ぶるどっぐロンディ&にゃんこの部屋

フリーページ

October 15, 2019
XML
カテゴリ:わんだほ~!
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

​​​​スコットランド戦の「ありがとう」は街を、
命を守ったスタジアムにも。
金子達仁 2019/10/15 20:30​​


試合は まず 両チームの「黙祷」で始まり・・
そして「歓喜の勝利」に・・




​何度も目にし、聞いてきた。​​​​

 ​歴史を作ろう!​​

簡単なことではないし、殆どの野望は未完のまま果てる。
それでも、何年かに一度、あるいは何十年かに一度、
歴史は作られる。
叶わなかった夢をかなえ、届かなかった栄冠を手にする
アスリートは・ごく稀に・しかし必ずや現れる。

スコットランドに勝った。ワールドカップの舞台で
ティア1のチームを2度破るティア2のチームに日本はなった。
アジアで初めて決勝トーナメントに進出するチームにもなった。

 歴史的、であることは間違いない。

​​
歴史とは、当事者のものである。

だが・この勝利を「歴史が作られた!」なんて言葉で片づける
気にはなれない。何年かに一度、あるいは何十年かに一度、
定期的に出現する事象と同じ言葉で括ってしまう気には
とてもなれない。

​​歴史とは・あくまで当事者のものである。
スペイン人にとって極めて重要な歴史である
“レコンキスタ(再征服運動)”が日本人にとって
あまり大きな意味を持たないように・自分達にとっては
かけがえのない物語が・第三者にはまるで知られていない
という例は枚挙に暇がない。​​

 同じことは、スポーツについても当てはまる。

ジョホールバルの勝利に狂喜していたわたしは・同じく
フランス・ワールドカップに初出場を決めた南アフリカ代表
の歓喜を知らなかった。

視野の基準を自国ではなく世界に設定すれば・どちらの歓喜
もあっさりとフィルターから振るい落とされる・よくある
慶事にすぎなかったのだ。

​スコットランドが、世界が、驚いた。​​

2019年10月13日のラグビー日本代表がやってのけた事は違う。

​​​​​​​​日本は大騒ぎになった。初めてフランス・ワールドカップに
出場した時の様に・初めてWBCで優勝した時の様に・
歓喜の渦に包まれた。
テレビの視聴率はとてつもない数字を弾き出し・評論家が
経済効果を語り始めた。​​

だが・第1回WBCの優勝を逃したアメリカで国民が悲嘆の涙に
暮れたという話は聞かなかったが今回・スコットランド人
は掛け値なしに衝撃を受けている。

彼らに油断はなかったし試合への関心が低い訳でもなかった。
全力で立ちはだかり・日本の行く手を阻もうとして・
それでも・打ち砕かれた。

​​驚いたのはスコットランド人だけではない。
いつもならばライバルの失態を嘲笑するイングランド人も
当事者ではないフランス人も・アルゼンチン人も・
殆ど驚愕といってもいい反応を見せている。​​

もし今後・日本のスポーツが同程度の衝撃を世界に与えよう
とするならば──。

サッカーであれば・ブラジルやドイツを粉砕した上での
ワールドカップ優勝か。

​​​​​​バスケットボールの日本代表がNBAのスターで固めたアメリカ代表
を破るか。​​

それほどのことを、日本はやったのだ。​​

スポーツは、たかがスポーツである。

何度も目にし、聞いてきた。

 勇気を与えよう!

そのたびに・複雑な気分になった。

アスリートの見せる闘志が・勇気が・そして勝利が・時に
被災した方・傷ついた方に勇気を与えるのは事実だろう。
だがアスリートの側が、自分達の闘志や勇気・勝利が誰かを
勇気づける筈だと思い込むのは・いささか傲慢にすぎる気が
してならなかった。

​​​​スポーツは・たかがスポーツである。
結果として生じる副産物を目的にしてしまう事は本質を見失わせる。
ノーベル賞が途方もない努力と研究の成果に対して与えられる
ものであり賞を目指したからといって手に入れられるものではない
ように。​​

だから・スコットランド戦の勝利が台風19号で被災した方
家族を亡くした方をどれだけ勇気づけたのか私には判らない。
ほんの少しでも勇気づけられていて下されば・とは思うが
「それどころではない」「この非常時に」と感じられた方
だっているはずだとも思う。

それでも・今回の勝利に胸を張っていい人達がいる。

​街を・命をも守ったスタジアム。​​

​​色々なところで書いてきたが私は・横浜国際総合競技場と
いうスタジアムが好きではない。
最高なのは芝生のコンディションだけで・フットボールを
観戦する器としては日本で最悪の部類に入るとまで思っている。
それはきっと・このスタジアムが陸上トラックを取り払い
専用競技場へと姿を変えるまで変わらない。​​

