857120 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

お散歩うさぎさんのブログ 《京都・いろ色》

全10件 (10件中 1-10件目)

1

高台寺 圓徳院

2015/12/22
XML
カテゴリ:高台寺 圓徳院

京都・高台寺のライトアップ

20- DSCF9742.jpg

昼の臥龍池の映り込みです。

21-DSCF0064.jpg

遺芳庵(いほうあん)

灰屋紹益と吉野太夫の好みの茶席

22-DSCF0060.jpg

他に茶席は傘亭、時雨亭がります。

方丈東側の庭園です。

23- DSCF0024.jpg

臥龍池

25- DSCF9971.jpg

24- DSCF9962.jpg

26- DSCF9957.jpg

27- DSCF9979.jpg

28- DSCF9984.jpg

29-  DSCF9982-2.jpg

30- DSCF9976.jpg

薄明りの時の写真です。

43- DSCF9956.jpg

40- DSCF9966.jpg

日も暮れて足元も見えません。

40-2-DSCF0072.jpg

秀吉、北政所をお祀りしている

霊屋は裏山にあります。拝見のみ

傘席、時雨席を通って竹林の方へ

44- DSCF0006.jpg

45-DSCF0008.jpg

ライトは足元にあるので

明かりが目に入って足元が見えません

歩くのが不安でした。

41- DSCF0071.jpg

42-DSCF0017.jpg

庫裏

46-DSCF0088.jpg

鐘楼

47-DSCF0082.jpg

八坂の塔

周りの灯りに映えて見えました。

48- DSCF0080.jpg

高台寺の紅葉とライトアップ

拙い写真にお付き合い頂き

有難うございました。

・・・・・

灰屋紹益(はいや じょうえき)

京都の江戸時代の豪商、

和歌や俳諧、蹴鞠、茶の湯、書などにも

秀で、島原の名妓、吉野太夫を

関白・近衛信尋(このえのぶひろ)と

争って身請けし妻にした。







Last updated  2019/01/09 05:16:24 AM
コメント(20) | コメントを書く
2015/12/20
カテゴリ:高台寺 圓徳院

高台寺の紅葉とライトアップ、

そして方丈から眺める

プロジェクションマッピングが

勅使門と庭の白砂をスクリーンに

投影されました。

テーマは「百鬼夜行」

妖怪が見えますかしら・・・。

0-DSCF0020.jpg

22- IMG_7609.jpg

23- DSCF0045.jpg

24- IMG_7651.jpg

25- DSCF0035.jpg

26- DSCF0036.jpg

27- DSCF0028.jpg

29- DSCF0046.jpg

31- IMG_7668.jpg

次々と出てくる空恐ろしい妖怪たち

妖怪だけに上手く捉えられません。

終わり近くに ”ゴ~~~ン” 鐘の音

人魂~~^^^・・・びっくり

人魂が集まってきて輪になって・・・、

おわり。(^◇^)

寺院らしい映像といえるのでしょうね。ウィンク

・・・・・

高台寺・山門(重要文化財)

