000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

絨毯屋へようこそ  トルコの絨毯屋のお仕事記

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

mihri

mihri

Calendar

Category

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

2008年01月26日
XML
カテゴリ:ミフリカフェ話
ミフリ・カフェのオープニングパーティー。

朝8時からスタッフとお手伝いの人たちが準備を開始。
キッチン担当と、会場飾りつけ、外番に別れて、なんとか間に合った。
正午を過ぎてお花などが届けられ始める。

046.JPG

047.JPG


画像以外にもたくさんのお花や観葉植物が届けられた。
現アンタルヤ市ムラトパシャ区区長、現アンタルヤ市ケペズ区区長、元アンタルヤ市ケペズ区区長ケマル・アクブユック氏、ザマン新聞地中海支部長、現アンタルヤ市市長のお姉さんでアンタルヤ地元新聞社のオーナー、AKDiM(アンタルヤ文化交流センター)、取引先、知人・友人、商人仲間から。
AK党アンタルヤ支部長からは祝電が。
日本の方にも来ていただき、ワインとお菓子をいただいた。

まずはオープニングセレモニーとして、テープカットである。
1階の絨毯・キリムのオフィスの入り口、続いてカフェの入り口に張った赤いリボンを、アンタルヤ市ムラトパシャ区区長のシュレイマン・エヴジルメン氏にカットしてもらい、みんなで中に入った。

祝辞をいただき、普段のメニューにはないが、今回パーティーのために用意した握り寿司や春巻きなどを試食してもらった。

029.JPG

009.JPG

さすが区長は和食も食べなれているようで、取材のカメラを前に自ら寿司の解説まで。

取材のカメラといえば、フセインはもちろんなんだけど、通信社と大手新聞社など数社が入ってくれ、スタッフ全員、みせものパンダとして浴衣を着ての登場。

お客さんもたくさん入って、14時から17時ごろまで接客が続いた。
最後はみんなが疲労と脱力感でクタクタ、ヘトヘト~。

014.JPG

033.JPG

来ていただいたみなさま、ありがとうございました。
そしてスタッフとお手伝いをしてくれたお友達にはお疲れ様、そして感謝。

ところで、お手伝いしてくれた日本のお友達は和服、スタッフにも浴衣を着せたのに、ミフリ社長は(社長はスタッフと同じものは着ないもんね)とつぶやきながら、なぜかマ航空の乗務員服を着たりしているんだ、これが・・・・。

056.JPG









お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2008年01月28日 01時11分32秒
[ミフリカフェ話] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.