1765501 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

奇  知  外  記

PR

日記/記事の投稿

コメント新着

 神様はあきらめない!@ Re[1]:原理講論を捨てたFPA-Japan & 櫻井ファミリー --「エリコ城」陥落は目前に!!(11/19) 花火と案さんへ 家庭連合はお父様のみ言葉…
 tomy4509@ 花火と案さんへ   まずは、貴殿の立場を明確にされてのコメ…
 tomy4509@ 常識知らずのryuubiさんへ 私からは、ブログ名「奇知外記」で書くよ…
 ryuubi@ Re:ryuubiさんへ(No.2)(11/16) Kitigai記殿 >「気違い扱い」の呼称をど…
 ryuubi@ Re:ryuubiさんの疑問に応えて(11/15) キチガイ記殿 原理をよくご存じないよう…
 ryuubi@ Re:リブログ「正統と異端」--十字架か? 栄光への道か?(11/14) キチガイ記殿 >神様の責任分担は「メシ…
 tomy4509@ Re[9]:ryuubiさんへ(11/11) ryuubiさんへ FPA世界大会、12月2日…
 ryuubi@ Re[8]:ryuubiさんへ(11/11) tomy4509さんへ 興進様と顕進様が分裂し…
 tomy4509@ Re[7]:ryuubiさんへ(11/11) ryuubiさんへ >現在は、父母マッチング…

カテゴリ

バックナンバー

カレンダー

ニューストピックス

お気に入りブログ

布絵の写真 はっちゃん09さん

【韓国旅行/潭陽】… アナバコリアさん

決起集会(2/18). … ナン65さん

ポッポではじまるあ… すひょんママさん
ピースカップの助 ピースカップの助さん
スペインサッカー(… ナキー9381さん
夢咲案内人の部屋 夢咲案内人 2008さん
人生は一度きり パスターMHさん
明るい家庭    … ガッツくんさん
統一教会(統一協会… MAKISHIさん

フリーページ

一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵

すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。

↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓

  

PVアクセスランキング にほんブログ村


『韓流サッカー』 概略

  1. 韓流ドラマ「冬のソナタ」に始まる韓流ブームは作為的に造られたものである
  2. 2001年、日韓の架け橋となった李秀賢(イ・スヒョン)氏を決して忘れてはならない
  3. 韓流ブームの元祖は「冬ソナ」ではなく、リトルエンジェルス(1962~)がそれである
  4. 作為的に造られた韓流ブームで、抜け落ちてきたキーワードが「平和」、「恨(ハン)の心」である
  5. 2001年の李秀賢氏らの平和の架け橋を土台として、2002年、日韓合同のワールドカップの開催。その翌年からのピースカップが、本来なら韓流ブームの流れの中で「韓流サッカー」として広まっていくはずであったが、その機会を逃してしまった。
  6. 韓流ブームの低迷が懸念されるなか、2009年ピースカップが韓国でなくヨーロッパ・スペインで開催され、同時に韓国アート展などの企画とあわせて行われた。今後、この韓流サッカーが旗手となって第2の韓流ブームを創出していくのではないか!?
  7. 韓流サッカーの主な大会

ピースカップ―初回2003年。2年ごとの開催。

ピースクィーンカップ―女子サッカー大会。初回2006年。2年ごとの開催。

ピーススターカップ―初回は2007年より毎年開催。韓国芸能人らによるサッカー大会。2011年は、FC MENが大会参加。

ピースコリアカップ―2007年に日本で開催。民団vs朝総連、日本芸能人vs韓国芸能人の試合が行われた。

 8.合言葉:PFMP(Play Football Make Peace)

 9. 2012年9月、文鮮明総裁聖和後の開催予定は未定。


temp_vs_3.jpg

Nov 21, 2017
XML
三男派の引用は過去の栄光にすがりつくものばかりか。

2000年7月にお父様が「後継者は三男さん」だと語られたとか。

<文総裁の後継者が誰ですか。顯進が現れて「アイゴー、これでよし!」> お父様の願いと意向を無視した幹部たち(「金容成氏の文を毎晩涙で読んだという人の話を聞いて」その5)
http://blog.goo.ne.jp/day_of_hope/e/8339b3f49cf27f0ae55dd3f485bfd41f?fm=rss
​​そのように生きてみると、私がここまできて、世界が、私が主人になることを願うのです。「文総裁は80になろうとしていますが後継者は誰ですか」と心配する人が多いのです。今回、顯進が現れたのを見た時「アイゴー、これでよし!」というのです。
出典:み言選集325巻312ページ、2000年07月02日
<真の愛を中心とした為に生きる人生>​​

ところが、その2000年9月の「まるバツクイズ」だ。
この「後継者」と言われながら「祝復権委譲」がされなかったのは何故?

以下も「真の父母様宣布文サイト」からだが。
お父様が神山威氏に語られたもので、「2010年ー10年=2000年」ということになる。

http://trueparents.jp/?page_id=3718​

​​ お父様は2010年7月16日、顯進様に従おうとする故・神山威氏に対し「(顯進は)もう、ずっと前に離れたんだよ、10年前に」、「顯進は先生と同じ方向に向いていない。逃げ回っている。顯進が先生の方向に来なければならないんだよ」、「なぜ先生に質問しないで顯進の方にいくのか」と語られました。
 お父様が「逃げ回っている」と語られたように、お父様は何とかして顯進様を教育しようとしておられたに違いありませんが、教育できないままに、お父様のアイデンティティと異なることを平然と述べる「統一教会の党派(分派)」になってしまったことに対して、深く心を痛めざるをえません。最近では、「家庭平和協会(FPA)」という組織を立ち上げ、「FPAは、創始者が世界平和統一家庭連合を通して実現しようとしていたものを目標としている」(314ページ)と平然と述べるなど、分派の動きを強めています。​​

​このようにお父様からの「後継者」という「祝福」があっても、そのお父様からの教育を受けなければ「認定」されないということだ。「束草事件」、この時も「公的活動を停止して、お父様からの教育を受けなさい」だったはず。「学問に王道なし」との言葉もある。
お父様から「逃げ回って」いた結果が、こんにちの「分派行動」ということにもなる。組織が云々以前の問題であった。それを組織に「責任転嫁」されている三男派、自らの行動が見えていないようだ。

さて、その三男さんも「祝福家庭は、再度(三男さんから)教育を受けなければならい」と。
この教育とはいかなる教育か? 言わずと知れたことだ。

【参考記事】

一方、毛利元就の「三本の矢」を挙げての櫻井氏の記事もまた、三男さんを正当化すべくの何物でもないように思われる。

三男さんの周りが疎外感、つまりは「愛の減少感」を覚えたということだ。

この時こそ、三男さんが摂理の中心人物「アベル」となるためにどうしていかなければならなかったか、それが原理講論に書かれた内容ではなかったか!!

一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵

すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。

↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓


  






最終更新日  Nov 21, 2017 10:06:59 PM
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.