3009866 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おクルマドットコム・ブログ

PR

全48件 (48件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

ヴィッツ

2012.09.04
XML
カテゴリ:ヴィッツ

久々に吸気音をたてて 

昨日Z33のオーナーさんと

そしてハイエース号も

まあハイエース号は、エンジンオイル交換

そして、ビヴィッツ号は、なんか変な予感

と思ったら、ブレーキフルード交換

これを持ってきました。

1.jpg

まあ、ブレーキフルードだけだったらいいか

と思ったら、フロントの足回りにちょっと違和感があるんだよな~って

あッ・・・始まった・・・・

まあ、あれだけ、縁石で飛距離出せば

ズレるよね。

とりあえず調べて

2.jpg

ガタ等は、大丈夫そう、

まあビヴィッツ号のデーターはあるので、合わせて終了

さてこれでビヴィッツ号も作業終了かなと思ったら

ハイエース号から、ドでかいものを降ろして来た

と思ったら中古のカーボンボンネット・・・マジ

しかも、ダクト付き

おいおい、これ付けるのかよ~

ゴミ吸わなければいいけど

何といっても、このビヴィッツ号の仕様はコレ

4スロ.jpg

4連スロットルでエアークリーナー無し

ダクト付きカーボンボンネットは、やばいんじゃないかと

合わせてみると

まあ、ダクトの前にファンネルがくるから

なんとか、大丈夫かな。

ということで、もう新品では手に入らないC-ONEの

ボンネットを取り付けて

こういう姿になりました。

3.jpg

まあ、3キロぐらいの軽量かな?

ヴィッツ純正ボンネットって、軽いからね。







Last updated  2012.09.04 11:05:16
コメント(0) | コメントを書く


2010.09.14
カテゴリ:ヴィッツ

元気にサーキットを走っていました。

引き取りに来られて3日後にサーキットを

走るなんてびっくり

ヴィッツ

まあ予想はしていましたが、まさか本当に乗ってくるとは

今回は、1日ウェットでしたが

それまで猛暑、まあ今でもですが

そして、レブを8500回転って言われてたけど

気温的にも辛いので、8000回転で

ソフトレブリミッターを入れ

8500回転で、レブリミッターを点火カットで

入れておきました。

油温計も付いていないので

もし、気温が33度になるとヤバいかな~なんて思って

回転馬力が上がった分、熱量も増えますから

まあとにかく、マフラー音より

吸気音の方がうるさいヴィッツ号

走りはかなりご満悦のようすでした。

笑顔がたえませんでしたね大笑い

しかも、いつもならピットに戻ってくると

ボンネット開けるんだけど

今回は、自分から絶対に開けない・・・

黒70が何気なく開けると

皆さんがよってきて、4連スロットルの

ファンネルの美しさに、お~スゲェ~って

感動していました。

おいおい見た目じゃなくて、

苦労したセッティングに感動してくれよォ~号泣

ここが裏メカニックの辛いところ

ということで、埼玉支部では

ビヴィッツ号が美ヴィッツ号になったみたいですよびっくり

発音上、変わらないじゃん大笑い

でも、元気に走れて良かったです。

まずは一安心ですね!

オーナーさんも最高という、お言葉をいただきました。

黒70的には、うるさいヴィッツですが・・・大笑い

来週から、もう1台サーキットデビューカーを

作らないといけないんだよな~

オープンカーなのでサーキット規定をクリアしないと

走れない。

まずは、基本のアレを付けないといけないねぺろり

いろいろ準備しておかないといけないなァ~スマイル







Last updated  2010.09.14 23:35:23
コメント(2) | コメントを書く
2010.09.05
カテゴリ:ヴィッツ

旅立って行きました。

実は、完成していましたぺろり

ブログになるべく書かないように~って

言われていたので・・・・

これ、もしかして嫁さんにバレないようになのかな~?