だが・このスタジアムは今回・人々の財産を・ひょっと
したら命をも守った。

ツイッターでこんな言葉を見つけた。

​​​​​​『ついに新横浜公園が本気を出した!日産スタジアム周辺が
大きな遊水池となって水位を下げてくれるのだ!頑張れ!』​​

​『現在の鶴見川 これ日産スタジアムが無かったらと思うと怖いよね』​​

​​『日産スタジアムお疲れ様でした。鶴見川の水位が下がり
 新横浜公園とスタジアムへの流入が止まりました』​​

​​『新横浜公園が遊水池になってくれたおかげで鶴見川沿いの
 住人が守られた……! 本当にありがとうー!』​​

たかがスポーツ。たかがスタジアム。だが・およそサッカーや
ラグビーを観戦するにふさわしいとは思えないこのスタジアム
とその一帯は・今回のような非常事態に陥った場合・
84ヘクタールもの巨大な人工池となり・溢れそうになる鶴見川
の水をため込む役割を担っていた。

何事もなかったかのように行われた。

​​​​​​『日産スタジアムは・実に千本以上の柱の上に乗る形で建設
 されており・洪水時にはスタジアムの下に水を流しこむ
 仕組みになっています。新横浜公園自体が洪水から街を守る
 為の安全・安心の装置なのです』
(出典・新横浜公園の多目的遊水地機能/社会貢献活動/日産スタジアム)​​​​

​​スタジアムは街を守り・組織委員会等のスタッフはスタジアムを
守った。スタジアムを防災の柱に据えるという考えを打ち出した
人がいて・それを認可した自治体と省庁があり・難しい工事に
取り組んだ建築会社があり・試合を予定通り行なう為に徹夜で
駆けずり回った人達がいて──。​​

​何事もなかったかのように・試合は行なわれた。​​

それがどれほど途方もない事なのか・日本の選手の中には
知っていた者・知らされていた者がいたのではないだろうか。

 そうとしか・思えない。

「勇気をもらった」者たちの躍動。

​​堀江からムーア。ムーアからトゥポウ。そしてトゥポウから稲垣。

日本が日本でなくなった様な・あの夢のようなオフロードパス
3連発は「勇気を与えよう」とした者達によるものというよりは
むしろ「勇気をもらった」者達が特別な精神領域に足を踏み入れ
たがゆえに起きた・とわたしには見えた。

あんな日本、見たことも聞いたこともなかった。​​

'19年10月13日、日本のラグビーは自分達の歴史を作っただけでなく
世界の秩序をも揺るがした。近現代の歴史上初めて有色人種が
白人国家を打ち破った日露戦争や・ウィンストン・チャーチル
をして「第二次世界大戦でもっとも衝撃を受けた出来事だった」
といわしめた日本海軍航空隊によるマレー沖海戦の勝利に匹敵
するのでは・と私は思うが・この際・それはどうでもいい。

大切なのは・日本の選手達が秩序を揺るがす事ができたのは
途方もないほどの時間と・金と・人が・決戦の舞台を守る為に
動いてきたから・という事である。

 関わってくださったすべての方に。

 ありったけの情熱を込めて──。

 ありがとう。
-------------------------------

​​​​

ラグビーの母国・イギリスのメディアは
この歴史的快挙をどう報じたのだろうか。

2019ラグビー強さ
◆◆◆

「日本ほど大会を盛り上げているチームはない」
 
まず高級紙ガーディアン(The Guardian)から見てみよう。
オンライン版で下記の様な見出しで日本の戦いを速報で伝えた。

​​“Japan hang on to reach Rugby World Cup last eight and
 send Scotland out”
「日本が“踏ん張って”8強進出。スコットランドは敗退」​​

さらに記事の本文では下記のように手放しで称賛する。

​​「今大会のW杯を日本ほど盛り上げているチームは他にない。
そして又してもラグビー界に衝撃の(electrifying)結果を
もたらした。
ブレイブ・ブロッサムズ(Brave Blossoms = 勇敢な桜の戦士達)
は初めて決勝トーナメントに駒を進め・あの“ブライトンの奇跡”
から4年が経ち・再び南アフリカと対戦する事になった」

「日本の事を“上から目線で”ティア2というレッテルを貼って
いた人々も今日を境にいなくなるだろう。
アイルランド戦(9/28)の様に日本は時にスコットランドを圧倒し
4トライ以上の価値を見せた」

