177364 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

計量器コンサルタントの資格を持つ「計量器いいもの通販」業務担当からのご報告

PR

X

全84件 (84件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

情報一般、計測情報(ほか、計量器)

2018年08月09日
XML
国土交通省は8月9日、スズキとマツダ、ヤマハ発動機の3社から、出荷前の自動車、二輪車の排ガスや燃費を測定する検査で、不適切な事例があったと報告を受けたことを発表した。3社は、検査条件を逸脱した無効な測定を有効なものとして処理していたという。不適切な事例は3社で合計6480台にのぼる。同日午後、各社が記者会見を開いて詳細を説明した。なおその他の自動車メーカー等からは、不適切な取扱いはなかったとの報告があった。

 国交省によると、不適切な検査が見つかったのは、出荷前に車の性能を確認する「完成検査」の一部。排ガスや燃費性能を100台に1台ほどの割合で調べる「抜き取り検査」で、スズキは2012年6月以降に6401台、マツダは14年11月以降に72台、ヤマハ発動機は16年1月以降に7台で不適切な事例があったと国交省に報告した。具体的には、スズキ、マツダ、ヤマハ発動機の3社において、運転が測定モードに合わせられず失敗した測定(トレースエラー)を有効とした事案が判明した。

 以前、出荷前の車の排ガスや燃費を確認する検査で、測定値の改ざんがスバルと日産自動車で相次いで発覚したことを受け、国土交通省は自動車大手各社(国内で型式指定を取得している自動車メーカー等23社)に対し、今年の7月9日付で、同様の不正がないかどうか確認するよう指示していた。国交省の指示を受けた社内調査でルール違反が見つかったとみられる。

 スバルは1551台、日産は1171台で、検査データの改ざんがあったことが判明している

 また国土交通省では、複数の自動車メーカーにおける燃費及び排出ガスの抜取検査に係る不適切事案を踏まえ、省令を改正し、自動車メーカー等は、完成検査の際に測定した値等の記録を保存するとともに、当該記録の書き換えをできなくする措置又は書き換えた場合にその事実が判別できる措置等を講ずることとすることとして、8 月10 日よりパブリックコメントをおこなている。

自動車型式指定規則の一部を改正する省令案は以下の通り。

1.背景
道路運送車両法(昭和26年法律第185号。以下「法」という。)が定める自動車型式指定制度においては、型式指定を受けた自動車製作者等は、その製作した車両等について、保安基準に適合しているかどうかを自ら一台毎に検査(完成検査)し、適合すると認める場合は完成検査終了証(※)を発行することとしているが(法第75条第4項)、この自動車型式指定の手続、完成検査の基準等の実施細目は、法第76条の規定に基づき、自動車型式指定規則(昭和26年運輸省令第85号)で定められている。
※完成検査終了証は、新規検査時に、その提出をもって現車の提示に代えることができるもの(法第59条第4項において準用する法第7条第3項第2号)。
今般、完成検査において燃費・排出ガス測定データの書き換え等が発覚したところであるが、本件のように自動車製作者等が完成検査を適切に実施しなかった場合、車両の保安基準適合性が十分に確保されないこととなる。
このことを踏まえ、完成検査を含む自動車型式指定制度の適切な運用の確保を図るため、自動車型式指定規則について所要の改正をする。

2.概要
自動車製作者等は、完成検査の際に測定した値等の記録を保存するとともに、当該記録の書き換えをできなくする措置又は書き換えた場合にその事実が判別できる措置等を講ずることとする。






最終更新日  2018年08月16日 14時00分22秒


2018年03月06日
「被災経験から学ぶ事業継続入門」研修の追加開催のご案内

一般財団法人日本品質保証機構(JQA)では、自然災害の被災事例を用いた組織に最適な事業継続活動を実現するための入門研修を開催しております。

地震や台風、集中豪雨といった自然災害が頻発する近年、防災・減災に対する意識が高まるとともに、企業や組織に対して事業継続計画(BCP)や事業継続マネジメント(BCM)を求める気運が高まっています。しかしながら、事業継続活動の進め方や、有事にどのように備えればよいか分からないと悩まれている組織が多いというのが実状です。

好評につき3月に追加開催することとなりましたので、ぜひご参加ください。

「被災経験から学ぶ事業継続入門」研修

カリキュラム
■13:30~14:30 一般的なBCPやBCMの概要について【講義】
■14:30~16:30 災害時の事業継続活動の主な場面【模擬体験】
■16:30~17:30 被災事例に基づいた事業継続活動のあり方について【講義&意見交換】

