000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ピカルディの三度。~T.H.の音楽日誌/映画日誌(米国発)

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
Mar 20, 2017
XML
カテゴリ:映画、テレビ
「台風一家」(評価 ★★★☆☆ 三つ星)

 是枝裕和監督の最新作を鑑賞。主演は阿部寛、真木よう子、そして樹木希林さまっ。東京都清瀬市の団地が舞台。

<感想>
 期待しすぎたためか、感想としては「ちょっといい映画かも」どまり。役者さんたちの演技も素晴らしいし、映像も脚本もいい感じで文句のつけようがなく、実際すごく楽しめたのだけれど、他人に薦めまくりたいとは思わないというか。
 てか、起承転結を勝手に予想してたぼくがいけなかったみたい。台風が来て(元)家族がひとつ屋根の下で一夜を過ごす場面が「転」というわけぢゃないらしい。
 なんか壮大で抽象的な題名がついているけれど、この映画はもし違う題だったらもっと売れてたかもしれない。かといって台風に言及してる英語の題「After The Storm」もビミョー。
 これまで「ワケあり家族」をお題とする数々の是枝作品を楽しませてもらってきたけど、さすがに今後は少し系統の異なる作品も観てみたいかと。いくら名優だからって、祖母役がいっつも樹木氏ってのも。

 小ネタとしては、映画のなかでベートーベンの弦楽四重奏作品131が登場する。同曲は、堺雅人主演「鍵泥棒のメソッド」でも使われていたと記憶している。あと、米国映画「25年目の弦楽四重奏」でも。









お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  Mar 20, 2017 09:15:44 AM
コメント(2) | コメントを書く


PR

フリーページ

日記/記事の投稿

カテゴリ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

ピカルディの三度TH

ピカルディの三度TH


© Rakuten Group, Inc.
X