2155356 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

中之島公園の猫たち-SAVE THE CATS IN NAKANOSHIMA PARK-

PR

カレンダー

楽天プロフィール


中之島タキシードさん

こんにちは!中之島公園の元野良猫「中之島タキシード」です

フォローする

サイド自由欄

nakanoshima_catをフォローしましょう

中之島タキシード&秘書
Twitterはこちらから↓

@nakanoshima_cat

pen-line04.gif

☆ブログランキング参加中!
ポチッと応援お願いします!

 にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

 人気ブログランキングへ


pen-line04.gif

☆「猫の部屋」の仲間たちのことを
ご紹介していただきました。
本当にありがとうございました。


pen-line04.gif

関西テレビ「スーパーニュースアンカー」

2010年11月19日放送 関西テレビ
◎スーパーニュースアンカー

2010年3月10日放送 関西テレビ
◎スーパーニュースアンカー

pen-line04.gif

読売テレビ「かんさい情報ネットten」

2010年3月3日放送 読売テレビ
◎かんさい情報ネットten!

pen-line04.gif

産経新聞

2010年4月2日 産経新聞朝刊
◎中之島のネコ避難所 大阪市が設置期間延長

2010年3月3日 産経新聞朝刊
◎中之島の捨てネコどこへ
保護施設の市有地 月末で使用期限

pen-line04.gif

朝日新聞

2009年12月26日 朝日新聞夕刊
◎野良猫保護作戦 54匹に飼い主 
大阪・中之島公園


pen-line04.gif

ペティオマガジンvol.45

「ペティオマガジン vol.45」
◎いのちの物語 第二回
中之島公園猫対策協議会
~猫を巡る救出劇で生まれた公民協働のカタチ。~

pen-line04.gif

COMVO8月号

「COMVO 8月号 vol.148」
◎週末3時間の過ごし方
ボランティアスタイルDAY
~猫と共に過ごし、街の動物愛護を考える~

pen-line04.gif

プラスミノ8月号

「+LUMINO 8月号」
◎この夏チャレンジ!
 初めてのボランティア
~中之島公園猫保護活動ボランティア~

pen-line04.gif

>うちの猫のキモチがわかる本vol.27

「うちの猫のキモチがわかる本 
Vol.27」
◎今そこにある 野良猫問題
~各地の取り組み・大阪~

pen-line04.gif

猫ふんじゃったなFREE PAPER VOL.1

「猫ふんじゃったなFREE PAPER Vol.1」
◎ノラ猫のためのblog~
中之島公園の猫たち~

pen-line04.gif

Volo 2011年4月号

「市民活動情報誌 ウォロ(Volo)
2011年4月号」
◎特集~公園の野良猫保護活動がもたらしたもの~
野良猫をめぐる公民協働


Volo 2008年7月号

「市民活動情報誌 ウォロ(Volo)
2007年7月号」
◎公民協働による犬猫救出大作戦~
中之島公園猫対策協議会の動き~

pen-line04.gif

THEペット法塾 動物法ニュース 32号

THEペット法塾
「動物法ニュース 32号」
◎特集 野良ねこ問題
大阪・中之島公園から始まる公民協働の猫対策活動
~中之島公園猫対策協議会~

pen-line04.gif



「猫びより 2016年9月号 No.89」
◎”好き”を生かして!中之島公園のお当番さん
よろしかったらこちらもご覧ください。



「猫びより 2012年5月号 No.63」
◎大阪・中之島公園の猫ボランティア
よろしかったらこちらもご覧ください。

pen-line04.gif
pen-line04.gif

「いのちつないだワンニャン写真コンテスト」
いのちつないだワンニャン写真コンテスト

中之島タキシード第二秘書応募作品
「ふぁぁぁぁぁ~」
2010年 耳先カット猫部門で佳作入賞しました。

pen-line04.gif

「環境大臣賞どうぶつからの感謝状」

「大阪市公園ねこ適正管理推進
サポーター制度事業市民協働体」として
2011年 「環境大臣賞」を受賞しました。

pen-line04.gif
pen-line04.gif


☆「Special Thanks!」

大阪市市政

大阪市建設局

大阪市ゆとりとみどり振興局

大阪市健康局


pen-line04.gif
pen-line04.gif

アニマルレフージ関西-ARK-

関西動物友の会

犬猫救済の輪

城ヶ島に生きる野良猫たち

社会福祉法人大阪ボランティア協会

公益財団法人どうぶつ基金

点猫blog

ねこおたぶろぐ

おおさかねこネット

ねこ☆にゃらーず

犬猫ヒトの共存を夢見て

市民社会と猫ボランティア

かりぐらしの猫たち

さっちゃんの気ままな生活♪ペットと共に。。

家猫・外猫ときどき人間

あびこ動物病院

ナカジマ動物病院

いち犬猫病院HP

いち犬猫病院おうち探し


pen-line04.gif
pen-line04.gif

「犬猫救済の輪」
「犬猫救済の輪」HPへ

「社会福祉法人大阪ボランティア協会」
大阪ボランティア協会HP

「点猫blog」
ばんひろみさん「点猫blog」

pen-line04.gif

「おおさかねこネット」
@naokoさん「おおさかねこネット」

「公益財団法人どうぶつ基金」


「一(いち)犬猫病院」


pen-line04.gif
pen-line04.gif

☆「Foster Parents&Nakanoshima Staffs」

とわさんち二軒目(DREAMさん)

leo&ally&amiru House(lindenさん)

おぉきに。(みけねこさん)

麒麟と散歩(sinsinさん)

パピのねこ日記(パピ&司令塔Aさん)

一般社団法人 キャット・ソシオン

ジョナサン(ジャスパーさん)

それ行け!ミロクちゃん

おおさか26匹猫レスキュー

bon2tail on Instagram

ねこと生きる・・・モカとその仲間達(モカままさん)

あおい的日常(あおいパパさん)


pen-line04.gif
pen-line04.gif

「パピのねこ日記」
司令塔Aさん「パピのねこ日記」

「一般社団法人 キャット・ソシオン」
blog_top_1-1203x380.jpg

「おおさか26匹猫レスキュー」
おおさか26匹猫レスキューブログへ

「それ行け!ミロクちゃん」
それ行け!ミロクちゃんブログへ


pen-line04.gif
pen-line04.gif

「とわさんち二軒目」
DREAMさん「とわさんち二軒目」

「猫になりたい」
ししさん「猫になりたい」

pen-line04.gif
pen-line04.gif

☆「Osaka Cats Supporter」

大阪ねこの会(旧おおさか公園ねこの会)HP

大阪ねこの会ブログ

大阪城公園猫の会

うつぼ公園ねこの会

フェンスねこと呼ばれて。

pen-line04.gif
pen-line04.gif


☆「Links」

ちよだニャンとなる会

NPO法人ディブル

ひびいろいろ

猫のふく村さん

公園101匹ニャンコSOS!

クロエ・ンピツのらくがき

にゃんボンボン

猫大好き♪猫バカ日記

まったり日記part2

Smoketree's Perennial garden

はみだんのブログ

ちょころぐ+(プラス)

ねこをさかなに一言!

~peaceful~

社長はロビンソン

ねこもすき。

おで様流

猫ネコ英語

ちいさなチカラ

ビビリーヌの気まぐれブログ

フェアリーナと猫たちの「ニャゴにゃ語TIME」

ねこらいふ

やっぱり私も猫が好き!

