせ、結論をだすと、
上の長々とした「転調しての喜劇の項」のずっと上にある-
…「X」「X☆」…
である・・・




・・・上にもあちこち、他のところにも何回も述べているのでこれは繰り返しになるが・・・、
知性空間(と名づける空間)・・タネもシカケもないマジックの存在が、そういった空間があり、そこに知性体たちやさまざまなデータが存在することを証明・実証している・・・(付記・・知性体たちは、対象を認識-識別できる…赤外線スペクトルその他を媒体として…)・・・



・・・以下は総まとめ的になっている・・・
・・・その前にもうひとつ、重要というか必要なことを記そう・・以下この初めの方は何度もどこかに記している・それらプラス新しい内容をも記そうということ・・そして、結局、以下は、この課題における結論としての総まとめになる・・・


○○○「この世界・宇宙に意識がないとこの世界はないに等しい」・
(どう考えても、物質より、意識の方が重要である…どう考えてもそうである…物質だけが存在して、意識が存在しないと、この世界を認識し意識する存在がないということになるので、そういう主張は成立する)
「この世界に意識は存在する」
「よって、意識の大元である意識器は存在する」
「ということは、当然、心器(知性体)も存在しなくてはならない・・なぜなら、心器がさまざまな情報を集め理活を行い、その結果の心的内容を意識器に送り込んで初めて、意識器によって意識内容が意識され味わわれるからである(詳細に既述・何度も)」
「であるから、必然的に、意識器(意識体)、心器(知性体)の存在する場があるはずである(何か所かで詳述している)」
「その場を知性空間と呼ぼう」

…参考…タネもシカケもないマジックの存在はほんとうにある。それらマジックを為すのが知性体たちであり、知性体たちは物理的-化学的法則の実態を破ったりコントロールできる、という事実も、そこからわかる……知性体たちは、一般的には目に見えない……

「さて、心と意識をもつ生物sがいないと、意識内容の増加と発展・変化がない・
(知性空間に存在する知性体たちが、物質の世界なしに新しい心的内容-意識内容をつくろうとしても、それはほとんどムリである…なぜなら、その条件のもとでは、心的内容を形成する情報が少なすぎるからである)・
(大自然がつくった人間ですら、さまざまな無数の心的内容-意識内容――意識内容となる創作物sなど――をつくり上げてきている…それは、人間の身体が物質世界に置かれ、そこで活動し、人間のもつ心器の知性が、さまざまに働くからである)」

「意識内容の増加と発展・変化がないということは、意識にとって、この世界の魅力はなくなっていく-ことに等しい(心器と意識器がこの世界に飽き飽きして倦んでしまって、心器と意識器が生存していくための魅力がゼロになる)。
 そこで当然、意識内容の増加と発展・変化をもつために、この世界・宇宙は、生物をもとうとする」

「さて、以上を総合すると・・・この世界・宇宙は、生物をもとうとする・・で、当然なことながら、元素sや物質sの性質も、生物sが構成でき、生物sが「生きていけるように」できている(そこにはマイナス面もあるが)・
(「当然なことながら」と直上に記したが、そこを考えてみよう・・・まず、確かに実際にそうなっている・・その実態をもたらしたのは、いったい何だろう?  知性空間のもつ演算力だろうか? 宇宙のもつ意志のような何かによるのだろうか? ・・・それについては上にも一部記している・・・それらをも含めて、こういった類いの問いsについては、さまざまに考察してあちこちに既に記している・・・上に記した『この世界・宇宙は、生物をもとうとする・・で、当然なことながら、元素sや物質sの性質も、生物sが構成でき、生物sが生きていけるようにできている』(さらに詳細に後述)・ここでの結論はこの「 」内の初めに記したこの『 』内の内容で満足することにしよう)」

・・・直近上の項をさらに深めた項がある…それは、いくらか下の「X」以下の「A」「B」「C」である・・ここの、近い下にも「A」があるが、その「A」は、別な内容をもつ(…読みやすくするために、符号としての、A、B、C、を多用するので、そういうことになるのでアールス…)・・・

