278708 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ツタエの宇宙集会

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ツタエ2007

Favorite Blog

肉体の死と魂の転生… たんたん4531さん

1725 ∞ギフト(エナ… akimitu1410さん

9月スピリチュアル… ラム・ワンネス創造さん

St,mother/愛~天地人 St,mother/皐琳〜☆さん
感謝♪ ひかりのしずくさん

Comments

ツタエ2007@ Re[1]:111111のご報告(11/14) はははは~疲れました(^^ゞ でも無事終わ…
akimitu1410@ Re:111111のご報告(11/14) ありがとうございました。 そしておつか…
ツタエ2007@ Re[1]:プラトン立体八面体ホロン(08/07) Muzeさん、こんばんは~ いつもあり…
Muze@ Re:プラトン立体八面体ホロン(08/07) ツタエさ~ん おはようございます&ご無…
ツタエ2007@ Re[1]:古き良き日本という宝物(05/02) Muzeさん、こんにちは。 いつもあり…

Freepage List

2012.01.20
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ということで今日、メールが届いてました。。



何て事でしょう。帰りの電車の中で、「大天使ミカエル、

インターネットについて語る」というメッセージを読んで

いたのです!

http://blog.goo.ne.jp/kouei39/e/d68ad5a5fd11af126f7f881aed06e7ef



そして、このメールです!

先ほど、私も署名しました。



下記に、取り急ぎメールを転載します。

よろしかったら署名をお願いしま~す。



皆様

インターネットの自由を救う日は今日かもしれません。.現在立場が変わり、ホワイトハウスと米議会は尻込みしている状態です。ウィキペディアがサービスを停止したことにより、米国のネット検閲法案に関するニュースがトップ記事として取り上げられています。今日、私たちは分岐点にたどり着いたのです。この法案を永遠に葬り去りましょう。嘆願書への署名はこちらをクリック:

無料かつ自由なインターネットを救うのは今日かもしれません。

米連邦議会は、世界中すべてのウェブサイトを検閲する権利を米当局に認める法案を可決しようとしました。しかし、私たちが125万人による強力な署名をホワイトハウスに届けると、ホワイトハウスは同法案に反対の意志を表明しました。また、世論の圧力が頂点に達する中、法案支持者数名が不支持に回りました。現在ではウィキペディアがサービスを停止する抗議を行ったことにより、市民による抗議運動がトップニュースとして報道されています。

私たちが流れを変えているのです。しかし、検閲を支持する闇の勢力が今、法案の復活をもくろんでいます。今日、法案を永遠に葬り去りましょう。インターネットを守るため、クリックして今すぐ緊急嘆願書に署名してください。既に署名済みの場合は、米連邦議会や対象の企業などにメール、電話、フェースブックおよびツイッターからメッセージを投稿しましょう。さらにお知り合いの方々にこちらを転送してください:

http://www.avaaz.org/jp/save_the_internet_jp/?vl

法案が可決すれば、米国は世界最悪のインターネット検閲国になり、中国やイランなどの国々と肩を並べることになります。「著作権保護法案(Protect IP Act/PIPA)」および「オンライン海賊行為防止法案(Stop Online Piracy Act/SOPA)」は、私たち市民がユーチューブやグーグル、フェイスブックにアクセスする権利を米国政府が阻止することを認める法案です。

私たちのグローバルなキャンペーンと高まる世論の圧力は、ホワイトハウスの法案支持の立場を撤回させ、現在は米連邦議会にも法案を却下するよう働きかけています。先週、同法案の共同提案者であったカーディン(Cardin)上院議員は、法案に反対票を投ずると表明しました!著名な6名の共和党員も、法案を棚上げにするよう要請する手紙を執筆しました。現在、下院における審議も保留されたと報道されています。

数日前、検閲という企業による陰謀を阻止するのは不可能だと言われましたが、現在この法案は分岐点にあり、素晴らしいことに私たちには勝利の可能性があるのです!今日、米国による検閲を阻止しましょう。インターネットを救うため今すぐ緊急嘆願書に署名し、お知り合いの皆様にこのメールを転送してください:

http://www.avaaz.org/jp/save_the_internet_jp/?vl

この法案は、米国による私たちの自由への侵害を可能にするものです。しかし私たちが勝利することによって、世界中の人々がひとつの声のもとに団結すれば、権力の乱用を阻止できることを示すことができるのです。今この時、私たちと共により多くの人々が声を合わせれば、世界史上最強のインターネット検閲を阻止できます。

希望を込めて、

ダリア、イアン、アリス、リッケン、ディエゴ、デイビッド、Avaazチーム一同より



http://www.avaaz.org/jp/save_the_internet_jp1/?cTnUjcb






Last updated  2012.01.20 22:08:50
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.