1600018 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

二代目大家の日々。

2012.04.12
XML
カテゴリ:福岡

福岡市の隣町、糟屋郡新宮町にオープンしたIKEAに行ってきました。
ショッピングする前に建物外周を歩きました。
そこで見かけたのが、トラックから荷物が搬入されているところです。

40ft

IKEA商品が安くて高品質なのは
デザイン設計・商品制作・流通まで一貫しているからです。
先に、購入価格を決めて、
その範囲内で最高の品質を作るように、デザイナーに発注します。

デザイナーは品質や機能性だけではなく
流通に使用するコンテナの規格から逆算して
どのサイズになるのが最も流通コストが安くなるのかまで
計算しながらデザインを決定しているようです。

写真のトラックに載っているのは
世界的な標準サイズの40フィートコンテナです。
コンテナ1台は、路線バス1台分くらいの大きさです。

海運業では、20フィート&40フィートコンテナが
全世界の共通規格になっています。
コンテナ船の規格はTEUといいます。
TEUとは、twenty-foot equivalent unit のことで
日本語にすると「20フィートコンテナ換算」となります。
つまり、20フィートコンテナ=1TEU
40フィートコンテナ=2TEUです。

博多港には、1万TEU 以上も積載可能で
水深15m級のコンテナ船が着岸できます。
巨大コンテナ船一隻で、バス5000台分以上の貨物が搭載できるのです。

通常の場合、コンテナ船で陸揚げされたコンテナは
写真のようなコンテナ専用トラックに積まれて
荷捌き場で各地用に向けて小分けされます。

IKEAの場合、博多港に陸揚げされたコンテナは
コンテナ専用トラックに積まれて、
そのままIKEAに来るので、中間コストがかなり省略されます。

イケア効果もあってか…
平成23年 博多港のコンテナ貨物は、史上最高を記録しました。
福岡市発表記事は → コチラ

このままでは、博多港の拡充は予定よりも早くなりそうです。






最終更新日  2012.04.13 01:01:49
コメント(0) | コメントを書く
[福岡] カテゴリの最新記事

PR

プロフィール


小場 三代


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.