4284568 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

奇  知  外  記

PR

X

全111件 (111件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

日韓関係

2019.11.25
XML
カテゴリ:日韓関係
​​韓国ニュース検索から。


「危機の韓国は、その源は野蛮反日種の注意」...イ・ヨンフン教授、日本のプレスセンターで演説

「反日種主義」日本語版14日発売とともに「アマゾンジャパン」の書籍部門販売1位上がっ
21日、日本新聞協会、「反日種主義」の代表者イ・ヨンフン校長招待して東京のプレスセンターで記者会見
ヨンフン校長、 "韓国で、植民地時代をすぐに知るには、研究と反民族行為で指弾取る"
"日韓は東アジア自由民主主義の砦。自由民主主義が朝鮮半島の北に進ん大陸にまで拡散を起源"

[編集者注]この記事は21日、日本の東京のプレスセンターで開かれた日本新聞協会主管「反日種主義」日本語版出版記念記者会見で、イ・ヨンフン、李承晩学堂校長が発表した基調演説である。この日イ・ヨンフン校長は韓国人の精神世界を掌握している反日種族主義現象の分析と「反日種主義」を発刊することになった理由は、いくつかの困難が予想されるが、この本の日本語訳を私にされた動機を30分間演説した。14日、日本文芸春秋が発刊した日本語版「反日種主義」は発刊すぐ 「アマゾンジャパン」の書籍部門販売1位に上がるなど突風と話題を呼んでいる。


「反日種族主義」の代表者イ・ヨンフン前ソウル大教授(李学堂校長)。

私と同僚の研究者5人が去る7月に出版した「反日種主義」は、韓国の現代文明に沈潜している生ないし野蛮を批判したものです。今日の韓国は彼の歴史に原因がある大きな病気を患っています。個人、自由、競争、開放のような先進的な文明の要素を抑圧して構築しようとする集団、閉鎖、再分配的共同体意識が病気の根本的な原因です。一言で文明と野蛮の対決です。

私は、世界のどの国でも、このような対決構図から自由国はないと思います。世界のどの国も、彼の近代化の歴史でこのような対決構図に起因する危機を経験していない国はありません。

日本だけでも1868年明治維新を実行して以来、1930年代に至って国家体制の大きな危機を迎えたことがあります。1948年に成立した大韓民国も建国70年に大きな危機を迎えています。危機の徴候は非常に深刻です。ともすれば、この国の自由民主主義体制は解体されるかわかりません。

「反日種主義」は、そのような危機感から書きました。韓国人たちに危機の源がどこにあるかを大声で叫びました。相違はなく、私たちの中に沈潜している野蛮の種族注意がビョントンのもとと告発しました。

大韓民国の建国理念は、自由・開放・恒久平和

世界の先進社会のメンバーは、自由人として、その活動範囲は世界開いている世界です。どの社会が先進化することは、それに属する人間が自由世界に進化する道でもあります。世界が大きく開かれた市場に統合された中で永久平和を追求する道でもあります。

大韓民国の建国は、このような自由、開放、永久平和の先進理念に基づいています。以後、今までこの国が第2次世界大戦後に成立した数々の新生国の中にまれにも大きな成果を成し遂げたのは、このような世界が共有する先進理念に忠実たからです。

韓国人の国民国家の建設は、個人の自由を否定する内外共産主義勢力との闘争の過程でした。世界経済から孤立した中で、民族単位の自立経済を建設しようという人民主義路線を排斥する過程でした。


日本の文芸春秋が発刊した日本語版「反日種族主義」の表紙。14日の本発売と同時に「アマゾンジャパン」の書籍部門販売1位に上がるなど突風と話題を呼んでいる。

1965年に韓国と日本の国交正常化がなされたのも、このような理念に基づいていました。国交正常化を成し遂げた朴正煕大統領は、私たち国民に歴史の救い(舊怨)にとらわれず、アジアの模範的な反共国家としての自信と主体の意識を持って、日本と対等な位置で新しい未来を切り開いていこうと呼びかけました。