主な対象者
・現在、BCPやBCMを構築中で進め方に悩んでいる方
・どのようなBCPやBCMを構築すればよいか悩んでいる方
・新たに事業継続活動の担当になられた方

※個人の方や類似サービスを提供している組織の方のご参加はお断りさせていただきます。予めご了承ください。

受講料
お一人さま 7,000円(税別)

本研修に含まれるもの

テキスト、受講証明書

会場・日程
【大阪】2018年3月14日(水)
【東京】2018年3月16日(金)

定員
各回 20名






最終更新日  2018年03月06日 18時30分30秒
2017年04月11日
ユーザーの助言者、計量器コンサルタント

(一社)計量器コンサルタント協会(計コン協)は、2017年4月11日の午後、東京・半蔵門の計機健保会館5階会議室で平成29年度第1回役員会を開いた。
議題は①見学会について、②平成28年度事業報告・承認、③平成29年度予算案、④その他
などについて話し合われた。

「計量器コンサルタント」は、計量器と関連する計量知識の保有者であることの証明性にある。質量計をはじめ計量器は使用目的に適合したものを選定しなくてはならない。取引証明分野と研究開発分野に用いられる超精密性が求められる分野あるいは目安程度でいい分野では選定する計量器が違ってくる。

こうした知識を使用者に提供して適切な計量器の選択に寄与するのがコンサルティング販売であり、販売に従事する者に強く求められる事項である。計量器販売事業者のなかでも計量器を扱う専門家としての意識が高い人々が、自己の知識を確かなものにするために「計量器コンサルタント研修」を受講し、計量器コンサルタントの資格を取得している。計量器コンサルタント有資格者は、日ごろの計量器販売の業務を通じての経験から、その使用分野に向いている計量器をよく知っており、間違いのない計量器選びのお手伝いをする。

計量器に関する専門家はその計量器を製造する企業であることは間違いはないとしても、計量器販売の専門家であり、知識能力が認められて「計量器コンサルタント」の資格を付与された者は、計量器の使用者に対して特定のメーカーにとらわれない公平な立場から、使用目的に適合した計量器を選定できる。

取引・証明分野で使用するはかりは、原則として検定証印もしくは基準適合証印が付されていなければならないが、適正にコンサルティングされて販売されなかったはかりには、取引・証明には不適合なものが供給されている事例がある。こうしたはかりは取引・証明分野では使用できないから、買い直さなくてはならない。計量器コンサルタントのいる事業者に相談して購入する場合にはこうした失敗をすることがない

計量器コンサルタントになるには、所定の計量に関する知識・技術と計量法の製造および販売の届出事業者であり、従業員にあっては5年以上または同等の職歴を有する者でなければならない。計量器販売に必要な知識に習熟していることが「計量器コンサルタント研修」受講と修了テストで確認された者にのみ与えられるのが「計量器コンサルタント」資格である。資格付与団体は日本計量振興協会である。
 研修科目は次のとおりである。①計量関係法規について、②計量管理について、③検定検査について、④計量器の知識、⑤計量行政機関について、⑥計量士の職務について、⑦計量と消費者行政について、⑧テストと修了式。

計量管理、品質管理を推進するのに計量器は大きな役割を果たす。計量器産業は産業社会と消費者が求める計量器を開発・製造し、供給するのであるが、販売事業者は専門的知識と経験に基づいて使用者の相談にのり、適切な計量器の選定を助ける。計量器購入の適切なアドバイザーとしての役割を販売者は担っているのであるが、計量器コンサルタントは社日本計量振興協会がその知識・経験・技能を認めて付与した資格であるから、特別に優秀な計量器アドバイザーなのである。

計量器コンサルタント有資格者が集まってつくられた団体のひとつとして「(一社)計量器コンサルタント協会」がある。同協会の事業は、定時総会、年2回の研修会と年1回の研修見学会、近畿地区計量器コンサルタント団体との交流を深めることが目的の東西計量器コンサルタント協会合同研修会を実施している。そのほか計量記念日関連の行事への参加、関連会合の参加等、積極的に計量関係行事に取り組んでいる。