猫と私とヒーリング

飼育委員長の日誌

メェちゃんとお散歩


pen-line04.gif
pen-line04.gif

「NPO法人ディブル」
(旧うさぎSUMMIT)
NPO法人ディブルHPへ

「ちいさなチカラ」
ちいさなチカラ~猫エイズと白血病…だけど生きてる。

「cat plase 70匹の猫達」
70匹の猫たちから、預かり猫さんの里親募集

pen-line04.gif
pen-line04.gif

「田代島にゃんこ・ザ・プロジェクト」
「田代島にゃんこ・ザ・プロジェクト」HPへ

「仙台市動物愛護管理センター」
仙台市HP 動物管理センターへ

「東北地震犬猫レスキュー.com」
東北地震犬猫レスキュー.comへ


pen-line04.gif
pen-line04.gif

「ぜんこく犬猫助成金リスト」
ぜんこく犬猫助成金リストバナー

「犬と猫と人間と」
犬と猫と人間と

pen-line04.gif
pen-line04.gif

ペットと泊まれる旅館
京丹後・網野「弁天館」
京丹後・網野「弁天館」HPへ

pen-line04.gif
pen-line04.gif

「大阪・京橋 動物供養のお寺 慈愛院」
慈愛院HPへ

☆ワンちゃん・ネコちゃん 里親募集ふれあい会☆
volunteer.jpg
毎月第3日曜日「慈愛院」にて開催!
幸せな出会いを待つ子たちがたくさん参加します!



pen-line04.gif
pen-line04.gif
pen-line04.gif

ほしいものリスト

お気に入りブログ

フレンチフライ New! monmoegyさん

花紀行(5119)-シン… New! 宮じいさんさん

アリスちゃん里親募… New! -ふくちゃん-さん

コメント新着

中之島タキシード@ Re[3]:梅雨、あけたよ(07/21) 子猫がいますさんへ はじめまして。 中之…
子猫がいます@ Re:梅雨、あけたよ(07/21) 子猫が三匹います。 のらねこです。 飼い…
鵄 杏@ Re:梅雨、あけたよ(07/21) 暑中お見舞い申し上げます。 健やかな時間…
linden@ Re:梅雨、あけたよ(07/21) おはようございます ツイッターで猫たちの…
鵄杏@ Re:忘れないで…(07/14) ひめちゃんはどんな時の手も信頼出来る手…

バックナンバー

2017.10
2017.09
2017.08
2017.07
2017.06

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

闘病記録

2017.01.17
XML
カテゴリ:闘病記録




随分と寒くなったな
もう1月も半ば過ぎたじゃないか…

お久しぶりです
偉大なるボス猫、くーです





まったく…

何年経っても秘書たちときたら
ぐーたらで困るムカッ

確かに年々やることは増えたのはわかる

昔ほど数は多くなくても
ボクたちは猫だからな

命あるものには
日々、いろんなことがある
ある意味、思いもよらないことや
邪魔くさいこともする

まあ、それは
猫も人間も同じだな

だから、秘書たちが
てんてこ舞いすることが増えているのも
少しならわかってやろう

ふふんっ、寛大なボス猫は
懐がデカくて優しいからな





しかし…だムカッ

だからといって
ボクたちの出番が少なくなるのは
やっぱりダメだぞっムカッ

いいか、秘書たちよ

お前たちの本来の任務は
ボクたちの話を伝えることなんだからな


さてと…

2017年最初の
心温まるお説教もしたから
ボクが最近の出来事を伝えることにしよう







昨年末、また
大切な仲間がいなくなった

少し前から体調を崩していて
定期的にボクの大っ嫌いな病院に
連れて行かれてた

司令塔Aさんや秘書たちは
毎日「猫の部屋」で
ボクの大っ嫌いな点滴をしてたんだ





あの子が、とっても
とっても頑張ってたことを
ボクは知ってるぞ

だから、きっと大丈夫だと思ってた

絶対に、あの頑張りは
報われるはずだと信じてたんだ





けど、あの子は
あまりにも早く逝ってしまったんだ

本当に眠ったまま
逝ってしまったんだぞ

ボクたちも、人たちも
いなくなったことを信じられないまま
年を越したんだ





人が来ると
いつも一緒に甘えにいった

何も困ってないのに
あの子は、いつも困ったような顔だったぞ

楽しい時も、嬉しい時も
あの困り顔で、たくさんの人から
可愛がられてたんだ

人気は、ボス猫であるボクと
二分するほどだったんだ

ふふんっ、どうだ?
すごいもんだろう





一緒に日向ぼっこして
一緒に昼寝して、ご飯を喰って
あの子とは友情の証を結んでたからな

今でも、誰かが来れば
棚からちょこちょこ降りてきて
あの困り顔でボクの隣に座っている気がする

きっと、みんなが
今もそう思ってるだろう…





あの子…
ルナがいない現実を
まだ受け入れられてもいない年明け

1月6日、金曜日
また心配な出来事が起こったんだ

みさえが何も喰わなくなった
そして、何度も吐いてしまったんだ…





「猫の部屋」の大食漢といえば
もちろんボク、弟子たち
女の子では、ひめ

特にひめは、最近どうしたんだと
言いたくなるほどの食欲だ

しかし、昔からコンスタントに
朝夕、日誌のご飯欄に二重丸が付くのは
何を隠そう、みさえだったんだぞ





ボクの半分もない小さい身体なのに
いつも好き嫌いせずにペロリと平らげる

そして、ほとんど
吐いたことはなかった

そんなみさえが
一切、喰おうとせず
胃が空っぽになっても吐き続けた…

もちろん「猫の部屋」には
衝撃が走った





みさえは、今の「猫の部屋」で
おそらく最年長だと思う

秘書たちが2004年に
初めて公園を訪れた時には
もう立派な大人だったらしいからな

少なく見積もって
推定年齢は15才前後

おそらく、それ以上じゃないかと
秘書たちは言う

年齢的に何が起こってもおかしくはない…

秘書たちは、大慌てで
みさえを病院へ連れて行ったんだ





ボクの大嫌いな病院で
みさえは、血液検査をして
注射に点滴をしてきたらしい

喰わずに吐く原因は
胃炎だろうとのことだった

寒くなって
風邪の症状も出てたからな…

若い頃なら大丈夫だったことが
大丈夫じゃなくなって
年相応にいろいろ出てくるのは
仕方ないだろう

実は、もうひとつ
わかったことがあったんだぞ

みさえもまた、腎臓の数値が
悪くなってたそうだ





猫にとって腎臓病は
宿命のような病気だそうだ

確かに、今までたくさんの仲間たちが
この病気で逝ってしまった

ルナもそうだった…

いつも覚悟はしているようだが
すこぶる悪い数値を見て
秘書たちがショックを受けなかったわけがない…





元気にはしているけれど
初代「猫の部屋」を知るボクやみさえたちは
かなりの高齢になった

年齢的にも、体力的にも
一か八かで無理をするには
負担のほうが大きくなる年齢だな…

ただ、それでも
たとえば、これをやれば
病気が完治するという治療があるなら
どんなに嫌だといっても
秘書たちは病院に連れて行くだろう

無理をさせても、必ず治るんならと
きっと、何度だって注射もするだろうし
入院だってさせるだろうな





けれど、そうじゃないなら…

秘書たちがいちばんに願うのは
いつも、必ず同じだ

毎日、できるだけご機嫌で過ごしてほしい

安心して過ごせる場所で眠って
美味しいご飯を喰って
一日一日、穏やかに過ごしてほしい

ただ、それだけだ…

そうやって過ごすことで
猫は思いもよらない大きなチカラを
発揮することがある

検査の数値や治療だけでは計り知れない
生命力の強さってヤツだな





それに、もちろん秘書たちだって
何もしないわけじゃない

痛みやしんどさは
取り除かないといけないからな

たぶん、嫌だといっても
病院に連れて行かれることはあるだろうし
Aさんや秘書たちに点滴を打たれたりするはずだ

少しでも良くなるように
きっと、またいろんなことをするぞ





まずは、しっかり胃炎を治す
みさえもそれが最優先になったらしい

ご飯が喰えるようになってから
腎臓のことは考えようと
秘書たちは思ったんだそうだ

ただ、正直なところ
胃炎が回復するかどうかも
不安だったらしい

やっぱり年が年だからな…





しかし…だ!

