140822 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

高田紫央の風水&気学日記

PR

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

心の風水

2008.10.17
XML
カテゴリ:心の風水

昨日の夜、あるセミナーでたまたま隣に座った方が、

「今日、ちょっと時間が出来たので、行きたかった美術館に行くことができたんです」と、

うれしそうに、相田みつをさんの絵葉書を見せてくれました。

そして、「お好きなのを一枚どうぞ」と、おっしゃって。

いつもは遠慮してしまう私、でも、そのしぐさがとても自然で素敵だったので、

私もためらわず、たくさんの美しい言葉の中から一枚、気に入ったカードを選ばせていただきました。

その方の笑顔は、本当にうれしそうに喜びに輝いていて、

カードとともに、美術館の感動もいただいた気がして、

こういう「幸せのおすそわけ」が自然に出来る人って、すばらしいと改めて思ったのでした。

セミナーでたまたま隣にいた方でしたが、きっとカードをみるたび、彼女のことを

思い出すでしょう。思い出深い出来事になりました。

 

幸せの「気」は伝染するのですね。

いいことがあったら、いいことをおすそ分けして、

幸せな気分を広げていったら、世の中も明るくなっていきますね♪

 

 







最終更新日  2008.10.17 14:38:19
コメント(2) | コメントを書く


2008.10.13
カテゴリ:心の風水

天気に恵まれた三連休でしたね。秋を満喫された人も多かったのではないでしょうか。

巷では、倒産や金融不安のニュースが流れ、慌しい雰囲気もありましたが、

今日のヨーロッパの市場を見る限りは、何とか持ち直すのでしょうか。

気学でも、一白水星が中宮に入る年は、景気が悪くなる、不況になるという傾向があるようですが、

出来ればあまり落ち込まず、這い上がってきて欲しいものです。

 

昨日今日と、たまっていた仕事を一気にやったので、

疲れたのか、たくさんの夢を見ました。

私の場合、夢を見るのは、消化不良のものを吐き出すデトックスであることが多いです。

 

玄関には、久しぶりに買ったデンファレの花。

白は浄化の色。

すずなりの白い花が、高ぶった気持ちを癒してくれます。

やっぱりお花はいいですね♪

 

明日からの一週間も楽しみ☆彡

おやすみなさい・・・・

 







最終更新日  2008.10.13 23:22:32
コメント(2) | コメントを書く
2008.09.10
カテゴリ:心の風水

行き詰まりを感じたとき、どんなことをするのがいいと思いますか?

ストレス解消にはおしゃべり、ショッピング、体を動かすのもいいけれど、

どうもうまくいかない、思うようにことが運ばない、というときは、お掃除がいちばんおすすめ。

私も昨日、ずーっと気になっていた本棚の整理をしました。

お仕事の資料もラベルを貼ってファイリングして。

自分の周りをクリアにすることで、自分の気持ちもクリアになっていくのは、本当に不思議です。

今月はたくさんの(日帰りの)パワーチャージを計画していますが、その効果を

十分に感じるためにも!今月はお掃除に励む予定です。

 

子育て中で、お掃除がままならない人も、中にはいますよね。

私も子供が小さいときはそうでした。でも、大丈夫。

家のどこか一ヶ所、きれいにするだけでも効果があります。

「きれいにするそばから子供が汚して・・・・」というのなら、お台所のシンクだけでもピカピカに。

水周りのお掃除は、自分自身の気の流れをよくしてくれます。

赤ちゃんのお世話が大変で、家のことまで手が回らない・・・・という人は、玄関を拭くだけでもOK。

玄関のお掃除は、家に入る気を高め、家族全体の運を高めてくれます。

仕事運を上げたい人は、デスクまわりと本棚の整理を。

新しい情報が入ってきます。

体調がすぐれない、健康になりたい人は、寝室をお掃除し、清潔なシーツで休むといいでしょう。

 

風水は、もともとは土地の気の流れをみるものですが、

現代では、土地に限らず、自分の環境を整えることで、運を整えることを指すようになりました。

そんな風水は、日常の生活の中から、幸運になるためのきっかけをつくってくれます。

上手に取り入れて、自分の夢へつなげていってくださいね♪

 