さて、
「知性体たちは、生物についてのさまざまなデータsをもつ(上に記述)・・知性体たちは、生物を構成する原子sや分子sを、それらが放つ電磁波(赤外線など)や電磁波(赤外線など)スペクトルなどによって、認識・識別できる・・そして、
A・「知性体たちは、物理・化学的法則の実態を破ったりコントロールできる(既述)」・
・・知性体たちは、既にもつデータsをもとに、あるいは、試行錯誤しながら、原子sや分子sを認識-識別し(赤外線スペクトルなどをもってそれは可能)、(それらを集め)、その「A」の施工力・実行力でもって、まずは、単細胞生物に必要な生物部品sや小器官sや成分sを構成し、生物としてのシステムを組み上げ、単細胞生物をつくりだす(原子sや分子sを結合させるにあたって、一旦分解して結合させるケースsもある)(そういった単細胞生物をつくり上げることも恐ろしく大変だろう・・よって上述のような永い年月がかかる)・・そして、知性体たちは、データsや試行錯誤のもとに、生物を進化させていく(そこでは突然変異も起こる)・・そして極めて長い時間を経て意識が宿る生物が生まれたのである・・・」

…参考…
遥か上に記している・
「原初の人間が何かをつくり、そこから発展していく様子の項(略記)を参照されたい…
…それをオーザッパッパに言うと、人間が何かをつくるばあいも、人間の知性が必要であり、原初は原始状態にあるが、ずっと後になると、人間はさまざまなデータと知見を見いだし、明細を書き設計し設計図を描くようになっていって、より高度な何かをつくっていくようになる、ということナリス」
…そうであるから、直近上述なるこれは、「既述しているように、知性体たちの活躍がないと、原初生物の誕生もないし、そこからの進化(大進化)もない」、という確信(断定と言ってもいい)の根拠になるのでアールス…
…以上、参考…
○○○


・・・以上の論述をもとに考察すると・・・
生物が誕生し、現在の人間にまで進化(変化、劣化かもしれないが)してきたということは、
「知性体は存在する」、
「宇宙は永遠に続いてきている・・途絶えることはあっても、意識のある生物は永遠に生まれつづいていく」、
…「意識器(意識体)(人と言い換えてもいい)は永遠に転生してきたし転生していく」・(これについてはほかのチャプターと、その根拠をも参照)…、
という結論に至る・・・


・・・さて、もうここまでくると、そうとうな上に記している「遺伝子が先か蛋白質が先か問題」は考えなくてもよいことになるだろう・・しかし一応結論をだしておくと、上述の論考からいって、RNAが先だろうと思われる・・・


X・・・上述「元素sや物質sの性質も、生物sが構成でき、生物sが生きていけるようにできている」について、さらに考えてみよう・・・上述の「○○○」と「○○○」の間に記した記述内容もここに参加する・・・
・・・たとえば、「さまざまで多くのミネラルsを生物たちはさまざまに活用している」、という事実をもここにつけ加えておこう・・・

ここで、「加筆形式#3(途中):質・クオリアの科学(仮説)~心脳科学(仮説)~世界哲学」・
の中に記している「タトエとしての水蒸気」を持ちだそう…

『「A・タトエとしての水蒸気」は情報をもてる・・そして、「B-物質たち」は、その「タトエとしての水蒸気」が相転移して生まれた』・・・

・・・その中で、さて、
C『この世界・宇宙は、生物をもとうとする・・で、当然なことながら、元素sや物質sの性質も、生物sが構成でき、生物sが生きていけるようにできている(詳細に論じたあとの結論)』・
(ここでの「A」「B」「C」は、ここでだけの印である)・
以上の「A」と「B」は密接に関連しているはずである・・
「A」は情報をもてる・・「A」から生まれた「B」にも情報がはいっている・それが物質sのもつ性質となる・・よって、「元素sや物質sの性質も、生物sが(を)構成でき、生物sが生きていけるようにできている(マイナス面はあるが)」と考えられる・・・上述Cはこれらによって説明がつく・・・
(・・・しかし、だからといって、知性体たちの参加なしで、原初の生物の誕生や進化(大進化)が起こるというレベルにはその実態はまったくない・・・)・・・

