736584 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

量子場的 女神発掘の旅

PR

X

Recent Posts

Profile


ぴろこ☆女神

Freepage List

2008.10.09
XML
カテゴリ:量子場調整

先日の交通違反の反則金を納めるのをすっかり忘れていたことに気付き、納付書再発行のために自転車で池袋まで行ってきました。

しまった!がまん顔

とは、思ったものの、こんな素敵な秋の日にサイクリングする機会に恵まれたということで、ある意味ラッキーハート達(複数ハート)

で、自転車をこいでいて、ふと龍一郎が自転車に乗り始めた時のことが浮かんできました。馴れない自転車そのものが気になってか、どうしても手元や足元に視線が行ってしまってたのですよ。するとうまく進めない。。。なので、「龍一郎、前を見て!進んでいく方向を見るんだよ!」と声をかけたのでした。

なぜ、そんな声かけをしたかというと、自分自身、スキーでコースを滑るときは必ず2~3旗門先を見通すようにするとうまくいくことを知っていたからです。(さすがに自転車に乗れるようになった時のことは忘れちゃってますあせあせ


あれ?これって量子場調整に似てない?


イマココというのは、当然ながら固定されたものではなく、常にダイナミックに変化するものです。だから、イマココが即ちすぐさま次のイマココに繋がっていく。。。

スキーのようにスピードがあるものの場合、進んでいくべき理想のラインを瞬間ごとにイメージしていくことで、たった今そこで行うべきターンがしっかりと作られていくんです。

不思議なもので、そんな風に意識的に滑れた時というのは、一つ一つのターンが思い出せるほどに鮮明に瞬間を体験することが出来ます。コマ送りのようなというか、スローモーションのようなというか。。。なのに、タイムは断然速いんですよ。


「わぁ~あせあせ(飛び散る汗)きゃ~あせあせ(飛び散る汗)」という感じで、自分の意識がしっかりしないままに重力にだけ任せて滑り降りてしまったときというのは、恐怖もああるしスピード感もものすごい。なのに、なぜかタイムは最悪なのです。


イマココを意識的に生きていない人生というのは、きっと後者のような感じなのでしょうね。


「過去も現在も未来も一つのもの」という概念がなんだか少し解った気がしちゃいました。単なる空想や妄想としての未来ではなく、イマココの連続としての先の展開をスキーのライン取りのようにイメージすることは、より鮮やかで美しい人生を送るのには不可欠なんだということが解ってきました。


考えてみれば、ドラムを叩くのだって同じですね♪次にどこを叩くかのイメージがあるからこそフィルインを挿入できるわけで、ただ惰性で8ビートを刻むだけじゃダメなんだ。。。


今まで観たり、体験したりしてきたことを、あらためてもっと高いところから眺めているような感じの毎日です。


今日は、これからPTA学年行事の親子ドッヂボール大会!軽やかになった身体で一汗流してきまーすハート達(複数ハート)

 

皆さんのクリックで読者が増えてますハート達(複数ハート)他の人にも読ませたい!と思ったら...
一日一回ポチポチっとな、でよろしくで~す♪

人気ブログ←他の「癒し・ヒーリングジャンル」のブログも読めます♪

←他の「病気・症状ジャンル」のブログも読めます♪







Last updated  2008.10.09 12:41:30
コメント(0) | コメントを書く
[量子場調整] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.