 

 







最終更新日  2008.09.10 16:46:40
コメント(6) | コメントを書く
2008.08.19
カテゴリ:心の風水

今日のGOOD&NEW(今日のいいこと)。

今朝のことです。

セミの鳴き声が、部屋の中に響きわたっていました。

こんなに近くに聞こえるなんて・・・と思っていたら、なんと網戸にセミがとまっていました。

抜け殻のセミしか見たことがなかったので、息子と2人、興味津々で観察。

ゆっくり動いたり、間近で「ミーン」と鳴いたりするセミをみて、

セミって、こんなに大きい声で鳴くのね~なんて、感心したり。

 

でも、写真を撮ろうと、カメラを開く音がした瞬間、セミはどこかへ飛んでいってしまいました。

息子にさんざんおこられたことはいうまでもありません。

 

コンクリートジャングルのように、マンションが立ち並ぶ、この町。

その一角の、我が家の窓に迷い込んだ一匹のセミは、

何だか私を幸せな気分にしてくれました。

 

でも、本当は緑の木がたくさんあるといいよね☆彡

 

 

 







最終更新日  2008.08.19 21:24:13
コメント(8) | コメントを書く
2008.07.14
カテゴリ:心の風水

 さあ、一週間の始まりです。

東京では、梅雨はどこへ行ったのと思うほど、暑い日が続いていますね♪

 

七赤マダムさんが、佳川奈未さんの「お金持ちになる女 なれない女の常識」

という本を貸してくれました。

この手の本はたくさんあって、自分で選ぼうとするとどれがよいのか迷ってしまいがちですが、

こうして縁あって自分のにきたものには、やはり意味があるのか、とてもたくさんの発見が

ありました。(七赤マダムさん、ありがとう♪)

 

私の知っている方で、「老後は夫婦二人、つつましやかに食べていければいい」

と言っていた人がいました。

果たして、十数年後、その人の老後は、食べていくのには不自由しないけれど、それ以上の

お金もなく、全くその言葉のとおりになっていました。

このときほど、言葉の力を感じたことはありません。

その人だって、何もお金が要らないと思ったわけではなく、お金お金というのははしたないと

思い、建前として言っていただけのことだと思うのです。

でも、言葉は発したことをストレートに、現実化してしまいます。

お金に関してだけではなくて、何でもそう。

ことに、自分の夢の実現に関しては、遠慮は無用。

明るい未来を描いて、それを積極的に人に伝えていくこと。

そして、そのとき準備が出来ていれば、ふいに回ってきたチャンスも

自信を持ってつかみとることができるのだということを、この本は教えてくれます。

 

 

 

 







最終更新日  2008.07.14 11:43:46
コメント(4) | コメントを書く
2008.07.06
カテゴリ:心の風水

 ときどきブログに遊びに来て下さるお友達のhirokoコーチさんから、

とてもおもしろいHPを教えて頂きました♪

あなた自身を知るテストサイト Test.jp

まずは自分のタイプを知るテストをしてみたところ、

私は分析や戦略をたてていく「アナライザー」タイプ。

「正確でありたい」という欲求を持っていて、行動の前に慎重に考えるタイプ。

パパは、温かく穏やか、協調性が強く、全体を援助する「サポーター」タイプ?

と、思っていたら、実は私と同じ「アナライザー」タイプでした。

気学もそうですが、こういうタイプ分けで、おおまかな相手の行動パターンや習性を知ると、

相手の行動にイライラしたり、傷ついたりすることも少なくなりますね☆彡

 

コーチングという言葉に初めて出会ったのは、

風水カウンセリングカレッジの心理の授業のとき。

ちょうど、野口嘉則氏の「鏡の法則」という本がベストセラーになっており、

心理の授業のお当番で、みんなに紹介するために読んだのがきっかけです。

それまでの私は、自分を変えたいと思いつつ、変わることを頑なに拒んでいるようなところがあり、

コーチングも、人に自分を無理やり変えられるというイメージがあったのですが、この本を読んで、

問題の答えは自分自身の中にある。

自分の顔を自分では見ることができないように、

自分のことは自分ひとりではなかなか気づかない。

コーチングとは、その人の問題に、その人自身が気づくため、コーチが手伝うものである。

そして、人が人によって気づかされることというのは、とても多いものである

 