みさえは、ちゃんと喰ったんだ!

3日間の絶食の後
少しずつ、少しずつ
確かめるように慎重に喰い始めた

猫が賢いことは
ボクを見てもらえばわかると思うが
ちゃんと自分の身体のことをわかって
制御できるんだぞ





病院へ行ってから一週間
あの歳にして、あの検査結果にして
みさえの胃炎は回復した

秘書たちも驚いてたけど
今は普段通りのみさえに戻った
しかも、毎日ご機嫌にしてるんだぞ

ボクは感動したっ!!
スゴイと思ったっ!!

必要な時にしっかり喰うヤツは強い…

ホントにそう思ったんだ

あんなに小さな身体なのに
あんなに強いヤツは滅多にいないぞーっ!





いいな、みさえ
これからが本格的な闘いだぞ!

検査の数値だけが
すべてじゃないからな

昔、向こうの部屋にいた
どんぐり目に何度も言ったが
病気に負けない体力をつけるために
しっかり喰うんだ

あ、もちろん
喰い過ぎてしまうのはダメだぞ雫

ま、まあ…

こ、これは自分にも
言い聞かせておくことにするが…雫





きっと、みさえなら
まだまだ元気でいられるはずだ

ふふんっダッシュ
この卓越したボス猫が
素直にスゴイと感動したんだからな

毎日、みんな一緒に
ご機嫌に過ごすために頑張るんだぞ

そして、他の仲間たちもだ
これからも、みんなしっかりと喰えっ!

喰えば何とかなることがある
好き嫌いもするんじゃないぞ

いいか
これは賢明なボス猫からの
忠告だからな





そして、秘書たち
お前たちも自分に言い聞かせておけ

喰うのはいいが
喰い過ぎてはダメだぞ!

あっ、もちろん
飲み過ぎもダメだからなっ!





「中之島公園猫対策協議会HP」
「中之島公園の猫たち」 nakanoshima_cats@yahoo.co.jp




新年早々、少し心配な出来事でしたが
みさえちゃんは、胃炎から回復しました

少し減ってしまった体重も
徐々に戻ってきているようです
今は週に4回「猫の部屋」で補液を続けています

私にとって、みさえちゃんは
大切なふるさと、同じ剣先出身の仲間です

やっと人に甘えることができるようになったんだから
もっともっと元気に長生きして
ご機嫌さんに甘える姿を見せてほしいです


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
猫 ボランティア・保護活動ランキングへ
人気ブログランキングへ

ブログランキング参加中上向き矢印…といいつつも
更新停滞中ですみません雫
ぼちぼち頑張りますのでよろしくお願いしますきらきら






最終更新日  2017.01.17 15:06:49
コメント(3) | コメントを書く
2016.02.22
カテゴリ:闘病記録



ご無沙汰しています
病み上がり(?)の第二秘書です


DSC_0664.jpg


偉大なるボス猫の命令にも関わらず
痩せることもできず仕事に復帰いたしました

分厚い皮下脂肪と
頑丈なコルセットのせいで
着ることが出来るスーツも限られ
同じスーツで出勤する今日この頃です雫

でも、まぁ
何とか元気に働いていますので
ご安心ください


P2590922.jpg


片や、偉大なるボス猫に
太るように命ぜられたロマンはというと…

現在、司令塔Aさんと第一秘書が
交代で「猫の部屋」に通い
毎日、補液を実施中

まさに補液強化月間です

しかしながら、そこで
ちょっと問題が...


P2590926.jpg


ロマンは、前足の不調が回復してから
天井近くに張り巡らされた
キャットウォークのコーナーが
定位置になりました

そして、元気になってきてからは
普段通りに体全体で喜びを
表現するのです

やはり、ゆうに2mはある
キャットウォークの上で…

例えば、第一秘書が
常備されている脚立で近づくと
ゴロンゴロンと転がるため
お尻を支えていないと危険な状態に

もし、ここから落下してしまうと
今のロマンには大惨事です雫


2016.02.jpg


しかし、補液に慣れたロマンは
針を持っていても、怖がりもせず
お構いなしに、甘えて転がり倒すのです

仕方なしに、第一秘書は
毎回、ロマンを洗濯ネットに詰め
床に下ろして、抱っこしながら補液

ついでに体重を計ったり
鼻詰まりを取ったり…

補液後、膝を占領されたりしています


P2590391.jpg


一方、司令塔Aさんの場合

とにかく多忙を極めるAさんは
真夜中、運び屋Tさんの車で運ばれて
「猫の部屋」にやって来ます

最初は、久しぶりに会ったAさんに
少し緊張気味だったロマン

すぐにゴロゴロは言ったものの
しばらくは、キャットウォーク上で大人しく
補液を受けていました

とんでもない時間に書かれた連絡ノートには
毎回「ロマン、今日も大人しくいい子でしたよ」と
記されていたのですが…


P2600021.jpg


しかし、最近
どうやらロマンは気付いたようです

--- Aさん、怖いことしないんだ
甘えたら、優しく撫でてくれる
そっか、甘えてもいいんだ ---

補液されることは
猫にとって、充分嫌なことで
怖いことだと思うのですが…

ロマンにとっては
そんなこと(?)よりも
普段なら誰もいない時間帯に構ってもらえるのが
嬉しくなってきたようなのです


DSC_0648.jpg


だからこそ、ちょっと問題が…

第一秘書の身長、170cmと少し
司令塔Aさんの身長、150cm足らず

リアルのふたりをご存じの方なら
たぶん、すぐに気付かれるでしょうが…

身長差20cm以上のふたりが同じ脚立を使い
キャットウォーク上で転がりまくるロマンに
全身のチェックや補液などを行うと
どうなるか?


