000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

荻野都 「おぎのおとのおと」

2010/11/03
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

過日。 踊りとのコラボレーション。

踊りの人が持って歩む傘は、ボロ傘の方が良い、

というやり取りを、踊りの人達がしている。

・・・どうして、ボロ傘なのか聞いてみた。

私自身が差すなら、小市民的かもしれないが、綺麗な傘を差したいので。

「使えるものじゃない方が良いの。」

・・「??」。やはり、わからない。

 

「無用の用なの。」

 

「『無用の用』の象徴みたいに思っている・・・そして、それは、私自身でもあるの。」

 

なんか、胸にひびくものがあった。

 

私なんか、無用の「用」ですらないかもしれないけど。

 

ただ、世の中、一見役に立たないものにしか見えなくても

人にはわからない役割を果たしている、ということはあると思うんだよね。

 

 

人が通常理解できることって、結構、限られているのではないか、と思う。

生きていく上では、便宜上、モノや人に対して、

色々な評価をそれぞれが行って生活していくのだけど、

自分の価値基準が限定的なものだ、と、いうことは、

各人がわきまえているべきだと思う。

それを、忘れてしまうと、とんでもなく傲慢な事が平然と行われたり、

逆に、限定的な価値基準で、自分をダメだと悲観しすぎる人が出てきたり・・。

それは、ともかく、(あ、ちょっと、横道にそれちゃった。。) 

 

 

 

「無用の用」か・・・。

「無用の用」を心の中でころがしながら、

ピアノを弾く。

 

 

いでたちは、白塗り。

なぜ、白塗りなのか、聞いてみた。

「私達の正装だから。お世話になったこの場所への礼。」

 

・・・・。なんか、これも、ぐっときた。

私も、襟を正して弾かねば。

 

私は、礼をつくしているか?

至らないことばかりだ。

 

 

 

「無用の用」であることを願って。







最終更新日  2010/11/04 12:36:16 AM


PR

フリーページ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.