と、コーチングのすばらしさを知ったのです。

そのほかにも、インナーチャイルドやシンクロニシティなどのいろいろな問題提起があり、

私にとってかけがえのない一冊となりました。

風水カウンセリングにおいても、最終目標は、夢をかなえ、

その人自身が幸せを感じられるようになること。

そのためにも、まだまだ勉強することがたくさんあるなと、いつも思うのです。

 

hirokoコーチさん、いろいろなことに気づかせてくださって、いつもありがとうございます。。。。

 

 







最終更新日  2008.07.06 21:05:06
コメント(6) | コメントを書く
2008.05.22
カテゴリ:心の風水

初夏らしい、さわやかな天気の一日でしたね。

 

七赤マダムさんが、村岡奈弥先生の薬膳教室で、

五行分類表というものをもらってきたというので、さっそく見せていただきました。

気学でも木火土金水の五行の分類があるので、とても興味シンシンなのです。

 

たとえば五穀(小麦=木、黍・ひえ=火、粟・あわ=土、稲=金、豆=水)や、

五畜(鶏=木、羊=火、牛=土、馬=金、豚=水)なんていうのもあって、

このあたりはさすがに気学の分類とはだいぶ違います。

それでも、昔の人はすべてを五行に分けて考え、生活していたのだなと思うと、

何とも感慨深いものがあります。

 

そして、この五行の関係を考えてつくるのが薬膳なのですが、

奈弥先生の薬膳のポイントはそこではなく、

大切なことは、「みんなで、いっしょにおいしく楽しく食べること」。

 

そういえば、私が参加した講座のときにも、先生はこうおっしゃいました。

「食事のときに大切なのは、愚痴や不満ではなく、

家族みんなで楽しい話をしながら食べること。

楽しく食べることで、食べ物といっしょに、その楽しい気を吸収するんですよ」と。

 

そう、大切なのは、理屈ではなくて、心が感じることなのだ

フランスの三ツ星レストランで修行し、中医薬膳師、国際中医師という、

スゴイ肩書きを持つ、奈弥先生のおっしゃることは、あまりにもシンプル。

 

しかし、これこそ様々な理論や実践を極めつくして出た、

究極の答えなのかもしれません。

 

風水でも、

いろんなやり方や秘伝があり、星の数ほどの説があるけれど、

突き詰めていくと、最終的には、自分のマインドを前向きに保ち、

周りと調和をとっていくという、シンプルなことが、いちばん効果的であったりするもの。

私の師である谷口先生も、「大切なのは、自分の気持ちが感じること」と、

いつもおっしゃっています。

 

薬膳も風水も、もともとは、古代の中国の人が、

「こういうものを食べたら(こういうところに住んだら)、どう感じるか」と、

実験を重ねて体系化された学問。

自分が「感じる」ことが、一番のベースになるのです。

 

と、おもしろいところに共通点を見つけて、とても納得♪ したのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







最終更新日  2008.05.23 09:13:06
コメント(4) | コメントを書く
2008.04.01
カテゴリ:心の風水

 

先日、息子の散髪の付き添いで行った美容院で読んだ週刊誌に書いてありました。

ある建築士のところで、高額な家を建てる人に共通していることだそうです。

・スイスに口座を持っている

・マイレージが好き

まあ、この辺はいいとして。

・メニューを選ぶのに時間がかかる(健康に気をつけているから)

・家族を大切にしている

・新聞、雑誌を見ない(自分の考えに自信があるから)

ふ~ん、なるほど。

確かに、健康や家族はお金では買えませんものね。

で。注目なのがここから

 

飲むミネラルウォーターを決めている

・歯医者には月1回行く

・寄付をする

よい水を飲むというのは、今年のラッキーにつながること。でも、今年に限らず、

人間の体は70%が水分ですから、水に気を配るというのは理にかなっています。

歯をきれいに整えるということは、風水でもとても大切だと教わりました。

それにしても、月1回!