と、いろいろ考えながら

オーナーさんがヴィッツ号を

引き取りに来ることに

すると、ピットで

どこかで会ったことがある女性が

あッ・・・ヴィッツ号オーナーさんの奥さん

マジ・・・えッ・・・聞いてないびっくり

もしかして

4連スロットルにしたこと

怒られるのか・・・号泣

でも、楽しくお話をしていただき

ありがとうございます。

いろいろな車の整備機器に感動していただき

良かったスマイル

さて、ヴィッツ4連スロットル号の

注意点をオーナーさんに伝えて

旅立って行きました。

今回、4連スロットル

本当に苦労しました。

難問を一つ一つ乗り越えての完成です。

排気のバルタイを調整出来れば

もっと良かったのですが

この4度が~といろいろとパーツを探しましたが

残念ながらパーツも出ていませんしょんぼり

まずは、この状態でオーナーさんの

評価をいただきたいと思います。

さて、オーナーさんの評価は・・・

楽しみにしてますね!







Last updated  2010.09.06 00:30:16
コメント(4) | コメントを書く
2010.09.01
カテゴリ:ヴィッツ

難問だらけ

ISCVは出来上がって作動も良好

アイドルコントロールとエアコンアイドルアップもOKです。

iscv

ブローバイの処理も、低回転、高回転用OKです。

これでようやく合法になったので、公道を走ることができます。

4スロ

あとはラジエーターキャップの位置が4番ファンネルに近過ぎるので

ホースが来たら交換して移動します。

さて、これからが一番大変なんだよな~

エンジンセッティングです。

純正サージタンクのように吸気慣性がまったくないし

それに加えて、IN、EXのハイカムが入っているので

かなり苦戦が予想されます。

まずは、基本の点火時期マップを入れ

フルコンでA/Fデーターを取り

燃料マップでA/Fを合わせていきます。

黒70がドライバーそして白101さんがセッティング役です。

まあ、数日経って、基本燃料マップが出来上がりました。

しか~し、まったくと言っていいほど

全回転トルクが出ない号泣

バルタイを進めるとさらにパワーダウン 

点火マップをいじっても、この角度でノッキングが出ないのかよ~びっくり

まさか、ここまで吸気慣性がでないとは

純正のサージタンク&インマニって、計算されているんだな~と

あらためて純正の凄さを思い知らされます。

完全に、1300ccエンジンにこのスロットル径はオーバースペックなのか?

高回転も回るだけでパワー感はまったくないし

低中回転は、トルクすかすか、

まともに走れたもんじゃない号泣

アイドリング負圧を見ても

吹き返しが多すぎてまったく話にならない

これじゃ~パワーなんてでないよしょんぼり

となると、あの手を使うしかなさそう

インテーク側はバルタイが付いているので

やってみます。

4スロ

タイミングチェーンが緩んでいる写真なので 

何をするかは、見れば分かりますねぺろり

さて、うまくいけばいいけど

再度、セッティングに

う~ん、まったく違ったトルクのなさ

バルタイ進めてくれ~

おッ・・・アクセルに多少付いてくるように・・・・

なんだか普通になってきました大笑い

よし、ようやくセッティングができる条件内に入ったか~

ここからベストを探します。

次回の耐久走行会に間に合うのでしょうか?

来週の水曜日なんだよなァ~

それにしても、ヴィッツ号、吸気音がうるさすぎて

恥ずかしい~ぞォ~大笑い







Last updated  2010.09.01 15:01:02
コメント(2) | コメントを書く
2010.08.22
カテゴリ:ヴィッツ

どうするかなんだけど

ISCV(アイドルスピードコントロールバルブ)

このバルブ、アイドリング回転を目標値にしてくれるとともに

かけ始めの、ファーストアイドルとエアコンのアイドルアップを

コントロールするためのものです。

ヴィッツ1300RSのISCVは左側のコレです。

ISCV

ステップモーター式なのでとても高価です。

どうせなら、このISCVを使えればラッキーだね!

ISCVの水路を使えばなんとかなりそうぺろり

ということで加工開始

ISCV

5mmのアルミ板を使います。

ISCV

タップを立てます。

あとは、空気の通路を彫刻して

ISCVと合体させます。

あッ・・・写真撮るの忘れた号泣

後日、完成した写真載せますねウィンク







Last updated  2010.08.22 08:54:56
コメント(0) | コメントを書く
2010.08.21
カテゴリ:ヴィッツ

インジェクターも大容量にしたし

セッティングも普通に走れるようになったし

そろそろ本題に突入するか!

