1584893 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

小さな幸せ集め、時々猫

自己紹介

1942年11月20日 兄・姉の下に末っ子として生まれました。
本来なら楽しい子供時代を過ごせたはずなのに時代がそう
させてくれませんでした。

  
実父はレイテ島(フィリッピン)沖合で戦死(推定)
実母は私の幸せを願って養父母に託した。お試し期間後
正式に養女になり最後まで共に暮らしました。
養母とは性格上の問題もあり馴染めず淋しい子供時代を
過ごし、少し斜めを向いて生きていた時期もありました。
結構、波乱万丈な人生だったと思いますが耐えてきました。


現在は
2009年1月に食道がんで余命半年の告知後63歳で、ほぼ
予定通り亡くなりおひとり様になりました。
淋しくもあり楽しくもありの毎日です。

私自身も2000年に腎臓がんで余命宣告されたようですが
(夫のみ医者から聞かされた)
私は呑気に完治したものと思っていたが夫はやたらと優しく
なり私には箸より重い物は持たせなかった。

お金の事
★自分の厚生年金+国民年金+加付金(月400円を払い続けた)
★夫の遺族年金と合わせて月20万円頂いてます。
★退職金は手付かずのまま残っていて
★終身保険をかけていたので満額頂きました。
若い頃から堅実な生活をしていたので老後の金銭的な心配は
全くありません。

30年に渡ってゆとりある旅行などを重ねていました。
2011年に二所帯住宅を建てたので結構使いましたが
年金で十分生活は成り立つので将来の不安はないです。


自分が淋しい思いをしたので子供3人には甘い・甘い母親に
なりましたが、不思議な事に優しい大人に成長しました。
兄妹ケンカもなく、思いやりのある子供達でした。
今も幸せな結婚生活を送りながら親孝行もしてくれています。
争い事がまるで無い子供達とその連れ合い達です。

各自に男女2人ずつの子供に恵まれました。
その事も私の幸せに繋がります。

私が死んだら「良いお母さんだったね」と言われるのを
心から望んでいます。
その日は今日でも10年後でもOKですが20年は長すぎます。
美しいうちに逝きたいです


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.