以後、日本との緊密な協力関係は、韓国経済の高度成長を可能にしました。1990年ノ・テウ大統領は、日本の議会では、次のように演説しました。

「今日の私たちは、国を守れなかった自分自身を磁気だけ、過去のことを再確認し、誰を責めるか、恨みはありません。次の世紀に憧れを出発した日本の若者たちが玄界灘の海底トンネルを横切ってソウルの友人と一緒に付き合う北京とモスクワで、パリとロンドンに大陸をつないで世界を一つにする友情連れで旅行をする時代を私たちが作成いきましょう。」

韓国人がこのような歴史意識と国際協力路線により充実したなら今頃より自由豊かな先進社会を成し遂げたのです。

しかしながら以降展開された歴史は彼と他の方向であった。歴史は、多くの費用を支払った後に、少しの進歩を許す形です。1993年に成立した金泳三政権以来、民主化と自由化の名前で、この社会に深く沈潜してきた野蛮の種族注意が頭を始めました。個人、自由、競争、開放を代わりにして、民族、公正、規制、多くの理念が、この国の政治を主導し始めました。

日本との関係は、協力で対立に切り替えました。北朝鮮との統一政策では、自由の理念に代わって「わが民族同士」という民族主義が優位を占めることになりました。韓国の自由民主主義体制と北朝鮮の全体主義体制が、連邦の形で結合し、統一国家に進むことができるという幻想が国民的期待に成立しました。

日本軍慰安婦問題の本質を歪曲した人

1992年に提起され、これまで27年間、日韓両国の信頼と協力を阻害した最も深刻な障害は、いわゆる日本軍慰安婦問題です。朝鮮総督府と日本軍の官憲が日本軍の性的元に純潔朝鮮の処女を連行、拉致、監禁したと主張だけ韓国人の種族主義的反日感情を刺激したのはありません。

数回にわたる日本政府の謝罪と賠償もかかわらず、数回にわたる両国政府間の妥協もかかわらず、この問題が韓国で本当にされず、むしろ増幅されてきたのは、それが当時、韓国人の精神的動向、すなわち反日種の注意の強化という傾向に応えたからです。

私は「反日種主義」で、過去27年間、この問題に携わってきた韓国と日本の研究者と運動団体を批判しました。その慰安婦強制連行説と性奴隷説を否定しました。彼らウォン(元)慰安婦の不確実証言に基づいて慰安婦の存在形態とその全体像を過度に一般化するエラーを犯しました。彼らは朝鮮王朝以来、今日まで長期存続した売春の歴史の中で、すぐに男性、家長、国家による弱小女性の性に対する支配と搾取の長い歴史の中で、日本軍慰安婦私成立した1937~1945年の8年間だけ単刀直入エラーを犯しました。

日本軍慰安婦剤は、近代日本で成立して植民地朝鮮に移植された公娼(公娼制)の一部でした。慰安婦剤は公娼の軍事的編成に相違がありません。女性が軍慰安所に募集された方法やパスは女性が街の遊郭(遊廓)に行ったそれと変わらなかった。雇用、廃業、労働形態、保守の面でも同様でした。

韓国で慰安婦制は1945年以来、都市の私娼(私娼)、韓国軍の特殊元袋、米軍慰安婦の形で、さらに繁栄しました。1950年代、60年代、韓国政府によってその身分が慰安婦に規定されて性病検診の対象となった女性の数は1930、40年代のペナント(娼妓)と慰安婦に比べてなんと10倍以上であった。

彼らの労働強度、所得水準、健康状態、花屋との関係は、1930、40年代に比べてはるかに劣悪ました。既存の研究では、このように韓国の現代社会にまで深く浸透した慰安婦製の歴史について目を閉じました。この点は、従来の研究者や運動団体が犯した最も重大なエラーとすることができます。


"日本を根拠なし非難罵倒して諸悪の根源で作る根底には反日種族注意が位置であることを説いた「反日種族主義」表紙。 国内でもベストセラーになるなど、話題になった。"

過去27年間、韓国で慰安婦問題が悪化してきたデエヌン関連研究者と運動団体の責任が非常に重いです。彼らはまるで歴史の裁判官である量のふりました。彼らウォン慰安婦を前面に出して行進するときにそれらを阻止することがどのような権威や権力も存在していない。彼らはこの問題に関する日本政府との協定を破棄するように叫ぶ時、韓国政府はムクジョンました。