DSC_0817.jpg


本人は、あまり気にしてないようですが…

実は小さなAさん
毎回、かなりアクロバティックな状態に
なっているはずなのです

普段使っている
ピンクの可愛い脚立は
不安定極まりない雫

元気になるにつれ
ますます動きが激しくなるロマン共々
Aさんが転がり落ちたりしないように…

先日、お当番の美々さんが
丈夫な脚立を運んできてくださって
今のところ、どちらも無事です


P2600141.jpg


現在「猫の部屋」一丸となって
ロマンのケアを続けています

その甲斐あって、目ヂカラもアップ
食欲も少しずつ戻ってきました

ただ…

食べてはいるものの
体重は、なかなか戻って来ず

こちらの問題は、ゆっくり焦らず
ロマンのペースにあわせて
解決していきたいと思います


P2600044.jpg


がんばれ、ロマン手書きハート







「中之島公園猫対策協議会HP」 web@nakanoshima-cats.com
「中之島公園の猫たち」 nakanoshima_cats@yahoo.co.jp
lil13h.png



「実は、先日ついにロマンがAさんの膝にのりまして…」
「ああ、ついに乗ったか…」
「今後、ますます動きが激しくなるんじゃないかと思われます」
「なるでしょうね」

新しいフォルダー1-001.jpg

「とりあえず、今はボスの言う通り、体重増やしたいね」
「うん、私も太らないだけでもよしとしてほしいよね」
「あ、それは無理じゃないかな」
「…くーちゃん雫

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

猫ボランティア・保護活動ランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中上向き矢印
ポチッと応援いただければ嬉しいです猫






最終更新日  2016.02.22 22:17:58
コメント(2) | コメントを書く
2016.01.15
カテゴリ:闘病記録




こんばんは

「猫の部屋」の偉大なるボス猫
くーです





早いもので1月も半ばになったな

人間の世界では
「正月太り」とかいう言葉があるらしいが
そもそも、正月過ぎたら痩せるのか?

あ、今、
秘書たちが目をそらしたぞ





んっ、猫は太らないのかって?

まあ、正月だからって
ボクたちもいいもんもらったからな

けど、ストイックなボス猫は
それくらいでゆるまない

最近、痩せたなんて言われるけど
ボクは鍛えてるだけだぞっ!





ただな、中には
太らなきゃいけないヤツがいるんだ

こらーっムカッ
そこのどんぐり目!!

とにかく、しっかり食って
まるまる太れと命令したじゃないか!?

偉大なるボス猫の命令が聞けないのかムカッ





三年前、どんぐり目は病気になった

長い間、入院し
いろいろやったらしいが
何をしても良くはならなかった

もう手の施しようがなく
秘書たちが連れて帰ってきた時
ボクは、どんぐり目に命令を下したんだ

とにかく、しっかり食え!!
絶対に元気になれ!!、と…

その後、どんぐり目は
少しずつご飯を食いだして
少しずつ元気になっていった

まわりの人間たちは
奇跡だとか言ってたらしいがな…

ふんっ、当たり前だろう
偉大なるボス猫からの命令だぞ?

ふふんっ、ボクの命令は絶対だからな





けれど、去年の秋頃から
また、どんぐり目の体重が減ってきたらしい

そのせいで、年が明けてからも
秘書たちやお当番さんたち
みんなが落ち着かない

こんなに立派なボス猫を差し置いて
お当番さんたちは
どんぐり目のご飯の回数を増やしているし

秘書たちは、土曜日以外にもやってきて
こんなに愛らしいボス猫に構うこともなく
どんぐり目に注射を打ったりしてる

まあ、ボクには
ち、注射はいらないけどな…雫

ふんっ、ご飯なら食べてやってもいい

まあ、とにかく
みんなが週に一度の体重測定の日に
一喜一憂してるんだ





ちなみに、体重は
第二秘書が抱っこして計るんだが…

どうも第二秘書だけが
まるまると太ってるようだな
そんな命令はしてないのに

…って
おいっ、第二秘書!

体重計の針をねつ造するんじゃないっムカッ





その上、先週
どんぐり目は前足を痛めたらしい

アイツはどんくさいからな
きっと着地にでも失敗したんだろう

ふんっ、ボクなら
キャットウォークから落ちても
着地に失敗しないぞ

しっかり食って
鍛えてないからそうなるんだ

えっ?
普通はキャットウォークから落ちないだと?

ふ、ふんっ…
あ、あれはわざとだぞ雫

完璧すぎるボス猫だと愛嬌がないだろうが雫





まあ、とにかく
どんぐり目が少し痛そうにしてたから
棚に登れないんじゃないかと
また、お当番さんたちが大騒ぎしたんだ

で、みるみるうちに
特別室の棚の下には暖かいベッドが
出来上がったらしい

たくさんのカイロと
噂では、猫用あんかとかいうものまで
置いてあるらしいぞ





おい、わかってるか!?
どんぐり目!

しっかり食って
まるまる太れーっ!!

おまえは、病気なんかに
負けてられないんだぞ

ボクからしたら
まだ、どんぐり目なんて
ひよっこじゃないか

いっぱい食え
そして、吐くな

いいか?
しっかり体重を戻すんだ





おまえの体重が増えて
元気にもりもり食ってくれたら
秘書たちやお当番さんたちも喜ぶ

もちろん、ボクたちだって嬉しいぞ
どんぐり目は大切な仲間だからな

おまえが元気になれば
ここにいる全員が喜ぶんだぞ

おまえが、ずっと頑張ってるのは
ちゃんと知ってる

この偉大なるボクも認めてやる
おまえは、本当にすごい

よく頑張ってるぞ





けどな、あえてボクは
まだ、おまえに『頑張れ』って言う

おまえなら、まだまだやれる
ボクが言うんだから間違いない

食え、どんぐり目!
太れ、どんぐり目!

いいか?
これは偉大なるボス猫からの命令だ

ボクの命令は絶対なんだぞっ!!





そして…
そろそろ痩せるんだ、第二秘書

仕事に復帰するにも
スーツが入らなくなるぞ

いいか?
これも偉大なるボス猫からの命令だ!!





「中之島公園猫対策協議会HP」 web@nakanoshima-cats.com
「中之島公園の猫たち」 nakanoshima_cats@yahoo.co.jp



「ホント、ロマンに分けたいよ…雫
「あ、体重?
「うん、1号の食欲もね」
「あ、そうだね…雫

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

猫ボランティア・保護活動ランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中上向き矢印
ポチッと応援いただければ嬉しいです猫






最終更新日  2016.01.15 23:04:17
コメント(3) | コメントを書く
2015.08.09
カテゴリ:闘病記録




皆さん、こんばんは
第二秘書です

今夜は、タマについてのご報告です





土曜日のTwitterでは
少しつぶやいたのですが…

7月、タマが体調を崩しました

診察と血液検査を受けましたが
どこにも異常は見当たらず
検査結果の数値も
とても良い結果でした

ちょうど一気に暑くなった頃で
暑さにあたってしまったのだろうと
思っていたのですが…

その後もタマの体調は
なかなか戻って来ないまま
8月を迎えました





ご飯も思うように食べず
どんどん元気をなくしていくタマと
何度も病院に通って
いろいろな検査を行いました

けれど、まだ原因は
分かっていません

今は、先生と相談しながら
出来るだけタマが楽に過ごせるようにと
治療を続けています





皆さん、突然のご報告になってしまい
本当に申し訳ありません

どうかタマが元気になるように
応援していただけると嬉しいです






「中之島公園猫対策協議会HP」 web@nakanoshima-cats.com
「中之島公園の猫たち」 nakanoshima_cats@yahoo.co.jp


タマが少しでも
ご機嫌さんに過ごせますように…

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
猫ボランティア・保護活動ランキングへ
人気ブログランキングへ