高台寺南門通りに建っていますが

くぐることは出来ません。

高台寺・勅使門まで250mほどあります。

離れた処にポツンと立派な山門が

建っているのも不思議な光景です

1- IMG_6736-2.jpg

写真はツワブキを撮り行った

10月中頃、紅葉に程遠い時期です。

・・・・・

紅葉のライトアップを順に楽しみます。

お付き合いくださいね。







Last updated  2019/01/09 05:15:36 AM
コメント(22) | コメントを書く
2015/12/18
カテゴリ:高台寺 圓徳院

0- DSCF9932.jpg

八坂の塔

圓徳院を出ると高台寺への台所坂が

高台寺の庫裏の前に出ます。

1-DSCF9927.jpg

上から眺めた台所坂

2-DSCF9873.jpg

3-DSCF9928.jpg

高台寺は臨済宗建仁寺派の寺院

北政所ねね

(出家後、高台院湖月心尼)が

秀吉の菩提を弔うため建立した寺院。

寺号はねねの院号にちなむものです。

6- DSCF9952.jpg

6-2- DSCF9748.jpg

7- DSCF9953.jpg

臥龍池

7-2- DSCF9744.jpg

臥龍廊が霊屋まで続いています

臥龍廊の全容は木の影で見えません。

8- DSCF9728.jpg

8-2- DSCF9745.jpg

10- DSCF9735.jpg

高台寺からトップにあげた八坂の塔と

清水寺の塔頭で泰産寺の子安塔が

駐車場から見えます。

4-2- DSCF9935-2.jpg

高台寺に入ってすぐ庫裏の裏に

大雲院の祇園閣が見えます。

4-3- DSCF9709.jpg

ぼつぼつライトが付き始めました。

プロジェクションマッピングも

方丈の前庭で投影されています。

では・・・。







Last updated  2019/01/09 05:14:50 AM
コメント(23) | コメントを書く
2015/12/16
カテゴリ:高台寺 圓徳院

高台寺の塔頭、圓徳院

ねねは伏見城の化粧御殿と庭を移築し

19年間を過ごして生涯を閉じました。

IMG_787-29.jpg

68- DSCF0107.jpg

此処は圓徳院の奥にある

伏見城の化粧御殿と庭を移築した

圓徳院の北書院の庭です。

日没前からライトアップが始まり

大勢の方が途絶えることなく

此処の景色を見に来られています。

閉門の時間が迫っても

いつも大勢の方です。

69- IMG_7928-3.jpg

60- - DSCF0140.jpg

62- DSCF0132-2.jpg

63- DSCF0130-2.jpg

66- DSCF0137.jpg

67- DSCF0138.jpg

座敷の奥の方から眺めていたら

同じように皆さんが真似をされて

やっと景色が額縁になりました。

昼も夜も眺めが変わらないように

思われるかもしれませんね。

うさぎさんの腕では

美しさを表現しきれなかったのかも…。

・・・・・

圓徳院では

昼の紅葉を写真に撮り、

ライトアップは大勢の人だと思うので

いったん圓徳院を辞して

ライトアップは遅く拝見しに戻りました。

それまでの間は高台寺の昼の紅葉と

ライトアップを撮っていました。

次は高台寺から紅葉をお送りします。

また、お付き合いくださいね。バイバイ







Last updated  2018/12/08 11:24:33 PM
コメント(22) | コメントを書く
2015/12/14
カテゴリ:高台寺 圓徳院

昼の圓徳院の紅葉を楽しんで

続いてライトアップも・・・。

現在はライトに美しく映える紅葉を

見ることができますが

北政所ねねさんの時代はどうでしょうか。

かがり火でご覧になったのかしら・・・。

ライトアップは

4時半過ぎから始まり大勢の人です。

40- IMG_7870-2.jpg

42- DSCF0093.jpg

少し遅く戻ってきましたが

南の庭がある方丈に人が座っています

43- DSCF0098.jpg

南の庭を左から

46- DSCF0111.jpg

45- DSCF0110.jpg

44- DSCF0102.jpg

47- DSCF0100.jpg

50- DSCF0113.jpg

52- DSCF0114.jpg

渡廊下を北の庭がある北書院へ

53- DSCF0116.jpg

渡り廊下の下を

”ねねの小径”が通っています。

(一般の方が潜ってゆきます。)

IMG_7920.jpg

昼間の”ねねの小径”

DSCF9566.jpg

・・・・・

北の庭は人が多いです。

人影が見えなくなるまでお待ちを…ウィンク







Last updated  2018/12/08 11:23:34 PM
コメント(23) | コメントを書く
2015/12/12
カテゴリ:高台寺 圓徳院

秀吉の妻、北政所ねねが

世を去る19年間を過ごした圓徳院

現在では高台寺の塔頭ですが

高台寺の塔頭となったのは

ねねの没後9年目のことです。

圓徳院や高台寺があるこの通りの

紅葉も進み、

12月に入り気温も下がってきました。

1- DSCF9872.jpg

あれから20日ほど後、紅葉も進み

ライトアップも見たいので

遅く出かけました。

陽は西に傾いてきた12月8日の午後

拝観は何度目になるかなぁ~(^▽^)