といってももうパーツは

オーナーさんから送られてきているんだけど

当然、キットじゃないし

送られてきたのは、AE101用の4連スロットルのみ

おいおい、インテークマニホールド作れってことか~(泣)

まあ、以前に型取りをしてあるので

取り付けることに、これノーマル写真です。


ヴィッツ


そして4連スロットルを取り付けた写真です。


ヴィッツ

インテークマニホールドを作る時、

オルタネーターとのクリアランスが5mm程度しかとれないので

制作はかなり難しいです。

インマニを作って

4連スロットルを付けるまでは良しとして

これからが難問だらけなんだよな~

当然、バキュームタンクも付けないと

ブレーキブースターを作動させることはできないし

スロットルポジションセンサーをどうするか?

ISCV制御、その前にISCVなにを使うか?

そしてファーストアイドル制御をどうするか?

エアコンのアイドルアップは?

吸気温センサーは?

そして一番の難問がブローバイガスをどう戻すか?

ヴィッツのブローバイは低回転と高回転の2本

スロットル手前とスロットル後に戻さないといけない

これをクリアしないと、合法にならないんだよなァ~

全部クリアできたとして、低回転で純正インマニみたいな

吸気慣性が使えなくなるから低回転のトルクをどうだすかも問題だな~

その前に、IN、EXにハイカムが入っているから

アイドリング負圧も当然低くなる。

アイドリングを安定させるのも苦労しそうな予感です。

とりあえず、インテーク側にバルタイ制御が付いているから

なんとかなるとは思うけど!

まずは、バキュームタンクを加工してブレーキブースターを

作動させるところから始めようかな!

ブレーキが効かないんじゃ話にならないからね!