ブログランキング参加中
いつも温かい応援をありがとうございます






最終更新日  2015.08.10 02:07:26
コメント(6) | コメントを書く
2014.02.10
テーマ:猫の病気(65)
カテゴリ:闘病記録









知的な雰囲気、媚びない気品
凛とした目ヂカラ

パンチの効いた顔つき
天使の様な寝顔

彼女の名前は、ハナちゃん

私、第二秘書の
愛しのフォトジェニックです





写真を撮る場面場面で
別猫のように変わるハナちゃんの魅力にやられ
昔から彼女の写真を撮ってきました

しかし、最近のハナちゃんは
寄る年波に勝てないのか
寝ていることが多くなって…

少し寂しい気持ちになる時がありました

それでも時々、あのパンチの効いた顔で
睨みを効かせていたり
まるで瞑想に耽っているような表情で
目を閉じていたり…

そんな様子を見かけると
やはり嬉しくなって自然とカメラを向けています





そんなハナちゃんが
体調を崩したのは昨年末のこと

目やにと鼻水の酷い風邪の症状
寝起きには目も開けられないほどでした

ただ、その症状が出た時には
すでに病院も休みに入っていたため
年をまたいでしまいました

薬入りのご飯は、すぐに気付いてしまう
ハナちゃんに苦労しながらも
お正月のうちに症状は
何とか緩和したのですが…

念のため、新年早々
血液検査することにしたのです





血液検査の結果
心配していた腎臓や肝臓など
内臓の数値は異常なし

ただ、ハナちゃんは
貧血の数値が、とても悪くなっていて
免疫の低下も見られました

内臓機能の低下から起こる貧血ではないため
治療して、改善させることは難しい…

また、年齢的にも体力的にも
無理させることはできません

そのため、何か他の症状が出てくれば
その都度、早めに対応しながら
病気と上手く付き合っていくしかありません

とにかく、少しでもハナちゃんが
しんどくないように、痛くないように…

先生に相談しながら
お当番さんたちと力を合わせ
みんなで見守っていくことにしたのです





とにかく、しっかり食べてほしい
それが全員の思いなのですが…

ハナちゃんは、昔から少食で
好き嫌いが多く、嫌だと思ったら
どんなにお腹が減っていても食べてくれません

食べることに執着しないので
今までも薬を飲ませる時は、四苦八苦

投薬が終了した後も
ご飯を出すたびに疑って
食べなかったりすることもあるからです

そのため、必要な薬は注射か点滴にして
ストレス軽減のため、第一秘書と私が
「猫の部屋」で打つこと

療養食もサプリメントも一切使わず
ハナちゃんが好きな缶詰やカリカリを
小まめに食べさせること

そう決めて、頑張ることにしました





そんなハナちゃんの
最近の暮らしぶりはと言いますと…

何度か栄養剤の点滴を打ったこともありましたが
とりあえず、何とか少しずつ食べてはいます

ただ、少食過ぎるため
何とか食べてくれないかと
毎日、やはり四苦八苦しています

少しでも食べてくれるようにと
大好きなカリカリをハナちゃんの枕元に置くと
ハナちゃん、無情にも無視

がっかりしていると
特別なご馳走を見つけたリリーつばさ
どこからともなく現れて
こっそり盗み喰いするのです

ただ、その姿を呆れて見ていると
盗み喰いの姿に刺激されるのか
時々、ハナちゃんもつられてポリポリ…

そんな時は、笑いながらも嬉しくなります





いつも捕まえる役の私と
注射や点滴を打つ役の第一秘書を見ると
手が届かない場所へ速攻避難するハナちゃん

「さすがに頭脳派…」と感心半分
寂しい気持ち半分

でも、その軽快な足どりに
安心したりもしています

ひとりで寝ていたベッドへ
こっそり割り込むビビヒロコちゃんに
安眠妨害されて、パンチの効いた顔になったりもします

短く「シャーッ」と言って寝返りを打ち
結局、最後には一緒に眠っていたりする姿に
癒されたりもしています





なんてことない日常の一コマですが
変哲もない毎日が何より有り難いことなのです

「猫の部屋」では「ご機嫌さん」でいるのが
いちばんの薬

きっと、今もハナちゃんは
相変わらずな猫たちと相変わらずな人たちに囲まれて
ご機嫌さんに過ごしてくれているはずです





私の顔を見ると
警戒するようになってしまったけど…

ハナちゃんは、どんな時でも
私のフォトジェニック

これからもご機嫌さんに過ごせますように星















「中之島公園猫対策協議会HP」 web@nakanoshima-cats.com
「中之島公園の猫たち」 nakanoshima_cats@yahoo.co.jp

