000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ロンドン偏食生活・偏食通信

PR

X

Profile


偏食の嬢王様

Archives

2021/05
2021/04
2021/03
2021/02
2021/01
2008/03/17
XML
カテゴリ:偏食の舞台
オックスフォード大学で学生達による狂言が上演された

これがそのポスター
Oxford1

狂言なんて、高校で芸術鑑賞会して以来だったので、
これも何かの縁、と見に行ってきた。


演目はシェークスピアを下敷きにしているオリジナルの
「恋の骨折(こいのこっせつほねおり)」。


出演者は6名で、全員が大学で日本語を勉強している学生。

Oxford2

他の学年もいるけど、2年生が多い。
もちろん、裏方も全員が学生とスタッフ

だけど日本人はほんの数人。



侍は袴姿、殿は紋付でプラスチックだけど小刀をさして、
姫は着物の裾を引きずって、ほほえましくもそれらしい。

次回はこれを使うといいのに・・・「侍刀・演劇用」




それぞれの日本体験によっても違うが、
一概にやはり3年生の方が発音がきれいで、
安心して聞いていられる。


せりふを間違えても上手くカバーした役者がいるかたわら、
いかにもガイジン発音で
思わず舞台上の英語字幕を読んでしまった役者もいたが、

舞台の上という緊張感と長いセリフとを差し引けば、
それでもかなり上手い部類に入る。



同じような条件である、
日本の中学2年や3年であのレベルの英語劇は無理だろう。

さすが、オックスフォード、世界の頭脳だ!



お手数をおかけしますが、コメント・感想は目次ブログにお願いします。

尚、イースター期間中はお休みします。
次の更新は3月26日の予定です。お楽しみに!






Last updated  2008/03/17 09:10:32 PM


Calendar

Favorite Blog

龍馬がゆく 神田龍馬さん
アスクル代理店つば… つばめやさん
ハマの内装業、せつ… せつこマ〜マさん
カントリー・パント… かおりけりーさん
aromafanヤ… aromafanヤスミンさん

Freepage List


© Rakuten Group, Inc.