217826 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

☆カントリーライクな暮らしのススメ☆

PR

Profile


ゆうちゃん88

Calendar

Freepage List

Comments

@ New!
http://buycialisky.com/@ Re:派手さを抑えたいぶし銀の味わい タイ・ハーンドンのRight About Now(03/05) daily cialis and viagradiferencias entr…
まこと9957@ Re:行橋~別府100kmウォーク その2(10/12) ご無沙汰しています。また再開してくださ…
ipad app@ IPADALL ---------------------------------------…

Favorite Blog

暑いので網戸の掃除… 富士山ログハウス物語さん

NUDE 1981 CAMEL FUSION SOULさん

安らぎのクレヨン画 安らぎのクレヨン画家さん
波のような・・・ くがい_さん
HYPER NIKO ウニやんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

☆ ブログで紹介したオススメカントリーアルバム ☆
ラスカル・フラッツ/ミー・アンド・マイ・ギャング

聞き心地が実にいい…。美しいメロディーラインとハーモニーが魅力です。
2.◎What Hurts the Most
YouTubeで視聴できます。
【Aポイント付】キャリー・アンダーウッド Carrie Underwood / Some Hearts (CD)
キャリー・アンダーウッド Carrie Underwood / Some Hearts (CD)

カントリー界で今年の受賞を総なめにした逸材。
4.◎Jesus Take The Wheel
YouTubeで視聴できます。
【Aポイント付】シュガーランド Sugarland / Twice The Speed Of Life (CD)
シュガーランド Sugarland / Twice The Speed Of Life (CD)

パワフルかつ泣かせどころは泣かせる心憎い一枚。
5.◎Just Might Make Me Believe
YouTubeで視聴できます。
【Aポイント付】リトル・ビッグ・タウン Little Big Town / The Road To Here (CD)
リトル・ビッグ・タウン Little Big Town / The Road To Here (CD)

息の合ったハーモニーとノリのよさが心地いい。
2.◎Boondocks
YouTubeで視聴できます。
【Aポイント付】ケニー・チェズニー Kenny Chesney / Greatest Hits(CD)
ケニー・チェズニー Kenny Chesney / Greatest Hits(CD)

カントリー界の大御所いい声です。
7.◎Me And You
YouTubeで視聴できます。
【Aポイント付】ジェシカ・アンドリュース Jessica Andrews / Who I Am(CD)
ジェシカ・アンドリュース Jessica Andrews / Who I Am(CD)

母性的な癒される伸びやかな声質なのが特徴。
6.◎Who I Am
YouTubeで視聴できます。
【Aポイント付】マルティナ・マクブライド Martina McBride / Martina (CD)
マルティナ・マクブライド Martina McBride / Martina (CD)

伸びる声がすばらしい。
5.◎HOW FAR
YouTubeで視聴できます。
Nanci Griffith3
Nanci Griffith Other Voices, Other Rooms

ナンシーがカントリーの数々の名曲をカバー。
1.◎Across The Great Divide
YouTubeで視聴できます。
【輸入盤CD】Wreckers/Stand Still, Look Pretty <2006/5/23>
Wreckers/Stand Still, Look Pretty

ミシェル・ブランチが、親友のジェシカ・ハープと組んで挑んだコンテンポラリーカントリーのアルバム
1.◎Leave The Pieces
Youtubeで視聴できます。
アリソン・クラウス Alison Krauss / Forget About It(CD)
アリソン・クラウス Alison Krauss / Forget About It(CD)">

捨て曲なし。天に届く声に癒されます。
7◎.Ghost In This House
YouTubeで視聴できます。
template design ゆいっぴー
←続きは、左の「オススメのアルバム2」に掲載


2009.10.12
XML
カテゴリ:ウォーキング
宇佐チェックポイントにて 61.5km(1.53)
☆宇佐チェックポイントにて 61.5km(1.53)

行橋~別府100kmウォークも、10月11日に入って、ほぼ12時間近く歩いてきました。午前2時前に宇佐のチェックポイントに到着しました。

宇佐神宮で休憩を入れているので、水分補給と、バナナ、ゆで卵を頂くと、
立石峠を目指して再びスタートです。コースの第一の難関です。

次第に高度を上げていきますが、両足の小指にマメの兆候が・・・。
これは、まずいと道端に座って、早めにテーピングをしました。

さすがに、坂道がずっと続き、思うように進みません。
峠までの間に、何人ものつわものに、すごいスピードで追い抜かれていきます。

なんども、ほどよい力みのないペースを守ることを心がけて、
ようやく、峠の頂上が見えてきました。

立石峠越え 67.7km(3.09)
☆立石峠越え 67.7km(3.09)