18.png



先週金曜日の夜に
膀胱炎の症状があったハナちゃん

雪から冷たい雨に変わった土曜日の朝
カイロと毛布でぐるぐる巻きにしたハナちゃんを
病院へ連れて行きました

幸い、お当番のSさんが早く気付いてくださったので
大事には至りませんでした

帰って来てから、ちゃんとオシッコも出て
第一秘書と大喜びしました

これからも、全員でハナちゃんを見守って行きます星


 
猫ボランティア・保護活動ランキングへ
人気ブログランキングへ

ブログランキング参加中上向き矢印ぽちぽちっと応援よろしくお願いします音符






最終更新日  2014.02.10 03:54:29
コメント(4) | コメントを書く
2013.06.02
カテゴリ:闘病記録









こんばんは、第一秘書です

6月に入りました

今年は、春から
かなり目まぐるしく時間が過ぎています





それは、いくつかの出来事が
重なったからですが…

その中でも、やはりロマンの発病は
「猫の部屋」にとって
いちばん大きな出来事でした

入院と退院を経て
今、ロマンは「猫の部屋」で
闘病生活を送っています



waiya-2.jpgwaiya-1.jpg


今年3月、体調を崩し
入院したロマン

病名は、腎不全
昨年逝ったモデルフクと同じ病気です

入院中、先生たちは
いろんな方法を試してくださったけれど…

どうやっても
恐ろしいほどの数値が
改善することはありませんでした





明日、突然何かが起こっても
おかしくはない…

正直なところ、私も第二秘書も
覚悟していました

それほどまでに
ロマンの状態は悪く
打つ手がないほどだったのです

だからこそ、普段と変わらない生活が送れる場所に…
「猫の部屋」に戻したいと思いました

もし、何かが起こったとしても…

それまでの時間を
どこで、どう過ごすのか…

そのほうが大切だと思いました





入院した時から
何も食べようとしなくなったロマン

退院してからも
なかなか食欲が戻らなくて
体調を崩すこともあり…

夜中に、司令塔Aさんと運び屋Tさんが
点滴に行ったこともありました

そんなロマンを見るたびに
「もうダメかもしれない」と思いました

けれど…

毎日、ロマンは少しずつ…
本当に少しずつ
食べようとはしていたのです

最初は、3g、5gと
ほんの一口ずつくらいだったけれど…

自分から食べようとすることが
とにかく嬉しくて
食事の回数を増やしたり
好きそうなものを用意したりしました





いつも、お当番さんたちは
ロマンのために、たくさんの好物を
持ってきてくれました

「今日はササミを3かけ食べました」
「茹でまぐろを食べた後、お水も飲んでくれました」

報告のメールには
毎回、美味しそうな差し入れの数々

少しずつしか食べなくても
その一口、二口が
かけがえのないものだと感じていたのは
みんな同じでした

そんな毎日を続けるうちに
いつしか、ロマンの食べる量は
確実に増えていました

そして、今…

ご飯を食べるロマンの姿は
もう以前と変わらないように見えます


waiya-2.jpgwaiya-1.jpg


現在、私と第二秘書は
お当番を担当する土曜日以外にも
「猫の部屋」へ行っています

脱水症状のあるロマンに
輸液するためです





輸液は、週二回
土曜日と水曜日の夜

一度に点滴する量は180ml

少し痩せたロマンの体に
点滴針を刺すたび
「今日も無事に終わりますように…」と祈ります

毎回、捕まる時は
少し速くなってしまう呼吸

落ち着いてくるのを確認して
ゆっくりと注射器を押しながら
ロマンに話しかけます

それは、ネット越しにのぞき込んでいる
茶白たちの様子とか
点滴後に食べる夜食の内容とか…

くだらない話ばかりだけど
話しかけているうちに
少し強ばっていた体は、柔らかくなり
いつしか呼吸も正常に戻ります





無事に点滴が終わると
いつも、ロマンの体の中には
小さな水分の瘤ができます

溜まった水分を体内に浸透させるため
ゆっくりとマッサージしながら
「どうかロマンを元気にしてください…」と祈ります

マッサージが終わり
顔を覆っていたタオルを外すと…

いつも、ロマンは
ウサギのように、ぴょこんと跳ねて
棚に戻っていきます





棚を上がる足どりが
ふらついていないかを確認したら…

毎回、キャットウォークで見ている彼女に
「ありがとう」と声をかけます

すると、彼女はロマンのそばに行き
少し緊張の残る背中を
毛繕いし始めるのです

まるで、母猫が
子猫を落ち着かせるように…

残っている緊張を
いつも、完全に解いてくれるのは
彼女の優しい毛繕い

怖がりで寂しがり屋のロマンにとって
何よりも大きい存在

それが彼女なのだと思います





私と第二秘書も
優しい彼女に支えられていることが
たくさんあります

次は、そんな彼女…

ちびたのお話に続きます






















「中之島公園猫対策協議会HP」 web@nakanoshima-cats.com
「中之島公園の猫たち」 nakanoshima_cats@yahoo.co.jp

 line_brokenline01_mix.gif



現在、ロマンは「猫の部屋」でのんびり過ごしています。
何とか食欲も戻り、毎日甘えている姿に
少しホッとしています。

幸い、今のロマンには
貧血や口内炎の症状などは出ていません。
そのため、輸液だけで安定しているのだと思います。

もちろん、今後どう状況が変わっていくか?
そんな不安はありますが…

ただ、いちばんに願っているのは
ロマンが安心して、ご機嫌に過ごせること…
そんな日が一日でも長く続くことです。

これからも精一杯
ロマンを支えていきますので
皆さん、どうか見守っていてくださいきらきら




【おおさか猫26匹レスキューにご協力ください】

rescue26.gif


【行方不明の黒猫あつし君を探しています】

__0017-2.jpg



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 
猫 ボランティア・保護活動ランキングへ
人気ブログランキングへ

ブログランキング参加中上向き矢印いつもたくさんの応援ありがとうございます四つ葉






最終更新日  2013.06.03 05:31:20
コメント(7) | コメントを書く
2013.03.29
カテゴリ:闘病記録








こんばんは、第一秘書です

ロマンの入院について
皆さんには、大変ご心配をおかけしています

今回の件は、突然のことで
私たちもかなり戸惑いましたが…

皆さんから、たくさんの応援をいただき
本当に支えられました
ありがとうございます

今日は、ご報告のみの更新です





昨日、木曜日
午後から病院に行き
ロマンを退院させてきました

日曜日から毎日
栄養剤を飲ませていましたが
やはり、ロマンは自分で
ご飯を食べようとしませんでした

ただ、口の中に
栄養剤や缶詰を入れて食べさせても
気持ち悪そうにしたり
吐き出したりはせず…

食べられそうなのに
なぜか食べないロマンを見て
このまま病院にいても
難しいのかもしれないと思いました

そして、司令塔Aさんと相談し
一旦「猫の部屋」に戻して
様子を見ることを決めました





先週末の再検査では
数値の回復は見られませんでした

そのため、退院の直前まで血管点滴をお願いし
帰る間際に、もう一度
再検査することにしました

ちょうど一週間続けた血管点滴

少しは回復しているのか?
それとも変わらないのか…?

昨年、亡くなったモデルフクの時には
入院し、3~4日の血管点滴を受けると
最初は、何らかの改善が見られました

彼らには、腎不全だけでなく
貧血などもあったのですが
今回、ロマンにはそれがないのです

けれど…





帰る間際の再検査でも
腎機能の数値は
入院時と変わらない状態でした

正直、ショックでした…

少しくらい回復しているのではないかと
期待していたところはありました

いったい何が原因でこうなったのか
なぜ、少しも回復しないのかもわからず
いろいろと不安は残ったままなのですが…

ただ、今は
ロマンの食欲を戻すことのみを最優先に考え
「猫の部屋」に連れて帰ってきました

いちばん安心できる場所で
ぐっすりと眠って、しっかり食べて欲しい

そうすれば、また
何かが変わるかもしれないから…

今、私は
それだけを願っています





退院してきたロマンは
足取りも軽く、キャットウォークを
くるくると歩き回っていました

ただ、入院中
体重は落ちなかったものの
改めて、部屋にいるロマンを見たら
一回り小さくなったように感じました

たぶん、入院前
あの脱水が起こった時に
すでに体重は落ちていたのでしょう

それでも、見た目には元気そうで
目にも、普段と変わらない力があって…

撫でると安心した顔で
ゴロゴロと喉を鳴らせて
転がって、お腹を見せました

部屋中を歩いている途中で
自分で水を飲み、トイレにも行きました

そして…





温めたご飯を少しと
おやつを少し食べてくれたのです

もちろん、量としては
ほんのわずか
2口ずつくらいのものです

けれど、ずっと自分から
食べようとしなかったロマンが
目の前に置かれたお皿に口をつけたこと

それが私は
とても嬉しかったのです

その後、少し疲れたのか
ロマンは、自分の名前が入った座布団の上で
ぐっすりと眠りました

きっと、怖がりで
寂しがり屋なロマンのことだから
入院中、あまり眠れなかったのでしょう

背中を撫でても、目を開けず
すやすやと寝息を立てる姿を見て…

ずっと、こんな時間が続くように
ロマンを元気にしたい…

今、一生懸命生きているロマンを
そばにいて、全力で支えようと
改めて思いました





ねっ、ロマン…

いっぱい食べよう
一緒に頑張ろう

ずっと、そばにいるからね…




















「中之島公園猫対策協議会HP」 web@nakanoshima-cats.com
「中之島公園の猫たち」 nakanoshima_cats@yahoo.co.jp

 line_stitch01_04.gif


「おおさか26匹猫レスキュー」専用ページができました。

多頭飼育崩壊からのレスキュー経緯、募集内容などまとめました。
また、レスキュー猫の紹介ページにも
お世話係さんからのコメント更新中です。
是非、こちらをご覧ください。

すべてのお問い合わせは、下記アドレスまで
「おおさか26匹猫レスキュー」
26cats.rescue.osaka@gmail.com


豊中市蛍池西町1丁目で行方不明になった
黒猫「あつし」くんについても
引き続き、ご協力をお願いします。
詳しくは、こちらの日記とコメント欄をご覧ください。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 
猫 ボランティア・保護活動ランキングへ
人気ブログランキングへ