・・・さらにかなり上に記している項の一部を再掲しよう…
「「この世界・宇宙に意識がないと、この世界はないに等しい」・
(どう考えても、物質より、意識の方が重要である)
「この世界に意識は存在する」
「よって、意識の大元である意識器は存在する」
「すると、当然、心器(知性体)も存在しなくてはならない・・なぜなら、心器がさまざまな情報を集め理活を行い、その結果の心的内容を意識器に送り込んで初めて、意識器によって意識内容が意識され味わわれるからである」
「であるから、必然的に、意識器、心器(知性体)の存在する場があるはずである(何か所かで詳述している)」
「その場を知性空間と呼ぶ」
「意識をもつ生物sがいないと、意識内容の増加と発展・変化がない」
「意識内容の増加と発展・変化をもつために、この世界・宇宙は、生物をもとうとする」、
「知性空間はなんらかの知性的な演算力をもつ」
以上、それらまでをも総合して考えると、
「元素sや物質sの性質も、生物sが(を)構成でき、生物sが生きていけるようにできている(マイナス面はあるが)」のは当然である、という結論に至る・・・



・・・さてここで、筆者にとって興味深い話しを記しておこう・・このセクションなどをもとにして・・・

さて、
筆者はあちこちで、以下に記すこういった謎sと設問sを追究しているナリス(あちこちに既述)が、それについての結論がここででてくるのでアールス(モチのロンで仮説ナリスが)・・・

その謎sと設問sという内容をカンターンにしてオーザッパッパに記すと(具体的にはあちこちに詳述しているので、参照あれかし)・・・

「精神的な実態と物質的な実態の間にはキワメテ精密な対応がある」

たとえば、

人間はさまざまなA心的内容やB物質的構成物をつくる(それらは心器が主導する)がそこにある対応(例外はある)
誰かが何かのBをつくったとして、多くの人たちは、それを見たり聞いたり用いたりすると、Bをつくった人の心的内容(このばあい意図など)を感じること(例外はある)

人間のもつさまざまな特性・・C笑顔を発する人と、Dそれを見る人のもつ心象(心的内容の一種)は多くのケースで一致すること(DがCを嫌っているとそうではないことが多いが)
このばあい、顔という物質の組織のもつ形状と変化(表情)と、心的内容が精密に対応していること
ほかの表情sにおいても、まったくもってそうであること
(表情は脳と心器がつくる)

人間の男女においてもそうである
肉体の形状やその変化(立ち居振る舞いなどをも含めて)と、それを感じる心性(心器の性質)が精密に対応していること
(このばあい、男と女の性的心性は反対になるケースがほとんどであるが、それでも男も女も異性の心的内容がわかること・・例外はあるが)(例外はある)

人間は物質の性質などを追究できること(学問の一種)(心器が行う)


哲学や形而上学を導き出す大元になる

たとえば、ギリシア哲学における、プラトンとアリストテレス、の主張の違いも、この説で理解できるだろう

非物質世界と物質世界の関係についても、結論をだせる

さまざまな哲学についても、分類できるだろうし、批判もできるだろう

さまざまな形而上学についても、分類できるだろうし、批判もできるだろう



まだまだある・・・


この世界の成り立ちと、この世界のあらゆるさまざまについて、説明をつけることができる・・・このばあい、このチャプターのさまざまを組み込んでの論となる・・・

題して・・
「この世界のすべてを理解するための一試論」

A・上述「○○○「この世界・宇宙に意識がないとこの世界はないに等しい」以下のすべてをも組み込む(このチャプター全部を、組み込むと言ってもよい・・さらには、筆者の追究成果として記してきたすべてを組み込むと言ってもよい)

