1396572 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もっぷ道-season13-わがままなおしゃべり

PR

Profile


ももびー

Freepage List

Calendar

Rakuten Card

Archives



こんにちは♪

遊びに来ていただいて 嬉しいです

お茶も出ませんが ゆっくり御寛ぎくださいね

日記に関係のない事でも コメント大歓迎です ^^

お返事はそちらにお邪魔してφ(._.)カキカキしたいな

**************** 



designed by *keymama*





ブログランキング・にほんブログ村へ     にほんブログ村 うさぎブログ ロップイヤーへ     にほんブログ村 主婦日記ブログへ



アニマルコミュニケーションをして下さったSONIAさんのホームページはこちら

虹の橋の向こうから届いたもっぷからの手紙はこちら
June 24, 2022
XML
テーマ:子供の話
カテゴリ:子供関係
娘は少々潔癖なところがある

私がココに越して来た時 引き渡された部屋は それはそれは汚かったショック

鍵を受け取ったのが引っ越しの数日前

なんとか掃除はしたが 隅々まで思うようにする事は出来ずNG そのイメージがあ

るので一見綺麗に見えても私には綺麗には思えず・・・雫

今 トイレであちこち触りまくる子供が出てくるコマーシャルがあるが 子供には

幼い頃から触りまくらないよう言い聞かせてきたスピーカ

昔はもっとおおらかな性格だったが 子供を産んで授乳の度に消毒したり 薬を扱

う仕事をし消毒の大切さを薬剤師さんに習ったら敏感になった雫

そして 娘も・・・


              にほんブログ村 主婦日記ブログへ


今週になって 娘は突然トイレ掃除を付いて覚えるように言い渡される

世の中には 素手でトイレにタワシを掛ける活動をしておられる方もいるので そ

の方にしてみれば甘ちゃんだと思うだろうが ブラシで中を あとはトイレ用の除

菌シートで拭くやり方に慣れた子にとっては苦痛でしかないショック

トイレは 玄関からトイレ用のサンダルに履き替えて行く

トイレの中は個室ひとつと男性便器と手洗いらしい

まず サンダルが足りないので娘は自前の靴で入るしかない

ゴム手袋も一双あったらしいが 先輩が使い捨ての手袋を使ってそれは使わなかっ

たらしいNG

娘は こんな時の為に使い捨ての手袋を持参していたのでそれを使った

娘は 一枚の雑巾で便器から壁から床まで全部拭いた事にショックを受けたショック

男性便器の流れていく中央の蓋を手で外して中までちゃんとする と指導されたら

しい

もう信じられない・・・と

今週は二人で手分けしてるらしいが もともと娘はこのトイレに固形石鹸しか無い

事に驚愕していたどくろ

誰かの汚れた手が触れた固形石鹸は使えない と

先輩は手袋を捨てたゴミ箱を焼却に捨てに行ってから固形石鹸を使った 

その間 汚染された手であちこち触れてるだろう と

で 娘はどうしたかというと 台所で食器用洗剤で時間をかけて洗い直したらしい

ので それもなんだかなぁ・・・わからん

あまりに帰って来ないから先輩が見に来た目 と




古い会社は昔からのやり方が続いているから これは民間アルアル

私がいた食品加工会社は 一緒にやった若い子がはっきりしない子で 手袋が一双

しかない と

仕事柄使い捨ての手袋はあるが 使いすぎを事務から注意されているから勝手には

使えないNG

素手で 汚れた床や壁を拭いたわよ・・・雫

後日見ていたら事務員さんは当然のように使い捨て手袋をはめてやっていたほえー

工場系は作業する人と事務員さんと格差があるからねぇ・・・

私も事務で入ったんだけど 事務室にいなけりゃタダの新入りだから雫



そんな昔の事を思いだし でも 私は和式だったから使えたけど 娘は洋式トイレ

ワンオペで販売の仕事をした時から トイレに行けないと飲まず食わずで仕事を

して その後 給食の出る仕事だったからトイレも普通に行けるようになってい

たのに

あんな雑巾で拭いたトイレには入れない と また飲まず食わずNG





今 県内はさくらんぼで大忙しなのだが 会社には苦情が殺到しているらしい電話

出来が悪いと分かってて注文のあった方に送った と

折角県をあげて頑張ってるのに こんな会社があると水の泡ムカッ

苦情の電話が来ている傍で 今 苦情処理している と大声を出す上司

この件だけでもとんでもない所に来てしまった感がある






Last updated  June 24, 2022 04:40:50 PM
コメント(1) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.