最終更新日  2017年04月11日 09時02分52秒
2017年01月06日

天びん、はかりを快適に正しく使うために その1

◆日常点検・検査が重要
電子はかりが常に正しく計量できているか信頼性を向上させるためには、常日頃からの点検・検査が重要である。
 
点検には、電子はかりを使用する前に行う「日常点検」と一定の時期または使用期間を定めて実施する「定期点検」がある。また、「定期点検」の検査項目を増や してより正確な点検を実施する「定期検査」がある。一般的に、「日常点検」や「定期点検」は担当者が行い、「定期検査」は管理者が行う。 
電子はかりの点検・検査を計量士や計量器事業者など専門家に依頼すれば、精度が良く信頼できる点検・検査が行える。







最終更新日  2017年01月06日 00時00分17秒
2017年01月02日
ユーザーの助言者、計量器コンサルタント

「計量器コンサルタント」は、計量器と関連する計量知識の保有者であることの証明性にある。質量計をはじめ計量器は使用目的に適合したものを選定しなくてはならない。取引証明分野と研究開発分野に用いられる超精密性が求められる分野あるいは目安程度でいい分野では選定する計量器が違ってくる。

こうした知識を使用者に提供して適切な計量器の選択に寄与するのがコンサルティング販売であり、販売に従事する者に強く求められる事項である。計量器販売事業者のなかでも計量器を扱う専門家としての意識が高い人々が、自己の知識を確かなものにするために「計量器コンサルタント研修」を受講し、計量器コンサルタントの資格を取得している。計量器コンサルタント有資格者は、日ごろの計量器販売の業務を通じての経験から、その使用分野に向いている計量器をよく知っており、間違いのない計量器選びのお手伝いをする。

計量器に関する専門家はその計量器を製造する企業であることは間違いはないとしても、計量器販売の専門家であり、知識能力が認められて「計量器コンサルタント」の資格を付与された者は、計量器の使用者に対して特定のメーカーにとらわれない公平な立場から、使用目的に適合した計量器を選定できる。

取引・証明分野で使用するはかりは、原則として検定証印もしくは基準適合証印が付されていなければならないが、適正にコンサルティングされて販売されなかったはかりには、取引・証明には不適合なものが供給されている事例がある。こうしたはかりは取引・証明分野では使用できないから、買い直さなくてはならない。計量器コンサルタントのいる事業者に相談して購入する場合にはこうした失敗をすることがない

計量器コンサルタントになるには、所定の計量に関する知識・技術と計量法の製造および販売の届出事業者であり、従業員にあっては5年以上または同等の職歴を有する者でなければならない。計量器販売に必要な知識に習熟していることが「計量器コンサルタント研修」受講と修了テストで確認された者にのみ与えられるのが「計量器コンサルタント」資格である。資格付与団体は日本計量振興協会である。
 研修科目は次のとおりである。①計量関係法規について、②計量管理について、③検定検査について、④計量器の知識、⑤計量行政機関について、⑥計量士の職務について、⑦計量と消費者行政について、⑧テストと修了式。

計量管理、品質管理を推進するのに計量器は大きな役割を果たす。計量器産業は産業社会と消費者が求める計量器を開発・製造し、供給するのであるが、販売事業者は専門的知識と経験に基づいて使用者の相談にのり、適切な計量器の選定を助ける。計量器購入の適切なアドバイザーとしての役割を販売者は担っているのであるが、計量器コンサルタントは社日本計量振興協会がその知識・経験・技能を認めて付与した資格であるから、特別に優秀な計量器アドバイザーなのである。

計量器コンサルタント有資格者が集まってつくられた団体のひとつとして「(一社)計量器コンサルタント協会」がある。同協会の事業は、定時総会、年2回の研修会と年1回の研修見学会、近畿地区計量器コンサルタント団体との交流を深めることが目的の東西計量器コンサルタント協会合同研修会を実施している。そのほか計量記念日関連の行事への参加、関連会合の参加等、積極的に計量関係行事に取り組んでいる。2016年11月22日には理事会が開かれた。

2017年2月には、研修会が開催される。






最終更新日  2017年01月02日 00時00分27秒
2017年01月01日
明けましておめでとうございます。
2017年もどうか宜しくお願い致します。






最終更新日  2017年01月01日 00時01分11秒
2016年11月28日
ユーザーの助言者、計量器コンサルタント

「計量器コンサルタント」は、計量器と関連する計量知識の保有者であることの証明性にある。質量計をはじめ計量器は使用目的に適合したものを選定しなくてはならない。取引証明分野と研究開発分野に用いられる超精密性が求められる分野あるいは目安程度でいい分野では選定する計量器が違ってくる。