坂を下ったところで、ここもいつも私の休憩ポイントとなる、
北部中学校で二回目の休憩をとります。
再び、足に消炎鎮痛剤を塗りこみます。
靴を脱いで、しばらく足を休めました。
ここで約10分の休憩としました。

やおら、起き上がって歩き出すと、やはり足全体には違和感と疲れがきています。
歩き始めは、別の足の状態のようです。
しばらく歩いていると、また、負荷のかからないペースを維持します。

中山香の駅まで、なかなか長い道が続きます。
途中、何人も、道端で休憩する人影が増えています。

七曲りに備えて、ウィダーinゼリーのエネルギーと、
SOYJOYも食べて、にわかにエネルギーを補給しました。
歩きながらですが、気分的に違うような・・・。
あの坂は、78kmを歩いた後には、とても負荷がかかる急坂ですから、
戦に出陣するような、気持ちを奮い立たせます。

七曲り入口 78.3km(5.22)
☆七曲り入口に到着78.3km(5.22)

大会の関係者が用意して下さった杖をお借りして、
(杖があるとないとでは大違い)
一気に、七曲りの坂に挑みました。
辺りはまだ真っ暗・・・。先を行く歩行者の点滅灯が頼りです。
LEDライトで曲がりを確認しながら、いくつあるか、
永遠に続くような急な曲がりくねった道を、「はぁはぁ」いいながら登りました。
体に急に負荷がかかり、呼吸が荒くなるのは、おそらくここがピーク・・・・。

真っ暗の中では、傾斜さえもおぼろげで、必死に登っていくと、いつのまにか峠をのぼり終えていたという感じでした。
ここでは、しっかり汗が噴出します。

峠をゆるやかに下り始めると、長かった夜が明けて、むこうに朝焼けが広がってきました。
一瞬でも疲れが忘れられる、なんともうれしい瞬間です。

七曲りの途中で朝焼け 80km(5.49)
☆七曲りの迂回路の途中で朝焼け 80km(5.49)

ここで、逆走する人に出会いました。
「どうかしたんですか?」と訊くと、
「ゴールしたんで妻を迎えにと別府から戻っていると・・・」
ゴールをして、別府からまた数時間かけて逆走しているとは、
とんでもない鉄人がいるものです。

隣を歩いていた人が、13時間でゴールをする鉄人がいるそうで、
午前3時くらいにゴールしたんだろうと・・・。
その方も去年は、18時間以内でゴールされたと。

また、このペースでいけば、20時間を切るかも知れないよと、教えてくれました。
ストップウォッチが止まっているので、半信半疑ながら、無理をせずこのペースで歩き続けることにしました。

10号線との合流地点でありがたい杖をお返しし、その頃には、すっかり夜も明けあたりが明るくなってきました。

杵築市赤松手前 82km(6.10)
☆杵築市赤松手前 82km(6.10)

いつもなら、杵築赤松のセブンイレブンで休憩を入れるのですが、
今回は、ここも自分のペースを守りながら、赤松峠に挑戦です。
前の歩行者の背中に遅れないように、でも、無理はしないように心がけながら、
坂を登っていきます。速度は少し落ちますが、ペースは一定で・・・。
開園前のハーモニーランドを横に見ながら、ここを越えればと思いながら、
必死に前についていきます。
先を行く方から、力をもらいながら・・・。
一人では、このパワーは続きません。
この坂で、集団で歩く力の効果を感じました。

赤松峠を越える 84km(6.42).jpg
☆赤松峠を越える 84km(6.42)

赤松峠を下ると見えてくるのが、高崎山の陰影と別府湾です。
なぜか、安堵の気持ちを覚える一瞬です。

高崎山が見えてきた 84.5km(6.45)
☆高崎山が見えてきた 84.5km(6.45)

ありがたいことに、ここで、朝日も拝むことができました。

日の出 84.7km(6.48)
☆日の出 84.7km(6.48)