​​一方・イギリスの公共放送局BBCはオンライン版で次の様な
見出しでこの一戦を報じた。
-------------------
“Japan 28-21 Scotland: Gregor Townsend's side out of
  Rugby World Cup”
 
「日本28-21スコットランド。グレゴー・タウンゼントの
 チームはW杯を去った」​​

記事の本文はこう続く。

 「グレゴー・タウンゼント(スコットランド監督)の
チームは開催国日本よりも4以上の勝ち点(ポイント)が
必要だった。
フィン・ラッセルのトライで先制し・後半には猛烈な追い上げ
を見せたが・ついに届かなかった」
​​

​​​​​​​​「松島幸太朗、稲垣啓太、福岡堅樹の3人が前半の内に
トライを決め・更に福岡は後半早々に“かっ飛ばして”トライ。
日本初の決勝トーナメント・次の日曜の南アフリカ戦を確保した」

「台風19号から24時間以内に試合が行なわれたことが奇跡だ」

​BBCはさらに記事内で試合前の台風19号の影響についても触れている。​​

「土曜日の台風『ハギビス』(Hagibis=19号)は日本に甚大な
被害をもたらした。そのあと24時間以内に・そもそも試合が
行なわれた事は小さな奇跡で・会場を整備した人々に賛辞の
声が上がった」

  そして記事の最後には気になるデータが紹介されている。

「ティア1以外の国で決勝トーナメントに行くのは今回の日本で
僅か4回目だ(前回は2007年のフィジー)」

「日本はW杯で6連勝中。これ以上の連勝記録を持っているのは
オーストラリア・イングランド・ニュージーランド・
南アフリカのみである」

「ティア1以外のチームがティア1の2チームをW杯1大会で下す
 のは1991年、95年のサモア以来だ」
「日本代表のW杯最多出場記録(13試合)を塗り替えた
 ルーク・トンプソン(38歳)は・W杯の大会史上で3番目に
 年長の出場選手となった」

​​
ガーディアンも伝えているように日本は次の日曜日・
20日に“ブライトンの奇跡”から4年・南アフリカと4強を
懸けて戦う。再び世界を盛り上げる熱戦を期待したい。
 
「文春オンライン」編集部
--------------------------​​

​​​​From The ANSWER
【ラグビーW杯】失意の夜にスコットランド記者を感動させた
日本人ファンの優しさ「魅力的な瞬間」

​​スコットランド記者が失意の夜に体験したエピソードを披露
 
ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会はA組最終戦で
日本がスコットランドに28-21で勝利し 史上初の決勝
トーナメント進出を決めた。​​

​​​​20日の準々決勝で強豪・南アフリカと東京スタジアムで
激突するチームは勇敢な闘いぶりで海外のラグビーファンの
心を鷲掴みにしている中・英公共放送BBCでは
「なぜ我々ラグビーの旅行者が日本代表と日本に恋に落ちるのか」
と報じ・海外から訪れた旅行客が抱く日本愛のエピソードを
明かしている。​​​​

W杯8強を巡る横浜での死闘で惜しくもホスト国に敗れた
スコットランド。BBCスコットランドで担当記者を務める
トム・イングリッシュ氏は自身のコラムで・被トライ数の
多さという守備面の課題の出たチームの敗退を悔やむ一方
日本の8強での検討を祈っている

「南アフリカ戦で何が起ころうと・日本のフィールドでの
熱量とピッチを離れた人々の個性と賑やかさは忘れる事が
できない。もしも・あなたが南アフリカ人でなく・魂と
いうものを持っているなら・週末は日本側で応援する事に
なるだろう」

ピッチ上の勇猛果敢な闘いぶりとスタンドでの圧倒的な
サポートで海外メディアから称賛を受けるブレイブ・
ブロッサムズ(日本代表の愛称)。

​​​​南アの人々以外は誰もが応援する事になると予想している。

なぜ・日本に声援を送ることになるのか。
記事では一つのエピソードを紹介している。

​​
「ここで小話を。なぜ・我々ラグビーファンの旅行者が
このチームとこの国に恋に落ちるのか」と紹介している。
試合直後の日曜日深夜1時30分・無線LANを求めてハンバーガー
ショップに入った記者は仕事上の理由で「ストレスレベルは
上昇していた」というが・ある日本人ファンが心を温めて
くれたという。​​