それから、何度も強調して詳述している・・
情報発受信物質の発受信する起源情報スペクトル(可能性の最も高いのは、赤外線のもつ情報スペクトルだろう)をここにも入れる

そして、詳細に既述しているように、
心器のもてる心的内容と、
意識器の中で発言する意識内容に、
この世界のすべてが反映される・・文明度が低いと、その低さに応じた内容になり、文明度が高まっていくと、その内容も豊富になっていく
で、文明度がマックスになった時点で(そんな時点は来ないと思うが)、この世界・この宇宙のすべてが、心器と意識器の中に発言し理解されたことになる

・・・たとえば、詳細に既述しているように、相対性理論や量子力学も、実験結果のデータをも含めて人間たちの心器sの中に生じたのである
ほかの学問sもそうであり、学問以外の「文化・文明を構成するすべて」も、同じく人間たちの心器sの中に生じている(過去をも含めてこう記す)・・・それらをつくる過程もそうであるし、できた成果をエンジョイする-あるいは反エンジョイするのもそうである・・・

上の「A」の中にあるように、タトエとしての水蒸気の系は知性・心器・意識器をもつ
そして、そのタトエとしての水蒸気が相転移して(カンタンにいえば、凍って・・凍る程度は何段階かあるが)物質世界が生まれたのであり、物質の中にそういった知性的な情報がはいっているのである

よって、当然、物質のもつ性質や物質が発受信する「(起源)情報スペクトルにも、そういった知性的な実態がはいりこんでいるのである

さらに、
自分の意識器(自分という意識をもつ主体)は永遠に転生していく
(心器と意識器についても、ネット上に詳述している)
その中で、それぞれの意識における質時間回帰が永遠に続いていく
(これについても、ネット上に詳述している)

それから、
質の対生成、質のもつれ、(直近上述の質時間回帰)、(それらは、質の科学(仮説)の中にある)をもここに追加しておこう

さらに、筆者の追究結果であるさまざま(ネット上に載せている)をもここに追加しよう


・・・以上で、「この世界のすべてを理解するための一試論」となるのであるが、
以上にあるすべての要素sを頭(心器)の中で有機的に組み上げて理解するのでアールス
そこはそれぞれの方々の努力にかかっているナリス



(加筆)



・・・この項も書くのがキワメテむずかしい・・・


・・・このセクションにも記しているように、そういったことは、タトエとしての水蒸気が心器と意識器を構成し(それらの大元まで知性空間に存在したししている)、
そういったタトエとしての水蒸気(知性をもつ)が相転移して物質が生まれたのであるから、知性的な性質が物質に入り込んでいること
人間や人間の脳は物質の組織であるが、脳と心器が連携して、「精神的な実態と物質的な実態の間にはキワメテ精密な対応がある」という実態になること

・・・



(加筆)











…お遊びコーナー…



…これはついこの間知ってオドロ木桃の木サンショの木状態になってノケゾッタ話しナリサ…

いくつかの漢和辞典sを調べて、その中のひとつで知ったことナリスが…

「色」は象形文字ナリ…
その象形の形とは…女性がかがんでいて、かがんでその女性の上にのった男性、その二人が身体をすり寄せてS○Xするさまを描いたもの…なんだそうだ…
…そういえば、「色気」とか「色事」とかそっち方面にも使われるなぁ…
…筆者は、「色」ってのは、英語でいえば「color」(元々の意味として)だとばかり思っていたのだったナリサ…

…それにしても、「色-いろ」と、「erotic」や「eros(恋愛の神)(性愛)」から日本語になった「ero」の発音はよく似ている…
それは偶然なんだろうが不思議な話しナリス…
そういえば、たしかこんな成句があるなぁ…「erootoko kaneto tikaraha nakarikeri」(タイプミスというか入力ミスあり)…