長屋門、続いて唐門を潜ると

方丈の前の南の庭の赤い紅葉が

目に飛び込んできました。

3- DSCF9877.jpg

西の端の木まで紅葉しています。

4- DSCF9879.jpg

5-2- DSCF9889.jpg

21-- DSCF9881.jpg

22- DSCF9880.jpg

23- DSCF9885.jpg

方丈横のモミジです。

23-2- DSCF9890.jpg

23-3- DSCF9892.jpg

DSCF9893.jpg

南の庭を後に渡り廊下を通り

伏見城の化粧御殿と前庭を移築した

北書院へ

25- DSCF9907.jpg

33- DSCF9925.jpg

30- DSCF9908.jpg

32- DSCF9914.jpg

29- DSCF9901.jpg

28-2- DSCF9902.jpg

ねねさんも見ていたであろう紅葉です。

人がいなくなることがなく

でも、待てばチャンスが・・・

やっと撮れました~。

・・・・・

ライトアップの時間まで一休み







Last updated  2018/12/08 11:22:36 PM
コメント(24) | コメントを書く
2015/12/10
カテゴリ:高台寺 圓徳院

ブログでは11月15日になりますが

 ツワブキの花をここ圓徳院から

お送りいたしました。

北政所ねねが秀吉との思い出の

伏見城の化粧御殿とその前庭を移築して

移り住んだのが圓徳院の起こりです。

ねねは77歳で世を去るまで

この地で余生を送りました。

南の庭園の紅葉は

東から色付きはじめ西の端まで

一カ月かかって色づいてゆくとのこと。

ライトアップも美しいと説明があり、

今年の紅葉は圓徳院で見ようと

その時に決めていました。

右は高台寺、左に圓徳院がある通りです

0-  DSCF9492-2.jpg

1- DSCF9493.jpg

少し色付いた11月17日の様子です

南の庭園です。

3- DSCF9501.jpg

5- DSCF9504.jpg

5-1- DSCF9507.jpg

北の庭園です。

7- DSCF9518.jpg

10- DSCF9521.jpg

12- DSCF9528.jpg

約3週間後の紅葉をお楽しみに・・・

紅葉の様子を覚えておいてくださいね。

紅葉した景色とライトアップまで

お付き合いください。







Last updated  2019/01/09 04:49:04 AM
コメント(24) | コメントを書く
2015/11/15
カテゴリ:高台寺 圓徳院

秀吉の妻、北政所ねねの終焉の地

京都・高台寺の塔頭 

圓徳院(えんとくいん)

ツワブキの寺と言われています。

17- DSCF9215.jpg

南面の庭

枯山水の庭園です。

11- DSCF9224.jpg

正面からみた庭が美しいのですが

この日は快晴、逆光で写真が撮れません。

ご了解を得てしおりから転写しました。

紅葉は左から右へ順に移ってゆくそうです

圓徳院 前庭-2.jpg

襖絵も素敵でしたが目で拝見だけ

北の庭園に向かいます。

途中の渡り廊下の辺りにもツワブキ~

5- DSCF9227.jpg

北の庭園

14- DSCF9232.jpg

伏見城から移築されたと言われています

巨石の切石橋や石橋が3本かかり

亀島と鶴島を表現されています

15- DSCF9244.jpg

(わかりにくくてすみません。)

紅葉はまだでした。

DSCF9235.jpg

16- DSCF9240.jpg

お茶室

”わび”の世界…でしょうね~。

このような処で頂くお茶は

さぞや美味しいでしょう~。

12- DSCF9237.jpg

お茶室の前の手水

四角ですが立ち入り禁止の柵があり

写真は三角になってしまいました。

水が貯まるところは四角です。

13- DSCF9236.jpg

ねねの小径

渡り廊下の下をくぐっています。

18- DSCF9228.jpg

19- DSCF9252.jpg

以上、圓徳院のざっくりしたご案内で

申し訳ありません。

この時は紅葉に程遠い時期でした。







Last updated  2019/01/09 05:46:04 AM
コメント(20) | コメントを書く
2015/11/14
カテゴリ:高台寺 圓徳院

秀吉の妻、北政所ねねの終焉の地

京都・高台寺の塔頭 

圓徳院(えんとくいん)

ツワブキの寺と言われています。

0- DSCF9262.jpg

2- DSCF9198.jpg

DSCF9212-2.jpg

3- DSCF9202.jpg

秀吉公好みの手水鉢

8- DSCF9210.jpg

うさぎさんは映り込みが好み~。ウィンク

8- DSCF9211-2.jpg

4- DSCF9199.jpg

6- DSCF9207.jpg

7- DSCF9203.jpg

続きます~。







Last updated  2019/01/09 05:45:20 AM
コメント(14) | コメントを書く
2015/11/12
カテゴリ:高台寺 圓徳院

ツワブキの花を訪ねて・・・

秀吉の妻、北政所ねねの終焉の地

高台寺の塔頭 圓徳院(えんとくいん)

ツワブキ-2.jpg

ツワブキ

豊臣秀吉の没後、北政所ねねは

「高台院」の号を天皇より賜り

その機縁で高台寺建立を発願し、

秀吉との思い出深い伏見城の化粧御殿と

その前庭をここに移築して移り住んだ。

今日の圓徳院の起こりであり

77歳で没するまでの19年間を過ごした。

1- DSCF9255.jpg

道路に面した門を入るとツワブキが…

女性好みの佇まいです。

4- DSCF9195.jpg

間違って泉涌寺に行った次の日に

圓徳院を訪ねましたが花はまだ蕾

10月29日に出直しました。

花は見頃になっていました。

2- DSCF9258.jpg

3- DSCF9256.jpg

5- DSCF9219.jpg

6- DSCF9222.jpg

ツワブキを楽しみながら門を

くぐります~。

・・・・・・

圓徳院は

臨済宗建仁寺派 高台寺の塔頭

塔頭となったのは

ねねの没後9年目のことだそうです。







Last updated  2019/01/09 05:44:44 AM
コメント(22) | コメントを書く

全10件 (10件中 1-10件目)

1

PR

Profile


お散歩うさぎさん

Calendar

Category

Recent Posts


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.