ロマンが元気になりますように…どうか応援していてくださいきらきら






最終更新日  2013.03.30 00:06:05
コメント(6) | コメントを書く
2013.03.26
カテゴリ:闘病記録








おはようございます、第一秘書です

先日から、いろんなことが重なり
なかなかブログを更新することができませんでした

ツイッターをフォローしてくださっている方は
すでに、ご存知だと思います

少し遅くなってしまいましたが
今日は皆さんにふたつご報告があります



001.gif



まず、先日から
ご心配いただいていたハナについて

先週水曜日
ハナは、無事に退院しました





祝日だったため
司令塔Aさんと運び屋Tさん
第二秘書と私の4人で
ハナを迎えに行ったのですが…

いちばん小さなAさんが
最下段の入院室の中にもぐり込み
カラーをつけたままのハナを
洗濯ネットに入れて終了

覚悟していた激しい抵抗もなく
無事に「猫の部屋」に戻ってきました





入院中、どうやらハナは
あまり眠れなかったようです

ケージに入れると
最初は、少し怪訝な顔をしましたが
お尻をぽんぽんと押すと
寝床に用意したカゴの中に入り…

しばらくして様子をみると
カゴの縁にカラーを乗せて熟睡

そのまま、夕方まで寝続けました

一度、目を覚ました時に
お水を飲んで、トイレに行って
少しだけドライフードを食べて…

やはり、その後は
ずっと眠り続けていました





思う存分眠って、落ち着いてから
初めて、まだ自分の首に
カラーが付けられたままだということに
気付いたのでしょう

食べたり飲んだりしやすいように
ご飯用とお水用、それぞれ少し高めの台を
用意したのですが…

翌日から、ご飯を食べたり
お水を飲んだりするたびに
カラーを引っかけたり、ぶつけたり

挙げ句の果てに
カラーで缶詰をすくってしまい
不自然に首を曲げながら
すくった缶詰を舐めとっていたそうです





土曜日、お当番の日も
カラーが当たって、食べにくそうにしていたハナに
スプーン片手の第二秘書が
つきっきりでご飯を食べさせました

毛の刈られたお尻は少し寒そうですが
傷口もきれいになってきましたから
もうすぐ不自由なカラー生活も終了できそうです

お陰さまで、食欲もあり
毎日、ハナは元気にしています





先日は、ビビ
ケージの中を何度も覗いていました

きっと、彼女は
ハナと同じくらいカラーが取れることを
待ち望んでいることでしょう


ハナを応援してくださった皆さん
本当にありがとうございました




001.gif



さて、もうひとつのご報告は
ロマンについて

実は、先週木曜日から
ロマンが入院しています

血液検査の結果
腎機能の数値がかなり高く
ひどい脱水症状を起こしていました





ハナを退院させた水曜日

私と第二秘書は、ハナを連れて帰ってから
ケージに必要なものを買い出しに出かけ
夕方に「猫の部屋」に戻りました

その後も、お当番さんたちと話をしながら
夜までいたのですが…

いつもなら、箱の中から出てくるロマンが
顔を見せないことに気付きました





気になって様子を見に行くと
箱の中で横になって
ロマンは眠っていました

それだけなら、特に問題はなかったのですが
背中にさわってみて
すぐにおかしいと思いました

手で触れるだけで
かなり体温が低いことがわかり
毛並みがパサパサだったからです

ロマンに近づくと強い匂いがしました

それは、缶詰を食べた後の匂いや
歯肉炎や口内炎で起こる口臭などではなく
体調が悪い時特有の匂い

私と第二秘書が
病気の匂いと呼んでいるものでした





意識もあり、撫でるとお腹を見せて
喉を鳴らしていましたが…

明らかな脱水症状と低体温
そして、病気の匂い

すぐにAさんに連絡をして
ゆうちゃん用に置いてあるリンゲルを
大量に打ちました

打ったそばから
体内にしみこんでしまうほどの状態

その前の週、土曜日に会った時は
ロマンは、普段と変わらない様子でした

あまりに急なことで
最初は何が起こっているのか
わかりませんでした





翌日の木曜日
診察はお休みだったのですが
Aさんは、点滴と検査を受けられるよう手配して
朝いちばんに、お当番のKさんと
ロマンを病院へ運んでくれました

その日は、午前中に皮下点滴で処置を行い
夜から静脈点滴に切りかえました

今も24時間続けています

脱水症状と低体温は改善されたため
少し元気にはなっていますが…

まだ、腎機能の数値は良くなっていません





それと、今いちばん心配なのは
ロマンが何も食べようとはしないこと

日曜日、第二秘書と一緒に
病院へ行った時に
とにかく、食べさせないといけないため
栄養剤を注射器で飲ませました

それは嫌がらずに飲んでくれました

夜は、Aさんが病院へ行き
栄養剤を飲ませています

目にも力があり、体重も落ちてはいません
それに、あれだけしていた
病気の匂いも消えました

ただ、やはり自力で食べないと
どんどん体が衰弱してしまうので…

今は、とにかく食欲を戻すために
ロマンと一緒に頑張ろうと思っています





ロマンが早く
ちびたの待つ部屋へ帰れますように…

早く元気になって
良いご報告ができますように…

皆さん、どうか祈っていてください
















「中之島公園猫対策協議会HP」 web@nakanoshima-cats.com
「中之島公園の猫たち」 nakanoshima_cats@yahoo.co.jp

 line_stitch01_04.gif


先日から、ご心配をおかけしてばかりで
本当に申し訳ありません。

どうか一生懸命頑張っているロマンを
応援してやってください。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 
猫 ボランティア・保護活動ランキングへ
人気ブログランキングへ

ふさこモデル、どうかロマンに力を…






最終更新日  2013.03.26 05:04:05
コメント(6) | コメントを書く
2013.01.11
カテゴリ:闘病記録







昨年末の健康診断

初めて、腎臓の数値でひっかかった
ゆうちゃん

現在の「猫の部屋」最長老
とうに10才を越えたおばあちゃん猫です





今は、療養食のドライフードと
吸着炭であるコバルジンを
缶詰に混ぜてのご飯

ちょっとした好き嫌いはあるけれど
食欲はあるため
毎日、しっかり食べています

ゆうちゃんは、昔から
小まめにお水を飲むほうだけど
やはり、若干の脱水症状も見られたため…

先生からのアドバイスもあり
今は、週に一度
秘書たちが「猫の部屋」で
リンゲル輸液を行っています





私たち猫は、もともと腎機能が強くはありません

たくさんお水を飲まなくても
生きていける体になっているそうですが
その分、内臓にかかる負担は大きいわけです

若いうちは大丈夫でも
加齢と共に歪みがでてくる

それは、人も猫も同じ

体の構造を考えてみても
高齢猫の多くが腎臓系疾患にかかってしまうのは
仕方のないことかもしれません





昨年春、私の大切な二匹の仲間が
空へ旅立ちました

年齢的には、まだ若かったけれど
彼らもやはり、腎臓疾患を抱え
闘病を続けていました

たとえば、その治療さえ行えば
完治するのだと言われたら…

治療するのか?しないのか?
最終的には、どちらかの選択になるでしょう

もしも、かなりつらい治療であっても
完全に治ってくれるなら
元気になってくれるならと
まだ人は、決断しやすいかもしれない…





けれど、対処療法を行いながら
うまく付き合っていかなければならない病気なら…

いくつかの方法はある
けれど、それはすべて
根本的な問題を解決できるものではない

だから、決めろといわれるのは
何を最優先に考えるのか?
どこまでするのか?