こうした知識を使用者に提供して適切な計量器の選択に寄与するのがコンサルティング販売であり、販売に従事する者に強く求められる事項である。計量器販売事業者のなかでも計量器を扱う専門家としての意識が高い人々が、自己の知識を確かなものにするために「計量器コンサルタント研修」を受講し、計量器コンサルタントの資格を取得している。計量器コンサルタント有資格者は、日ごろの計量器販売の業務を通じての経験から、その使用分野に向いている計量器をよく知っており、間違いのない計量器選びのお手伝いをする。

計量器に関する専門家はその計量器を製造する企業であることは間違いはないとしても、計量器販売の専門家であり、知識能力が認められて「計量器コンサルタント」の資格を付与された者は、計量器の使用者に対して特定のメーカーにとらわれない公平な立場から、使用目的に適合した計量器を選定できる。

取引・証明分野で使用するはかりは、原則として検定証印もしくは基準適合証印が付されていなければならないが、適正にコンサルティングされて販売されなかったはかりには、取引・証明には不適合なものが供給されている事例がある。こうしたはかりは取引・証明分野では使用できないから、買い直さなくてはならない。計量器コンサルタントのいる事業者に相談して購入する場合にはこうした失敗をすることがない

計量器コンサルタントになるには、所定の計量に関する知識・技術と計量法の製造および販売の届出事業者であり、従業員にあっては5年以上または同等の職歴を有する者でなければならない。計量器販売に必要な知識に習熟していることが「計量器コンサルタント研修」受講と修了テストで確認された者にのみ与えられるのが「計量器コンサルタント」資格である。資格付与団体は日本計量振興協会である。
 研修科目は次のとおりである。①計量関係法規について、②計量管理について、③検定検査について、④計量器の知識、⑤計量行政機関について、⑥計量士の職務について、⑦計量と消費者行政について、⑧テストと修了式。

計量管理、品質管理を推進するのに計量器は大きな役割を果たす。計量器産業は産業社会と消費者が求める計量器を開発・製造し、供給するのであるが、販売事業者は専門的知識と経験に基づいて使用者の相談にのり、適切な計量器の選定を助ける。計量器購入の適切なアドバイザーとしての役割を販売者は担っているのであるが、計量器コンサルタントは社日本計量振興協会がその知識・経験・技能を認めて付与した資格であるから、特別に優秀な計量器アドバイザーなのである。

計量器コンサルタント有資格者が集まってつくられた団体のひとつとして「(一社)計量器コンサルタント協会」がある。同協会の事業は、定時総会、年2回の研修会と年1回の研修見学会、近畿地区計量器コンサルタント団体との交流を深めることが目的の東西計量器コンサルタント協会合同研修会を実施している。そのほか計量記念日関連の行事への参加、関連会合の参加等、積極的に計量関係行事に取り組んでいる。2016年11月22日には理事会が開かれた。

2017年2月には、研修見学会が開催される。







最終更新日  2016年11月29日 13時12分37秒
2016年11月22日
貴社ますますご隆昌と貴下のご健勝を心からお喜び申し上げます。
来る11月18日に全国の計量関係者注目の「近畿計量大会」が、大阪府で開催されますが、本紙では同大会を地元はもとより全国の関係者に詳報したいと存じ、表題のように「近畿計量大会特集」を企画いたしました。

 昨年の兵庫県大会の同特集では、大会の模様を2ページを使い詳報いたしました。大阪府大会では相変わらずの先進性を全国の関係者にアピールするとともに、計量業界関係者に関連したさまざまな案件を議論するなど大変意義深いものがありました。こうした近畿地区の動向は全国の計量関係者に大きな影響を与えております。毎年の同特集には、近畿圏の有力企業の皆様の広告を特別にいただきまして、意気盛んでしかも発展する近畿地方のイメージを大きくアピールしております。

 同大会の意義をさらに高めることへの願いをこめて特集を行ないたいと存じます(別紙の特集見本をご参照ください)。
 下記要領の広告につきまして格別のご支援とご協力をぜひともよろしくお願い申し上げます。

【広告のお願い】
 ご予算とデザインに合わせられるよう各種ご用意しております。広告申込書をご参照下さい。
 そのほかご不明な点は、お気軽に御相談下さい。(TEL 03-3295-7871  担当 小野 )