Last updated  2010.08.21 11:02:54
コメント(4) | コメントを書く
2010.08.17
カテゴリ:ヴィッツ

乗っていない黒70です。

70

動いているのは、ピットと駐車場の行き来だけしょんぼり

子供が夏休みなので、嫁からは

アリストで来てねと・・・・

2名乗車の70スープラ号は、お役にたてないようで号泣

約1ヶ月もマニュアル車、運転していないぞォ~

このストレスは、9月8日の耐久走行会で

思いっきりサーキットで晴らしますぺろり

70スープラ号、わざわざ一般道仕様に車高調を変更したのに

走れないんじゃ~意味ないじゃん号泣

あッ・・・そろそろチョロQヴィッツ号に

難問滞積のパーツを付けないといけない時期に

その前に、吸気温センサーをどうするか

そしてファーストアイドルコントロール

これかなり厳しいですしょんぼり

ブレーキブースターのバキューム確保

ブローバイの処理をどうするか

しかもヴィッツは、

低回転ブローバイと高回転ブローバイに

分かれている。

当然あれを付けると、負圧は減るし安定しないし

この2種類のブローバイをスロットル前と後で

処理しないと合法にならないんだよなァ~

これをクリアしないと取り付けができない号泣

問題山済みのチョロQヴィッツ号です。

さらに、1シリンダー当たりの

吸気ポートが極端に短くなるので

吸気慣性が無いに等しい

しかもハイカムとなると、アイドリングも厳しくなる

ここは、インテークのバルタイでなんとかなりそうだけど

さらに低速トルクをどう出すかも悩みどころですしょんぼり

どうしても吸気慣性がない分、一瞬の吹き返しで圧縮が落ちる

排気側のバルタイが付いていればなんとかなるんだけどな~

そこまでインテークバルタイ、動かないぞ~号泣

とにかく、計算してみるしかなさそうです。

う~ん、事務仕事って嫌いなのにィ~

ピットはメチャ暑いし、この難問、なんとかなるのかなァ~







Last updated  2010.08.18 00:35:01
コメント(0) | コメントを書く
2010.08.15
カテゴリ:ヴィッツ

ハイカムを入れた1300RS号

今回は8500回転仕様にしたいということでびっくり

また無茶言うなァ~

ヴィッツのクランクシャフトはフルカウンターじゃないから

そこまで回すと、壊れる可能性が大

8000回転までにしておいた方がいいと思うけど

どうしてもと、お願いされて

でも引っ張るのは2速までだからね。

3速でやったら、壊れるからねと念をおして・・・怒ってる

ということでノーマルのインジェクター容量から

噴射時間を計算すると8200回転でマックスなんだよね。

しかもクランク角720度吹きっぱなしでしょんぼり

これだと、燃圧も保てないし、噴霧状態も悪くなってしまい

パワーも出ない。

ということで、インジェクター交換です。

先日送られてきました。

しかも、1JZのターボ用

なんでターボ用なんだよォ~びっくり

容量はほとんど2倍、デカ過ぎます号泣

でもフルコンなので、なんとでもなるんだけどねぺろり

ではインジェクター交換スタート

でもヴィッツのインジェクター交換は面倒です。

ヴィッツ

ダイレクトイグニッションを外し

ヴィッツ

インジェクターコネクター、配線類を外します。

デリバリーパイプが見えました。

でもヘッドカバーを外さないと取れないんだよな~号泣

ヘッドカバーを外して

ヴィッツ

デリバリーパイプを外します・・・が、その前に

もちろんガソリン給油口を一度開けて、

タンク圧力は抜いてからですよぺろり

ヴィッツ

インジェクターを交換して、デリバリーパイプを取り付けます。

ヴィッツ

ここでコネクターを交換します。

もちろんハンダ付けです。

ヴィッツ

形はまったく違いますよ。

下が1JZ用なんだけど

ロックコネクターのカバーを切り取らないと

ヘッドカバーに当たってつかないので加工します。

ようやくコネクターがインジェクターに付きました。

ヴィッツ

あとは、配線類を戻し

ダイレクトイグニッションコイルを戻して

ヴィッツ

作業は終了です。

でも当然インジェクター容量が違うから

エンジンは掛からないけどね大笑い

その前に、インジェクター比較

ヴィッツ

ちょっと全長も違います。

そして問題はココ

ヴィッツ

右がヴィッツ用で、10ポート

これ低回転で燃費をだすためのインジェクターです。

左が1JZターボ用で4ポート

当然、霧化が変わってしまいます。

これも踏まえてセッティングしないとね号泣

まずは、エンジン掛けないと・・・

フルコンにノートパソコンをつないで

インジェクター容量差を計算して入力します。

ヴィッツ

ここは2人掛かりで

1人は、燃料漏れがないかを確認するためですぺろり

さてエンジン始動、一発始動でした。

セッティングは、まったく合っていないけどね大笑い







Last updated  2010.08.15 10:13:19
コメント(0) | コメントを書く
2010.08.02
カテゴリ:ヴィッツ

サーモバンテージ取り付け

FC

写真を見て、懐かしい~と思ったら、オヤジですよ大笑い

さて、フロントパイプにサーモバンテージ(耐熱テープ)を取り付けです。

FC

巻いてバンドで固定するだけなんだけど

ポイントは、サーモバンテージを水で濡らしてから

巻かないとしっかり巻けないんだよねしょんぼり

しっかり巻いて、乾くとシャキッとするので

濡らしてから巻きましょうぺろり

FC

あとは、エンジンを掛けて熱を加えれば

すぐ乾きます。

ということで、作業終了で~すウィンク

そういえば、チョロQヴィッツ号を預かっているけど

これ、奥様にはナイショなのかな?

忙し過ぎて、手がつけられない~号泣

マジ・・・なんというパーツを送りこんでくるんだよ~怒ってる

インジェクター、大容量すぎるじゃん

ターボじゃないんだから~

これだと、インジェクターポート数も違うので

霧化も違うし 

噴射タイミングからマップまで

全部計算やり直しだよ~ん号泣







Last updated  2010.08.02 09:53:15
コメント(2) | コメントを書く
2010.06.12
カテゴリ:ヴィッツ

オーナーさんが引き取りに

チョロQヴィッツ号は、バルタイをECOからパワーに変更

高回転では、1300ccとは思えない加速をしてくれます。

青ヴィッツ1500RS号はエンジンノーマル

まずサーキットでもっとも重要な足回りを・・・

コーナーが速く走れなければ

タイムは出ないし、走っても楽しくないからね。

黒70のセッティングがオーナーさんに

合ってくれればいいけど

メカニックって、この点だけは、なにも言えません。

ドライバーさんが満足できるかが

メカニックの評価ですから~

以前黒インテ号で、その走りを把握しています。

その走りをもとに、今回セッティングしました。

気にいってくれればいいんだけどな~

とにかく1度しか走り方を見ていないので

記憶が合っていればですが・・・

コメントお待ちしています。

本音でお願いしますね!







Last updated  2010.06.13 00:51:15
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全48件 (48件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.