私もせめて、半年に1回の定期検診はケチらずに行こうと思いました。

そして、寄付をする。

税金対策もあるのでしょうが、自分のためだけでなく、人のためにお金を使うことが、

まわりまわって自分に戻ってくることを、お金持ちの人は経験則で知っているのでしょうね。

そういえば、以前テレビで、お金持ちの人たちのチャリティオークションで

たいしたことのないものにすごい値段をつけているのをみたことがあります。

 

 そうそう、そういえば、

・お金の管理がきちんとできる

とも書いてありました。今手元にいくらお金があって、どんな運用になっていて、ということが

きちんと分かっているんだそう。やっぱりねえ。

私の場合、そこからだな・・・・しょんぼり

 

 







最終更新日  2008.04.02 00:23:53
コメント(2) | コメントを書く
2008.03.12
カテゴリ:心の風水

神戸に住む、高校時代の友人からハガキが届きました。

なつかしい筆跡でびっしりと書かれた文字。

「頂いた年賀状が当たりだったので、お礼を兼ねて、せっかくなのでハガキを

出してみようと思いました」

という言葉とともに、

このブログを読んでいることや、感想などが、丁寧に綴られていました。

忙しい子育ての合間に、時間を見つけて書いてくれたであろうその手紙には、

昔と変わらないあたたかいものが、いっぱいに溢れていて、とても力づけられました。

手紙って、やっぱりよいものですね。

 

そして、「もらった年賀はがきが当たりだったので、お礼を兼ねてハガキを出す」というのは、

なんだかとっても素敵な方法だな、と。

そこで、私も真似することに!!

切手シートの当たりをくれた2人の友達に、

お礼を兼ねてハガキで近況報告をすることにしました。

このうれしい気持ちを、誰かにも分けてあげたいなと思ったのです。

 

なんとなく、「ペイ・フォワード」を思い出しました。

カレッジの夏休みの課題で見た、映画のお話です。

誰かから受けた厚意や親切を、次の誰かに渡そう。

(別の誰かに親切にあげようという意味。 席をゆずるなど)

それを受けた人は、また別の誰かに渡していこう。

これを続けていくと、世界中にいい循環が広がっていくという話です。

最近すっかり忘れていましたが、友人のおかげで思い出しました。

 

それにしても、

ほかの人にも幸せを分けてあげたいと思えるのは、

自分が幸せを感じているからこそですね。ありがたいことです。

 

ラッキーなニュースと、いろんなことを思い出させてくれた素敵なハガキ。

どうもありがとう♪

 







最終更新日  2008.03.12 22:06:12
コメント(6) | コメントを書く
2008.03.06
カテゴリ:心の風水

子供からうつったのか、お腹の調子が悪い。食欲もなくて、昨日は結局ほとんど食べず。

仕方なく、朝から近くの内科を受診した。そしたら、そこのお医者様がとてもすばらしかった!

どうせ風邪だろうし、薬出されて終わりと思っていたら、なんとその先生は

名前を呼んだ後にわざわざ出てきて、にこやかに一礼。

診察が始まると、話をじっくりきいてくれ、いろいろ質問もしてくれて、

血圧測り、脈をとり、お腹を触って、「ここが痛いときはこう」と、ひとつひとつ説明してくれる。

終始にこやかに話し、ときどき笑いもはさみながら、

こんなに丁寧に見てくれるお医者さんに会ったのは初めてだ。

おかげでとっても気分よく診察を受けることができて、大満足!

いつもは高いと思う診察料も、今日は気持ちよく支払いし♪

初めて行った医院だったが、この人になら私の体を任せられる!(大げさか)

もう絶対ここをかかりつけに!と決めてしまったほどだった。

こんなお医者さんがもっともっと増えてくれたらいいのに。

素敵なお医者さんに出会えて、今日はラッキーな1日になった。

 

考えてみれば、お医者さんもカウンセラーも同じこと。

 相手に対するホスピタリティ、笑い、明るさというものは、技術と同じくらい人を救うもの

なのだと、あらためて感じたのだった。

 

 







最終更新日  2008.03.06 14:12:23
コメント(4) | コメントを書く

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.