けれど、人にとって
それを考えて、決断することは
とても難しいのだと私は知っています

誰もがこう言うのです

猫たちが、何を望み
何を考えているかがわからないから、と…





そう思うのは、自分の手の中に
命の存在を感じているから…

それがとても大きくて
重いものだと感じているから
人は、悩むのだと思います

だからこそ、できる限りのことを
やり尽くしていたとしても
失った時、無力感に襲われるのだと思います

もちろん、秘書たちも同じです

こうしておけば良かったのだろうか?
違う選択をしていたら
何かが変わっていたのだろうか?

これ以上できることはなかったのだと
頭ではわかっていても…

見送った彼らを思い出すたびに
考えてしまうのでしょう





ただ、私たち猫には
特別な望みも考えもありません

感じているのは
少しずつ、自分の体が老いていくことだけ

それもすべて
自然なことだと受け入れて
ただ、毎日を生きていくのです

だから、本当に望むことは
たったひとつだけ

何も怖がらなくてもいい
安心できる場所でのんびりと暮らしたい
たった、それだけ

欲しい物がたくさんあるわけでもなく
変化を望むわけでもない

怖いこと、嫌なこと
つらいことや苦しいこともなく
いつもと変わらない時間が続けばいい…

たぶん、そんな思いは
人にも伝わっているのだと思います





ゆうちゃんの検査結果を聞いた時
秘書たちが、いちばんに願ったのは…

一日でも長く、元気でご機嫌に
いつも通りの時間を過ごしてほしいということ

それは、昨年春に見送った
彼らの時と同じ

今でも、いろんなことを思い出しては
考えこんでしまうけれど…

やはり、秘書たちの中で
いちばん大切にしたいものは
変わらないということなのでしょう





ゆうちゃんにリンゲルを打つ時

いつも、秘書たちは
洗濯ネットをかぶせた彼女を
作業台の上まで連れて行きます

部屋の中ではなく
わざわざ作業場まで連れ出すのは
大ドミトリーが、ゆうちゃんのホームだから…

「猫の部屋」で暮らすようになって5年

今では、ゆうちゃんにとって
いちばん安心して過ごせる空間が
あの部屋なのです

だから、部屋の中だけは
いつもと変わらないままにしておきたい

そこに戻れば、何も心配はない
安心なのだと思えるように…





体だけでなく心も
いつも元気で、ご機嫌にいてほしいから…

今、秘書たちは
そんな小さなことを積み重ねながら
ゆうちゃんの時間を守ろうと思っています


「ねっ、ゆうちゃん…」
「一緒に頑張ろうね手書きハート














「中之島公園猫対策協議会HP」 web@nakanoshima-cats.com
「中之島公園の猫たち」 nakanoshima_cats@yahoo.co.jp

 line_wafu01_211.gif


「猫の部屋」も6年目に入り
また、いろんなことがあると思います。

ただ、どんな時でも最優先に考えているのは
仲間たちが、いつも元気で
ご機嫌に過ごせること…

今までも、これからも
ずっと変わらない思いです四つ葉


ちなみに、ゆうちゃんは食欲もあり
毎日、元気に過ごしています。

この調子で、数値の改善を目指しますので
どうか皆さん、応援していてくださいね星

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 
猫 ボランティア・保護活動ランキングへ
人気ブログランキングへ

ブログランキング参加中上向き矢印いつも温かい応援をありがとうございます星






最終更新日  2013.01.12 05:18:45
コメント(6) | コメントを書く
2012.04.25
テーマ:祈り…☆(22)
カテゴリ:闘病記録
[腎不全] ブログ村キーワード





こんばんは、第二秘書です

いつもは写真担当の私ですが
今日は、第一秘書に代わってお伝えしようと思います

腎不全を患い
現在、病院に通っている通院組

フクモデルについてです

ここ最近、二匹は体調を崩していました

また、第一秘書からも
詳しい報告があると思いますが…



フクは、口内炎の悪化と
歯の具合も悪くなったことが原因で
ご飯が思うように食べられず
体重が激減してしまいました

『食べたいのに食べられない』

食べることが大好きなフクには
辛い日々が続きました

けれど、治療の効果が現れて
何とか、少しずつ
ご飯を食べられるようになってきました

今は、フクが食べたいものを
いっぱい食べられるようにと
毎日、お当番さんたちが
美味しいものをたくさん持ってきてくれます

もちろん、食べたい気持ちは健在ですから
このまま、この調子で
回復してくれると信じています


モデルは…
今、かなり厳しい状態です

腎臓の数値の悪化とともに
口内炎も一気に悪化しました
食欲は全くなくなり、水を飲むのも辛い状況です

体重は、かなり落ちました
まだ、普通に動いている時もあれば
意識が朦朧としている時もあります

せめて、口内炎の痛みだけでも和らぐようにと
毎日、病院に通っています

あとは、モデルのチカラを信じたいと思います



今日、仕事を早く終わらせて
「猫の部屋」へ行ってきました

モデルが寝ている箱の前に座って
公園時代のことなどを話してきました

----- モデルは、いつも一番に迎えにきてくれたね
木登りが上手だったね

そねこふぁねこの面倒みて偉かったね

公園の猫の中で、一番最初に
名前を付けたのがモデルだったよ

「猫の部屋」が出来た初日からいるのは
今やモデルだけだね -----

たくさん、たくさん話をしました
きっと、モデルにも聞こえていたと思います



次の土曜日、病院の帰りに
一緒に剣先へ行こうかと思います

あの頃から、公園は変わったけど
川を渡る風の匂いとか
対岸に見える桜並木やビルは変わらないから

あそこには、きっと
モデルの大好きなふさこチョビもいるから

もう一度、モデルに公園を見せたいです

神様、絶対晴れにしてください…


 


                            中之島タキシード 第二秘書


 




【お詫び】

4月28日(土)に予定していた
「ボランティアスタイル」
急遽、中止させていただくことになりました

大阪ボランティア協会の皆さん
参加予定だった皆さん
本当に申し訳ありませんでした

ブログの更新もかなり滞ってしまいました
たくさんいただいているメールは
まだ、返信が出来ていない状況です
皆さん、本当に申し訳ありません

とにかく、今はフクとモデルのことを最優先にしながら
気持ちを整理して
少しずつ進めていきたいと考えています

しばらく、ご迷惑をおかけしますが
どうかご理解いただきますよう、よろしくお願いします


 

 

 

「中之島公園猫対策協議会HP」 web@nakanoshima-cats.com
「中之島公園の猫たち」 nakanoshima_cats@yahoo.co.jp

 

今日は、「猫の部屋」の卒業生、ミミちゃんの命日でした
大好きなお母さんやご家族
それとキキのこと空から見てるかな…



ミミちゃん、フクとモデルは頑張ってるよ
そっちにいる仲間たちと一緒に応援していてね…

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 
猫 ボランティア・保護活動ランキングへ
人気ブログランキングへ

皆さん、どうか応援よろしくお願いします…







最終更新日  2012.04.26 05:53:21
コメント(10) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.