歴史学の政治化が生んだ惨劇

彼らは、政府の上に君臨しました。慰安婦問題に関する限り、過去27年間、韓国政府は、ないのと違うところありませんでした。国民の強力な反日種の注意が、それらの絶対支持したからです。彼らは強制連行説と性奴隷説を武器にして、日本の国家的責任を追及してきました。その執拗さは、日本との関係を破綻に追い込んも構わとするほど盲目的でした。

皮肉なことに、強制連行説と性奴隷説は、日本で作られたものです。ある日本人は、朝鮮の女性を強制連行した自分の犯罪を告白するチャムフェロクを書いた。どの歴史学者は性奴隷説を提起して韓国の研究者と運動団体をゴムました。

それは歴史学の本分を超えた高度政治化した学説でした。彼らは韓国の社会史、女性史、現代史について何も知らない状態でした。韓国社会と政治への介入は不当し、多くの副作用を派生しました。

目下、両国の関係を困難にしている徴用ボール(徵用工)の問題も韓国人の種族主義的地平で提起されたものです。信じ大変ませんが、2005年に盧武鉉政権が被徴用者に補償を行う当時まで韓国ではそれについての信頼だけが一方の論文や一冊の研究書も存在していない。

政府は、1939年以来、日本に渡ったすべての韓国人を徴用の被害者であると考えています。その中には1944年8月以降、真の意味での徴用だけではなく、以前からあった日本の会社の募集と総督府の斡旋も含まれます。

募集と斡旋は、当時の政治情勢にこだわって多少の強制がなかったとはできませんが、あくまで日本の会社との契約関係でした。これに加えて、政府は、連鎖移民の形で日本に自由渡航した人まで徴用の被害者であると考えている笑えない寸劇を行いました。

以降のいくつか韓国人がより多くの報酬を追求して、国境を越えて、日本でまで訴訟を提起しました。それらのすべては、徴用ではなく、募集と斡旋のパスに日本に渡った人々でした。自国の国際的威信などは気にしていない彼らのチャムウォル(僭越)とは、彼らの責任だけではありません。

韓国の反日種主義は彼らの国際的な訴訟を支持しました。彼らは日本で孤独でした。慰安婦問題と同様に、いわゆる「良心的」である日本人が、それら物心両面で支援したが、これは結果的に、両国の信頼・協力関係を阻害するのに大きく寄与しただけです。

「植民地近代化論」が反民族行為で指弾される韓国

歴史の進歩は遅い速度でしか行われていないようです。韓国は人口が5,000万以上で、1人当たりの所得水準が3万ドル以上の世界の10都市ならない先進グループに属しています。国の経済の規模は世界15位です。それでもこの国の精神文化は19世紀までの朝鮮王朝が濃い影で残っています。朝鮮王朝は人・青中華帝国の諸侯であった。諸侯の悲劇は、自分の責任で国家体制を営んしていないために根本的な原因があります。

朝鮮王朝は完全に閉鎖された国でした。海は開放の通路ではなく、鎖国の壁でした。中国は世界の中心で、日本は海の中の野蛮人とみなされました。人間の生と死の原理は、自然宗教シャーマニズムに規定された。両班の身分の政治教養人儒教もシャーマニズムとの融合を介して定着しました。個人、自由、利己主義、商業を正当化する政治哲学の進歩はないか微弱ました。

その結果、18〜19世紀の朝鮮の経済は深い正体を面ませんでした。人口の多数はまだ生と文明の境界線でさまようました。過去20世紀にかけて韓国人の物質生活は実に大きな変化がありました。それでも人間の社会関係、精神文化、さらに国際感覚で、本質的な変革はありませんでした。私は今日、韓国の反日種の注意を以上のような歴史的シジョワ(視座)で理解しています。

今日の韓国で、日本は理解の対象ではない。ひたすら救い(仇怨)の対象であるだけです。朝鮮王朝が何のために崩壊したのかは、探求の課題がありません。日本が韓国を支配した35年は、恥辱の歴史だけです。その期間に韓国人の社会・経済生活にどのような変化があったのかは、タブーの領域です。それに対する客観的評価は、「植民地近代化論」として反民族行為に糾弾されます。