いよいよ第三の日出のチェックポイントに到着です。
大勢のスタッフの拍手を頂きながら、なんとか到着です。

日出チェックポイント 86.6km(7.02)
☆日出チェックポイント 86.6km(7.02)

下り坂が足に負担がかかるので、あまりブレーキをかけずに、
流れにまかせるように心がけて歩いた効果でしょうか、
チェックポイントでも休憩はとらずにそのまま、湾岸道路の堀交差点をめざします。

堀の交差点のコンビニでトイレと健康ドリンクを購入しここで、第三回目の休憩としました。

ここからが、長くて辛い別府湾地獄のはじまりですから・・・。
どこまで、足がもつのか激しい痛みはいつ始まるのか、
不安は尽きないのですが、いつものペースを守ることだけを考えて、
先を歩くペースメーカーとなる人に遅れないよう、歩き続けます。

別府湾に沿って豊岡付近 88km(7.45)
☆別府湾に沿って豊岡付近 88km(7.45)

日出から豊岡に抜ける直線道路がとても長く感じます。
過去、この直線で足が止まる経験をしています。
ただし、今回はまだ早朝の気温がまだ高くないコンディションでは、
暑さからくる消耗が少ない分、助かっています。

別府湾にそって 豊岡港手前 91,5km(8.04)
☆別府湾にそって 豊岡港手前 91,5km(8.04)

左手には、すばらしい別府湾の景色が見渡せます。
これまで、景色を眺めるゆとりさえなかった昨年に比べて、
足の痛みに悩まされることなくなんとかクリアできました。


関の江手前 93km(8,29)
☆関の江手前 93km(8,29)

日出町にお別れし、いよいよ別府市に入ります。

亀川バイパスの最後の上り坂を上がりきると、
下った先で、大会の関係者が、「あと、ラスト4.5km 頑張って」と温かい声援をかけてくれました。
地獄に仏、ありがたい心配りに感謝です。


亀川のバスパス越えて声援ありがたい 95.5km(8.51)
☆亀川のバスパス越えて声援ありがたい 95.5km(8.51)

亀川バイパスの終わりから、上人が浜が始まっています。
いつもなら、この公園は格好の休憩場所なんですが、
今年は、ゴールがこれまでの海門寺公園から的が浜公園に変更されたことから、
少し短く感じます。このまま、休憩なしで頑張ります。

上人が浜横通過 97km(9.09)
☆上人が浜横通過 97km(9.09)

別府警察署を過ぎると、その先に別府タワーが見えてきます。
ようやくゴールを確信する瞬間です。

別府タワーが見えた 99.3km(9.33)
☆別府タワーが見えた 99.3km(9.33)

緑色のジャンパーを着た、関係者の皆さんが、
「残り200mですよ、歩道橋の先を左折するとゴールですよ。頑張って」
と温かい声援をおくってくれます。

単独歩行との数倍も違うところは、いろんな方々の力をいただけるところ、
そこが大会の違いであるような気がしました。

歩道橋の先を左折すると、的が浜公園のゴールが見えてきました。

声援に迎えられて 100kmのゴールへ(9.43)
☆声援に迎えられて 100kmのゴールへ(9.43)

ようやく長い100kmウォークから開放される瞬間です。
今回は、グリコのマークのようなガッツポーズでゴールしました。
とにかく、心からゴールはうれしいものです。

第一回目の100km踏破に比べると、あっけなさもあります。
しかし、また、別の新しい発見と思いが体験できたことに、感謝しています。

ゴールで記念の写真を撮影してもらって、完歩証とバッジを受け取ったら開放です。
ゴール前は、すでに多くの方で一杯でした。

木陰でようやく、ゆっくりと足を休めて、ちょっと感慨に浸りました。
長井浜の海岸のこと、城井川の夕陽のこと、
宇佐の満点の星のこと、七曲りで見た朝焼けのこと、
声をかけたり、掛け合ったり、参加者同士も関係者も
みんなで力を分かち合うすばらしい体験のことを・・・。

思いがけず、20時間を切るタイムでゴールできました。
結果は、天候に恵まれたことと、多くの人の背中の力に助けられたこと・・・。
自分ひとりじゃ到底なしえません。
それを痛感した今回の大会でした。

重ねて、関係者の皆さんの温かい声援、心配りに感謝いたします。
あがとうございました。(^^)







Last updated  2009.10.13 17:14:44
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.