23946895 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Mizumizuのライフスタイル・ブログ

Mizumizuのライフスタイル・ブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

バックナンバー

2023.11
2023.10
2023.09
2023.08

カテゴリ

カテゴリ未分類

(11)

Interior

(35)

Travel

(91)

Travel(ベトナム)

(41)

Travel(フランス)

(65)

Travel(ハワイ・NY)

(36)

Travel(タイ)

(82)

Travel (イタリア&シチリア)

(47)

Travel(チェコ)

(11)

Travel (インドネシア、バリ)

(18)

Travel(日本)

(38)

Travel(日本、九州)

(39)

Travel(日本、中国地方)

(30)

Gourmet (Asian)

(10)

Gourmet (Japanese)

(11)

Gourmet (European)

(23)

Gourmet (Sweets)

(71)

Gourmet (Curry)

(18)

Gourmet (Others)

(7)

Gourmet(荻窪)

(13)

Gourmet & Shop (西荻窪)

(8)

Gourmet(阿佐ヶ谷)

(3)

Gourmet & Shop (吉祥寺)

(6)

Recipe

(6)

Essay

(137)

Movie

(158)

Movie(フランソワ・トリュフォー)

(3)

Movie(ジャン・ピエール・メルヴィル)

(3)

Movie (アンドレ・ユヌベル)

(4)

Movie(フェデリコ・フェリーニ)

(10)

Movie(エットレ・スコラ)

(1)

Movie(ドミニク・サンダ)

(3)

Movie (ベルナルド・ベルトルッチ)

(1)

Movie(ルキーノ・ヴィスコンティ)

(4)

Movie(ジュード・ロウ)

(12)

Art (ジャン・コクトー&ジャン・マレー)

(12)

Art(オペラ・バレエ・ミュージカル関連)

(6)

Figure Skating

(26)

Figure Skating(2008-2009)

(90)

Figure Skating(2009-2010)

(49)

Figure Skating(2010-2011)

(71)

Figure Skating(2011-2012)

(1)

Figure Skating(2013-2014)

(21)

販売書籍のご案内

(1)

Figure Skating(2014-2015)

(28)

Figure Skating(2015-2016)

(8)

フィギュアスケート(2016-2017)

(4)

Travel(日本、関東)

(7)

フィギュアスケート(2017-2018)

(12)

Figure Skating(2018-2019)

(6)

Figure Skating(2020-2021)

(3)

Figure Skating(2021-2022)

(10)

(5)

Figure Skating (2023-

(3)

手塚治虫

(21)

日記/記事の投稿

楽天カード

購入履歴

お気に入りブログ

ゴロワのブログ GAULOISES1111さん
Tomy's room Tomy1113さん

購入履歴

【楽天ブックスならいつでも送料無料】最新!自動車エンジン技術がわかる本 [ 畑村耕…
最初図書館で借りたのですが、非常に内容が濃く、かつわかりやすかったので購入を決めました。最新のエン…[>>]
★西川 羽毛布団 シングル 綿100% 掛け布団 フランス産ホワイトダウン90% 東京西川 …
デパートのクリアランスセールも見たのですが、同じスペックの羽毛ぶとんが、こちらのネットショップのほ…[>>]
>> お買い物履歴一覧を見る
2024.03.01
XML
カテゴリ:手塚治虫


​​​​手塚治虫がほとんど常に大量の仕事を抱え、その結果として必然的に、頻繁に締め切りに遅れていたのは有名な話だ。さいとうたかをがよくラジオなどで「僕は締切に遅れたことはない。(血液型)A型だから」と話しているのをMizumizuも聞いた記憶がある。「手塚先生はよく遅れてた。B型だから」と同氏が話しているのも聞いた気がする。確かに手塚治虫の生前は血液型はB型という話が流布されていたが、実際にはどうやらA型だったらしい。

ところで、『神様の伴走者 手塚番13+2』(佐藤敏章)を読んでいて、Wikipedia(ウィキペディア)の「横山光輝」の記述が正しくないことに気づいた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E5%B1%B1%E5%85%89%E8%BC%9D
締切に関しては非常に誠実で、『三国志』連載中は当日の朝に編集者が仕事場に行くと、玄関口に完成原稿が封筒に入れられて置かれていたという。​​​(引用終わり)

この話、おそらく担当した編集者から聞いた話がもとになっているのだろう。その編集者が横山番として『三国志』の原稿を取りにいっていた間はそうだったのかもしれないが、横山光輝がいつもいつも締切に誠実だったかというと、実はそうでもないらしい。


「少女クラブ」で手塚番だった新井善久氏が、
編集者人生の初期に手塚番をやって良かった点は、多くの新人マンガ家たちから神とあがめられる漫画家の担当者だったおかげで、彼らから一目置いてもらったことだと『神様の伴走者 手塚番13+2』の中で述べている。そして、同時にもう1つ。締切を守らない手塚治虫の担当で苦労したことで、のちのち、


「ちばてつやさんとか、横山光輝さんとか、居催促常連作家の原稿取りを苦労におもわなくなったってことも(良かった点として)ありますね。」

​と言っているのだ。
横山光輝=居催促「常連」作家​と言い切っているところを見ると、横山光輝が長いキャリアの中で、締切を守れたか守れなかったかは、あくまでその時に抱えていた仕事の量によるということだろう。少なくとも、新井氏から見た横山光輝は「締切に関しては非常に誠実」ではなかったというのは確かだろう。


ちなみに、『ブッダ』で手塚番になり、同時に横山光輝の担当でもあった竹尾修氏は、
『神様の伴走者 手塚番13+2』の中で、手塚治虫は横山光輝のストーリーテラーとしての手腕を認め、ドラマ構成のうまさを「すごい」と思っていたのではないかと語っている。


インタビューアーが「ライバル視するということは?」と尋ねると、竹尾氏は、
「手塚先生のほうから? いや、あんまりないですね。意識されてたのは横山先生のほうだったと思いますけどね。もちろん手塚先生のほうが先輩だから、一目も二目も置いてらっしゃったけども、自分が連載している雑誌に手塚先生が加わったということで、手塚先生の存在を意識されたかもしれません。ある時、『手塚さんの存在が太陽だとすれば、自分は月で良いんだ』と、そういう表現をされたりしてましたから。手塚先生って華やかで目立つじゃないですか」と、答えている。


手塚番 ~神様の伴走者~【電子書籍】[ 佐藤敏章 ]






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.03.01 13:57:09


【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

© Rakuten Group, Inc.