1587420 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

奇  知  外  記

PR

日記/記事の投稿

コメント新着

 tomutomud@ Re:三男さんはどうも「カイン」立場がお嫌いのようだ!!(06/14) 真のご父母様は唯一お父様とお母様 顕進…
 tomy4509@ 花火と案さんへ >真の位相と権威と価値ですか? >心情で…
 花火と案@ Re:真のお母様の言葉に私たち(72家庭)の信仰告白(韓国ホームページより)(06/11) 真の位相と権威と価値ですか? 心情ではな…
 tomy4509@ 幸いにして今日は 両目にゴミが入ったのは火曜日の午後。 何…
 tomy4509@ Re[1]:〔新刊紹介〕巨文島(05/28) 花火と案さん >今もあるの? >とっくに…

カテゴリ

バックナンバー

カレンダー

ニューストピックス

お気に入りブログ

茄子ができました。 New! はっちゃん09さん

【在韓日本人ネット… アナバコリアさん

入力テストです。170… 夢咲案内人 2008さん

オーストラリア-ド… ナン65さん

ポッポではじまるあ… すひょんママさん
ピースカップの助 ピースカップの助さん
スペインサッカー(… ナキー9381さん
人生は一度きり パスターMHさん
明るい家庭    … ガッツくんさん
統一教会(統一協会… MAKISHIさん

フリーページ

一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵

すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。

↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓

  

PVアクセスランキング にほんブログ村


『韓流サッカー』 概略

  1. 韓流ドラマ「冬のソナタ」に始まる韓流ブームは作為的に造られたものである
  2. 2001年、日韓の架け橋となった李秀賢(イ・スヒョン)氏を決して忘れてはならない
  3. 韓流ブームの元祖は「冬ソナ」ではなく、リトルエンジェルス(1962~)がそれである
  4. 作為的に造られた韓流ブームで、抜け落ちてきたキーワードが「平和」、「恨(ハン)の心」である
  5. 2001年の李秀賢氏らの平和の架け橋を土台として、2002年、日韓合同のワールドカップの開催。その翌年からのピースカップが、本来なら韓流ブームの流れの中で「韓流サッカー」として広まっていくはずであったが、その機会を逃してしまった。
  6. 韓流ブームの低迷が懸念されるなか、2009年ピースカップが韓国でなくヨーロッパ・スペインで開催され、同時に韓国アート展などの企画とあわせて行われた。今後、この韓流サッカーが旗手となって第2の韓流ブームを創出していくのではないか!?
  7. 韓流サッカーの主な大会

ピースカップ―初回2003年。2年ごとの開催。

ピースクィーンカップ―女子サッカー大会。初回2006年。2年ごとの開催。

ピーススターカップ―初回は2007年より毎年開催。韓国芸能人らによるサッカー大会。2011年は、FC MENが大会参加。

ピースコリアカップ―2007年に日本で開催。民団vs朝総連、日本芸能人vs韓国芸能人の試合が行われた。

 8.合言葉:PFMP(Play Football Make Peace)

 9. 2012年9月、文鮮明総裁聖和後の開催予定は未定。


temp_vs_3.jpg

Jun 26, 2017
XML
カテゴリ:ブログ村

『祝福家庭』19号(2000年冬号)『御言/「三時代転換一体圏祝福式」での御言と祝祷』から興進様が兄、三男さんが弟としてお父様が語られていた。ところが、三男派の方々の言動からは清平役事に対しても否定的であり、兄・興進様に三男さんが弟として供にあるとは言い難い。

私tomy4509が長々と書くよりは、まずは、カクチョンファン氏が語られた内容を再度お読みいただいた方が理解が早いと思う。




以下も同じく『祝福家庭』19号(2000年冬号)でのカクチョンファン氏の「父母の心情で入籍を準備してこられた真のご父母様」、その中の「真のご子女様は私たちの命の綱」の一部分である。




ここには「カイン・アベルの原則」ということで書かれている。

私たち祝福家庭は、いくらお父様の近くに行きたくても、究極的な天道として、直接、真のお父様のもとに行くことはできません。私たちはまず、真のご子女様の元へ行き、その後、真のお母様を通過して初めて、真のお父様の前に行くことができるのです。
それゆえ、私たちは真のご子女様を「お兄様」「お姉様」と呼ぶのです。年齢は関係ありません。真のご子女様はお一人の例外もなく、私たちの永遠のお姉様であり、永遠のお兄様です。
……

また、「私たちは真のご子女様に対して、是非を問う資格は全くありません。私たちは養子・養女に過ぎないのです。……」とも書かれいるのも事実だが、分派の方々は「(自分の)命の綱の先」がどうなっているのか、その先までもよく確認されておられるのだろうか?


今日を機会にもう一度その最先端の確認をされて見られては如何なものか。

2008年4月6日、「カイン・アベルの原則」が崩れたなか--「信仰基台」「実体基台」の失敗によって「メシヤのための基台」を造成することが出来なかった。「お母様が居られない」と嘆かれるお父様、そのようにしていかれたのはどなたたちなのか、である。

御父母様のヘリコプター事故、これもまた、単なる偶然ではない。行かれなくてもよかった道ではあったろうが、74億人類救済のために行かれた「ゴルゴダの丘」であった。



世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。

↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓





【最近の関連記事】







最終更新日  Jun 26, 2017 12:20:35 AM
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.