その結果、今日の韓国人は、彼らの近代文明がどこで、どのように生じたのか知りません。今日の韓国人は、その歴史的系譜で朝鮮王朝の臣民のままです。同様に、今日の韓国人は、今日の日本を旧帝国の延長としての感覚です。県安倍晋三(安倍晉三)首相と彼の支持勢力を極右ファシストで売りさが通常韓国人の日常言語です。

「反日種主義」の日本語訳と出版には多くの焦燥が続きました。すでに指摘した通り「反日種主義」は、韓国人の自己批判書です。自国の過ちをあえて外国語で、しかも日本語でまで公表する必要があるのか​​という批判を予想することは少しも難しくなかった。それでも、私たちはそれに同意したのは、それが日韓自由市民の国際的連帯を強化に役立つという判断であった。

大きく開かれた国際社会の中で、その波長が国際的ではない事件は一つもありません。韓国人が苦しんでいる歴史の病気もそうです。病気は広く知らせるほうがお勧めです。

韓日国際連帯の強化のために

実は、私たちのこのような悩みは「反日種主義」韓国語版の出版からでした。私たちの叫びに多くの韓国人が呼応しました。建国70年に少なくない韓国人が自由の理念に基づいた世界的に成熟しています。全国の主要書店で「反日種主義」は、総合ベストセラー1位の地位をしばらく押しました。これこそマンウェ(望外)の事件でした。

遅い速度が歴史は着実に進歩の道を歩いてきました。そのような期待を「反日種主義」日本語版出版にも歩いてみてください。韓国人には、自分の問題を国際的な視点から考察する好機となります。日本人には韓国の問題をさらに韓半島問題を親しい(親韓)だ嫌韓(嫌韓)だ感情のレベルを超えて真剣に前向きに見直すきっかけになるでしょう。

韓国と日本は、東アジア自由民主主義の砦です。この自由民主主義が朝鮮半島の北に進ん大陸でまで拡散して行くことを願っています。このような歴史的な課題で、日韓両国の自由市民は、互いに信頼し、協力する必要があります。「反日種主義」が、そのような国際的な連携を強化するために少しの助けもならそれ以上の大きな喜びはないでしょう。

最後に「反日種主義」日本語版出版を引き受けてくださった文芸春秋に感謝の挨拶を申し上げます。また、韓国に対する愛情と懸念でこの本を購入した、日本の読者の皆さんにも感謝の挨拶を申し上げます。

イ・ヨンフン李承晩学堂校長



一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓

​​






Last updated  2019.11.25 22:34:17
コメント(0) | コメントを書く


2019.03.13
カテゴリ:日韓関係
日韓トンネルプロジェクトを推進する国際ハイウェイ財団ホームページ​>NEW(2019.03.12)

https://ihf.jp/press/busan-20190309/




http://ping.blogmura.com/xmlrpc/kvi0ar3vkf5d



一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓







Last updated  2019.03.13 23:53:07
コメント(0) | コメントを書く
2017.09.19
カテゴリ:日韓関係
2017-09-17、韓国ニュースから。


http://www.pluskorea.net/sub_read.html?uid=99675








世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓にほんブログ村ランキング参加中。 応援クリックお願いします。 ↓↓

  






Last updated  2017.09.19 23:39:13
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.08
カテゴリ:日韓関係
http://www.sktimes.co.kr/cpDaum/_preView.php/21011500/160833.s









世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓にほんブログ村ランキング参加中。 応援クリックお願いします。 ↓↓








Last updated  2017.08.08 00:06:35
コメント(0) | コメントを書く
2016.12.27
カテゴリ:日韓関係
ある分派ブログ(4研)で、日韓トンネル推進を阻害する記述を見かけたので再掲載する。

現在の冷え切った日韓関係のみを見るのではなく、未来に向けた展望・夢・希望・将来性を信じていきたいものである。
サンクチュアリもまた、文総裁夫妻が切り開いた日韓を中心とした「環太平洋圏文明圏」の時代から米国へとその摂理を逆行させようとしている。これが文総裁の御心と言えるのか? 疑問である。



日韓トンネルは、まさに、真の御父母様の「夢」であり、私たち食口にとっても大きな「希望」でもある。

ところが、真のお母様を批判される分派のブログを見れば、日韓トンネルに異を唱える方々が少なからずいる。
果たして、それらの方々は何処に霊界のお父様との接点を持たれていると言えるのか?