​​スコットランド記者は感謝
「我々は日本人の謙虚さに敬意を示す」
 
「ある女性が歩み寄ってきた。頭からつま先まで日本代表の
ユニフォームだった。礼儀正しく・そして親切に疲れ切った
我々のテーブルにビールを置いてくれたのだった。
『試合は残念でしたね』と彼女は優しく話していた。
母国の達成という歓喜にも関わらず・彼女は対戦国の失望を
忘れなかった。凄まじい夜にあって・魅力的な瞬間だった」​​

記事ではこうレポートしているのだ。日本のラグビーファン
の女性が示した対戦相手へのリスペクトに心から感謝していた。

「我々は日本人の謙虚さ・そして
日本ラグビーの大冒険に敬意を示す」

​​
スコットランドメディアも恋に落ちた日本。
各地で様々な美談が生まれた今大会は世界中に
“JAPANの魅力”を発信することにも成功している。
 
THE ANSWER編集部​​

​​------------------------------
カナダが釜石に残って泥掃除をした理由 
背景に“日本愛”「ここまで友好的な国に…」​​​​

参加選手が明かした思い
「こんな時だからラグビーより重要なものが存在する」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は13日・同日に
予定されていたB組最終戦のカナダ―ナミビア戦が台風19号
の影響により中止に。
カナダは戦わずして無念の最下位が決まったが・チームは
台風の爪痕が残る釜石に残り・泥掃除などのボランティア
活動に参加した。

​​大会公式ツイッターが画像付きで取り上げ・大きな反響を
呼んだが・実際に参加したカナダ代表選手は
「ここまで友好的な国に・できるだけの恩返しをしたかった」
と日本愛を理由に挙げている。
英公共放送「BBC」が報じている。​​

「BBC」は「カナダの選手達がナミビア戦の中止後・
復旧活動の手助けをする」と取り上げた。

代表選手達は釜石市内の住宅街の道路に溜まった泥を除去
するためスコップを手にした。
心優しきカナダ人達はポリ袋に泥を詰め込むボランティア
活動を行った。
​​

大会公式ツイッターなどが実際の様子を公開すると
日本のみならず海外からも称賛の嵐が巻き起こった。

何が・カナダ代表をボランティアに駆り立てたのか。
参加したSO/FBピーター・ネルソンがその理由を明かしている。

「試合がキャンセルとなって・我々は落胆しました。
しかし・こんな時だから・ラグビーよりも遥かに重要なもの
が存在するのです。ここでは(台風で)壊された人々の住む家
を何軒も見ました。そして・我々にできる事であれば
どれだけ小さい役割だとしても・彼らの手助けになる事は
しようとしたのです」

行動の裏にあった思い
「こんなにまで友好的な国ですから恩返しをしようと」

釜石に刻まれた自然災害の爪痕にカナダ代表は立ち上がった。
その行動には、恩返しの意味が込められていたという。
記事では、ネルソンがこうも付け加えたことを伝えている。


「この人達のおかげで・大会が成り立っている。
こんなにまで友好的な国ですから・できるだけの恩返しを
しようというのが正しい道です」

日本国内での事前合宿などで地元と絆を育んできたカナダ。
惜しみない声援などで大会を盛り上げてくれた日本に感謝したい。
ボランティアの根源に存在した日本への愛情を明かしていた。

ピッチ上で勝敗を争うだけが出場選手の役割ではない。
釜石で見せたカナダ代表のボランティア活動は
海外メディアやファンからも大きな称賛を集めている。

(THE ANSWER編集部)

​​​​

​​​​​​にわかラグビーファンも一杯増えて・・
ラグビーは「紳士のスポーツ」
日本チームの更なる「栄光」を祈ります・・
​​






最終更新日  October 16, 2019 03:18:11 AM
コメント(0) | コメントを書く

PR

お気に入りブログ

八ッ場ダム論議  … New! アップラウンジさん

へ? sichuantomoさん

「不自由展は不愉快… 仙石 和三さん

10月6日 さるすべり9722さん

ENJOY☆BOOM●~* MIAUNさん

コメント新着

 みぶ〜た@ Re:本日・フィギュアスケートジャパンオープン2019(10/05) 今晩は。 昨日ジャパンオープン観てきま…
 方向音痴4445@ Re[1]:エジプシャンマウのブリーダーだった頃・・(09/20) レオままさんへ コメントをありがとうご…
 レオまま@ Re:エジプシャンマウのブリーダーだった頃・・(09/20) 素晴らしい猫ちゃん達ですね。 私もエジプ…
 omachi@ Re:韓国の息の根を止める・・(08/03) お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。 …
 仙石 和三@ Re:韓国・この「問題児」(07/30) ◎以前にお知らせした動画の韓国人学者(イ…

プロフィール


方向音痴4445


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.