…これは英単語についての話しナリサ…

英単語で、いくつかの構成要素s(たぶん、(古代)ギリシャ語やラテン語起源が多い? )から成るものは、日本語的に並べられて構成されているようだ(手順言語的に)(わずかに例外はあるようだが)…
…といっても、少し検討してみただけでアールが……






…以下、魚たちの名前ナリ…

あい(鮎(あゆ)を「あい」ともいう)
こい(鯉)
きす(魚のキス)

…これらの3点セットは、


キス
から名づけられた、ということを知っている人はどこにもいないナリサ…




(筆者は、小説を数編、ネット上に載せている…ほかにも昔書いたのが数編PC内にある…しかしそれらは、物語の形をとっているものの、質の科学と質時間回帰が主要なテーマであり、さほど面白くないので(書いているときは面白かった)、まだネット上には載せていない)




・・・つひでに…ヒマ人コーナー・・・

(上略)


…直上の記述から連想したので…

かなり前、ブログsに載せた替え歌、それプラスαを、心と肩の力を抜くために載せてみよう…

♪オータマジャクシはクジラの子

♪ナマズの孫ではないわいな

♪そーれが証拠にカエル君 変身力を身につけて クジラに変身したんだぜ

♪だーから オータマジャクシはクジラの子

♪ナマズの孫ではないんだぞ♪

…さて、プラスα…

一方 クジラ君は…

♪カエル君の変身事件を知って クジラ君も変身力を身につけたとサ

♪そしてクジラ君は 「換える」ではなく カエルに変身したんだとサ

…ここで妖精のアリエールちゃんとアリエーヌちゃんが笑いながら同時に声をあげて言うには…
「これで、カエル君とクジラ君の交「換(換える)」条件が成立したんだわさわさワサビ-辛っ」


・・・以上、ヒマ人コーナー・・・


(下略)



(上略)

・・・以下これは、このセクションのずっと後ろに書くべき内容なんだが・・・

結論をまず記そう・・・

後ろの方にでてくる、「1+2+3+4+・・・=マイナス1/12」(三人の数学者が『一応』証明している)問題の「マイナス1/12」がどこからでてくるか、という問題なんだが・・・

数学においては、線には幅がないという設定をしている・
(数直線についてもそうだろう)・
(点には位置だけがあって大きさはない、ともしている)。

しかし、現実においては、幅のない線もなければ、大きさのない点もない。
いちばん小さな素粒子を点とみなしても、大きさはある(揺らいでいるが)し、それを並べて線にみたてても、線に幅がでてくる。

さて、そこで、線に「1/12π(単位なし!)」の幅があれば、その「マイナス1/12」を「見える形で理解」できる(上述にある「揺らぎ」があったとしても、その平均値をとる、とする)。
……ということは、点(上述)の直径も「1/12π(単位なし!)」であるのかもしれない……

(後略)

・・・これで物理学における発散問題は解決するのかもしれない…
……もうひとつ、詳細に既述している「プラス∞と∞とマイナス∞は隣り合って並んでいる(プラスゼロとゼロとマイナスゼロは隣り合って並んでいる)」という数学理論において、「∞の絶対値は、不思議なことにゼロである(プラス∞とマイナス∞の絶対値はそれぞれ無限大だが)」によっても、物理学における発散問題は解決するのかもしれない……
…それと、詳細に既述しているように、その理論から言えば、宇宙がビッグクランチを起こしたら(起こすか否かも詳細に検討して既述)、ビッグクランチの実体-実態のもつ無限大の重力が反転して無限大の斥力になって、ビッグバンを起こす、のかもしれない・・・
……

(加筆)

・・・つづく鴨duck・・・(と、怒鳴るどダック…JK…)・・・





(下略)





☆☆☆





by西山浩一(C)(春楽天・世界人)
研究者も西山浩一
Copyright(C)
All rights reserved.





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.02.22 14:26:19
コメント(0) | コメントを書く


【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

© Rakuten Group, Inc.