11月14日の韓鶴子総裁、佐賀・唐津のトンネル現場を初視察は、その背後に緊迫した世界情勢をも見据えてのものであったことをまったく考えもしないで、すぐに「お金」の話をされる分派、よほどお金の恨みが深いようである。
今回の視察でも、ヤンキースタジアムのような「奇跡」を私たちは目の当たりにした。
また、14日は「スーパームーン」であった。

さて、12月にはロシアのプーチン大統領が訪日して安倍首相が会う。会って何を話し合おうというのか? である。





 童謡「かなりあ」

 歌を忘れたカナリアは後ろの山に棄てましょか
 いえいえ それはかわいそう
 歌を忘れたカナリアは背戸の小薮に埋けましょか
 いえいえ それはなりませぬ
 歌を忘れたカナリアは柳の鞭でぶちましょか
 いえいえ それはかわいそう
 歌を忘れたカナリアは象牙の舟に銀のかい
 月夜の海に浮かべれば 忘れた歌を思い出す





世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。

↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓

  







Last updated  2016.12.27 23:40:03
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.29
カテゴリ:日韓関係
国際新聞|2016-11-29

http://www.kookje.co.kr/news2011/asp/newsbody.asp?code=1700&key=20161130.22027202343



<続きを原文で読む>



【関連記事】





一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵

すなわち神様の知恵

 

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。

↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓

  

PVアクセスランキング にほんブログ村







Last updated  2016.11.29 22:48:36
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.23
カテゴリ:日韓関係

日韓トンネルは、まさに、真の御父母様の「夢」であり、私たち食口にとっても大きな「希望」でもある。

ところが、真のお母様を批判される分派のブログを見れば、日韓トンネルに異を唱える方々が少なからずいる。
果たして、それらの方々は何処に霊界のお父様との接点を持たれていると言えるのか?

11月14日の韓鶴子総裁、佐賀・唐津のトンネル現場を初視察は、その背後に緊迫した世界情勢をも見据えてのものであったことをまったく考えもしないで、すぐに「お金」の話をされる分派、よほどお金の恨みが深いようである。
今回の視察でも、ヤンキースタジアムのような「奇跡」を私たちは目の当たりにした。
また、14日は「スーパームーン」であった。

さて、12月にはロシアのプーチン大統領が訪日して安倍首相が会う。会って何を話し合おうというのか? である。





 童謡「かなりあ」

 歌を忘れたカナリアは後ろの山に棄てましょか
 いえいえ それはかわいそう
 歌を忘れたカナリアは背戸の小薮に埋けましょか
 いえいえ それはなりませぬ
 歌を忘れたカナリアは柳の鞭でぶちましょか
 いえいえ それはかわいそう
 歌を忘れたカナリアは象牙の舟に銀のかい
 月夜の海に浮かべれば 忘れた歌を思い出す





世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。

↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓

  







Last updated  2016.11.23 23:50:37
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.19
カテゴリ:日韓関係

ファミリーフォーラムJPからの記事『14日「日韓トンネル起工30周年記念行事」開催』は以下。


一方、PeaceTVメディア報道>『【ニューシス】14日「日韓トンネル起工30周年記念行事」開催』(2016-11-15)を見てみれば、

面白いと思われた方は以下をクリックしてください。


世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。

↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓

  







Last updated  2016.11.19 20:30:48
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.17
カテゴリ:日韓関係

釜山日報|2016-11-17







世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。

↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓

  







Last updated  2016.11.17 23:29:06
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.24
カテゴリ:日韓関係
韓国UPFホーム>ニュース>支部ニュース(2016-10-22)

http://upf.or.kr/main/boardnews/boardcontent.html?&no=5476&code=MENU0105&page=1&listnum=15


釜山本部。バクソンヨル。ユンジョンジャと社)韓日トンネル研究会イヨンフム共同代表主管で、日本九州、岡山代表者など61人が参加して10月21日(金)午後6時、釜山ロッテホテル41階サフィイヤールームで開催しました。









さらに多くのフォトはこちらから。






世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。

↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓

  

PVアクセスランキング にほんブログ村







Last updated  2016.10.24 23:40:58
コメント(0) | コメントを書く

全111件 (111件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >


© Rakuten Group, Inc.