最終更新日  2016年11月22日 12時19分31秒
2016年08月30日
JIMTOF(ジムトフ)2016 第28回日本国際工作機械見本市
講演会・セミナーのプログラムが決定

~ 人工知能研究センターのセンター長である辻井潤一氏基調講演をはじめ、
様々な業界における工作機械の展望を紹介する講演会やセミナー、
トークセッションを開催~

アジア最大級の工作機械見本市「JIMTOF(ジムトフ)2016(第28回日本国際工作機械見本
市)」(主催:一般社団法人日本工作機械工業会/株式会社東京ビッグサイト)が、11
月17日(木)より11月22日(火)までの6日間、東京ビッグサイトにて開催されます。開
催期間中に実施する、様々な講演会やセミナー、トークセッションなどのプログラム
が決定しました。産業技術総合研究所人工知能研究センター辻井潤一センター長によ
る基調講演をはじめとして、自動車やIoTなど、モノづくりの世界を様々な角度から
紹介する多彩なイベントを予定しています。

基調講演、特別講演

開催初日の11月17日(木)には、日本の競争力の源泉であるAIの発展のために設立され
た人工知能研究センターのセンター長である辻井潤一氏が、「人工知能(AI)の今後
の展開と機械産業への応用」と題した基調講演を行います。さらに、11月18日(金)
には、トヨタ自動車株式会社 常務理事 近藤禎人氏が「工作機械業界と歩む新しい
クルマづくり」を、11月21日(月)には 東京大学名誉教授であり、学習院大学の教授
である伊藤元重氏が「グローバル経済と、製造業における近未来企業経営」をテーマ
に、それぞれ特別講演を行います。また、11月22日(火)には、名古屋大学 特任教授
の石川隆司氏が、「炭素繊維強化プラスチック(CFRP)と工作機械の関わり:CFRP製
造とCFRP応用」を、一般社団法人インダストリアル・バリューチェーン・イニシア
ティブが「日本初の“つながる工場”IVI(Industrial Value Chain Initiative)の取
り組み」をテーマに、それぞれ特別講演を予定しています。

特別セミナー・特別展示

11月20日(日)には、「勝利を掴む!日本の技術~世界で戦うアスリートを支えるモ
ノづくり~」と題したセミナーを行います。また、トークセッションでは、ウエイト
リフティング・パワーリフティング用のバーベルや競技用車いすを使用するアスリー
トを招き、日本の高い技術を実感できる内容を予定しています。

その他、企画展示では日本の「へら絞り」技術を訴求するプログラムの実施や「福井
産メガネ」を作るために不可欠な技術の紹介を行います。さらに、毎回好評の「The
17th IMEC(第17回国際工作機械技術者会議)」、「学生向けセミナー」なども会期
中に開催します。「JIMTOF2016」の講演会、セミナーの概要一覧は、別紙の通りで
す。

(参考)
<JIMTOF(日本国際工作機械見本市)とは>
「JIMTOF(日本国際工作機械見本市)」は、1962年から2年に1度開催され、50年以上の
歴史を有す、アジア最大級の工作機械専門見本市です。今年で第28回目の開催となる
「JIMTOF2016」では、工作機械、鍛圧機械、工作機器・工具・試験機器、特殊鋼工
具、超硬工具、光学測定機器、精密測定機器、CAD/CAM等、広範囲の製品分野におい
て、出展各者の様々な最新の製品、技術が紹介されます。JIMTOFは、製造業で活用さ
れる各種製品分野の最新情報を入手できる展示会として定評があります。






最終更新日  2016年08月30日 15時21分03秒
2016年04月28日
計量器いいもの通販からご案内
堆肥用温度計の製品仕様に一部変更がございます。

計量器いいもの通販の小野学です。

【堆肥用温度計】は、製品仕様の一部に、下記の通り変更がありますので、ご案内いたします。

■仕様変更の内容につきまして

(1)温度を読み取ります表示部の角度が従来の正面向き(90度)から上向き(180度)に変更しました。

(2)表示部の大きさ(直径)が100ミリメートルから75ミリメートルに変更しました。

(3)表示部の直下に木製の持ち手を追加しました。突き刺しやすくなりました。







最終更新日  2016年04月28日 18時01分14秒

全84件 (84件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >


© Rakuten Group, Inc.